基本はやっぱり大事!重要なのは射法八節!弓道を上達させるポイント

弓道の基本は「射法八節」です。弓道は「己対物」の競技ですので、的中しない原因は必ず己にあります。最近的中率が良くないなぁと感じたり、弓を引く際に違和感を感じたのならそれは射法八節がおろそかになっているのかもしれません。今一度確認してみましょう。

目次

  1. 弓道の基本は射法八節
  2. 射法八節とは
  3. 実は弓道から生まれた言葉
  4. お手入れも大切です
  5. 弓道を上達させたいのなら射法八節を見直す

弓道の基本は射法八節

弓道

弓道では正射必中(せいしゃひっちゅう)という言葉を聞きます。これは正しい射をすれば必ず的に当たるという意味です。よく当て射はいけないと聞いたことはないでしょうか。
弓道は的に当たれば良いという競技ではありません。弓道は武道ですので基本は心身を鍛えることにあります。当てることが目的ではなく正しい方法で矢を射ることが大切なのです。
そこで重要となってくるのが「射法八節」です。

射法八節とは

弓道

それでは「射法八節」とは一体何なのでしょうか。
全日本弓道連盟では「射法八節」とは射の基本となる動作を8つの節に分けて説明や指導をしたものと言われています。

足踏み
胴造り
弓構え
打ち起こし
引分け

離れ
残心(残身)

以上が8つの動作です。
先ほどから述べているように「射法八節」は弓道の基本です。これを疎かにすればほとんど矢は的に当たりません。細かな技術内容はや流派や体格などによって異なる場合がありますが、この動作は弓道教本にも載っている大切な動作なのです。

足踏み

的前に立ち射法八節の中で一番初めに行う動作です。
ここが土台となりますのでしっかり確認しておきましょう。
足踏みを行う際に気を付けるべき点は大きく分けると以下の2つになります。

「自身の矢束分踏み開くこと」
「重心は両足の親指と踝を線で結んだ交点にあること」

まず確認すべきは「矢束分」という言葉です。
自身の矢束とは「喉仏に当てて、そこから自分の腕を真っ直ぐ伸ばしたときの中指までの長さ」や「自分の肩幅」、「身長の半分」など言われていることが多いですが、これらは個人差により異なるので一度しっかり確認しておくことが必要です。
足を踏み開いたときの角度は約60°程度であることも忘れてはいせません。
そして重心の位置も気を付けなくてはいけません。前後左右どちらにも傾かないようし、余分な束らが入らないようにすることが大切です。

胴造り

この動作で重要なのは「三重十文字」です。
これは頭から床まで垂線を意識したとき、両足の土踏まずを結ぶ線・腰・両肩を結ぶ平行線が十字となるため「三重十文字」といいます。この十字を意識することでしっかりとした胴造りができます。
ここで気を付けなくてはいけないのは「身体の捩れ」や「鳩胸」などです。十字を意識していても身体が捩れてしまってはそのあとの動作も崩れてしまします。

弓構え

この動作の中には3つの行うべき動作があります。
そしてこの節は射法八節の中でも重要な点が出てきますのでしっかり理解しておきましょう。
まず行うのは「取懸け」です。正面を向いたとき弓と弦の間に顔が来ていることを確認します。
そしてユガケの拇指を弦にかけて中指で拇指を押さえ、人差し指は中指に添えるだけにします。
つぎに「手の内」です。よく言われるのは「天紋筋に弓を当てる」や「三つの指をそろえる」ことです。

天紋筋とよく手相で言われる感情線とを間違える方がいますので気を付けましょう。弓を天紋筋に当てたら虎口(緑の丸の部分)を巻き込むように握ります。
この時握りすぎないようにします。ふんわりと押さえるように持ちます。
次に三つ指を揃えます。中指・薬指・小指を一直線に揃えることを意識して行います。この時の親指は曲がらないようにしましょう。
弓道を行うにあたって一番重要なのはこの「手の内」ですのでしっかり確認しておくことが大切です。

こうして手の内をしっかり決めたら次は「物見」です。
両手首や肘はふんわりとボールを抱えているようにしておきます。そして頭を正面から的へゆっくり向けて注視し物見を定めます。

打ち起こし

弓構えで整えた体勢から両腕を掬い上げるような形であげてゆきます。この時の高さは45°を意識します。
この動作を行うとき両肩まで一緒に上がってしまう人がいます。
射法八節を練習していると初心者に多く見られる傾向です。どうしても両肩が上がってしまう人は指導者や見てもらっている人に両肩に触れてもらうと意識がしやすいでしょう。

引分け

ここでは弓と弦の間に自身を割り込ませるように引分けていきます。
この時の矢は常に平行を保つように意識しましょう。
引分けの際確認すべきところは右肘の位置です。引分けたとき右肘は肩より後ろにあるでしょうか、それとも前にあるでしょうか。
もし後者の場合はうまく引分けられていない可能性があります。
引分けの際に「弓手が先に的へ意識」されて押されていたり、「右肘を先に引き付けてしまったりする」と引き切った状態の右肘の位置が肩より前に来てします。
稽古の際鏡で確認してみましょう。

射法八節の動作の中で一見動きのない動作に見えますが、重要な節なのでしっかり確認しておきましょう。
会は決して止まっている動作ではありません。常に引分けている状態なのです。
ここの動作の時「頬付け」「口割りを付ける」ことを確認しなければなりません。
「頬付け」は引分けて降りてきた矢が頬につくことです。押し付けてはいけません。
「口割りを付ける」とは口の線まで矢を降ろしていき、矢がつくことを言います。

よく早気(はやけ)になっている人を見ることがあります。
そのような方は指導者から「会を持ちなさい」など言われると思います。
会の長さは基本的に5秒、6秒ほどと言われていますが、会の際時間を数えることは邪道です。
どうしてもすぐ離れてしまう人はこれまでの動作がうまくできていない可能性がありますので再度確認してみましょう。
的は動いたりしませんから焦らず、心落ち着かせ無心で引けるように心がけてみましょう。

離れ

目指すのは「自然な離れ」です。会からスムーズに離れへ向かうようにします。
手先に力を入れてしまったり、身体に力が入ってしまったりすると離れが難しくなってしまいます。
またカケの位置も確認しておきましよう。カケの帽子は平行に向いていることが好ましいです。
上を向いてしまっていたりすれば弦が引っかかってしまうので気を付けてみましょう。

残心(残身)

射法八節の最後の節、離れの後の形が残心です。残身とも書きます。
残心の形は射形の集大成とも言われています。その形を見ればその人の射が見えてきます。
きれいな残身は頭から床までの垂直の線に対し両腕の一線が十字になっている状態です。

よく見る残心(残身)と改善方法

もし残心の際両腕が下がっているのならば、脇の下から小指にかける筋肉がうまく使えていない状態です。二の腕当たりの筋を意識しながら弓を引く事をイメージしてみましょう。
また、左手が前に出ている残心であるならば離れの時に無理やり的へ押し出していることが原因と思われます。左右平等に引分け力まないように離れへ向かうよう意識を変えてみましょう。

実は弓道から生まれた言葉

ここでちょっとした雑学を紹介します。
言葉というものは様々なものが語源になっていることがあります。弓道も例外ではありません。

「手の内を明かす」

これは有名な話ですね。
弓道での手の内とはとても重要な技術です。これができていないと射に必ず影響が出ます。
それほど重要なものを明かすのですから「自分の持っている技術や抱いている計画を明かすこと」という意味になるのだそうです。


「かけがえのない」

漢字で書くと「弽換えのない」と書くのだそうです。
ここでピンとくる方もいるでしょう。弽(かけ)つまりユガケですね。これは一人ひとりオーダーメイドのものですから、決して貸し借りするものではありません。
つまり、「カケの換えはない」のですから「かけがえのない」となったそうです。

お手入れも大切です

己の技術を見直すことも大切ですが弓道道具も大切にしなければなりません。
弦やカケ、弓ももちろん大事ですが、特に矢は手入れをしておかなければうまく飛ばなくなってしまいます。使っていると矢羽がボソボソになったりすることが多々あります。
そんな時有効なのは蒸気です!
ヤカンなどで湯を沸かしその蒸気に矢羽を近づけるときれいに元通りになります。
あまり近づけすぎたり、長時間行うのは矢羽を痛めることになりますのでくれぐれもやりすぎないように注意しましょう。

弓道を上達させたいのなら射法八節を見直す

一見単純な動作の「射法八節」ですがなかなか奥深いものです。
やはり基本は大切ですので自分の射に疑問を感じたり、違和感を感じたのなら己の射を見直すチャンスかもしれません。弓道初心者もある程度経験を積んだ方も再度射法八節を見直して上達させましょう!

「弓道・射法・八節」に関連する記事

「弓道・射法・八節」についてさらに知りたい方へ

日本の伝統競技に挑戦しよう!初心者のための弓道基本知識のサムネイル画像

日本の伝統競技に挑戦しよう!初心者のための弓道基本知識

日本の伝統競技である弓道。袴を着て弓を引く姿に憧れる人も多いと思います。弓道は初心者から上級者ま

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれのサムネイル画像

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれ

弓道のユニフォームといえば白い道着に黒の袴。見た目のカッコよさから弓道部に憧れていた方も少なくな

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とはのサムネイル画像

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

40代で終活?と思われるかも知れませんが、働き盛りで気力も体力も十分なこの年代だからこそ、素晴ら

お墓は本当に必要か?お墓を持たないメリット・デメリットを紹介のサムネイル画像

お墓は本当に必要か?お墓を持たないメリット・デメリットを紹介

お墓って本当に必要かなと思うことはありませんか?少子超高齢社会に突入した日本ではお墓に対する新し

墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

墓石なしのお墓の供養方法について解説します

先祖代々が眠るお墓ですが、最近墓石を持たない「墓石なし」の供養方法が注目を集めています。 墓石な

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと