『車椅子で巡る京都・名所観光』をテーマにご案内します。

今回は『車椅子で巡る京都・名所観光』をテーマに、京都の観光名所を車椅子で巡る情報をご紹介したいと思います。車椅子1台に1~2名の介助者がいるという前提で、今回は京都の名所を5箇所ご案内します。

目次

  1. 車椅子で巡る京都・名所観光
  2. 車椅子 豆知識(京都名所観光する前に)
  3. 二条城
  4. 金閣寺(鹿苑寺)
  5. 銀閣寺(東山慈照寺)
  6. 東寺(教王護国寺)
  7. 宇治平等院 鳳凰堂
  8. 東福寺の紅葉
  9. 車椅子で巡る京都名所観光のまとめ

車椅子で巡る京都・名所観光

もみじ

今回は、歩行が困難になり、車椅子での移動が必要な方でも京都・名所観光をして頂きたい。諦めて欲しくないという思いで、車椅子を乗ったまま、「名所観光」を計画して、実際に観光に出掛けてもらえるような内容をお届けいたします。
車椅子1台に介助者(同伴者)1~2名での観光スタイルを前提に纏められていますので、ご考慮お願い申し上げます。
※京都には当然ながら、歴史のある神社・仏閣が多いため、多少の段差・ルートが制限されることはご承知願います。

車椅子 豆知識(京都名所観光する前に)

京都の神社仏閣では通路に玉砂利が敷かれていることが非常に多く、車椅子にとって玉砂利は結構、大敵になるのです。車椅子の前輪が玉砂利に振られてしまい動きづらくなるのです。玉砂利の大きさや敷かれている厚みで抵抗は変化しますが...
こんな時の簡単な対処方法をお教えします。車椅子の向きを変え、後ろ向きに進むのです。後ろ向きに進むことにより、前輪の振れが少なくなると同時に、後輪が前にくること(進行方向に対して)と、後輪は前輪に比べて大きいので、玉砂利の抵抗が少なくなります。
あと、旅行前には車椅子のタイヤの空気圧のチェックを忘れずに。空気が減っていると押す方も疲れますし、ブレーキの効きが悪くなる車椅子があり、危険です。

二条城

二条城イラスト地図

身体障害者手帳を提示すれば、拝観料は本人と介護者1名が無料となります。
トイレは城内(ガイドマップ参照)にありますが、全てに身体障害者用トイレが設置されている訳ではありませんので、入場時に係員に確認した方が良いでしょう。

城内では玉砂利が敷かれている通路が多いのでご注意ください。東大手門から入場し、時計廻りに進んでいくと、荘厳な唐門が迎えてくれます。その奥に「二の丸御殿」があります。二の丸御殿は車椅子で見学することが可能ですが、二の丸御殿入り口で施設側で用意されている車椅子に、乗り換えなければならないので覚えておいてくださいね。でも、凄いですね。国宝の建物の中を車椅子で見学できるんです。
廻りの庭園になっている所も、多少の段差等が在りますが、介助者がいれば回遊することが出来るでしょう。ただ、本丸御殿・本丸庭園は階段・段差があるので、車椅子での見学は難しいと思われます。

金閣寺(鹿苑寺)

京都の人気観光スポット「金閣寺」も、車椅子での拝観が可能です。
拝観料は小・中学生 300円 高校生以上400円 障害者割引本人のみ300円
車椅子対応トイレ:1か所
金閣寺の舎利殿(本殿といった方がわかりやすいかも)裏側まで行くと、龍門の滝があり、その奥には階段がありますので、引き返しことになります。舎利殿はしっかりと拝観する事が出来るので、ご満足頂けると思います。
金閣寺周辺に土産物屋さんや飲食店等、ひしめき合っていますので、周辺探索も楽しめると思います。

銀閣寺(東山慈照寺)

「銀閣寺」の拝観料は大人(高校生以上)500円、小中学生300円で、障害者割引は本人のみ100円となります。
障害者用トイレは拝観出口のすぐ横にあります。
銀閣寺の駐車場(京都市銀閣寺観光駐車場)より、銀閣寺までの「銀閣寺参道」はずっと、登り坂になります。参道には土産物屋さんや飲食店等が立ち並んでいますので、車椅子で行かれる場合には、探索やお店を覗きながら、ゆっくりと休憩をとりながら銀閣寺まで行かれることをお薦めします。

拝観料を支払い「銀閣寺」正式には「東山慈照寺」(臨済宗相国寺の禅寺)に入場。境内は多少の段差はありますが、介助者がいれば回遊できます。
ただし、庭園の奥にある展望台へと上る道は介助者がいてもお薦めはできませんのでご注意ください。

東寺(教王護国寺)

「東寺」の拝観料は季節やイベント開催によって変化します(下記のリンクよりご確認願います)が、障害者割引として、本人のみ300円割引となります。
障害者用トイレは2ヶ所(慶賀門内付近、事務所付近)あります。
東寺は「京都の玄関」、東寺五重塔は「京都のシンボルタワー」とも呼ばれています。
東寺の境内には、五重塔・金堂・講堂・食堂・御影堂等々があります。多少の段差、勾配はありますが、車椅子で通行可能です。食堂・講堂は車椅子で拝観可能ですが、その他の建物内部へ車椅子での拝観は難しいと思われます。

宇治平等院 鳳凰堂

「宇治平等院」の拝観料は大人600円、中高生400円、小学生300円で、障害者割引は本人と介助者1名まで半額です。
車椅子対応トイレは3ヶ所あります。(庭園内に2ヶ所、鳳翔館に1ヶ所)
駐車場について、事前に連絡すれば、平等院参道から入った表門近くに2台の無料駐車場があります。平等院参道には宇治茶を中心に土産物屋さん・飲食店が並んでいるので手前の駐車場に車を停めて参道を通ってくるのもお薦めです。

平等院の中は玉砂利が敷いてあるところが多いのでご注意ください。多少の段差、勾配がありますが、基本的に車椅子での観光は可能です。鳳翔館はバリアフリー仕様になっていますので係員の指示に従って進めば問題なく見学できます。
鳳凰堂内部を車椅子で、拝観することは難しいと思われます。

東福寺の紅葉

「東福寺・通天橋 開運堂」の拝観料は大人400円、小中学生300円、「東福寺本坊庭園」の拝観料も大人400円、小中学生300円。障害者割引は本人・介助者1名まで無料となります。
車椅子対応トイレ 2か所有り。
開運堂と本坊庭園には、階段がありますので、車椅子での拝観は難しいですが、通天橋・臥雲橋やその他の境内には段差並びに勾配のある道はありますが、介助者がいれば車椅子観光可能と思われます。言わずと知れた「東福寺の紅葉」は車椅子でも、絶対に感動しますよ。

車椅子で巡る京都名所観光のまとめ

車椅子に乗って移動されている方でも、「旅行に行って元気になってもらいたい」という気持ちを込めて、今回は名所5箇所をご紹介させて頂きました。家族で車椅子に乗っている肉親を介助しての旅行っていいですね。でも、京都の観光名所は昔ながらの所が多く段差や傾斜のある場所が多いので、車を移動手段として使うのであれば、「車椅子の扱いのプロ」がいる「介護タクシー」を手配することをお薦めします。インターネットで「バリアフリー観光レポート」「京都」「介護タクシー」で検索すれば見つかると思います。

「京都・名所」に関連する記事

「京都・名所」についてさらに知りたい方へ

  • 車椅子にも対応した京都の見どころを地区別にご紹介のサムネイル画像

    車椅子にも対応した京都の見どころを地区別にご紹介

    京都は観光地区として世界中に有名場所です。重要文化財など見どころが盛り沢山です。四季折々の美しさを持つ、神社仏閣や観光スポットを地域別にご紹介いたします。高齢者の見学にも、優しい京都の見どころを厳選いたしております。また、バリアフリーもたくさんあります。

  • 金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。のサムネイル画像

    金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。

    京都にある観光スポット「金閣寺」「銀閣寺」は一度は訪れたことがあるという方が多いのではないでしょうか?今回は人気観光スポット金閣寺、銀閣寺の魅力をお伝えします。

  • いくつになっても旅行に行きたい!~高齢者も旅行を楽しもう~のサムネイル画像

    いくつになっても旅行に行きたい!~高齢者も旅行を楽しもう~

    足腰が弱くなったから、体力に自信がないから、トイレが心配などで旅行を諦めてしまう高齢者も多いと思います。ですが諦めてしまうその前に、いくつかの点に注意して、高齢者も快適に旅行を楽しみましょう。

  • 京都でも最も格式が高い、南禅寺の拝観料、拝観時間は?のサムネイル画像

    京都でも最も格式が高い、南禅寺の拝観料、拝観時間は?

    寺社が多い京都でも、最も格式が高いとされる南禅寺。こちらではそんな南禅寺について色々調べてみました。南禅寺の拝観料、拝観時間はもちろん、近くのオススメスポットも。また期間限定でライトアップされる夜間拝観の時間、拝観料についてもまとめてみました。

  • ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!のサムネイル画像

    ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!

    近年、御朱印ブームでよく雑誌やTVでも取り上げられています。御朱印をいただくための御朱印帳も種類が様々。古都の趣ある京都には、可愛い・渋い・シンプルなもの、寺・神社オリジナルなどたくさんの御朱印帳があります。今日は、京都の可愛い御朱印帳をいくつかご紹介します。

  • 京都の東本願寺はどんなお寺?西本願寺とはどう違う?のサムネイル画像

    京都の東本願寺はどんなお寺?西本願寺とはどう違う?

    京都を代表するお寺、東本願寺について詳しくご存知ですか?この記事では、東本願寺の見どころと西本願寺との関係などを詳しくご紹介します。京都旅行の知恵となれば幸いです。

  • 京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

    京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!

    今全国的に人気のある、御朱印集めについてご存知ですか?何となく聞いた事があるけれど、よく分からないという方も多いと思います。そんな方に、御朱印の基礎知識から京都でもらえる人気の御朱印を厳選してご紹介致します。京都に観光で訪れた際は、ぜひ御朱印集めをしてみてはいかがですか?

  • 京都五山の送り火、東山大文字の魅力とは?ハイキングもできる?のサムネイル画像

    京都五山の送り火、東山大文字の魅力とは?ハイキングもできる?

    京都、大文字の火床に登るには、蹴上の日向大神宮、山科の毘沙門堂経由など幾つもの登山道があります。中でも銀閣寺ルートは、道がある程度整っており道標もあるので歩きやすく、子どもさんからシニアの方まで広く親しまれています。京都、大文字の絶景をぜひ体験してくださいね。

  • 京都の穴場の観光スポットはどこ?お寺や庭園を紹介!のサムネイル画像

    京都の穴場の観光スポットはどこ?お寺や庭園を紹介!

    新しい京都の魅力を発見したい方や人混みが苦手な方は必見です!京都観光で人混みは我慢しなければいけないものと思っていませんか?京都には魅力的な穴場観光スポットや、有名なのに混まないお寺もあるんです。穴場を知って快適な旅行を楽しみましょう!

  • 永代供養って何?京都で人気の永代供養をしてくれるお寺をご紹介!!のサムネイル画像

    永代供養って何?京都で人気の永代供養をしてくれるお寺をご紹介!!

    お墓を探すのにパンフレットやチラシを見ていると、最近「永代供養」と載っているのをよく見かけませんか?永代供養ってなんとなく分かるけれど、詳しくは分からないですよね。永代供養の基本から、京都の永代供養先をご紹介いたします!京都での永代供養先の参考にしてください!

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「京都・名所」についてさらに知りたい方へ

車椅子にも対応した京都の見どころを地区別にご紹介のサムネイル画像

車椅子にも対応した京都の見どころを地区別にご紹介

金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。のサムネイル画像

金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。

いくつになっても旅行に行きたい!~高齢者も旅行を楽しもう~のサムネイル画像

いくつになっても旅行に行きたい!~高齢者も旅行を楽しもう~

京都でも最も格式が高い、南禅寺の拝観料、拝観時間は?のサムネイル画像

京都でも最も格式が高い、南禅寺の拝観料、拝観時間は?

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!のサムネイル画像

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!

京都の「いろはかるた」いろは歌についても詳しく解説!のサムネイル画像

京都の「いろはかるた」いろは歌についても詳しく解説!

地元民がこっそり教えます♪京都の穴場観光スポットのサムネイル画像

地元民がこっそり教えます♪京都の穴場観光スポット

【京都】おすすめの仏像が見られるお寺をご紹介します!のサムネイル画像

【京都】おすすめの仏像が見られるお寺をご紹介します!

車椅子にも対応した京都の見どころを地区別にご紹介のサムネイル画像

車椅子にも対応した京都の見どころを地区別にご紹介

お盆には京都に行きましょう!オススメのイベントや注意点をご紹介!のサムネイル画像

お盆には京都に行きましょう!オススメのイベントや注意点をご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと