ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

海釣りでは餌釣りをする人は多いのですが、ルアー釣りも人気を集めています。今までルアーを使ったことがない人にとって、どうやって使ったらいいのかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、初心者でも楽しめる海でのルアー釣りを紹介します。

目次

  1. ルアーで海釣りを楽しむ魅力とは
  2. 海でルアー釣りをするために必要な道具
  3. 初心者には夏がおすすめの季節
  4. 海のルアー釣りで狙う魚は
  5. 富山はルアー釣りに最適
  6. おわりに

ルアーで海釣りを楽しむ魅力とは

ルアー釣りの魅力と言えば、道具さえ揃っていればすぐに始められるという点です。海の餌釣りでは、まずは餌を購入し、その餌や狙う魚種によって仕掛けも作る必要があります。この面倒な手順を踏むことなく、手軽に釣りが楽しめるのがルアー釣りの魅力の一つです。ルアーといっても、ハードルアーやソフトルアーがあり、狙う魚種によってルアーを変えたり、動かし方、投げる場所、水深によって釣果が違ってきます。手軽な釣りですが、奥が深いのもこのルアー釣りの魅力です。ただ魚がかかるのを待つのではなく、自分で考えた方法によって魚を釣り上げる楽しさがルアー釣りにはあります。

海でルアー釣りをするために必要な道具

海でルアー釣りを楽しむために必要な道具は、竿とリール、後はルアーです。基本的に必要となる道具はこれだけです。通常の海釣りでは魚種によって餌や仕掛けなども変える必要があるのですが、ルアー釣りであれば、ルアーを変えるだけで様々な魚種を狙うことができます。

竿

ルアー釣りでは比較的短めの竿を使用します。遠投を必要とするヒラメ釣りなどでも3メートル程度の竿がよく使われます。竿選びでは単位を覚えておきましょう。多くがフィート(ft)という単位で販売されています。シーバス釣りであれば8~9ft、ヒラメなら9~10ft、メバルやアジ、根魚釣りでは7~8ftの竿を選ぶことをおすすめします。1フィートが約30センチです。

リール

リールにもいくつかの種類がありますが、ルアー釣りではスピニングリールを使います。リールにはリール番号という大きさを表す数字があり、リール番号を確認してリール選びをしましょう。シーバス釣りでは2500~3000番、メバルやアジなどの小さな魚釣りであれば1000~2000番のリールを選びます。

ハードルアー

トップ系ルアー、ミノー、バイブレーション、メタルジグの種類があり、狙う水深によってルアーの使い分けをしたりします。

ジグ

ハードルアーでは、よくただジグと呼ばれることがあります。ジグとは金属の塊を指す言葉で、一般的にはメタルジグやラバージグの意味で使われることが多いようです。金属ということもあり、遠投や深場を狙うときに使用されます。

ソフトルアー

ソフトルアーはその名前からも、柔らかい素材で作られています。虫や小魚、甲殻類などに似せて作られ、対象魚種が捕食する形をしたルアーを使用します。

ジグヘッド

ソフトルアーには針やオモリがついていないため、フック(針)やシンカー(オモリ)も使用する必要があります。ジグヘッドはフックやシンカーが一体となっていることもあり、初心者にも使いやすいです。

仕掛け

ハードルアーであれば、特別に仕掛けを作る必要もないのですが、ソフトルアーではリグと呼ばれる仕掛けを使用して釣りをします。リグの種類としては、テキサスリグ、ノーシンカーリグ、キャロライナリグ、スプリットショット、ジグヘッド、ネコリグ、ワッキーリグがあります。

初心者には夏がおすすめの季節

ルアー釣りは、餌釣りと比べ釣りにくい方法です。そのため、初心者がルアー釣りをする場合には、海水水温が上がる春や夏、水温が高めの秋口がおすすめの季節となります。

海のルアー釣りで狙う魚は

ルアーにはハードルアー、ソフトルアーがあり、それぞれで様々な色や形、重さの違うルアーがあります。ルアー釣りでは基本的に面倒な仕掛け作りはありませんが、この豊富な種類のルアーを駆使して魚を釣る楽しさがあります。

チヌ

海の釣りではシーバス同様に人気のある魚がチヌです。チヌは警戒心が強く、人影を見ただけでも釣ることができないと言われています。ハードルアーであれば水面を泳がせるトップ系ルアー、ソフトルアーであればワームなどを使用して底を狙う釣りがおすすめです。

シーバス

ルアーでの海釣りと言えばシーバスをイメージする人も多いです。人気のシーバスは、大きくなれば1メートル以上にもなり、岸から大物釣りができるのもこのシーバスの魅力。シーバス釣りでは、ハードルアー、ソフトルアーともよく使用されます。

アジ

岸からの海釣りではサビキ釣りが人気のアジですが、ルアーを使ってアジ釣りをすることもできます。ジグヘッドを使ったソフトルアー釣りがメインで初心者でも狙いやすいです。

根魚

アジと同じジグヘッドを使ったソフトルアーで海釣りを楽しめるのが根魚です。根魚はテトラポットや岩などの隙間に仕掛けを落とす穴釣りでも釣ることができます。ルアーを落とした場所に居ればすぐに食いついてくることが多いので、初心者の人にも比較的釣りやすいです。

富山はルアー釣りに最適

海のルアー釣りに最適なのが富山県です。富山湾の特徴と言えば水深。深いところでは1,000メートルもあると言われていて、魚種の豊富さが魅力です。3~6月になるとホタルイカが岸からでも獲れることで知られ、このホタルイカを狙ってチヌなどの魚が接岸してきます。また、水深があることで、船で沖まで出向いて行うジギングなども、岸からすることができます。氷見市なら全体的に水深が浅いので、浅場での海釣りを楽しみたい人にはおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?ルアーは手軽に海釣りが楽しめ、様々な魚種を狙うこともできます。ルアーにも多くの種類がありますし、釣り方も色々あります。餌釣りだけでなく、ルアーも活用することで海釣りの奥深さを知ることができます。

「海・ルアー・釣り」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「海・ルアー・釣り」についてさらに知りたい方へ

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とはのサムネイル画像

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とは

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとはのサムネイル画像

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとは

夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方のサムネイル画像

夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

お盆に海に入ってはいけない!その本当の訳とは!?のサムネイル画像

お盆に海に入ってはいけない!その本当の訳とは!?

海の葬儀・海洋散骨の流れや方法とは?相場価格や業者の選び方も解説のサムネイル画像

海の葬儀・海洋散骨の流れや方法とは?相場価格や業者の選び方も解説

お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめましたのサムネイル画像

お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめました

海上に鳥居がある有名な全国の神社を紹介!鳥居の意味も解説!のサムネイル画像

海上に鳥居がある有名な全国の神社を紹介!鳥居の意味も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2

関連する記事

「海・ルアー・釣り」についてさらに知りたい方へ

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とはのサムネイル画像

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とは

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとはのサムネイル画像

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとは

夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方のサムネイル画像

夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと