作刀された時代からみる日本刀の歴史(分類)

長い戦いの歴史の中で日本刀は武器として発展してきました。作刀された時代から日本刀の歴史をざっくりとみてみます。

目次

  1. 日本の歴史と日本刀の発展
  2. 上古刀(じょうことう)の歴史
  3. 古刀(ことう)の歴史
  4. 新刀(しんとう)の歴史
  5. 新々刀(しんしんとう)の歴史
  6. 現代刀(げんだいとう)の歴史
  7. 日本刀 武器から美術品へ

日本の歴史と日本刀の発展

日本刀

日本刀は長い歴史の中で発展し武器としての使命を果たしてきました。作刀された時代背景を反映し、その形を少しずつ変化させてきた日本刀、その歴史をすこし覗いてみましょう。

上古刀(じょうことう)の歴史

奈良時代以前に作刀された刀で、反りのない直刀のことを「上古刀」と呼びます。中国大陸より日本へ伝播した大陸様式の直刀となっています。神話に登場する剣(天十握剣、天叢雲剣、天逆鉾、布都御魂、草薙剣)は、この上古刀の様式になると考えられています。

【刀の歴史】縄文時代~平安時代初期 

日本人が使用した最も古い刀剣は縄文・弥生時代の遺跡から出土しています。
古墳時代には大陸から伝播した、刀身に反りのない直刀が多かったのですが、鍛鉄技術の発達により飛鳥・奈良時代になると直刀で切刃造(きりはづくり)の日本独自の刀剣が出現しました。

飛鳥時代の作としては、天王寺所蔵の「丙子椒林剣(へいししょうりんけん)」や「七星剣(しちせいけん)」、奈良時代の作としては正倉院宝物に「金銀鈿荘唐大刀(きんぎんでんそうのからたち)」などが伝存しています。

古刀(ことう)の歴史

鎬造に反りをつけた一定の様式が定まったのは、平将門が関東で反乱を起こした天慶の乱(939年)頃と言われています。平安時代中期~桃山時代末期(=慶長元年(1596)以前)に作刀された日本刀を「古刀」と呼びます。一般的に「日本刀」と呼ばれるものはこれ以降のものです。

【日本刀の歴史】平安時代中期~鎌倉時代 

刀工流派の登場

平安時代後期から鎌倉時代前期にかけて、各地に刀工が現れてきました。何処の国でも同じような製作方法をとっていたたため似通った作風であったものが、次第に国や地方によって作風に特色があらわれ、同時に刃文も技巧的になり、その国独自のものもみられるようになりました。それが伝法であり、発生の古い順に大和伝、山城伝、備前伝、相州伝、美濃伝の五つがあります。これを「五カ伝」と呼びます。

鎬造様式の太刀が出現

平安時代中期になると切刃造直刀に浅い外反りがつき、切刃の幅も広くなって刀身の断面が長菱形である「鎬造(しのぎづくり)」に近い形が造られるようになります。峰にも横手をつけ、のちの日本刀の主流になる鎬造太刀に近似した形状となります。

平安時代後期になると武家の勢力が増大し、それに伴って刀剣の形状と性能が充実し、一層発展しました。太刀は「毛抜形太刀」や「蕨手刀」などの様式を基本とし、鎬造湾刀という日本刀の形式が定まりより実戦的な形態に近づきました。

【日本刀の歴史】鎌倉時代 

鎌倉時代初期は、幕府による武家政治の体制が確立し、刀剣界が活発になっていきました。後鳥羽上皇による御番鍛冶制度の創設で、刀工に対して積極的に作刀を奨励したこともあり、日本刀を代表する名刀がこの時代に多数生まれました。この時期の日本刀は平安後期にみられる初期日本刀の上品さを思わせる姿から、鎌倉中期に確立された豪壮な造りに過渡期でした。

鎌倉時代中期になると実用性を重視した結果、剛健な武家文化の特徴をよく表した強さが刀にも反映され、堅牢な武具を断ち切ることが可能なように造込みが変化していきました。反りに関しては前時代のものと比べると浅くなっており、鎌倉末期から南北朝期の作品に特徴的な、中間に反りがくるような姿になる過渡期でした。また、短刀の製作もわずかに現れます。

鎌倉時代末期、2度の元寇や政治体制の崩壊などの動乱により作刀はさらに活気づきます。この時期の日本刀は鎌倉中期の姿をより豪快にしたものに変わっていきます。戦闘方法も従来の騎射戦に変わって、機動面を重視した集団による徒戦(かちいくさ)が主流となり、薙刀(なぎなた)や太刀による接近戦が主となっていきました。

古今で最も著名な刀工、相州の岡崎五郎入道正宗は、ちょうど鎌倉中期から末期にかけて活躍したと推測されています。

【日本刀の歴史】南北朝時代

戦闘方法の変化に対応すべく、この時代の刀剣は大太刀・野太刀といった大振りなものが多く造られています。通常のものでも三尺(90.9cm)近くの大振りな太刀がみられ、やがて三尺を超える大太刀や野太刀が現れます。いずれも重さを軽減すべく、重ねを薄く造り込んでいます。

またこの時代の太刀は、元来長寸の大太刀であったものを後世に磨上げ(すりあげ)・大磨上げ(おおすりあげ)されて長さを調整され、打刀に造り直されているものも多く、天正年間に織田信長などの戦国武将が秘蔵の太刀を多く磨上させていることから、室町末期の磨上を「天正磨上」と呼び、名刀が多いです。

【日本刀の歴史】室町時代・安土桃山時代

嘉吉の乱で室内戦闘用に鎬作りの短い刀が求められ、太刀から打刀・脇差の二本差しスタイルが生まれました。室町中期以降、打ち斬る操法に適した打刀は、平時の武装として、また長柄武器の差添えとして次第に刃を下向きにして腰に佩(は)く太刀に代わって、刃を上向きにして腰に差す打刀(うちがたな)が用いられるようになっていきました。

応仁の乱によって再び戦乱の世が始まり、兵器産業は活発になり武装具に著しい発展と推移がみられました。戦闘方法も変化し、騎馬同士の個人戦闘が衰え、密集隊形の歩兵による集団戦闘が主になり、腰に差して抜打ちが容易な打刀が使用されるようになりました。

この時代は槍も重用されました。集団戦闘において槍も非常に効果が高く、太刀や薙刀より製作も容易なことが理由として挙げられます。戦国期には上級武士も槍を用いるようになり、やがて戦場の主力武器となりました。”槍一筋”の武士たちが一番槍を争って敵陣に飛び込み撹乱し、勢いを挫かれた敵に雑兵の槍組が一斉に突入するという、組織的な攻撃の主体となって活躍するようになりました。

織田信長・豊臣秀吉の支配した安土桃山時代は豪華絢爛な文化が生まれ、これまでとは全く様相を異にした金と色糸の織り成す派手な色彩を持つ太刀が現れました。当時は戦場で実用するため大量生産された簡易な打刀と、人目をひく金銀を使った豪華な装いの打刀と両方がありました。

新刀(しんとう)の歴史

慶長元年(1596)以降~安永末年(1781)までに作刀された日本刀を新刀と呼びます。従来は各々の地域で鋼を生産していたため地方色が強く現われていましたが、天下が落着いたことにより全国にある程度均質な鋼が流通するようになり刀剣の地鉄の差が少なくなったため、基本的に新刀の地鉄は綺麗になりました。

【日本刀の歴史】江戸時代

泰平の世が続き武士は戦場を駆け回ることはなくなり刀剣の需要が衰退していきました。刀剣は実用性より、大小差し(打刀、脇差)の二本差しが威儀的になり支配者階級の指標となりました。大小拵は武家の権威を象徴しましたが、町人も短い脇差を1本差すことは許されていました。富裕な町人はその刀に大金をかけ武家に負けじと贅を尽くし、鐔(つば)、小柄(こづか)、目貫(めぬき)、笄(こうがい)などの刀装具の装飾が発達しました。

新々刀(しんしんとう)の歴史

武家の衰退が顕著な時代、復古刀を目指した水心子正秀(すいしんしまさひで)が現れます。これより明治維新までの時代を「新々刀」と区分します。

【日本刀の歴史】幕末

泰平の世が長く続くと刀剣の需要は減少していきました。こうした中、安永期(1772年~1781年)より水心子正秀ら新進気鋭の刀工たちが現れ、古い時代の刀剣を研究し、鎌倉時代や南北朝時代の刀剣が新たに見直されるようになりました。こうして古風な形式や作風にかなって作られたものを復古刀、あるいは新々刀と呼んでいます。この復古運動は、後の勤王思想が盛んになりつつある社会情勢と響きあい、各地の鍛冶と交流し(相州伝、備前伝の秘儀を学ぶべく弟子入りした)、同時に大勢の門弟を育てました。卸し鉄など様々な工夫を凝らし目標とする鎌倉・南北朝期の地鉄作製を試みるもたどり着くことはありませんでした。これは今日でも同様です。

世の中が騒然となった幕末期は、再び実用本位・機能本位の刀が脚光を浴び豪壮長寸で強靭な刀、質実剛健を旨とする拵が出現しました。

現代刀(げんだいとう)の歴史

明治9年(1876年)に廃刀令が発布され、大礼服着用者・軍人・警察官以外は帯刀を禁止されたことにより日本刀は急速に衰退しました。諸説ありますが「現代刀」は明治9年(1876年)の廃刀令以降に作刀された刀剣をさすことが多いようです。

【刀の歴史】明治9年(1876)以降

日本では千年以上の歴史を持つ従来の日本刀と幕末に導入された近代軍備の狭間で、特に陸軍の将兵が使用する軍刀が特異な発達をみせました。幕末から明治にかけ洋式軍備が導入されたため、初期の軍刀はサーベル(湾曲した長刀)でした。しかしこれは片手で操るため日本人には扱いづらく、明治十九年(1886年)刀身は日本刀で外装(拵)は様式という両手握りサーベルとも言われる日本独自の軍刀が誕生しました。

第一次大戦を経て銃剣突撃から火力戦へ変化していくと、陸軍でも実戦での軍刀使用を廃止する意見が出されるも、精神力の象徴として最後まで使用されました。
この象徴としての意味合いが強いのが、外装を日本古来の太刀型とした将校用の通称九四式軍刀と下士官・兵用の九五式軍刀です。

日本刀 武器から美術品へ

日本刀

日本刀の歴史についてざっくりとみていきましたが如何でしたでしょうか。日本刀は長い歴史の中で発展し武器としての使命を果たしてきましたが、明治9年(1876年)に廃刀令が公布されてから次第に実用から遠ざかっていきました。

今日では日本刀は武器ではなく、武道用の道具、美術品であり、その目的でのみ製作・所有が認められています。世界の刀剣の中でも日本刀は美術品としての価値が高く、国宝、重要文化財、重要美術品に指定されたものも多数存在します。日本刀の鑑賞の歴史は千年以上の歴史があり、名刀と言われる日本刀は実際に武器として使われず千年以上の時を経ても健全な形で残っていることもあります。

ここでは大まかな日本刀の歴史についてまとめましたが、日本刀はその価値を理解するためにみるべき特色が多数存在します。様々な博物館などで展示もされていますので一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

「日本刀・歴史」に関連する記事

「日本刀・歴史」についてさらに知りたい方へ

  • 1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方のサムネイル画像

    1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方

    日本が誇る伝統美術工芸品の刀、武器としての使われることはほぼないですが、美しい刀身は見る者を魅了してくれます。一般的には「1本、2本」の数え方をする刀ですが、実は他にも数え方があることをご存じですか?刀の持つ魅力とともにご紹介させていただきます。

  • 美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?のサムネイル画像

    美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?

    最強の日本刀とはいったいどのような刀なのでしょうか?日本には古来から受け継がれし美しい刀が多数存在しています。この記事では、日本刀の美しさや強さなどを紹介し、最強の日本刀についてを紐解いていきます。

  • 初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介のサムネイル画像

    初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介

    日本独特の魅力や文化が秘められている日本刀は、世界からも注目を浴びています。そんな日本刀について知りたいと思っている初心者の方は、日本刀の部位の種類を知れば興味が深まること間違いなしです。今回は、そんな日本刀の部位の種類について詳しくご紹介していきます。

  • 本物の日本刀を所持する方法と見分け方とは?値段はどのくらい?のサムネイル画像

    本物の日本刀を所持する方法と見分け方とは?値段はどのくらい?

    趣味で本物の日本刀を家に飾ったり所持したりする人がたくさんいるそうです。日本刀に興味がない人でも美術品としての綺麗さには、価値のあるものだと感じる人も多いでしょう。そこで本物の日本刀を所持するのに必要なものや、方法。日本刀の見分け方や値段についてお伝えします。

  • 日本人や外国人も魅了する日本刀、いつか持ってみたい日本刀の真剣のサムネイル画像

    日本人や外国人も魅了する日本刀、いつか持ってみたい日本刀の真剣

    昔に比べて、日本刀で戦う時代劇が少なくなってしまいました。大河ドラマやNHKの時代劇。日本刀で戦うシーンは減り、物語に重きを置いている。若い世代でも日本刀を触れてみるのは憧れであり、1度は本物の真剣を持ってみたいです。真剣を体験できる所はあるのでしょうか?

  • 戦国の軍神・上杉謙信は刀が大好き!彼の愛刀を解説!のサムネイル画像

    戦国の軍神・上杉謙信は刀が大好き!彼の愛刀を解説!

    上杉謙信といえば、毘沙門天の旗印を掲げ、戦場では無双ともいえる強さを誇る、戦国最強候補の一人です。彼は無類の戦争屋でもあり、また酒好きとしても有名ですが、大の刀コレクターでもあったのです。では、上杉謙信はいったいどんな刀を持っていたのでしょう?

  • 日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介しますのサムネイル画像

    日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介します

    日本刀は日本独自の鍛冶製法で作られた刀の総称です。平安時代の末期に登場しました。反りがあり、片刃の刀剣のことを一般的に日本刀と言います。日本刀の各部位の名称と伝説に残っている名刀の名称等を一覧で紹介します。

  • 面白い?怖い!かっこいい! ~名前にまつわる刀のエピソード~のサムネイル画像

    面白い?怖い!かっこいい! ~名前にまつわる刀のエピソード~

    今なにかと注目される刀。その刀の最大の魅力は美しさにあると思います。そしてもうひとつ、名前に隠された伝説や逸話にも魅力があるのではないでしょうか。ユニークな名前、かっこいい名前、美しい名前。そんな刀の名前に注目してみましょう。

  • 初めて日本刀を購入する。選び方から注意点までのサムネイル画像

    初めて日本刀を購入する。選び方から注意点まで

    日本で考案された独特のフォルムを持つ日本刀。日本刀の長さは様々で、主に太刀。打刀。脇差。短刀があります。最近では趣味で購入したいと思ってる人も多いと思います。そのため購入する際の注意点などまとめたので、是非ご参照ください。

  • 佐々木小次郎の愛刀「物干し竿」はどんな刀?のサムネイル画像

    佐々木小次郎の愛刀「物干し竿」はどんな刀?

    宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘というのは非常に有名な話であり現代でも多くの方が知っている逸話となっております。その佐々木小次郎の愛刀が「物干し竿」と呼ばれる長刀です。そこで、今回はこの「物干し竿」という刀について詳しく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「日本刀・歴史」についてさらに知りたい方へ

1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方のサムネイル画像

1本、2本だけではない、いくつかある正しい日本刀の数え方

美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?のサムネイル画像

美しさと強さを兼ね備えている≪最強≫の日本刀とは?

初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介のサムネイル画像

初心者必見!奥が深い日本刀の部位の種類と名前の紹介

本物の日本刀を所持する方法と見分け方とは?値段はどのくらい?のサムネイル画像

本物の日本刀を所持する方法と見分け方とは?値段はどのくらい?

日本人や外国人も魅了する日本刀、いつか持ってみたい日本刀の真剣のサムネイル画像

日本人や外国人も魅了する日本刀、いつか持ってみたい日本刀の真剣

戦国の軍神・上杉謙信は刀が大好き!彼の愛刀を解説!のサムネイル画像

戦国の軍神・上杉謙信は刀が大好き!彼の愛刀を解説!

日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介しますのサムネイル画像

日本刀の各部位の名称と名刀一覧を紹介します

面白い?怖い!かっこいい! ~名前にまつわる刀のエピソード~のサムネイル画像

面白い?怖い!かっこいい! ~名前にまつわる刀のエピソード~

初めて日本刀を購入する。選び方から注意点までのサムネイル画像

初めて日本刀を購入する。選び方から注意点まで

佐々木小次郎の愛刀「物干し竿」はどんな刀?のサムネイル画像

佐々木小次郎の愛刀「物干し竿」はどんな刀?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと