伝統的な和楽器の種類とその歴史についての紹介

日本には神事の際などに用いられた様々な種類の和楽器が古くから歴史によって伝えられています。それらには奏でる音色だけでなく和楽器そのものにも歴史や意味が込められています。それら和楽器の種類と魅力を紹介します。

目次

  1. 日本に古くから伝わる文化と和楽器
  2. 日本においての楽器とは
  3. 和楽器の種類
  4. 弾物の種類
  5. 打物の種類
  6. 考察
  7. 和楽器とは

日本に古くから伝わる文化と和楽器

三味線

それは食文化であったり、または身に纏う服であったり、今に伝わる住まいにも多くの伝統的な知恵と経験が詰まっているものだと言えるでしょう。
それら文化の中で世界の各地で共通して興味深いと言える文化は楽器です。
和楽器とは様々な形状、機構を持っておりそれぞれ演奏方法が異なることがほとんどです。
一体それらはどのようなルーツを持っているのでしょうか。

日本においての楽器とは

日本では古来から音を奏でることの神聖さを重要視していたと予測されます。
これは古い文献、または遺跡などから発掘された埴輪などが楽器を持っている(または演奏しているような)姿であることから当時から祈りとともに捧げられていたものであると考えられます。
様々な出土品から確認されている楽器は現在の「琴」に似た楽器や「鼓」のような非常にシンプルな構造の打楽器などですが、恐らく「竹笛」のような甲高い音色を持つ楽器もあったと推測されています。その理由としては後述する奈良時代以降の雅楽において既に「龍笛」のような非常に高い音色を持つ楽器が存在するためこの時代にはすでに竹または身近にあった木の笛があると考えることの方が自然であるとされています。
しかし存在していたとしてもそれらは腐食していると考えられるため、なかなか出土品として歴史に登場しないのです。

和楽器の種類

そもそも和楽器とは大陸から伝わる以前に存在していたものや、大陸から伝わった後独自の進化と発展を遂げ、日本の独自の文化に溶け込んだものを差すことがしばしばです。
現代、新たに日本において登場した楽器を差すかどうか議論が交わされているのは「日本の文化に必要かどうか」という点が疑問視されていることに尽きるでしょう。

雅楽と和楽器、その発祥

大宝元年に大陸から伝わった「唐楽」や「高麗楽」また舞楽などが日本で生まれた音楽が「雅楽」として一つに所轄されました。これが世界で一番初めに誕生したオーケストラの始まり、と言われています。
そしてその雅楽は日本の神事に際に奏でられ、いくつかの種類の楽器が用いられます。それらを代表する和楽器を下記します。

・笙(しょう)・・・これは吹物であり現在でいう管楽器のことです。構造は竹管17本を牛の角などに差し込んで、それらで音階を調整します。そして金属製のリードを震わせて音が出るのですが、演奏前は一度温める必要があります。それは中の水滴などを取り除かないと音が出ない(出にくい、良い音が出ない)ので現在でも演奏前に笙を温める様子が見られます。
「天」を意味する楽器であり、音色は天からの光とも言われています。

・龍笛(りゅうてき)・・・これも笙と同じ種類の吹物です。フルートのような横笛であり、その音階の広さと演奏の幅の動きは龍のように動くとも言われています。
雅楽の演奏において主旋律の篳篥と非常にお互いに響かせ合うことが重要とされているのです。篳篥とのユニゾンは楽譜が存在しない雅楽においては習得と上達が難しい種類のため現在、その伝承者が次第に減っているのも現実です。


・篳篥(ひちりき)・・・雅楽において主旋律を担当する和楽器です。西洋楽器で言うオーボエに近い音です。篳篥は地上の人間の声を表しており笙、龍笛、篳篥をまとめて三管と呼びます。

弾物の種類

・琵琶(びわ)・・・弦楽器でありギターなどでいうフレットが四つあります。雅楽において琵琶は楽琵琶とも言われている種類ですが、それは俗琵琶と区別するためです。
ちなみにこれは大陸から伝わったものですが実は元々ギターと原型は一緒でありそれぞれが形を変えていった種類のものと言われています。

・箏(こと)・・・琴は琵琶と同様雅楽においてリズムを奏でる重要の役割を果たす種類の和楽器です。かき鳴らすというよりも一本一本を竹製の爪で弾くことで独特のリズムと神聖な雰囲気を演出します。

・和琴(わごん)・・・和琴は雅楽において使用する和楽器の種類の中で唯一日本で生まれたものです。日本より古来から数ある和楽器の種類の中でも地位が高く非常に神聖なものとされています。現に使う糸の種類は箏と同じく絹で、数多くの神事では丁重に扱われる和楽器です。

打物の種類

・太鼓(または釣太鼓)・・・管弦の演奏の際に使われる種類の打物です。恐らく和楽器の中で未経験者に最も親しみのある楽器の一つでしょう。演奏する際は「図(ずん)」と「百(どう)」と呼ばれる強弱を付けながら叩きます。

・鉦鼓(しょうこ)・・・種類は太鼓と同じ種類の打物ですが、鼓(撥で打つ表面に皮を張るなど)ではなく金属製の打楽器です。「チン」と「チチン」という打ち方を使い分けて演奏します。太鼓と同じく管弦の際に登場します。

・鞨鼓(かっこ)・・・左方の舞楽において使う種類の鼓です。他の種類の打楽器と比べ珍しいのは鞨鼓は役割を決められているところです。演奏のスピードを速めたい時や演奏の終わり際の合図、または指揮を執る役目を担っています。舞楽において鞨鼓の役割は非常に重要なため全体を見渡す、さながら和楽器オーケストラのコンダクターのようです。

・三の鼓(さんのつづみ)・・・右方の舞楽において使う打楽器です。奏法は非常に鞨鼓と似ていますが、鞨鼓のように連続して打つことはなく一回または二回ほど打つリズムで演奏します。また鞨鼓に比べて撥を太いものとなっています。

・笏拍子(しゃくびょうし)・・・神社においての笏をきれいに二つに割ったようなもので、それらを打ち付けて演奏の早さを決めます。鞨鼓は演奏中の早さを変えるのに対し、笏拍子は基本となる速さを決めるため印象を決める重要な和楽器と言える種類です。

考察

・雑音の美・・・和楽器には雑音の美学というものがあります。雑音を美とし、それを敢えて取り入れるというのは日本独特であり西洋楽器にはなかなかないものです。

・世界最古のオーケストラ・・・このように呼ばれてすでに長いですが実際はオーケストラでもありながら舞楽などの歴史や事象を体現することからオペラとも説明できますが、海外の観光客にはオーケストラと伝えた方が分かりやすいという一面があります。

・神聖さと楽器の位置づけ・・・先述したように和楽器には神事と結びつきが強くあり、それらは天と地、そして間を結ぶ龍を意味しているということですが、それらを一緒に演奏し神事を行う一方、その完成度を求めて演奏技術を向上させる音楽家としてのひたむきな様子が見られるのは世界でも非常に稀有なことのように思えます。

・現在の雅楽・・・現在雅楽においては神社やそれに関係する施設でも練習会やまたは祭りが催される際に変わらず使用されます。しかし、なかなか継承者が少なくなっており年齢層も年々高くなっていることで、雅楽の存在を危惧する声も少なくありません。

和楽器とは

和楽器は日本で生まれたものもあれば大陸からもたらされ、それが時代を経て日本独特の美意識や感性によって洗練あるいは複雑化されたものでもあります。
単に音色だけを聞くのではなく、その場所や出来事、歴史などに自然に耳を傾ける日本人の心に静かに響くものであると思います。

「和楽器・種類」に関連する記事

「和楽器・種類」についてさらに知りたい方へ

  • 趣味におすすめ!弦楽器の種類と始め方についてのサムネイル画像

    趣味におすすめ!弦楽器の種類と始め方について

    弦楽器と聞いてすぐ思い浮かぶのはギターやバイオリンではないですか?弦楽器にも色々な種類があります。今回は弦楽器の種類と趣味で弦楽器を始める方に役立つ情報をご紹介します。

  • ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?のサムネイル画像

    ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

    ウクレレ初心者に向けて、準備しておくことや良い練習方法や曲を紹介していきます。あくまで初心者に向けての記事なので、基礎的な内容になります。曲や練習方法も具体的に載せているわけではありませんが、ウクレレをこれから始める初心者にとってためになる記事だとおもいます。

  • 世界のさまざまなお墓について調査しました!のサムネイル画像

    世界のさまざまなお墓について調査しました!

    海外のお墓と聞いて、頭の中に思い浮かべるのは、欧米の映画などで見られる芝生に広がる十字架だったり、プレートが置かれたお墓でしょうか?世界には我々の想像もつかないようなお墓が数多く存在しています。そんな世界のお墓についてご紹介します。

  • 練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!のサムネイル画像

    練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!

    バイオリンを始めようと思っても練習方法や練習場所などいくつか悩む部分が出てくると思います。この記事ではバイオリンの歴史を始めマンションや夜の時間帯でもバイオリン練習ができる方法などを紹介していきたいと思います。

  • 日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

    日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

    私たちがいつかは必ず眠る終の棲家であるお墓は、日本でもかなり古い時代から設けられてきたとともに、お墓にまつわる独自の文化が形成されてきました。今回は、日本独自のお墓文化にまつわる儀礼や歴史を見ていくことで、日本のお墓文化のあり方やその変遷について見ていきます。

  • 多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

    多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

    多くの方がイメージする葬儀とはお通夜と告別式を1日ずつ行い、かつ、お経を唱えるものではないでしょうか。しかし、現代では社会の変化に伴ってさまざまな葬儀のあり方が現れ、その影響で葬儀の種類も増えてきています。今回は増えてきている葬儀の種類の事情を見ていきます。

  • 赤黄緑に紫…カラフルに目を楽しませてくれるもみじを種類別にご紹介のサムネイル画像

    赤黄緑に紫…カラフルに目を楽しませてくれるもみじを種類別にご紹介

    秋に色づく姿が美しく、古くから人気の高いもみじ。もみじには実に多くの種類があり、色づき方も形もさまざまです。秋の紅葉だけでなく、春も夏も目を楽しませてくれるもみじについて、種類別にご紹介します。

  • 葬儀・法事で使うのし袋の種類って?水引きの種類・色も解説しますのサムネイル画像

    葬儀・法事で使うのし袋の種類って?水引きの種類・色も解説します

    葬儀や法事の時は、香典やお布施を入れるのし袋が必要です。しかしのし袋には様々な種類があって迷ってしまいますよね。そこで、ぜひ知っておきたいのし袋の種類について詳しく解説します。水引の種類や色についてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • これだけは覚えたい!基本の和食の種類や簡単なマナーのサムネイル画像

    これだけは覚えたい!基本の和食の種類や簡単なマナー

    イタリアン、フレンチ、美味しい食事はたくさんありますが、やはり外せないのは和食ですよね!たくさんある和食の中でも、今回は特に覚えておきたい種類や和食に関するマナーの種類などをご紹介します。

  • のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説しますのサムネイル画像

    のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説します

    冠婚葬祭でよく見かける飾りのついた袋をのし袋といいますが、その飾りの部分のことを水引といいます。おめでたいことであれば紅白、お悔やみごとであれば黒白と場によって使う種類が異なるのはご存知でしょう。実はのし袋の水引の種類は他にもたくさん存在します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「和楽器・種類」についてさらに知りたい方へ

趣味におすすめ!弦楽器の種類と始め方についてのサムネイル画像

趣味におすすめ!弦楽器の種類と始め方について

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?のサムネイル画像

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

世界のさまざまなお墓について調査しました!のサムネイル画像

世界のさまざまなお墓について調査しました!

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!のサムネイル画像

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

粘土にはたくさんの種類がある?紙粘土や石粉粘土とは?のサムネイル画像

粘土にはたくさんの種類がある?紙粘土や石粉粘土とは?

熨斗の種類を知っていますか?今さら聞けない、大人の熨斗講座のサムネイル画像

熨斗の種類を知っていますか?今さら聞けない、大人の熨斗講座

2020年オリンピックにも 空手の種類は多様、ルールは?のサムネイル画像

2020年オリンピックにも 空手の種類は多様、ルールは?

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!のサムネイル画像

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!

これだけは覚えたい!基本の和食の種類や簡単なマナーのサムネイル画像

これだけは覚えたい!基本の和食の種類や簡単なマナー

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと