風水で重要な玄関におすすめの置物やNGな置物

運気をアップさせたい!と思っている方!良い気を引き寄せてくれる風水は難しそうなイメージがありますが、実は簡単なんです!玄関に置く置物を、風水的に良い置物を選べば簡単に運気をあげることができるんです。今回は玄関におすすめの置物を紹介します。

目次

  1. 風水的に玄関が一番重要な場所である
  2. 玄関の風水で良い動物の置物
  3. 玄関の風水で良い置物
  4. 玄関の風水で悪い置物
  5. まとめ

風水的に玄関が一番重要な場所である

風水とは

風水とは今から約四千年前に中国で発祥した「気」の力を利用した環境学のことです。簡単にいうと風水とは衣・食・住・行動など自分の周り全てのものを使って運を開いていく、いわば開運のための環境学なのです。環境が運を決めるという考え方が風水の基本的な考え方なのです。

風水にとって玄関は重要!

玄関は風水に置いて最も需要な場所となっています。なざなら玄関は気が入ってくるところだからです。しかし同時に悪い気も入ってきます。しかしその悪い気は風水によって吸い取ってもらうことができるのです。

表札は置いた方が良い?

一人暮らしの方やアパート、マンション暮らしの方は表札を置いてない人も多いのではないでしょうか?しかし表札を置くことは風水的にみて良いことだとされています。玄関に表札がないと運気が通り過ぎていってしまうことも…。表札はつけるようにしましょう。

玄関の風水で良い動物の置物

null

風水に置いて象の置物は、自分のアイデンティティを表すと言われています。自分がこの先、どう進めばいいのかわからない時に象の置くものを置くことで道が開けるそうです。

虎は武勇を司る頼りがいのある強い動物です。そんな虎の置物は風水に置いて邪気を払う効果があるとされています。玄関の左側に虎の置物を置くと嫌な気を浄化してくれるそうです。

風水において蛙は商売繁盛の力が宿っているとされています。そのため蛙の置物を玄関に置くことで商売に関する良い縁を呼んでくれるといわれています。しかし玄関に向けて置かないよう注意しましょう。玄関に向けて置いてしまうと、せっかくきた縁がジャンプして逃げてしまうといわれているからです。

風水において蛇の置物は金運アップの効果があるとされています。蛇は脱皮を繰り返し成長し、その生命力の強さから多くの神社で守り神とされています。

風水に置いてうさぎの置物は人をひきつける力があるとされています。うさぎの大きな耳で社交運をアップさせているのです。また東に置けば恋愛運アップに効果があるとされています。

玄関の風水で良い置物

玄関

水晶やクリスタル

風水に置いて水晶やクリスタルの置物はとても良いものとされています。水晶やクリスタルは光を反射させてくれるものです。悪い気を浄化し良い気を家の中に拡散してくれます。

鏡も水晶とクリスタルと同じく光を反射させてくれるもので、風水的にとても良いものとされています。鏡は置き方にポイントがあります。正面に置くと家の中に入る気を反射してしまうので良いとされていません。置く時は横に置きましょう。玄関から入って左側に置くと金運アップに、玄関方入って右側に置くと仕事運アップに効果があるとされています。

花や観葉植物などの植物は人と同じで呼吸をしています。そのため生命力の強さで邪気を吸収し良い気だけ取り入れてくれるといわれています。また花など植物を飾ると玄関が明るくなり、見ていて癒されることもできます。

絵・写真

花を飾りたいけどお世話がめんどくさい…という方はお花の写真や絵を飾っても良いでしょう。生花ほどの効果はありませんが、それでも効果がありますよ。

縁起物の置物

招き猫や七福神は縁起が良い置物だといわれています。これらの置物は縁起がいいからといって置きすぎないようにしましょう。1体がおすすめですが、どうしてもという場合は2体までにして下さい。

玄関の風水で悪い置物

ぬいぐるみ

人形やぬいぐるみなどは、人の気を吸ってしまうといわれています。悪い気も吸ってくれるのでいいのですが、良い気まで吸ってしまうことがあります。そのため玄関にはおかない方が良いでしょう。もしおきたいのであれば1、2体にし、ほこりがつかないようこまめに掃除するようにしましょう。

剥製

剥製はすでに死んでいるもののため、陰の気を発しているとされています。陰の気は気が乱れ、また玄関に剥製を置くと住んでいる人の気を奪うとされています。

ドライフラワー

風水では剥製のように死んだものは良いものとされていません。そのためドライフラワーも玄関に置くと陰の気を発しているため良い気を吸い取ってしまうとされています。そのため玄関の置物として相応しくありません。

こんなものもNG

風水的に見て、事故や問題を引き起こしてしまうということから自転車やベビーカー、トゲがあるため風水的に良くないとされるサボテン、またアンティークなものも良い気を吸ってしまうといわれているので風水的にみるとよくありません。

まとめ

いかがでしたか?今回は家の顔である玄関において、風水的に見ておすすめの置物、NGな置物を紹介しました。信じる信じないはあなた次第ですが、置物を置くことで自分自身に、家族に良い運が運ばれれば嬉しいですよね。最初はまずNGなものを置いていないかどうかをチェックしましょう。そして気になる置物を置いてみてはいかがでしょうか?

「玄関・置物」に関連する記事

「玄関・置物」についてさらに知りたい方へ

  • 玄関は開運に重要な場所、 植物を飾って良い気の流れを作る

    玄関は開運に重要な場所、 植物を飾って良い気の流れを作る

    植物には、生気が宿っています。玄関に置くことで、玄関内の気が活性化されると風水では言われています。良い気は、玄関から入り、室内に流れていくことで安定した空間を作り出し、目には見得ないけど居心地の良い我が家となると言います。観葉植物などで玄関の気を高めましょう。

  • まとめてみました!幸運をもたらす風水と観葉植物との関係

    まとめてみました!幸運をもたらす風水と観葉植物との関係

    よく風水の中に出てくるアイテムである観葉植物。その観葉植物を風水の考え方に基づいて家の中の適した場所に置くと幸運がやってくるといわれています。でも、家のどの場所にどの種類の観葉植物を置けば・・・。幸運をもたらす風水と観葉植物の関係をまとめてみました。

  • 風水から見た表札は 浮き彫りが開運のポイント!

    風水から見た表札は 浮き彫りが開運のポイント!

    風水から見ると表札には意味があり、単なる持ち主の表示だけでなく、家の運気に関わるといいます。浮き彫りの表札見つけましたか?浮き彫りの他にも運気上昇のポイントを押さえておくのもいいかもしれません。自作の表札を作るのも一つの方法。風水への関心も高まりそうです。

  • 玄関をおしゃれにガーデニングしましょう!DIYも!

    玄関をおしゃれにガーデニングしましょう!DIYも!

    毎日出入りする玄関は、家の顔。だからこそ素敵にガーデニングしたくなりますよね?今回は手軽にできる、玄関ガーデニングをご紹介します。きっとあなたの作った素敵な玄関ガーデニングが、家族に笑顔をもたらしてくれます。

  • 枕の向きであれが変わる?!今夜からできる幸せアップ術

    枕の向きであれが変わる?!今夜からできる幸せアップ術

    誰もがいつまでも健康で幸せに暮らしたいと願うはず。一日の約三分の一を費やす睡眠だからこそ、最適な枕の向きを知りたいですよね。枕の向きで得られるかもしれない更なる幸運を手にいれてみませんか。今よりもっと笑顔になりたい人必見です。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「玄関・置物」についてさらに知りたい方へ

玄関は開運に重要な場所、 植物を飾って良い気の流れを作るのサムネイル画像

玄関は開運に重要な場所、 植物を飾って良い気の流れを作る

まとめてみました!幸運をもたらす風水と観葉植物との関係のサムネイル画像

まとめてみました!幸運をもたらす風水と観葉植物との関係

風水から見た表札は 浮き彫りが開運のポイント!のサムネイル画像

風水から見た表札は 浮き彫りが開運のポイント!

玄関をおしゃれにガーデニングしましょう!DIYも!のサムネイル画像

玄関をおしゃれにガーデニングしましょう!DIYも!

枕の向きであれが変わる?!今夜からできる幸せアップ術のサムネイル画像

枕の向きであれが変わる?!今夜からできる幸せアップ術

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと