盆提灯・モダン盆提灯について勉強してみませんか

最近、核家族化が進んだ影響でしょうか、お盆や盆提灯について、知らない方が増えています。お寺や親戚等にも、ちょっと聞きづらいお盆や盆提灯について、今回お話しさせていただきます。最近流行のモダンタイプのモダン盆提灯等も紹介します。

目次

  1. お盆の意味は?
  2. 盆提灯とは?
  3. 盆提灯に纏わる習わし
  4. モダン盆提灯・モダンミニ行灯
  5. 盆提灯の飾り方
  6. 盆提灯のまとめ

お盆の意味は?

お盆

お盆を簡単に説明すると、ご先祖様の霊をあの世からお迎えをして、ご先祖様の精霊と共に時間を過ごし、感謝の気持ちを伝え、再びあの世に帰っていくという、夏の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教の教えからなる伝統的な風習です。

お盆はいつなの?

お盆の時期は地方によって違います。
近年、一般的には8月13日~16日に行われているところが多い。
東京など関東圏の一部は7月13日~16日に行われているようです。
京都などでは、8月14日にご先祖様をお迎え(迎え火)して、8月の16日にご先祖様をお送り(五山送り火)するなどの行事が執り行われています。
8月のお盆は月遅れのお盆で旧盆とも、いわれています。
諸説がありますが、東京と田舎とでお盆の時期をずらすことにより、親戚一同が集まりやすくして、ご先祖様を供養をするために、8月のお盆が一般的になったといわれる説があります。
単純にお盆は夏休みの時期という訳ではありません。

盆提灯とは?

盆提灯はお盆の時、ご先祖様や故人の精霊が迷うことなく帰ってくる目印として飾るのです。
盆提灯は「迎え火」「送り火」として、お盆に重大な役目を負うのです。また、ご先祖様や故人の冥福と、感謝の気持ちを込め、お盆の供養を表すものなのです。最近では、マンションや共同住宅などの場合、実際に火を焚いて「迎え火」「送り火」をすることは難しく、そんな場合に盆提灯が「迎え火」「送り火」の代わりの役目になります。

盆提灯の種類

盆提灯には、吊るすタイプと置くタイプの2種類があります。使い方・役割は同じです。
その他にも、飾る盆提灯のほかに、手に持つタイプの「お迎え提灯」もあり、ご先祖様や故人をお墓まで迎えに行くときに使います。
また、最近ではインテリアを兼ねた「モダン盆提灯」「モダン行灯」も人気を博しています。

初盆(新盆)の時の盆提灯

故人が亡くなって四十九日後、忌明け後に初めて迎えるお盆を「初盆」と呼び、四十九日より前にお盆がくる場合は、翌年のお盆が初盆となります。
初盆の時には、故人の精霊が初めて帰ってくることになるので、精霊が迷うことがないように、普通の絵柄が入った盆提灯のほかに、初盆用の「白提灯」を用意します。「白提灯」は一つあればよいです。「白提灯」は、仏壇の前や玄関・窓際などに吊します。
白提灯を飾るのは、初盆の時のみで、初盆が終わったら燃やしてしまいます。
ちなみに盆提灯は宗派による違いはありません。

盆提灯に纏わる習わし

初盆を迎える家に対して、親戚の人たちや親しかった人たちが、盆提灯を贈る習わしが昔からあります。盆提灯はお盆のお供え物としては最高のものされています。
盆提灯を送る場合は、絵柄が入ったものを送るのが一般的で、早い目に送る方が喜ばれます。出来れば一対送る方が喜ばれますが、一対でなくても失礼にはなりません。
白提灯は、通常、その家で用意することが普通となっています。

モダン盆提灯・モダンミニ行灯

近年、特に都会ではマンションや集合住宅では設置スペースの関係から、「モダン盆提灯」「ミニ行灯」を飾ることが増えてきています。また、インテリアを兼ねて仏壇等のそばに一年中、飾っていることも増えてきています。

盆提灯の飾り方

一般的な盆提灯の飾り方

盆提灯は、仏壇や盆棚の前へ、一対、二対と飾っていきます。
盆提灯は多ければ多いほど良いという風習がある地域もありますが、最近では場所があまり広く取れない家庭が多くなってきていますので、小さくても良いものを飾るように変化してきています。また、飾る数に決まりはないので、狭い場所はひとつでも、二つでも問題ありません。
初盆の場合には、絵柄が入った盆提灯のほかに、白提灯も飾ります。「白提灯」は一つあればよいです。「白提灯」の飾る場所は、仏壇の前や玄関・窓際などに吊します。

都市部でのモダンな盆提灯の飾り方

都市部の住宅やマンションなどでは、設置スペースの関係上、精霊棚や盆棚を設置しない家も多くあります。仏壇が精霊棚・盆棚を兼ねているので、盆提灯は仏壇の前に一対、二対と飾れば良いです。この場合も、飾る数に決まりはないので、狭い場所はひとつでも、二つでも問題ありません。
初盆の場合は、白提灯を一つ飾ります。
洋間などで、スペースがない場合は、決まりはないので、小さめのもの使ったり、新型(モダンタイプを含む)行灯を飾っても問題ありません。

盆提灯のまとめ

いかがでしたか?
基本的にお盆にご先祖様や故人をお迎えして、また、お送りするために使用するものですから、あまり、形式にこだわらずにすれば良いのではないかと思います。
インテリアを兼ねた、モダンな盆提灯や行灯でも構わないと考えます。
要はご先祖様への感謝の気持ちが問題なのですから...

「モダン・盆提灯」に関連する記事

「モダン・盆提灯」についてさらに知りたい方へ

  • 最近のモダンな盆提灯をご紹介いたします。

    最近のモダンな盆提灯をご紹介いたします。

    お盆の時に飾る盆提灯。今までの伝統的な盆提灯は大きく、またご自宅の雰囲気に合わなくて悩んでいる方も多いはずです。最近のモダンな盆提灯はサイズも小さくなっていますし、とてもお洒落です。このページではそんなモダンな盆提灯をご紹介いたします。

  • お盆に明かりを灯しましょう!盆提灯について調べました

    お盆に明かりを灯しましょう!盆提灯について調べました

    お盆のときに飾る提灯の意味から種類、そして意外と知られていない点灯する時間などをご説明します。盆提灯について知っておくと、お盆の準備の際に便利ですよ。

  • お盆のお墓参りで飾る提灯について今すぐ役立つ情報をまとめました!

    お盆のお墓参りで飾る提灯について今すぐ役立つ情報をまとめました!

    お盆のお墓参りに欠かせない提灯についてご紹介させていただきたいと思います。お墓参りで飾る提灯について、役に立つ情報をまとめさせていただきましたので、お盆にお墓参りをなさる際のご参考になさってください。

  • お盆には提灯スタンド!お盆に準備するもの

    お盆には提灯スタンド!お盆に準備するもの

    お盆には提灯スタンドが欠かせません。皆さんはお盆の時に何を準備しますか?提灯スタンドや仏具は用意するでしょうか?今回はそんなお盆の時に準備すべきものを紹介します。是非参考にしてみてください。

  • 慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

    慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

    初盆は、故人の死後、四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことです。初めてお迎えするため、僧侶や親族、知人を招いて盛大に法要を行うことが多く、準備も例年とは異なります。そこで、今回は初盆を迎える前に知っておきたい、初盆の準備や流れについてご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「モダン・盆提灯」についてさらに知りたい方へ

最近のモダンな盆提灯をご紹介いたします。のサムネイル画像

最近のモダンな盆提灯をご紹介いたします。

お盆に明かりを灯しましょう!盆提灯について調べましたのサムネイル画像

お盆に明かりを灯しましょう!盆提灯について調べました

お盆のお墓参りで飾る提灯について今すぐ役立つ情報をまとめました!のサムネイル画像

お盆のお墓参りで飾る提灯について今すぐ役立つ情報をまとめました!

お盆には提灯スタンド!お盆に準備するもののサムネイル画像

お盆には提灯スタンド!お盆に準備するもの

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと