【過去と未来】知っておきたい因果応報のまとめ【幸せへの架け橋】

何となく耳にした事のある四文字熟語「因果応報」。その由来や本当の意味を知っていますか?実は幸せになるためのヒントがたくさんあります!今も明日も未来もまとめて幸せになりたい!現代での意味や因果応報の由来についてまとめてみました。

目次

  1. 因果応報とは何か
  2. 現代における因果応報
  3. 仏教における因果応報
  4. 因果応報で運命を変えよう
  5. 未来へ繋がる因果応報のまとめ

因果応報とは何か

ただの四字熟語では?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、もともとは仏教のおしえからきた言葉です。
仏教は538年に日本に伝えられたと考えられているそうです。
そこから日本に根付いた仏教ですが、現代ではもう仏教を越え自然と自分たちの行い戒める言葉として使用されるようになりました。
以下、現代での因果応報と仏教での因果応報についてまとめてみました。

花

現代における因果応報

悪いことをすると罰が当たるよ、と子供の頃に言われた記憶はありませんか?
それが現代における因果応報の意味となります。

四字熟語としての因果応報

因果の因は「原因」、果は「結果」です。つまり対となる、日本語で言うところの対義語となります。何事にも原因があり、結果があるという意味からきています。この部分は仏教からやってきた意味そのままになります。
次に応報ですが、応は「応じた」、報は「報い」となります。
これらをまとめてみますと、善いことをすれば善いことに、悪いことをすれば悪いことに応じた報いがやってくるという意味になります。

知らない間に学んでいた因果応報

絵本や日本昔話などはほぼ因果応報を用いた話になっています。
花咲か爺さんを例にすると、隣のお爺さんにいじめられた犬を助けて大事に育てた結果、犬から恩返しを受けました。
隣のお爺さんはその恩を横取りしようとしましたが、お爺さんには悪いことしか起こりませんでした。
因果応報そのままですね。悪い行いをした人には悪い結果しかこないのです。また、小学生になると「道徳」という授業があります。
ここで善悪の判断をつける勉強をして、善いことを行い悪いことはしないことを学びます。
つまり幼い頃から仏教の大切な部分をまとめて凝縮して学んで生きていることになります。

現代における因果応報のまとめ

善いことも悪いこともそのまま自分に戻ってくる、というのが現代での因果応報の使い方になります。
ただし善いこともと書きましたが、因果という言葉のせいか悪いことが起こったときにしか使用されません。
花咲か爺さんも、因果応報にあったのは隣のお爺さんということになります。
こうなると因果応報ってあまり良いイメージが湧きませんね。

仏教における因果応報

因果応報は仏教のおしえからと言いましたが、実は因果応報のような考え方は世界中で見られることです。ただし仏教には人の一生だけでは完結しない因果応報を説いているのです。

輪廻転生と業

善い行いが幸福を、悪い行いが不幸を招くという意味は現代と変わりません。
しかし現代では悪い行いが不幸として降りかかり、降りかかればそれで因果は終わると言った風潮ですが仏教では違います。
まず仏教では輪廻転生という教義があり、簡単に言うと生まれ変わりという意味です。
その生まれ変わりの時、前世の業(カルマ)を引き継ぎます。この業というのが因果にあたります。

例えば今の人生がすごく苦しく険しいものであり自分自身に悪い行いをしている自覚がない場合、仏教の世界では前世の業のせい…ということになります。

思うだけでも業は積もる

業にも種類があります。以下に概要をまとめてみました。

身業

行為による業。殺生、窃盗、性に関する人の道を外れた行為など。

口業

言葉による業。悪口、不誠実な発言、事実と異なる発言など。

意業

心による業。欲深い考え、怒り、邪な考えなど。

身業や口業は心がけひとつで改善できそうですが、意業はとても難しそうですね。
思うだけで因果を生み出してしまうというのが仏教のおしえ。
こういった業の積み重ねにより、延々と輪廻が続く限り人間は業に縛られるというのが仏教での因果応報となります。

仏教における因果応報のまとめ

仏教における因果応報とは前世、今世、来世全てにつながるもので一時的なものではありません。
また行動や言動だけでなく思考からも因果は生まれていきます。
人は因果に縛られて生きていると言っても過言ではありません。

花

因果応報で運命を変えよう

因果応報って何だか怖いイメージがついたかもしれませんが、幸せな未来をつくる為のヒントがたくさん隠されているのです。現代での因果応報の意味と仏教での意味をまとめて活かしてみましょう。

明日を幸せにするために

私たちは過去の行為の結果をまとめて今受け取っていることになります。
今が苦しい人は、過去に悪い行いをしたのが原因かもしれません。
この原理を逆手にとり、未来を幸せにするために今日から善い行いをしましょう。
明日の自分を笑顔にするために今から行動を起こすのです。
運命は善い行いによって良い方向へ向けることができるのです。

言葉を大切に

仏教における因果応報で、身業・口業・意業というものを学びました。
私たちは行動をする前にまず頭で考えます。考えるときには言葉を使います。
バラバラに見えて全てはつながっています。ネガティブな思考だと発言も行動もネガティブになります。
明るい、綺麗な言葉を意識して使うようにしましょう。
そうすることで思考も明るくなり、行動にも自信が持てるようになるでしょう。
そうした行動の積み重ねをまとめて、明るい未来につなげましょう。

幸せへの感度

たくさん善い行いをしているのに、ちっとも現状が良くならない。
相変わらずの生活が続いている。と感じることもあるかもしれません。
それはもしかしたら幸せを求めすぎているのかもしれません。
実は現状はとても幸せなのにそれに慣れ過ぎてしまっているのです。
そうなってくるとネガティブな感情、言葉、思考になってしまいます。
向上心も大事ですが、今の現状や自分のことを全部まとめて幸せだなーと呟いてみましょう。
心がすっと軽くなりませんか?
そうすることで心に余裕ができ、ポジティブに生活することができます。
感度を下げるということも時には必要ということです。

未来へ繋がる因果応報のまとめ

花

いかがでしたでしょうか?あなたの未来を明るくする為のヒントになれれば幸いです。また、仏教にはここではまとめきれなかった人生のヒントがたくさんあります。因果応報をきっかけにして、仏教のおしえを知って頂けたらなと思います。

「因果応報・まとめ」に関連する記事

「因果応報・まとめ」についてさらに知りたい方へ

  • 自業自得と因果応報に違いはあるのでしょうか?のサムネイル画像

    自業自得と因果応報に違いはあるのでしょうか?

    自業自得、因果応報、一度は耳にしたことはあると思います。この二つの言葉の違いをご存知でしょうか?限りなく近く、でも使い分けされる自業自得と因果応報。ここではその違いをまとめてみました。

  • 仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介しますのサムネイル画像

    仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介します

    私たち日本人にとってお墓といえば、仏教式のものが一般的です。ただ、仏教のお墓に込められている意味について理解していない場合も少なくないといえます。普段あまり考えない仏教のお墓の意味について一緒に考える機会を持ってみませんか?

  • 悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

    悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

    ブッダの言葉には、魔法のような力があります。読むと耳に痛い言葉や、「なるほど」と納得する言葉があります。ブッダは歴史的にも有名な人で、映画やドラマ、アニメにまでその物語が語り継がれています。しかし、ブッダの言葉はあまり知られていませんね。そんな名言をご紹介。

  • 南無阿弥陀仏は仏教のどの宗派のお経? 各宗派の教義内容も比較のサムネイル画像

    南無阿弥陀仏は仏教のどの宗派のお経? 各宗派の教義内容も比較

    南無阿弥陀仏というお経は仏教の中でも最も有名なものかと思います。自分の宗派の念仏は知らないけれど、これは知っている、という方もいるかもしれませんね。ここでは南無阿弥陀仏が仏教どの宗派で使われていて、どんな教義に基づいているかという説明をしたいと思います。

  • 意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!のサムネイル画像

    意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!

    お墓と言えば、皆さんはどのような場所を想像しますか?仏教ならお寺にあって、年に一度お盆にお参りをしてお花を供える、そんなイメージではないでしょうか?しかし、お寺にはお墓があるのにそもそも神道にお墓ってあるのか不思議。そんな神道とお墓の関係についてお教えします。

  • 何故お墓に花を供えるのか?仏教における花の意味のサムネイル画像

    何故お墓に花を供えるのか?仏教における花の意味

    仏教に関連した花といえば、仏花。自宅やお寺等にある仏壇や墓地へお墓参りをした時にお供えしますが、そもそも何故花を供えるのか考えた事はありますか?今回は仏教の花に対する考え方を解説します。

  • キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介しますのサムネイル画像

    キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介します

    仏教徒がほとんどの日本にも、キリスト教徒は数多く存在します。しかし、キリスト教徒のお墓に対する考え方やお墓参りのしきたりなどを知っている人は、あまり多くないでしょう。ここでは、いざキリスト教のお墓参りをしなければならなくなった場合に役立つ情報を紹介しています。

  • お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

    お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

    現代の日本では人が亡くなると、火葬を行い遺骨をお墓に納めることが一般的な風習となっています。ここではお墓の歴史や作る意味、宗教ごとで異なるお墓の意味合いなどの知っておきたい情報をまとめてご紹介していきます。

  • 終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とはのサムネイル画像

    終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

    40代で終活?と思われるかも知れませんが、働き盛りで気力も体力も十分なこの年代だからこそ、素晴らしいエンディングを迎える準備をするのにふさわしいのではないでしょうか。この記事では40代から終活を始めるべき理由とその内容について紹介します。

  • 【徹底比較】神社とお寺の違い、わかりやすく解説します!のサムネイル画像

    【徹底比較】神社とお寺の違い、わかりやすく解説します!

    日本人の生活や慣習に深く根付いた、神社とお寺。混合している部分もありますが、信仰神からお墓の違いなど、異なる点は多くあります。神社とお寺の違いを徹底解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「因果応報・まとめ」についてさらに知りたい方へ

自業自得と因果応報に違いはあるのでしょうか?のサムネイル画像

自業自得と因果応報に違いはあるのでしょうか?

仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介しますのサムネイル画像

仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介します

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

南無阿弥陀仏は仏教のどの宗派のお経? 各宗派の教義内容も比較のサムネイル画像

南無阿弥陀仏は仏教のどの宗派のお経? 各宗派の教義内容も比較

意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!のサムネイル画像

意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!

何故お墓に花を供えるのか?仏教における花の意味のサムネイル画像

何故お墓に花を供えるのか?仏教における花の意味

キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介しますのサムネイル画像

キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介します

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とはのサムネイル画像

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

【徹底比較】神社とお寺の違い、わかりやすく解説します!のサムネイル画像

【徹底比較】神社とお寺の違い、わかりやすく解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「因果応報・まとめ」についてさらに知りたい方へ

自業自得と因果応報に違いはあるのでしょうか?のサムネイル画像

自業自得と因果応報に違いはあるのでしょうか?

仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介しますのサムネイル画像

仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介します

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

南無阿弥陀仏は仏教のどの宗派のお経? 各宗派の教義内容も比較のサムネイル画像

南無阿弥陀仏は仏教のどの宗派のお経? 各宗派の教義内容も比較

意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!のサムネイル画像

意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと