釣ってすぐにでも食べられる?渓流釣り堀のご紹介

イワナやヤマメ、ニジマスなどはなかなか手に入らない魚ではないでしょうか。そんな魚も渓流釣り堀なら手軽に釣ることができます。渓流釣り堀ができる場所を紹介します。

目次

  1. 渓流釣り堀とは
  2. 渓流釣り堀の魅力
  3. 関東エリアの渓流釣り堀
  4. 関西エリアの渓流釣り堀
  5. 東北エリアの渓流釣り堀
  6. おわりに

渓流釣り堀とは

川

テレビなどで、串にささったイワナやヤマメなどが塩焼きになっている映像を見て、食べてみたいと思った人も多いのではないでしょうか。これらの魚はスーパーなどに並ぶことは少なく、なかなか食べることができない魚です。渓流釣りをしている人なら、時期になれば頻繁に食べることもできるでしょう。しかし、渓流釣りは釣りの中でも難しいとされ初心者では手軽にできる釣りではありません。

釣れるポイント探しも重要ですし、とても警戒心が強く、特にヤマメは、イワナやニジマス釣りでは難しいとされます。また釣り場は岩が多く、足場の悪い釣りとなり、岩が濡れていれば滑りやすく危険も伴います。また、この渓流釣りを楽しむには、ほとんどの場所で遊漁料が必要になります。このように、釣り初心者が渓流釣りでイワナやヤマメ、ニジマスを釣るのは難しいです。

しかし、渓流釣り堀は、必要な道具はレンタルできるところが多く、道具などを用意することなく気軽に釣りを楽しむことができます。渓流釣りといっても安全な場所での釣りとなるため、子供連れのファミリーも楽しい時間が過ごせます。釣堀といっても施設によって釣り方も様々で、餌釣り以外にもフライフィッシングが楽しめるところもあり、ベテランでも十分に楽しむことができる釣りです。

渓流釣り堀の魅力

渓流釣り堀は、安全に釣りができる、手軽さなども魅力なのですが、その他にも、この渓流釣り堀ならではの魅力があります。

まずあげられるのが、その場で釣った魚を味わえる点です。渓流釣り堀の施設のほとんどが、その場で釣った魚を串にさし、塩焼きにして食べることができるサービスを提供しています。テレビでしか見たことがなかった魚の食べ方を手軽にできるのも、この渓流釣り堀の魅力の一つです。

自然の中での釣りとなるのも魅力です。最近では子供も自然と触れ合える機会も減っています。また、年を重ね、行動範囲が狭くなり、ほとんどの時間を家で過ごす人も多いでしょう。普段の生活を忘れ、自然の中で楽しい時間を過ごせるのも、渓流釣り堀の大きな魅力です。

関東エリアの渓流釣り堀

川

東京

東京にも渓流釣り堀が楽しめるところは多いです。つかみ取りが楽しめる「日の出町自然休養村 さかな園」、釣れなくても塩焼きが楽しめる「氷川国際ます釣り場」、「峰谷川渓流釣り場」では釣りだけでなくバーベキューも楽しめます。その他にも、最寄り駅のJR奥多摩駅から徒歩で30分の場所にある「アメリカキャンプ村」など多くの釣り場があり、手軽にいつもの都会の時間とは違う、のんびりとした時間を過ごせます。

神奈川

神奈川県にもいくつか、渓流釣り堀がありますが、おすすめは「神之川キャンプ場」、「BOSCO Auto Camp Base」です。「神之川キャンプ場」では、管理釣り場を併設し、ニジマス釣り場とイワナ・ヤマメ釣り場があります。ニジマス釣り場では1日一人3,300円、イワナ・ヤマメ釣り場では1日一人4,100円で釣りが楽しめます。バンガローなどの宿泊施設もあり、キャンプが苦手な人でも利用しやすいです。「BOSCO Auto Camp Base」では、フライフィッシングが楽しめる場所もあり、ベテランにもおすすめです。

埼玉

埼玉にもイワナやヤマメなどの魚が釣れる管理釣り場が多くあります。通常の釣り堀感覚でルアーやフライ、餌釣りもできる「朝霞ガーデン」、愛犬も一緒に入場できる「入川渓流観光釣場」、釣りをした後はのんびりと足湯が楽しめる「有間渓谷観光釣り場」など、自分に合った釣り堀を楽しめます。

栃木

栃木には、希望する魚種を放流してくれる「三依渓流つり場」、塩焼きだけでなく、刺身も楽しめる「ナラ入沢渓流釣りキャンプ場」、釣りだけでなく、ゴーカートや虫取り、食事など施設も充実した「那須渓流パーク」があります。

群馬

全長120メートルの範囲を14に区切られた「発知渓流つりセンター」、釣りだけでなく、窯焼きピザ・イワナ塩焼き・燻製つくり体験プランも用意され家族で楽しめる「ようらく」もおすすめです。
その他にも、「黒保根渓流フィシング」、「赤久縄」、「大崎つりぼり」、「シャロムの森(ファミリー釣り場)」など、多くの釣り場があります。

関西エリアの渓流釣り堀

イワナの塩焼き

関西にも多くの渓流釣り堀ができる施設がありますが、おすすめが「朽木渓流魚センター」です。釣り場は足場もよく子供でも楽しめます。39センチのイワナ、58センチのイトウなど、大物も釣れるのも魅力です。手ぶらでバーベキューを楽しめますし、イワナ料理や熊料理まで味わえるおすすめのスポットです。

東北エリアの渓流釣り堀

宮城

宮城県にも多くの釣り場があり、それらの釣り場は宮城県公式Webサイトでも紹介されています。

福島

福島県のおすすめの釣り場としては、その場で、塩焼き、みそ焼き、唐揚げ、刺身と様々な料理が楽しめる「ぼん天」、入園料・駐車場無料で釣り用具一式200円とリーズナブルな釣りが楽しめる「いわなの里」、国内最大級の釣り場の「羽鳥湖高原 レジーナの森」などがあります。

おわりに

いかがでしたか?イワナやニジマスなど、普段食べることができない魚を手軽に釣ることができる場所は多くあります。身近にある釣り場、旅行で立ち寄った際には、普段できない釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「渓流・釣り堀」に関連する記事

「渓流・釣り堀」についてさらに知りたい方へ

  • 手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

    手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    川釣りは淡水で手軽に楽しめる釣りです。釣れる魚はヤマメや、ナマズ、アユなど海ほどではないとはいえ、様々な魚を釣ることができますし、仕掛けもいろんな種類のものがあります。ここでは、川釣りの仕掛けの種類や糸の結び方などをお伝えします。

  • 夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方のサムネイル画像

    夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

    多くの人が明るい時に釣りを楽しんでいますが、魚種によっては夜のほうがよく釣れることもあります。今まで夜釣りをしたことがない人に向けて、夜釣りの楽しみ方、準備をするものなどを紹介します。

  • 強い引きが楽しみ!ニジマス釣りを体験しようのサムネイル画像

    強い引きが楽しみ!ニジマス釣りを体験しよう

    渓流釣りの主役ニジマス。他の渓流魚と比べて、魚体が大きく、釣れた時のファイトがずっと素晴らしいところから、大人気となりました。そんなニジマスの釣りをご紹介しましょう。

  • 大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

    大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

    岸からの釣りは手軽に楽しめるのですが、なかなか大物は釣れません。しかし、岸からでも釣り方によってシーバスが狙えます。ここではシーバスの釣り方について紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと