仏壇の預かりサービスがある?|内容・金額相場・業者・注意点

仏壇の預かりサービスがある?|内容・金額相場・業者・注意点

引越しやリフォームなどで仏壇を移動する状況はあります。その時に仏壇をどうすればよいのか悩む人もいるでしょう。一時的に仏壇を預かってくれる預かり業者はいるのでしょうか?今回終活ねっとでは、仏壇の預かりサービスと金額相場や業者について詳しく紹介していきます。

2019-10-16

仏壇の預かりサービスってどんなサービス?

仏壇

ライフスタイルの中で引越しや、家の建て替えやリフォームなどで、仏壇を移動せざるを得ない状況があると思います。
そのときに仏壇をどうすればよいのか悩む人も少なくないでしょう。
一時的に仏壇を預かってくれるところはあるのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、仏壇を預かってくれるサービスと金額相場について詳しく紹介していきます。
今回紹介する内容は以下の通りです。

  • 仏壇の預かりサービスってどんなサービス?

  • 仏壇を預かってくれる業者と金額の相場は?

  • 仏壇を動かす時の注意点は?

仏壇には仏様やご先祖様が宿っていますので、他の家具と同じような扱いはできません。
仏壇を一時的に預けなければいけない状況に備えたい方にとって、役立つ内容になっています。
ぜひ最後までお読みください。

仏壇の預かりサービスについて

仏壇

人生の中で家庭の状況が変化することで、引越しや老朽化した家の建て替え、リフォームなどをするタイミングが訪れる場合があります。
引越しや建て替えだと仮住まいを探すことになりますが、もし仏壇のある家庭だった場合にその仏壇を仮住まいに持っていくのは大変です

仮住まいはそれほど広さはないでしょうから、家の家財道具をすべて運び入れることは出来ないでしょう。
そこで大半の家具はどこかに預けなければいけませんが、仏壇は特別ですので預ける先も慎重に探す必要があります

仏壇は他の家具と違い、一般的に貴重品扱いと同様に美術品として扱われている場合が多いので、預かってくれる業者は多くはないようです。
ここでは、預かりサービスとは何かについて詳細を説明していきます。

どんなサービスなの?

仏壇を預ける状況は頻繁にあるわけではないので、仏壇を預かって貰えるサービスがあることをご存知ではない人もいるのではないでしょうか。
仏壇を預かってもらう際に、どんな場所で預かって貰えるのか、もし預かって貰える場合はどのような条件があるのかなどは、事前に確認しておきたいポイントです。

購入者対象のものが多い

引越しをする場合、依頼した引っ越し会社に相談すると一時的に家財道具を預かってくれる場合があります。
最初からそのプランの中に荷物の一時預かりが含まれていることもあるようなので、初めに確認しておくとよいでしょう。
ただ、仏壇に関しては扱いが特殊ということで預かりを断る会社も少なくないようです。

一般的に仏壇を購入した仏壇会社に依頼すると、ほとんどの会社が預かってくれます。
早めに予約をいれておきましょう。
では、もし購入したお店でなくても預けたい場合は、どのようにしたらいいのでしょうか。

預けたい仏壇をこの機会に洗浄や修繕などのメンテナンスに出すことで、そのお店で預かってもらえる可能性があります。
すべての仏壇店が預かりをしているわけではないので、事前に連絡を入れて預かってもらえるかどうかの確認をしておいた方が安心です。

一時保管にはトランクルームを使う

仏壇をトランクルームに預けることに対して、ご先祖様に失礼で申し訳ないと考える人も少なくないようです。
しかし、他に預け先が見つからないのであれば仕方がないでしょう。

預ける際は、トランクルームが屋外なのか屋内なのか、冷暖房や防犯・防災の対策はされているかなどの確認は必要です。
さらに、仏壇を立てた状態で保管できる広さなのかも重要なポイントです。

どんな場合に使われるの?

仏壇の預かりサービスを利用する時の理由として考えられるのは、引越しやリフォームなどがあるでしょう。
仮住まいのスペース問題で、運び入れることが難しいため別の場所で保管する必要があります。
そういった際に、預かりサービスを利用するのです。

家のリフォームなどの場合

家全体のリフォームの場合は、家の家具や他の物もすべて家から運び出すので仏壇の預かり先を手配する必要があります
しかし、家の一部のリフォームの場合は家具などを別の部屋に移動するだけで済むこともあるでしょう。
その場合は仏壇も家の中だけの移動で済むので、預かり先は探さなくてもよくなります。

引越しなどの場合

引越しの場合は、今住んでいる家を出ることになります。
そのため、仏壇も他の家財道具もすべて運び出さなくてはいけません。
引っ越し先の新居に、すぐにすべてを運び込めれば問題ないのですが、運びいれが出来ない場合は一時的に荷物を預かってもらうしかありません

引越しの際は依頼した引っ越し会社が預かってくれることもありますが、仏壇は断られる可能性があるため事前に仏壇を預かってくれる事業主を探しておきましょう。

預かりサービスの金額相場とは?

1ヵ月仏壇を預かる場合の業者の金額の相場は、小さいサイズから大きいサイズで金額は異なりますが、6,000円~15,000円程度となっています。
しかし、仏壇の作りはとても特殊なので高額な物を預かる場合は相場の金額より高くなることもあるので覚悟しておきましょう。

預かりサービスのある業者

人々

大切な仏壇を預かってもらえる業者を探すことは時間も労力も要します。
今回、仏壇を預かってもらえる会社を3社ご紹介します。

佛心堂

佛心堂さんは、本店が岡山県にある仏壇修理専門店であり仏壇引越しの専門店でもあります
佛心堂さんは、本店が岡山県にありますが全国に7拠点も支店があるので安心して依頼できるでしょう。

佛心堂さんに仏壇の依頼をする場合の流れは、依頼の連絡をすると、見積もり金額を伝えてくれます。
それから預かりの日時を決めて仏壇を預かりに来て、保管をする流れになります。
佛心堂さんでは、預かった仏壇を安全に保管するために防犯対策も万全にされています

世間では仏壇を預ける前後の作業過程で、大切な仏壇を壊されたり傷をつけられたりと様々なトラブルにあった方もいるようです。
そこで佛心堂さんはお客様の大切な仏壇を守るために、引越しのプロの事前の判断で壊れやすい仏壇や運び出す際に難しそうな場合は分解梱包することも行っています。
仏壇に詳しいプロだからこそ安心して任せられます。

佛心堂さんの詳細はこちらからご確認ください。

滝田商店

滝田商店さんは東京浅草にあり、大正2年創業の仏壇、仏具の専門店です。
滝田商店さんでは、高品質でこれまでの仏壇のイメージを覆すようなデザイン性のある仏壇も豊富に取り揃えています。

さらに、仏壇や仏事について分からない事もコーディネーターが常駐しているので安心して相談ができます

滝田商店さんでは、お客様のために「12の安心サービス」を提供しています。
いくつか紹介すると仏壇・仏具などの修理、古い仏壇の引き取り、仏壇の特別制作、仏壇の一時預かりなどがあります。
仏壇のお預かりについての詳細は、直接お問い合わせをして確認しましょう。

滝田商店さんの詳細はこちらからご確認ください。

まことみ堂

まことみ堂さんは、仏壇の洗浄、修復を行う専門の会社です。

洗浄や修復以外にも引越しなどで仏壇の預かり先がない場合や運送業者に断られた場合などに、仏壇を預かってくれるサービスも行っています
利用する場合の流れは、まずスタッフさんが伺い仏壇を確認して見積もりを出します。
見積もりは無料のようですが、修復が必要であればその際に提案してくれます

見積もりに納得いただければ、仏壇の引き取り日時を決めます。
見積りに洗浄、修復が含まれていればお預かり期間中に作業を行います。
お支払いは現金払いで後払いのようです。

まことみ堂さんの詳細はこちらからご確認ください。

仏壇を動かす場合の注意点

仏壇

仏壇には仏様やご先祖様が宿っているので、むやみに動かすことはタブーとされています。
しかし、どうしても動かさなければいけない場合は、動かす前の儀式を済ます必要があります。
その場合は、お世話になっているお寺に相談しましょう。

儀式を済ませて仏壇を運び出す際は、先に写真をとってから仏具を白い布などに包んでおきます。
仏具は自身で手でもって運びますが、仏壇は業者などに頼んでトラックで立てた状態で運んでもらいましょう。
ここでは仏壇を動かす場合の注意点を詳しく紹介していきます。

魂抜き・魂入れについて

仏壇は家にある他の家具などとは違い仏様やご先祖様が宿っているので、仏壇を運びだす時には必ず魂抜きの儀式を行います。
その儀式によって、これまで手を合わせて拝んでいた仏壇が「ただの物」になるので、そこで初めて運び出せます。

今度は新居に仏壇を入れなおす場合には、仏壇に仏様やご先祖様の魂を戻す儀式が必要です。
その儀式のことを魂入れと呼んでいます。
魂抜き、魂入れの儀式は、必ずお坊さんにやっていただきましょう。

どのような場合に必要なの?

魂抜きや魂入れは、仏壇を家から運び出す際には必ず必要な儀式ですが、家の中での移動の際は特にしなくて問題ありません
引越しの際に、すぐに新居に入れず一時的に業者に頼んで預かってもらうこともありますが、その際にも魂抜きは必ず必要なので気を付けましょう。

宗派による違い

仏教全般では基本的に魂抜き、魂入れの儀式を行いますが、浄土真宗は「魂」という概念がないため、これらの儀式は行いません
しかし、それに代わる入仏法要遷座法要と呼んでいる読経の儀式は行います。
自身の宗派を間違えないように確認しておきましょう。

以下では仏壇に必要な供養について費用も解説していますので合わせてご覧ください。

仏壇の動かし方

仏壇を動かすための儀式を済ませた後、元の状態の仏壇の写真を数枚撮影しておきましょう
その理由は、仏壇を動かす際に仏具や遺影などを別に梱包しますが、その後配置するときに仏具の位置が分からず慌てるのを防ぐためです。
遺影や仏具は白い布で覆って自分で運び、仏壇の運び出しは専門家に任せた方が安心です。

仏壇預かりサービスまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、仏壇の預かりサービスについてご紹介していきました。

紹介した内容は以下の通りです。

  • 仏壇の預かりサービスとは、引越しやリフォームなどで仏壇を家から運び出した後に預ける時に利用するサービスのこと。
    仏壇は美術品に分類され、預かってくれる引越し会社は多くはない。

  • 仏壇を預かってくれる業者とその金額の相場は、仏壇を購入したお店ならほとんど預かってくれる。
    金額の相場は1ヵ月6,000円~15,000円ほど。
    高価な仏壇はそれ以上になる場合もある。

  • 仏壇を動かす時の注意点は、仏壇を動かす前に魂抜きの儀式を済ませておくことである。戻す際には魂入れの儀式も忘れてはならない。

仏壇は一般の家具とは違い特別なので預かり業者は多くはないが、仏壇の専門店だと預かってもらえる可能性が高いようです。
今後、引っ越しやいろんな状況の変化で仏壇を預ける際には、今回紹介した内容が少しでもお役に立てば幸いです。

また、終活ねっとでは仏壇や葬儀に関する記事を他にも多数掲載しております。
以下では、マンションでの仏壇の置き方について解説していますので合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「仏壇・預かり」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事