仏壇で電球タイプのろうそくを使ってもいいの?|仏教・メリット

仏壇で電球タイプのろうそくを使ってもいいの?|仏教・メリット

仏壇のろうそくに火を灯す事は長く一般的でしたが、現在は電球タイプのろうそくが登場しています。ですが、仏壇に電球タイプのろうそくを使用することに宗教上問題はないのでしょうか?また今回の記事では、電球タイプのろうそくを用いるメリットなどについても解説していきます。

2019-09-21

仏壇で電球タイプのろうそくの使用はアリ?

仏壇

近年、仏壇のろうそくに電球タイプのものが登場していることを、皆さんはご存知ですか?
確かに、火をつけるという手間が減り便利そうなものですが、本来仏壇のろうそくには火をつけていたのに電球タイプのものを使うと、違和感を覚えるかもしれません。

また、そもそも電球タイプのろうそくを使用することは、宗教上問題ないのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、仏壇で使用する電球タイプのろうそくについて以下の内容を中心に解説します。

  • 仏壇にろうそくを灯す意味って?

  • 電球タイプのろうそくってなに?

  • 電球タイプのろうそくはどこで販売している?

  • 電球タイプのおすすめろうそくは?

今回、電球タイプのろうそくを使う際のメリットや選び方についてもあわせて紹介していきます。
仏壇の購入や、仏具の買い替えなどを迷っている方のお役に立てれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

仏壇にろうそくを灯す意味とは?

困った人々

仏壇のろうそくに火を灯すことは一般的なことになっていますが、どうしてろうそくを灯すのかについては深く考えたことはないかもしれません。

仏壇のろうそくに火を灯すのには、2つの理由があります。
1つめに、古来から火には邪気を払いのけて清める力があると信じられてきました。
そのため仏壇やお寺、お墓などのろうそくに火を灯すことが一般的に浸透していきました。

もう1つの理由としてご先祖様が迷わずに現世に帰って来られるように、場所をお伝えするための目印としているからというものが挙げられます。
一般的にお盆やお彼岸には仏壇に必ずろうそくに火を灯しますが、それもご先祖様への目印なのです。

ろうそくの他にも仏壇に飾る仏具はたくさん存在します。
仏壇のその他の仏具に関しましては、以下の記事で詳しく解説しておりますので、ぜひあわせてお読みください。

仏壇の電球タイプのろうそくについて

仏壇

仏壇のろうそくに、電球タイプのものが登場していることは先ほどご紹介しました。
では、果たして実際に仏壇で電球タイプのものを使用することは問題ないのでしょうか?
また、電球タイプのものを使用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

この段落では宗教上問題がないかどうか、使用するメリット、選び方について解説していきます。

宗教上の問題はあるの?

電球タイプのろうそくを使用することは、仏様やご先祖様に対して失礼だと感じてしまう人も少なくないでしょう。
ろうそくの灯りは、不浄なものを清める力や現世の人々の煩悩や苦しみの根源から救済してくれるとされています。

そんな意味のあるろうそくだからこそ、電球タイプのものに替えてしまうことに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、あまり気にする必要はありません。
つい忘れてしまいがちですが、電球タイプのろうそくに切り替えることを気にするより、仏様やご先祖様を敬う気持ちが仏壇にお参りするうえで一番大事なことです。
そのため、敬う気持ちさえ持っていれば、電球タイプに替えても特に問題はないでしょう。

ろうそくを替えてから仏壇を拝む際に、通常タイプのろうそくから電球タイプに替えましたと仏様やご先祖様にご報告を差し上げられると、なお良いかもしれません。

ろうそくが本物か電球タイプのものかどうかは、ご先祖様への気持ちさえあれば特に問題ではないので、考えすぎる必要はないのです。

電球タイプのろうそくのメリットとは?

やはり一番は、普通のろうそくに比べて安全性が高いことが大きなメリットでしょう。

実際に仏壇のろうそくの火が、火災の原因になってしまうというケースが多くあります。
うっかり火を消し忘れて放置してしまったり、何かの拍子で倒してしまったりすることでそういったことに発展してしまいます。

しかし、電球タイプのろうそくであれば、火を使わないのでうっかり消し忘れたり倒してしまったりしても安全です

また、明かりをともす際にも、スイッチを入れるだけですので火をつける手間がかからず安心です。

さらにLED電球のものですと、寿命が長く経済的なうえに電球が熱を持ちすぎることがありません。
やけどをすることもないので、安心して使用できます。

電球タイプのろうそくの選び方

最近では様々な電球タイプのろうそくがインターネットやお店で販売されています。
選ぶときに重要なことは、デザインの好みや仏壇のサイズに合ったものを選ぶことです。
置く場所に相応しくいないタイプを選ばないように、購入する前にサイズなどを確認しておきましょう。

形で選ぶ

電球タイプのろうそくの形もいろいろあり、デザインや機能も様々です。
本物そっくりであったり、花の絵が描かれたものなどもあります。

また通常のろうそくより長さがあるものや、ミニサイズのものなど種類は様々です。
その中から、特に仏壇の雰囲気や好みに合っているものを選びましょう。

また注意点として、選ぶ際にはろうそくを置くための台もセットで購入しましょう。

仏壇の大きさに合わせて選ぶ

仏壇の大きさも住宅事情によって様々ですので、自宅にある仏壇の大きさに合った電球タイプのろうそくを選びましょう。

一般的な大きさの仏壇であれば、ろうそくのサイズが7㎝~11㎝程度で問題ないでしょう。
ご自宅の仏壇がミニサイズの仏壇であれば、5㎝程度のミニろうそくも販売されています。

電球タイプのろうそくはどこで買える?

困った人々

通常の火を使うろうそくは比較的どこでも手に入りますが、電球タイプのろうそくはどこで販売されているのでしょうか?
ここでは電球タイプのろうそくをどのような場所で購入できるかについてご紹介します。

仏具店

電球タイプのろうそくは仏具なので、仏壇を購入する際に一緒に仏具店で購入しておくと探す手間が省けます。
仏具店ですと、仏具を専門に扱っているということもあり安心して購入できます。
また、わからないことや不安なことがあればスタッフさんに気軽に尋ねることもできるでしょう。

ご自宅の仏壇のサイズや雰囲気を控えておけばおすすめなものを選んでもらうことも可能です。

仏壇とセット購入でなくても、仏具だけ後から購入することもできますので、火の消し忘れが不安に感じてきたら近隣の仏具店を覗いてみてもいいかもしれません。

100均

日本の物づくりのクオリティーの高さは世界でも認められていますが、身近にある100均の商品も100円とは思えないくらいのクオリティーです。

100均にない商品はないと言われているくらい品数も豊富で、仏壇用に使用する電球タイプのろうそくを販売しているところもあります

基本は電池を使用し、アルカリ単4電池を2本使用がするタイプが多いようです。
連続使用時間の目安が約60時間と意外に長時間使用できるため、100円という値段も考えるとかなり経済的です。

家電量販店

電化製品というと、家電量販店を真っ先に思い浮かべる方が多いでしょう。
大手の家電量販店には、電球タイプのろうそくも販売しています。

また家電量販店では各WEBサイトがあり、そこでは写真付きで多くの商品を紹介し販売しています。
商品の詳細が記載されているので、実際に店舗に足を運ばなくても商品を注文できるので便利です。

金額は100均よりは少し高くなりますが、家電専門のお店の商品のため値段の分の安心感があり、また性能面でも優れていることが多いです。

おすすめの電球タイプのろうそく

仏壇

電球タイプのろうそくを使うことのメリットや購入できる場所は分かりましたが、実際にどのようなものを選べば良いのでしょうか?

ご自宅の仏壇に合ったタイプのものを選ぶことが一番ですが、中には便利な機能が付いたものも登場しています。

ここでは、そういったものの中でおすすめな商品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

リモコンでつけるタイプのろうそく

近年は電化製品にリモコンが付いていることは珍しくなくなっていますが、電球タイプのろうそくにもリモコンが付いているものがあるようです。
ご高齢の方は特に何度も立ったり座ったりすることは足腰に負担がかかるため、リモコンがあれば座ったままでも明かりのオンオフが出来て大変便利です

以下の商品は、サイズが直径4㎝、全長21㎝タイプのろうそくで、LED電球使用でリモコン付きの電球タイプのろうそくです。
全長21㎝あるのは台がついてのサイズです。
このタイプは単三乾電池を2本使用しますが、電池代は含まれていません。

こちらの商品の詳細については下記をご確認ください。

小さいサイズの電気ろうそく

マンション住まいの方や、一般的な仏壇を置くスペースの無い方のために、コンパクトなサイズのミニ仏壇があります。

そのミニ仏壇にも合うように、直径43㎜、全長10cm、重量17gといったミニサイズの電球タイプのろうそくも存在しています
こちらも台付きのサイズになります。

このタイプは黄色LED電球を使用し単五形乾電池を2本使用します。
以下の商品はテスト用の乾電池が2個ついていてお得となっております。

こちらの商品の詳細については下記をご確認ください。

仏壇の電球タイプのろうそくまとめ

仏壇

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、仏壇に使用する電球タイプのろうそくについて解説しました。

今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 仏壇にろうそくを灯す意味は、昔から火には邪気を払いのけて清める力があると信じられているから。
    また、お盆などにご先祖様が迷わずに現世に帰ってこられるように場所をお伝えする意味も込められている。

  • 仏壇にお参りするうえで大事なことはご先祖様を敬う気持ちなので、電球タイプのろうそくを使用することは宗教上特に問題はない。

  • 電球タイプのろうそくを使用することのメリットは、火を扱わないため安全で火災が起きてしまう心配がないことである。
    またスイッチ一つで明かりをつけられることや、火傷の心配も少ないこともあげられる。

  • 電球タイプのろうそくは、仏具店、家電量販店、100円ショップなどで購入することができる。

  • 電球タイプのろうそくを選ぶ際には、自宅の仏壇のサイズや雰囲気に合ったものを選ぶようにする。

  • 電球タイプのろうそくの中でも、リモコン付きで座ったまま明かりをともせたり、ミニ仏壇に合ったサイズのコンパクトなものなど様々な種類がある。

仏壇にお参りしたい気持ちでろうそくに火をつけたことで、火災などになってしまうのは本当に悲しいことです。

普段から物忘れが多かったり、事故が起こりえる環境であるなど、不安な点がある方はこれを機に電球タイプのろうそくに替えてみてはいかがでしょうか?

この記事が、皆様が仏壇用のろうそくを買い換える際の参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、この他にも仏壇や葬儀などに関する記事を多数掲載しておりますので、よろしければそちらもご参照ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「仏壇・ろうそく・電球」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事