金仏壇ってどのような仏壇なの?塗装や掃除、宗派についても解説!

金仏壇はどんな仏壇なのでしょうか。仏壇は大切な故人・ご先祖を祀るものですから、よく理解しておきたいものです。特に金仏壇は高価ですから、掃除の仕方など詳しく知っておきたいですね。この記事では、金仏壇について、塗装や掃除、宗派による違いなども含めてご紹介します。

目次

  1. 金仏壇について
  2. 金仏壇の意味
  3. 金仏壇ってどのような仏壇なの?
  4. 宗派によって異なる金仏壇
  5. 金仏壇を長持ちさせるためには?
  6. 金仏壇の仏具に関して
  7. 金仏壇の買取は可能なの?
  8. 金仏壇についてのまとめ

金仏壇について

仏壇

金仏壇とはどのような仏壇なのでしょうか。
普段仏壇のことはあまり考えたことはない、という方もいらっしゃるでしょう。
仏前で毎日お線香を上げる方でも、仏壇のことはよく分からないという方も多いと思います。

これから仏壇を買う方、引き継ぐ方を含めて、仏壇とは長いお付き合いをすることになります。
そうでなくても、仏壇は亡くなった身内の方やご先祖を祀る大切なものですから、よく理解しておきたいものです。

中でも金仏壇は伝統のある高価なものですから、どのような仏壇なのか、掃除の仕方なども含めて詳しく知っておきたいものですね。

そこで今回終活ねっとでは、金仏壇について、下記の事項を中心にご紹介します。

  • 金仏壇の意味は?
  • 金仏壇とは、どのような仏壇なのか?
  • 金仏壇は宗派によって異なる?
  • 金仏壇を長持ちさせる方法は?
  • 金仏壇の仏具はどんなものが良い?
  • 金仏壇の買取はできるのか?

金仏壇について、塗装や掃除の仕方、宗派による違いなども含めて分かりやすく解説していきます。
ぜひ最後までお読みください。

金仏壇の意味

仏壇

仏壇には大きく分けて金仏壇唐木仏壇モダン仏壇の3つがあります。

  • 金仏壇

    白木の素材に金粉・金箔を施した、日本の伝統工芸技術を駆使した高価な仏壇です。

  • 唐木仏壇

    元来は中国(唐)経由の輸入銘木で作られた仏壇で、100年以上の歴史があります。

  • モダン仏壇

    多様なライフスタイルに対応した伝統にとらわれない新しい発想の家具調仏壇です。

金仏壇は、上記のとおり金粉・金箔を施しているため金仏壇と言われます。

仏教各宗派の本山寺院のご本尊を安置する所を須弥壇と言います。
仏壇のご本尊を祀る所は、この宗派本山の須弥壇を模したものです。

金仏壇は、阿弥陀如来がおられる浄土の荘厳さを象徴的に表わしているのです。
金仏壇には蒔絵・彫刻・錺金具など、日本の伝統的な工芸技術が盛り込まれています。

金仏壇は阿弥陀如来をご本尊とする浄土真宗で一般的に用いられますが、他宗派でも金仏壇を使うことはあります。

金仏壇ってどのような仏壇なの?

仏壇

金仏壇と言っても、いろいろな種類・制作方法があります。
金仏壇とはどのようなものなのか、詳しくご説明します。

金仏壇の種類

まず、金仏壇の種類についてご説明します。
金仏壇の種類は、産地や使う宗派で分けることが多いです。

金仏壇の産地は国内各地にあり、伝統工芸品に指定されているものも多いです。
金仏壇は主に浄土真宗で使われますが、浄土真宗でも宗派によって違いがあり、浄土真宗以外の宗派で使われる金仏壇もあります。

金仏壇の種類には、主に産地名を付して言うことと、使う宗派名で分けることが多いです。
金仏壇の産地と宗派ごとの種類については、後ほど詳しくご説明します。

金仏壇の塗装・工法

金仏壇の特徴は、塗装・工法などにあります。
伝統的な金仏壇はどのような作業工程があるのか、詳しく見ていきましょう。

  • 木地

    仏壇の素材となる木材で、桧・松・欅などを使います。

  • 塗り(ぬり)

    木地の表側に漆を塗ります。
    塗る回数が多いほど耐久性が良くなり、価値も上がります。

  • 下地(したじ)

    下地の良し悪しは仕上がりを左右します。
    牡蠣や帆立などの貝をつぶした胡粉に膠(にかわ)を加えた膠下地が有名です。

  • 金箔(きんぱく)・金粉

    金箔より高価なのが金粉です。
    伝統工法では細かな工程を繰り返して金箔を作ります。

  • 蒔絵(まきえ)

    一般的な蒔絵は「平蒔絵」で、漆で文様を描き、その上に金粉・銀粉などを乗せます。
    蒔絵の上から漆を塗り研ぎ出す「磨き蒔絵」、文様を肉上げする「高蒔絵」の技法もあります。

  • 彩色(さいしき)

    仏壇に色をつけることで、濃い色つけの極彩色と淡い色つけの淡彩色があります。

  • 彫刻

    欄間や柱飾りなどの彫刻で、一枚彫りと付け彫りがあります。

  • 錺金具(かざりかなぐ)

    補強・装飾のための金具で、鏨(たがね)で銅や真鍮を手打ちして作ります。

伝統的な金仏壇は、以上のような工程を専門職人の手により1つ1つ丁寧に作りあげていきます。
現在は各工程を機械化したり、化学品を使うなど、新しい工法で作られている金仏壇も多いです。
もちろん伝統的な技法・素材による金仏壇の方が手も込んでおり、品質も良く高価です。

主な生産地

それでは金仏壇の主な生産地を見ていきましょう。

国内には江戸時代からの歴史がある著名な産地が各地にあります。
伝統工芸品の産地をはじめ、その他の国内の産地、それに海外の産地についてもご紹介します。

  • 国指定の伝統工芸品の産地

    経済産業大臣指定の伝統工芸品となっている次の15産地があります。

    山形仏壇:木目を出した塗りが特徴です。
    新潟・白根仏壇:平桝形という技術を用いています。
    三条仏壇:金具作りに食器作りの技術を活かしています。
    長岡仏壇:宮殿の屋根の形が三屋根作りです。
    飯山仏壇:宮殿がよく見えるようにと作った弓長押が特徴です。
    名古屋仏壇:各宗派向けの仏壇があります。
    三河仏壇:三杯引き出しの低い台になっています。
    金沢仏壇:地場産の金箔を使用した蒔絵を施しています。
    七尾仏壇:漆塗りなどの華やかな装飾が特徴です。
    彦根仏壇:漆と純度の高い金箔を使い高級感があります。
    京仏壇:平安時代から作られています。
    大阪仏壇:京仏壇と並ぶ歴史があります。
    広島仏壇:蒔絵と漆塗りに特徴があります。
    八女福島仏壇:他産地の影響をほとんど受けていません。
    川辺仏壇:12世紀ごろから作られています。

  • その他の国内産地

    上記の伝統工芸品の外に、都道府県知事指定の伝統工芸品や他の生産地もあります。

    小樽仏壇:明治20年代に製造が始まりました。
    秋田仏壇:昭和30年代後半から作られています。
    小千谷仏壇:金仏壇と欅仏壇の折衷で、伝統的な金仏壇とはやや異なります。
    高岡仏壇:接着剤を使わないのが特徴です。
    福井仏壇:金虫喰研ぎや錆盛蒔絵などの技術が特徴です。
    美川仏壇:室町時代から作られています。
    三国仏壇:大型仏壇です。
    高田仏壇:浄土真宗高田派の専修寺を模しています。
    兵庫仏壇:ほとんど手作業です。
    姫路仏壇:高級感があります。

  • 海外の産地

    近年、中国・ベトナムなどでも金仏壇が作られています。
    しかも、海外の金仏壇は非常に安価なものが多く、販売数の7割にも上っています。

金仏壇のサイズ

金仏壇のサイズは、代(だい)であらわします。
代は仏壇本体の大きさでなく、仏壇に納める掛軸の大きさです。

浄土真宗では仏壇にお釈迦様が描かれた掛軸をご本尊として掛けます。
代は、この掛軸が3福入る大きさを表します。
ただ、代の大きさは、宗派や地域によって違います。

参考までに大きさの例を下の表に示します。
ご覧のとおり分かり難いこともあり、最近は上置仏壇の大きさを表す号や、端的にcmを使うことも多いです。

高さ(cm) 幅(cm) 奥行(cm)
30代 131 66 50
50代 151 76 54
70代 166 81 59
100代 173 85 70
150代 175 97 77
200代 180 122 81

金仏壇の価格相場

金仏壇の価格相場を見ておきましょう。
金仏壇の価格は、仏壇の産地や大きさもありますが、金箔・金粉の量や漆塗りの回数、彫刻や装飾などの細工によって大きく違います。

一般的な金仏壇の価格の相場は100万円前後です。
手の込んだ伝統的な金仏壇は、かなり高額のものもあります。
最近は海外で安価に作られたものや、国内産でも素材や工法を変えた比較的安いものがあります。

宗派によって異なる金仏壇

仏壇

金仏壇は、使う宗派によって違いが見られます。
浄土真宗とその他の宗派について、金仏壇との関係をご紹介します。

金仏壇を推奨している浄土真宗

浄土真宗では、その教えを広めるために金仏壇を推奨していると言われます。
金仏壇は、阿弥陀如来がおられる極楽浄土の光り輝く荘厳さをもっともよく表現しているからです。

浄土真宗派の自宅には金仏像が多い

仏壇が金仏壇の場合、仏壇に飾るご本尊も金仏像にする方もいらっしゃいます。
浄土真宗のご本尊はもちろん阿弥陀如来です。
このため、浄土真宗派の自宅には金仏像が多いとも言われます。

ただ、浄土真宗の仏壇に祀るご本尊は仏像ではなく掛軸(御絵像)の場合も多いです。
浄土真宗の仏壇には本山から直接頂いた御絵像の掛軸が有難いとされているからです。

浄土真宗でも細かく分かれているので注意!

浄土真宗には宗派がたくさんあります。
中でも大きな宗派は、真宗大谷派(東)浄土真宗本願寺派(西)です。

浄土真宗では金仏壇を使うことが多いですが、宗派によって形や作りが違います。
本願寺派(西)と真宗大谷派(東)では、以下ような違いがあります。

  • 真宗大谷派(東)

    宮殿の屋根は二重の瓦吹き屋根、外柱は黒漆塗りです。
    二重屋根は東本願寺の御影堂(大師堂)を、黒柱は阿弥陀堂を模したものです。

  • 浄土真宗本願寺派(西)

    屋根は一重の破風(はふ)屋根、外柱は金箔張りです。
    西本願寺の阿弥陀堂を模したもので、仏壇の内部も基本的にすべて金色です。

その他の宗派の場合

金仏壇は基本的に浄土真宗で用いられていますが、他の宗派でも金仏壇を選ぶことはあります。

他宗派の金仏壇には特に決まりはありません
須弥壇の形は宗派ごとに違いますが、屋根は一重が多いです。

ただ、他の宗派で金仏壇が選ばれる事は稀です。

金仏壇を長持ちさせるためには?

仏壇

金仏壇を長持ちさせるためには、どのようにしたらよいのでしょうか。
金仏壇の日常の掃除と修理・洗濯についてご説明します。

金仏壇を掃除する

皆さんは仏壇を掃除していますか。
仏壇も日常的に掃除するものです。
ただ、金箔や細工が施されている金仏壇は特に丁寧に注意して扱う必要があります。

ここでは、金仏壇の掃除の仕方と注意点についてご紹介します。

掃除の際に使っていけないもの

まず掃除の際に使ってはいけないものがあります。
例えば、普段の掃除で使う水・洗剤・濡れ雑巾・スポンジ・たわしはいずれも使いません。

水分は錆や腐食の原因になりますので、水を使うのはNGです。
雑巾などでごしごしこすって磨くのも、仏壇・仏具を傷つけますのでNGです。

掃除の際に準備するもの

仏壇の掃除の際に準備するものは次の3つです。

  • 手袋

    金箔や金具などに手の脂分がつかないようにします。

  • 掃除用の筆

    仏具などの埃を払います。

  • 柔らかい巾

    仏壇や仏具の乾拭きに使います。

他に金属磨き・クリーム、綿棒などを使うこともありますが、必須ではありません。

掃除の段取り

仏壇の掃除の段取りは、次のようになります。

  • 合掌

    掃除を始める前に、まず仏壇に向かって合掌しご挨拶しましょう。

  • 仏具を出す

    手袋をはめて仏壇の中の仏具を外に出し、新聞紙などの上に置きます。
    吊灯篭などは無理せずにそのままでもよいです。
    戻すとき困らないように配置をメモしておくか、写真を撮っておくとよいでしょう。

  • 仏壇を掃除する

    上段の方から下に掃除していきます。
    金箔部分は布などで拭かずに、筆で軽く埃を払います。
    漆塗り部分などは、乾拭きします。

  • 仏具を掃除する

    仏具も乾いた布で拭いて磨きます。
    力を入れ過ぎないよう注意します。
    こびり付いたロウ、燃え残りのお線香などは取り除きます。

  • 仏具を戻す

    仏具を元の位置に戻して、再度お参りをしましょう。

外国産のものは

外国産と言っても良質のものもあれば、品質がかなり悪いものもあります。
素材や作り方にもよりますが、基本的に掃除の仕方は変わりません
水を使わない、ごしごしこすらないという点に注意して掃除しましょう。

金仏壇を修理・洗濯する

次に金仏壇を修理・洗濯する方法についてご説明します。
仏壇の修理は分かっていても、洗濯とは何なのか疑問に思われる方も多いと思います。
実は金仏壇は、元々修理・洗濯できるように作ってあるのです。

修理・洗濯の仕方

仏壇の修理・洗濯のことを一般に「お洗濯」とも言います。
仏壇の修理・洗濯は専門の仏壇屋さんにお願いします
仏壇を分解して長年の間に溜まった汚れを洗い落とし、傷んだ部分を修復してもらいます。

仏壇屋さんでは以下のような工程でお洗濯します。

  • 修理・洗濯の依頼
  • 写真撮影
  • 分解
  • 洗浄
  • 木地・金具・塗り・金箔などの直し
  • 組立
  • 納品

仏壇の大きさにもよりますが、3カ月くらいで新品同様にきれいになって戻ってきます。
費用は数十万円~100万円前後です。
お仏壇を数十年ごとに洗濯に出せば、100年以上の長期間でもきれいに使うことができます。

海外産は洗濯できない場合があるので注意

海外産の金仏壇は国産品と違って洗濯できない場合があるので、注意が必要です。
特に安価な金仏壇は素材や作り方が違いますので、劣化しても修復できない場合が多いです。

金仏壇の仏具に関して

仏壇

仏具は基本的に灯立・花立と香炉の三具足を用いますが、灯立と花立を1対にして香炉との五具足を使うこともあります。
他に茶湯器や仏飯器、高坏、供笥、おりんなどがあります。

仏具やりんは金仏壇との調和を重視

金仏壇は荘厳で格式がありますので、仏具も金仏壇と調和する品格のあるものを選ぶとよいでしょう。
装飾用の金灯籠、瓔珞、輪灯などを用いることも多いです。

どのような花が合う?

仏壇に供える花は生花で新鮮なものが良いです。
一般的に菊やカーネーション、ユリなどが使われますが、いずれも金仏壇の美しさによく合います。

お花の色は白が清々しくて爽やかで、彩的にも金仏壇を引き立てる美しさがあります。
金仏壇の荘厳さに合う落ち着いた明るい色の花であれば、問題ないでしょう。

また、下の記事では仏具のりんについて解説しております。
興味のある方は、ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

仏壇の「りん」の本来の意味と役割について

りんは身近な仏具の1つです。お仏壇のあるご家庭なら必ず「りん」はあります。 お仏壇の「りん」にはどのような役割があるのでしょうか?

金仏壇の買取は可能なの?

仏壇

色々な事情から仏壇を買い取ってもらいたいと思うこともありますね。
例えば、仏壇を引き継ぐ方がいないとき、家が手狭で小さい仏壇にかえたいとき、などです。
しかし、金仏壇の買取は可能なのでしょうか。

残念ですが、仏壇は家具などと違って基本的に買い取ってもらえないことが多いです。
むしろ処分費用が掛かると考えた方がよいです。
仏壇を中古の再利用でよいと思う人は、少ないからです。

ただ希少価値がある仏壇や新品同様の仏壇は、稀に買い取ってもらえることもあります。

金仏壇の買取について

それでは価値が高く伝統工芸品の指定を受けるような金仏壇は買い取ってもらえるのでしょうか。

金仏壇といっても、産地や素材、加工技術、保存状態などにより違いがあります
中にはそれほど価値のないものもありますが、骨董的な価値があるものもあるでしょう。

しかし、伝統工芸的な価値があったとしても、必ず買い取りに応じてもらえるわけではありません
いくら古美術品であっても仏壇としてのニーズがなければ、買い手がつかないことが多いです。
美術品として買いたいという方もおられるかもしれませんが、稀なケースと考えた方がよいです。

買取価格の相場ってどれくらい?

それでは、仏壇の買取価格の相場はどのくらいなのでしょうか。
仏壇の買取自体が多くはありませんので、相場というほどはっきりしたものはありません。
高価な仏壇であっても、仏壇を買い取ってもらう場合はかなり安価になってしまいます。

理由は、中古の仏壇を買う人がほとんどいないからです。
仏壇を美術品として求めたいという方がいれば多少の値段はつくでしょうが、古美術的価値があっても買い手が稀で値段はほとんどつかないのが実態です。

金仏壇についてのまとめ

仏壇

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、金仏壇について解説してきました。
以下にこの記事の要点をまとめました。

  • 金仏壇は、金粉・金箔を施しているため金仏壇と言われる。
    阿弥陀如来がおられる浄土の荘厳さを象徴的に表わしているのが金仏壇である。
  • 金仏壇の特徴は、木地・塗り・金箔・蒔絵・彫刻・錺金具などの伝統的な工法にある。
    金仏壇の産地は、伝統工芸品など国内産と最近は海外産もある。
    金仏壇のサイズは、掛軸の大きさである「代」であらわす。
  • 金仏壇の価格は、金箔の量、漆塗りの回数、細工によって大きく違う。
    一般的な金仏壇の価格相場は100万円前後であるが、かなり高額のものもある。
  • 金仏壇は浄土真宗で推奨している。
    浄土真宗でも派によって違いがあるので注意が必要である。
  • 金仏壇の掃除は、水で洗ったり、雑巾などでごしごしこすってはいけない。
    手袋をはめ、掃除用の筆で埃を払い、柔らかい巾で乾拭きするのが基本である。
    金仏壇は修理・洗濯できるように作ってあり、洗濯すれば新品同様にきれいになる。
  • 金仏壇の仏具や花も金仏壇との調和を考えて選ぶとよい。
  • 金仏壇は価値があっても仏壇としてのニーズがなければ、買い手がつかない。
    金仏壇の買取自体が少なく、相場というほどはっきりしたものはない。
    骨董的な高価な仏壇も、買い取ってもらう場合はかなり安価になる。

金仏壇について、掃除の仕方や宗派による違いなども含めて詳しく見てきました。
仏壇のことは意外と分からないことも多いものです。

しかし仏壇はご先祖を祀る大事なものですから、常日頃大切に扱い、心を込めて供養したいものです。
この記事がお役に立てば幸いです。

また、下の記事では仏壇へのお参りの作法について解説しておりますので、そちらもあわせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

仏壇へのお参り、正しい作法で出来ていますか?

仏壇にお参りをするとき、正しい作法で出来ているか心配になったことはありませんか?宗派によって仏壇のお参りの作法も違ってきます。大人のマナーとして正しい作法を知っていれば、いざというときも落ち着いてお参りできますね。

シェアする

「仏壇・金」に関連する記事

  • 宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編のサムネイル画像

    宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編

    みなさんは宗派により仏壇の飾り方が違うのをご存知ですか?各宗派にご本尊さんがいるのと同じように、宗派によっても仏壇の飾り方が違います。今回は、宗派の中で最も多くの門徒さんがいらっしゃる「浄土真宗本願寺派」と「浄土真宗大谷派」の仏壇の飾り方を紹介します。

  • 仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。のサムネイル画像

    仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

    故人を祀るためのお仏壇には、さまざまなマナーがあります。しかし仏具の飾り方、お供え物について正しく知っている方は少ないのではないでしょうか?そこで今回は仏具やお供え物などお仏壇に関することについて詳しく紹介していきます。

  • 仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

    仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

    ご家庭に仏壇がある方にとっては、仏壇に花を供える事は当たり前の事だと思います。しかし、仏壇がないご家庭や、仏壇が身近ではなかった方々にとっては、仏壇に供える花についてはよくわからないですよね。そこで今回は、仏壇の花についていろいろと調べてみました。

  • 正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介しますのサムネイル画像

    正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介します

    生活を共にしたパートナーが亡くなってしまい、お葬式も済んだら、お仏壇を準備しなければいけませんね。ではお仏壇の正しい配置や向きなどご存じですか。なぜこの配置なのかもご紹介していきます。

  • 家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。のサムネイル画像

    家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

    同じ時を過ごしてきたペットは家族の一員です。そんな家族を亡くしてしまっても、傍にいると感じたいものです。ここではそんな供養に必要なペットの仏壇や仏具などをご紹介いたします。ご自宅にペット用のお仏壇があると、少しでも悲しさが和らぐかもしれません。

  • 【仏壇を知ろう!!】仏壇の種類や価格の相場って知ってますか??のサムネイル画像

    【仏壇を知ろう!!】仏壇の種類や価格の相場って知ってますか??

    最近の仏壇は、種類が豊富で価格帯も幅広い事をご存知ですか?いざ必要になった時というのは、忙しく何かと出費が多くなります。その前に仏壇の種類や価格について知っておくのも良いのではないでしょうか。

  • お仏壇の処分はどうすれば・・・。お仏壇の処分方法のサムネイル画像

    お仏壇の処分はどうすれば・・・。お仏壇の処分方法

    お仏壇は神聖な物です。しかし様々な理由から処分せざるをえなくなった場合のお仏壇の処分方法をご説明いたします。

  • お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たちのサムネイル画像

    お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たち

    ご先祖様や故人をお祀りするお仏壇。とても神聖で毎日綺麗にしておきたい場所ですね。このページではあまり知られていないお仏壇の便利用品をご紹介いたします。また100円均一ショップでも購入できる、お仏壇用品などもご紹介しています。

  • 各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるかのサムネイル画像

    各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるか

    最近は仏壇の置いていない家庭が多いですが、いざ自分の家から亡くなった人が出たら仏壇が必要となりますが、さてこの仏壇の向きには決まりがあるのでしょうか?宗派別に仏壇の向きと仏壇のまつり方について調べて見ました。

  • 仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

    仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

    仏壇にお菓子をお供えしますが、皆さんはその正しい置き方や、どんなものがいいかご存じですか?今回は仏壇にお供えするお菓子の位置や、好適品についてご説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「仏壇・金」についてさらに知りたい方へ

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編のサムネイル画像

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。のサムネイル画像

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介しますのサムネイル画像

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介します

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。のサムネイル画像

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

【仏壇を知ろう!!】仏壇の種類や価格の相場って知ってますか??のサムネイル画像

【仏壇を知ろう!!】仏壇の種類や価格の相場って知ってますか??

お仏壇の処分はどうすれば・・・。お仏壇の処分方法のサムネイル画像

お仏壇の処分はどうすれば・・・。お仏壇の処分方法

お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たちのサムネイル画像

お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たち

各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるかのサムネイル画像

各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるか

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向きのサムネイル画像

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「仏壇・金」についてさらに知りたい方へ

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編のサムネイル画像

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。のサムネイル画像

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介しますのサムネイル画像

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介します

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。のサムネイル画像

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと