仏壇の魂入れとは?|お布施・金額相場・準備・流れ・服装

仏壇の魂入れとは?|お布施・金額相場・準備・流れ・服装

日本には多くの家に置かれている仏壇ですが、仏壇といえば購入して、業者に安置してもらえば十分と思われがちです。しかし仏壇もお墓と同じように魂入れと呼ばれる儀式を行う必要があります。今回は仏壇にも必要な魂入れについていろいろ見ていきましょう。

最終更新日: 2020年12月17日

仏壇の魂入れは必ずするべき?

仏壇

仏壇は日本にある多くの家に安置されている、ご先祖様や仏様に祈りを捧げるための場です。
特に古くからある家では、仏間に当たり前のように安置されており、お線香や食べ物をお供えして手を合わせるのが日課という方も多いでしょう。
またお盆などに帰省した際に、ご先祖様に近況を報告する意味で仏壇に手を合わせる方も多いです。

さて仏壇を新しく購入するタイミングは、多くの場合、ご家族の誰かが亡くなってその供養をするときでしょう。
もちろん仏壇と合わせてお墓を建てることも多いのですが、お墓については建立した後に魂入れを行うのが一般的です。

一方仏壇については、搬入後に仏像なども安置するため、お墓で行うような魂入れは必要ないように思えます。
しかし果たして、仏壇に魂入れは必要ないのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、仏壇に魂入れは必要なのかどうかについて見ていきます。

  • そもそも魂入れとはどのような儀式なのか?

  • 仏壇に魂入れは必要なのか、それとも魂入れをしないという選択肢はあるのか?

  • 仏壇の魂入れを依頼する際に考えるべきこととは?

  • 仏壇の魂入れに向けた準備と当日の流れとは?

新しく仏壇を購入する予定がある方や、仏壇が安置されるのを待っている方にとって、大変役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

そもそも魂入れってなに?

困った人々

魂入れについては、聞いたことのない方もいるでしょう。
ここではまず、魂入れがどのような儀式であるのかについてを簡単にご説明します。

魂入れは開眼供養やお性根入れとも呼ばれ、故人などご先祖様の霊がお墓に宿っていただけるようにするための儀式です。
実は完成したてのお墓は、そのままの状態ではただの石を積んだものにすぎません。
そこで魂入れを通じてご先祖様の霊が宿ることで、お墓は初めて手を合わせるための場となります。

お墓で魂入れの儀式を行う場合、お墓を新しく建立したときや、お墓の修理が完了したタイミングに合わせて行われることが多いです。

仏壇は魂入れをすべき?しないのはアリ?

仏壇

建立や修理したてのお墓で一般的に行われる魂入れですが、仏壇についても必要なのでしょうか。
たしかに仏壇もお墓と同じように、手を合わせたりお経を唱えたりする場です。

ここでは仏壇についても魂入れが必要なのかどうかという点を、詳しく見ていきましょう。

仏壇にも魂入れは基本的に必要

実は仏壇についても、お墓と同じように魂入れが必要です。
たしかに完成したての仏壇は、業者の方が運び入れたうえで本尊や位牌を安置さえすれば、そのまま手を合わせる価値があるように見えます。
しかし仏壇もまた、安置したての状態では手を合わせるべき場とはいえません。

そこで安置した後に、僧侶に来ていただき、魂入れの儀式を行います。
魂入れの儀式を通じて、仏壇の中に安置した本尊や位牌に仏様やご先祖様の霊が宿るようになって、初めて仏壇が手を合わせるべき対象になるというものです。

浄土真宗では魂入れは行わない

ほとんどの仏教宗派では、仏壇の購入や安置に合わせて魂入れを行う慣習がありますが、浄土真宗だけは例外として魂入れを行いません。

浄土真宗では他の仏教宗派と異なり、魂が存在するという考え方がないためです。
また魂入れを通じて本尊に仏様が宿るようにするということに対して、恐れ多いとさえ考えます。
さらに浄土真宗では、故人も亡くなった後は成仏するという考え方のため、故人についても魂自体が存在しないという考え方です。

ただし浄土真宗では魂入れが行われない代わりに、「御移徙(おわたまし)」と呼ばれる儀式を行うのが一般的です。
御移徙とは仏壇の搬入や安置を、仏様をお迎えする意味があると考えて行うおめでたい儀式のことを指します。

引っ越しの後も魂入れを行う

仏壇に魂入れを行う必要がある場面は、新しい仏壇を購入した際だけではありません。
実は引っ越しの際に仏壇を移動させたときも魂入れが必要です。

具体的にはまず旧居で一度魂抜きを行い、仏壇に宿っていた仏様やご先祖様の霊に出ていっていただいきます。
魂抜きによって仏壇はただの棚になるため、魂抜きを終えた段階で仏壇を新居に移動させることになるでしょう。

そして仏壇を新居に移転させた後で、あらためて魂入れを行い、再び仏様やご先祖様の霊が宿るようにする流れです。

なお家の中で部屋から部屋に仏壇を移動する場合も、同じように移転元の部屋で魂抜きをし、新しい部屋に移動させた後で魂入れを行う必要があります。
ちなみに同じ室内で別の場所に仏壇を移動させる場合は、魂抜きや魂入れをする必要がありません。

以下の記事で仏壇を引っ越しさせるための方法について解説をしていますので合わせてこちらもご覧ください。

仏壇の魂入れを頼む際に考慮すること

葬儀

魂入れを行うためには、さまざまな準備が必要となります。
ここでは、魂入れの準備の際に必要な項目について見ていきましょう。

魂入れはどこに頼む?

魂入れの準備をする際、最初に考えるべきこととして、魂入れをどこに依頼するのかという点が挙げられます。

魂入れの依頼先は、菩提寺の僧侶に対して行うのが一般的です。
菩提寺の住職に魂入れを行いたい旨を伝えて、僧侶の都合と合わせて日程調整をして儀式の日取りを決めましょう。

もしご自宅が菩提寺から遠い場合は、菩提寺に相談のうえ、同じ宗派のお寺に依頼します。
菩提寺がない場合は、葬儀の際にお世話になった僧侶に依頼するのがおすすめです。
なおご自宅で魂入れの準備をすることが難しい場合は、菩提寺などで行う方法もありますが、その際には菩提寺などの僧侶とよく相談しましょう。

魂入れの際のお布施の相場金額

魂入れを行う際は僧侶の読経が欠かせないため、お経を読んでいただく僧侶にお渡しするお布施の準備も欠かせません。
お布施の話となれば、包むべき金額の相場がいくらなのかが気になるところです。

魂入れに関しては、1万円から3万円が一般的な金額相場とされています。
しかしもし金額に悩むという場合は、前もってお寺に直接聞いたり相談したりすると良いでしょう。
お寺にお金関係の相談をすることははばかられるように見えますが、実際はお寺の方もきちんと相談に乗ってもらえるため、心配する必要はありません。

なお仏壇の魂入れはご自宅で行われる場合が多いですが、もしご自宅で行う場合はお布施とは別に、僧侶に来てもらうことになるため、交通費にあたるお車代も必要です。
お車代の相場は、5千円から1万円が一般的とされています。

仏壇の魂入れを行う時期

仏壇に魂入れを行うタイミングについても知っておくことが大切です。
基本的には、仏壇を新しく購入した場合や引っ越しをした場合などが挙げられます。
ほかにも、最近亡くなった故人の位牌を仏壇に納める際も魂入れが必要です。
なお魂入れの儀式は、四十九日法要や一周忌法要などの法事に合わせて行われることもあります。

魂入れの儀式の参加範囲

魂入れの儀式を行う日と場所が決まったら、参加していただきたい方に連絡して来ていただくことになります。
ただ魂入れの儀式自体は、それほど時間を取らないものであるため、参加人数は少なくても問題ありません。

具体的には故人のご遺族や、生前の故人と親しかったご親族という顔ぶれになります。
ただし四十九日法要などの法事と一緒に行う場合は、法事の参加人数によっては、少し人数が多めになることもあるでしょう。

魂入れ当日の服装は?

魂入れ当日のことを考えた際、服装について気になる方も多いでしょう。
魂入れの儀式に参列する際は、礼服を着用するのがマナーです。
ただ魂入れ自体は、安置した仏壇に仏様やご先祖様の霊をお迎えするおめでたい行事であるため、ネクタイは黒以外のものを着用しても問題はありません。

ただし法事と一緒に行う場合は、弔事用の服装で参列する方が適切です。
このためネクタイも黒色のものを選びましょう。

仏壇の魂入れの準備と流れ

仏壇

魂入れ当日は、どのような準備が必要で、またどのような流れで進むのでしょうか。
最後にここでは、魂入れの儀式を行ううえで必要なものや、当日の流れについて見ておきましょう。

お供え物や線香を準備する

まず魂入れ当日に必要なものから見ておきます。
当日に準備しておくべきものは、以下のリストに挙げられるようなものです。

  • 仏壇と、ご本尊や位牌などの仏具一式

  • 朱色のローソク

  • 線香

  • 供花

  • お供え物(赤飯やお膳、お餅、果物など)

あくまでもおめでたい意味の仏事であるため、できるだけ豪華にお供えするのが良いとされています。

なお法事と一緒に行う場合は、魂入れの後に法事を行うのが一般的です。
このため魂入れが終わったらお供え物を下げて、ローソクも白色のものに変える必要があります。

魂入れ当日の流れ

次に魂入れ当日の流れは、以下のようになっています。

  • 参列者や僧侶の到着

  • 開式

  • 読経

  • 焼香:順番は特に決まっていない

  • 閉式

仏壇の魂入れについてのまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、仏壇を購入した際などに、魂入れを行う必要があるのかどうかについて見てきました。
今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下に挙げられる各ポイントの通りです。

  • 魂入れとは、お墓を建立した際にご先祖様の霊が宿るようにするための儀式で、魂入れを行うことによって、初めて手を合わせるのにふさわしい場となる。

  • 仏壇についても、安置した後に仏様やご先祖様の霊に宿っていただく意味で魂入れを行う必要があるが、浄土真宗では魂を入れる考え方がないために魂入れは行われない。

  • 仏壇の魂入れは菩提寺などの僧侶に依頼し、お布施も1万円から3万円ほど包み、ご遺族が中心になって、礼服を着用したうえで行う。

  • 魂入れの当日は、お供え物や線香などを準備しできるだけ華やかにお供えし、儀式も僧侶の読経と参列者の焼香が主な内容になっている。

お墓に対して行われる魂入れですが、仏壇についても新しく購入した場合や引っ越した場合、ご親族の位牌を新しく納める場合などに行われます。
私たちが想像している以上に、仏壇の魂入れに参列する機会は多いといって良いでしょう。

このため仏壇の魂入れで必要な準備や当日の流れについては、日ごろから把握しておくことが大切です。
家に菩提寺があるのかや菩提寺がどの宗派に属しているのかを確認するだけでも、魂入れに向けた準備といえるでしょう。

「終活ねっと」では他にも葬儀やお墓に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事ではお墓に必要な供養について解説をしていますのでぜひご覧ください。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事