仏壇の置き場所について|宗派・風水・ワンルーム・マンション・洋室

仏壇を購入したり、今後購入予定の方もいらっしゃると思います。しかし現代では仏間のない建築が一般的になっています。そのため仏壇の置き場所をどこにしたらよいのか迷ってしまいます。そこで今回は宗派や風水も絡めながら仏壇の置き場所について解説します。

目次

  1. 仏壇はどこに置くべき?決まりはあるの?
  2. 仏壇はどこに置けばいいの?
  3. 一人暮らしなどで狭い所に仏壇を置くには?
  4. 仏壇の置き方に関する悩みを解決!
  5. 仏壇の置き場所についてのまとめ

仏壇はどこに置くべき?決まりはあるの?

仏壇

ご先祖様の側にいつでも寄り添えるような感覚になることができる仏壇。
既に購入した方や、今後不幸があった際に仏壇を買う可能性がある方はいらしゃるかと思います。
かつては仏間がある家がごく一般的だったので仏壇の置き場所に困ることはあまり多くありませんでした。

しかし、時代の変化とともに家の造りも変化して仏間や和室のない家が増加してきました。
仏間のない家の場合、仏壇の置き場所を考慮する必要があります。
その際に、宗派ごとの慣習や風水の面からの考え方はどうなるのかということも気になります。

そこで今回終活ねっとでは、仏壇の置き場所について以下の項目に沿って解説していきます。

  • 仏壇を置く場所はどこがいいの?
  • 仏壇を置く場所について、各宗派の慣習や風水ではどうなってるの?
  • 仏壇を置く場所でタブーとなるのはどこ?
  • 一人暮らしで部屋が狭い。仏壇は置けるの?
  • 仏壇のデザインについて

仏壇の知識を持っておくことは現実でその場面に遭遇する人にはもちろん、常識として非常に重要です。
ぜひ最後までご覧ください。

仏壇はどこに置けばいいの?

仏壇

仏壇は日本人の心のよりどころでもあります。
現在自宅に仏壇がなくて、できれば仏壇を置きたいと考えている人は結構いることでしょう。
しかし、現実的には部屋の構造や広さの問題などで、「ちょっと仏壇は無理かも」とあきらめてしまう人もいるかもしれません。

さらに宗派によって仏壇を置く方角など慣習の違いがあったり、風水の観点から運勢に影響する置き方の違いがあったりして「面倒くさいな」と感じてしまうかもしれません。

上記のような理由で、仏壇購入になかなか踏み切れないという場合も多いのではないでしょうか。

ところが実際は仏壇の置き場所に厳然たる決まりはありません。
毎日お参りする心が大事なのです。
基本的な事が確認できれば、仏壇の置き場所選びはそう難しいことではありません。

仏壇の置き場所候補は必ず見つかります。
祀られているご先祖に満足して頂けて、そこで生活する自分も満足できる形での仏壇設置が可能なのです。
ここでは仏壇の置く場所について見ていきます。

和室・仏間・床の間

仏間の場合、仏壇の置き場所で悩む必要はありませんが、新たに購入する場合は大きさに注意が必要です。

仏壇を配置する場所の大きさには半床仏間や地袋付仏間、三尺仏間、一間(六尺)仏間などいろいろあります。
仏壇を購入する際には、大きさを確認しておくことを忘れないでください。

もし仏間がなくても和室・床の間があれば仏壇の置き場所として最適と言ってよいでしょう。

和室は日本人にとっては心を落ち着けてゆっくりくつろげる場所であったり、お客様をお招きする場所であったりします。
仏壇を置く場所として申し分ありません。

設置場所としては、大きい仏壇は畳の上、小さい仏壇であれば箪笥の上などに置くことになります。
もし畳の上に置く場合は、カーペットやシートを敷くなどして畳を傷つけないようにした方がよいでしょう。

次に床の間ですが、実は床の間も、家の中でも上座に当たる重要な場所ですので、仏壇置き場所としては最適の場所の一つなのです。
直射日光に当たることもない場所ですので劣化防止にもなり、ご先祖に喜んでいただける仏壇置き場の一つと言ってよいでしょう。

和室・床の間にそのまま置くことができる仏壇もあります。
あるいは、業者に依頼してリフォームし、仏壇の置き場所を新たに作るという方法もあります。

和室・仏間・床の間が無い場合

次に、和室・仏間・床の間という最適の仏壇置き場所がない場合の仏壇の置き場所について考えてみましょう。

リビング(洋室)

洋風仕様のリビングルームは、雰囲気や見た目で、仏壇を置く場所として不適切ではないか、ご先祖に失礼に当たらないかと考えてしまいそうです。

ところが、日常生活を営む場がご先祖に感謝する場にもなるという意味で、むしろ理想的な仏壇置き場所の一つと言ってよいのです。

実際に、洋風の部屋に合うデザインの仏壇が登場していて、最近では和風仏壇よりも売れ行きは圧倒的に多いのです。

家族がくつろぎ、語らい、笑い声が響く場所でお祀りすれば、ご先祖も喜ばれることでしょう。
ただ、犬・猫などのペットが引っ掻いたり、汚したり、上に登ったりするようなことがないように注意しなければなりません

寝室

寝室に仏壇を置くということも、一瞬違和感を感じるかもしれません。
ところが実は、仏教上の教義や慣習に照らしてみても、寝室も仏壇の置き場所として問題はありません。

それどころか、寝室を「心静かに自らの内面と向き合う場所」そして「一日の疲れをいやし安らかに眠る場所」と考えると、やはり理想的な仏壇の置き場所の一つと言ってもよいでしょう。
ただ、「仏壇に足を向けて寝る」ことは避けるべきです。

押入れ

押し入れは仏壇の置き場所にはしない方がいいのでは、と違和感が高まりそうですが、実は押し入れも問題ないです。

仏教の教義の上でも罰が当たることではありませんし、現代の建築事情から、押し入れを仏壇置き場所とする人も増えているそうです。
もともと押し入れには電源がないので、業者に依頼して仏壇用にリフォームする人もいます。

線香を焚いてお供えをしたりお参りする時だけ戸を開き、普段は閉めておくという場合が多いようです。

窓際

明るくて風通しが良い場所という意味では、窓際も仏壇の置き場所として大丈夫と言えます。
ただ、窓際と言っても直射日光は避けなければいけません。
直射日光が当たると、木材にそりやねじれを生じさせて仏壇を傷めてしまうことになります。

仏壇を置く際の方角について

仏壇をどの方向向きに置くかということについては、必ずこうでなければならないという決まりはありません。

仏教の教義では仏様は十方つまりあらゆる方向におられるということですので、どの方角がよくないということはないのです。
その上で、仏壇の置き場所や向きについて見ていきます。

南面北座説(なんめんほくざせつ)

家の中の北に当たる位置に、南に向けて仏壇を置くという考え方です。
直射日光に当たらない位置で風通しの良い場所という意味があります。

もともとは、中国の古代の慣習で、国王が南を向いて座り、逆に家来たちが国王のいる北を向くということが行われていました。
また、釈迦が説法の時、南の方を向いていたという説もあります。
南面北座説は上記の説からきていると言われています。

本山中心説(ほんざんちゅうしんせつ)

仏壇の前に座った時に、仏壇の向こう側に宗派の総本山が来るようにするという考え方です。
仏壇と総本山を同方向にすることで、常に同時に礼拝することができるというわけです。
家がある場所と、宗派ごとの総本山の場所によって、仏壇の置き場所はいろいろ変わります。

西方浄土説(さいほうじょうどせつ)

日本から見てはるか西の方角にある極楽浄土を拝むようにするという考え方です。
そのために仏壇が東に向くように配置します。

太陽が出る方向である東を吉とする考え方により、身分の高い人が東を向いて座ったというインドの古代の慣習から来ているともいわれています。
極楽浄土説・東面西座説という言い方もあります。

春夏秋冬説

太陽が昇る東は、この世の万物が芽生え、生命の営みを始める春。
太陽が輝きを強める南は、万物が成熟する夏。
太陽が沈みゆく西は、万物の収穫の時期である秋。
太陽がさえぎられる北は、万物を納める冬。

生きとし生けるものすべてにとって、春夏秋冬はその大切さに差異はありません。
同じように、東西南北にも吉方位・凶方位の区別はないという考え方が、仏壇の置き場所につながったのが春夏秋冬説です。

仏壇の置き場所場所に関する各宗派の考え

仏壇の置き場所に関しては宗派によっていろいろ違いがあります。
それぞれの宗派でおすすめとされている仏壇の置き場所を紹介します。

曹洞宗・臨済宗

禅宗である曹洞宗・臨済宗では、仏壇を南向きに配置する南面北座説をすすめています。
身分の高い者が南の方角を向いて家来たちと相対する中国の古代からの慣習と、釈迦が説法の際に南を向いていたという伝説から来た説を取り入れています。

浄土真宗・浄土宗・天台宗

ご本尊が阿弥陀如来である浄土真宗・浄土宗・天台宗では、仏壇を東向きに置く東面西座説の置き方を勧めています。
阿弥陀如来は西方浄土にいらっしゃるとされています。
したがって、仏壇にお参りする際には、西方浄土の方角に向かって行うのがよいということになります。

真言宗

真言宗では、総本山がある方向にむかってお参りをする本山中心説をすすめています。
真言宗の総本山は和歌山県の高野山金剛峰寺です。
家のある場所によって仏壇の置き場所や向きが違ってきます。

日蓮宗

日蓮宗では、仏壇の置き場所については特に規定やおすすめはありません。
家や部屋の構造に応じて自由に置いてよいとされています。

風水・家相を考慮した場合

風水を考慮した場合、仏壇の置き場所はどうしたらよいでしょうか。
基本的には、できるだけ家族が集まり、笑い声が聞こえるような場所がよいようです。
向きとしては南東・南・東・西(宗派により違いは上述)、さらに、家の大きさにあった仏壇を選んで配置するのがよいとされています。

逆に、仏壇の置き場所として避けるべきとされているのは、トイレの隣、階段の下、寝たときに足の方向になる場所、人がいない・集まらない場所などです。

家相という観点から見ると、家の中で東の位置にある部屋では仏壇の向きは南か西に、東南の部屋では南向きに、西の部屋では東向きに、北西の部屋では南か東に、北の部屋では南か西に向けるように配置するのがよいとされています。

北東や南西の部屋は避けたほうがよいとされています。
ただ住宅事情でそれが避けられない時は、仏壇の向きを南か西にして、毎日朝夕に供養するようにしてください。

仏壇の高さについて

仏壇にお参りする場合、座ってお参りする場合と立ったままお参りする場合が考えられます。
それぞれの場合で仏壇の高さで注意しなくてはいけないのは、中に祀られているご本尊の高さです。
ご本尊を見下ろして拝む形にならないようにすることが大事です。

ご本尊の高さが、自分の目線よりやや上になるようにするのが理想的です。
机や台の上に配置する小さめのタイプの仏壇の場合は、床など低い位置に置かないように注意しなければなりません。

仏壇安置を避けるべき場所

仏壇の置き場所として、避けるべきとされている場所があります。
方向としては北や、鬼門と言われる北東の方角は避けた方がよいと言われています。
その他の避けるべき場所についても確認しておきましょう。

床の間の向かい

上述のように、床の間は家の中でも上座に当たり、仏壇の置き場所として適した場所です。
しかし床の間と向かい合う位置となると、話は違ってきます。
お参りする人間が床の間の側、つまり上座に座ることになります。
仏壇が下座になってしまいます。

これでは、ご本尊やご先祖に対して失礼となります。
床の間の向かい側に当たる位置は避けるべきです。

神棚の向かい

仏壇を配置する部屋に神棚がある場合は、仏壇と神棚が向かい合わせにならないようにしなければなりません。
これは仏壇にお参りする時は神棚に尻を向け、神棚にお参りする時は仏壇に尻を向ける結果になってしまい、失礼に当たります。

仏壇と神棚が同じ方向を向くようにするか、L字型の90度方向にします。
もし同じ方向にした場合は、神棚と仏壇が縦一列にならないようにしましょう。

家内安全や無病息災をお祈りする神棚とご先祖に感謝し冥福をお祈りする仏壇とでは、お参りの意味が全く違います。
それを一度にやる、あるいはどちらにお参りしているのかわからないのですから、神と仏に対して大変失礼なことになります。

直接日光が当たる場所

風通しがよく明るい場所というのが仏壇の置き場所としては最適の場所なのですが、日光が直接当たる場所は避けなければいけません。

直射日光に当たり続けることで仏壇に使われている木材に反りや歪みが生じてきます。
さらに塗装や装飾の色落ち・色変わりやはげ落ちも起きます。
仏壇というのは半永久的に配置されておくべきものですから、急激な痛みを生じさせないような注意が必要です。

水回り

トイレはもともと邪気が多い場所とされていて、仏壇の置き場所としては不適ですが、それ以外の水回りもやはり避けた方がよいでしょう。

水を使う場所は必然的に湿気が多く、仏壇の木材に悪影響を与えたり、カビの原因になったりします。
長い年月お参りする仏壇ですから、そのつもりで気を配る必要があります。

一人暮らしなどで狭い所に仏壇を置くには?

仏壇

自宅や自室に仏壇を置いて毎日お参りをしたいという気持ちを抱くということは、人生の中でも極めて大きな意味を持つ、大切な経験と言ってもよいでしょう。

でも一人暮らしなどで、仏壇を置くほどの場所的な余裕はないと考える人は、躊躇してしまうかもしれません。
一人暮らしでスペースの確保が難しい人におすすめの仏壇の置き場所・置き方をご紹介します。

マンション・アパート

仏壇の大きさは、家や部屋の大きさに合わせると考えるべきでしょう。
小さい部屋に無理して大きい仏壇を置くことはよくありません。
そこで生活する人も祀られているご先祖も満足できるということが大切です。

マンション・アパートの場合、部屋の広さが限定される場合が多いので、それに合わせた仏壇を選びましょう。
最近では、いろいろな大きさやデザインの仏壇が販売されていますので、選ぶ楽しみもあります。

置き場所としては、寝室・ダイニング・キッチンや台の上・箪笥の上などが挙げられます。

ワンルーム

ワンルームの場合、その部屋の全てが生活とそのための物品を置く場所ですので、「仏壇なんてとてもとても」と考えるのが普通かもしれません。

ところが、ありがたいことに最近ではワンルームでも十分配置できる小さなサイズの、しかも優れたデザインの仏壇も販売されています。
両掌を合わせてご先祖に感謝し、冥福をお祈りする気持ちが何より大切なのです。

仏壇の置き方に関する悩みを解決!

仏壇

「仏壇を配置したいけど、場所的にそんな余裕がない」とか「和室がないので仏壇の配置した場合、見た目のバランスが全く取れない」といった悩みを抱えている人もいることでしょう。
その悩みを解決する仏壇を紹介します。

限られたスペースを生かすミニ仏壇

テーブル・机・タンス、あるいは本棚などの上に置くことができるミニサイズの仏壇がたくさん販売されています。
値段も一万円台からあります。
見た目もなかなかおしゃれで、扉を閉じると仏壇とは思えないようデザインのものも多いです。

ご先祖に感謝する気持ちと、生活空間の充実が両立できるありがたい仏壇です。

インテリアと仏壇の調和のとり方

たとえば「北欧風の白っぽい色調のデザインに統一した部屋に、金や黒が目立つ仏壇を置くのはちょっと」とためらう人もいるかもしれません。

ですが、時代とともに、洋風のデザインなど、これまでの和風デザインにこだわらない新しい色調や様式の仏壇がたくさん登場しています。
自分の家・自分の部屋のデザインにあった仏壇を探す楽しみもあります。

仏壇の置き場所についてのまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、仏壇を置く場所について、おすすめとされる場所や注意点などについて、紹介してきました。

  • 仏壇の置き場所としては和室・仏間・床の間が最適である。
    それ以外に洋室のリビング・寝室・押し入れなども、仏壇の置き場所として問題はない。
  • 仏壇の置き場所や方向については、宗派によってそれぞれ考え方が違う。
    曹洞宗・臨済宗は南面北座説、浄土宗・浄土真宗・天台宗は東面西座説、真言宗は本山中心説を取っている。
  • 仏壇の置き場所については、家族が集まるところが理想的である。
    逆に人が集まらない場所、北東の方角、神棚の向かい、水回りなどが挙げられる。
  • 狭い部屋でも置ける小型サイズの仏壇や、部屋のデザインと調和できる様々なタイプの仏壇が数多く販売されている。
  • インテリアとの調和を図ることができるデザインも多々販売されている。

本文中でも述べましたが、仏壇を配置する場合何より大切なことは、両手を合わせてご先祖に感謝し、冥福をお祈りする心ではないでしょうか。

毎日仏壇にお参りしたいという気持ちが心の中に芽生えるということは、人生の中の重要なステップのうちの一つかもしれません。

最後までお読みいただいてありがとうございました。
終活ねっとでは他にも様々な記事を掲載していますので、併せて読んでいただけると幸いです。

下のリンクから仏壇の供養に関する記事を読むことができるので、ぜひ目を通してみてください。

こちらも読まれています

仏壇にはどんな供養が必要?供養が必要な理由や費用について解説

仏間に安置されている仏壇は、普段の生活の中でご先祖さまや仏様に挨拶したりお供えをしたりするための場です。仏壇はご先祖様を供養するための場ですが、一方で仏壇に対しても供養が必要なのかはご存じでしょうか。今回は仏壇に必要な供養についていろいろとご紹介します。

シェアする

「仏壇・置き場所」に関連する記事

  • 宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編のサムネイル画像

    宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編

    みなさんは宗派により仏壇の飾り方が違うのをご存知ですか?各宗派にご本尊さんがいるのと同じように、宗派によっても仏壇の飾り方が違います。今回は、宗派の中で最も多くの門徒さんがいらっしゃる「浄土真宗本願寺派」と「浄土真宗大谷派」の仏壇の飾り方を紹介します。

  • 仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。のサムネイル画像

    仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

    故人を祀るためのお仏壇には、さまざまなマナーがあります。しかし仏具の飾り方、お供え物について正しく知っている方は少ないのではないでしょうか?そこで今回は仏具やお供え物などお仏壇に関することについて詳しく紹介していきます。

  • 仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

    仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

    ご家庭に仏壇がある方にとっては、仏壇に花を供える事は当たり前の事だと思います。しかし、仏壇がないご家庭や、仏壇が身近ではなかった方々にとっては、仏壇に供える花についてはよくわからないですよね。そこで今回は、仏壇の花についていろいろと調べてみました。

  • 正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介しますのサムネイル画像

    正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介します

    生活を共にしたパートナーが亡くなってしまい、お葬式も済んだら、お仏壇を準備しなければいけませんね。ではお仏壇の正しい配置や向きなどご存じですか。なぜこの配置なのかもご紹介していきます。

  • 家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。のサムネイル画像

    家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

    同じ時を過ごしてきたペットは家族の一員です。そんな家族を亡くしてしまっても、傍にいると感じたいものです。ここではそんな供養に必要なペットの仏壇や仏具などをご紹介いたします。ご自宅にペット用のお仏壇があると、少しでも悲しさが和らぐかもしれません。

  • 【仏壇を知ろう!!】仏壇の種類や価格の相場って知ってますか??のサムネイル画像

    【仏壇を知ろう!!】仏壇の種類や価格の相場って知ってますか??

    最近の仏壇は、種類が豊富で価格帯も幅広い事をご存知ですか?いざ必要になった時というのは、忙しく何かと出費が多くなります。その前に仏壇の種類や価格について知っておくのも良いのではないでしょうか。

  • お仏壇の処分はどうすれば・・・。お仏壇の処分方法のサムネイル画像

    お仏壇の処分はどうすれば・・・。お仏壇の処分方法

    お仏壇は神聖な物です。しかし様々な理由から処分せざるをえなくなった場合のお仏壇の処分方法をご説明いたします。

  • お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たちのサムネイル画像

    お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たち

    ご先祖様や故人をお祀りするお仏壇。とても神聖で毎日綺麗にしておきたい場所ですね。このページではあまり知られていないお仏壇の便利用品をご紹介いたします。また100円均一ショップでも購入できる、お仏壇用品などもご紹介しています。

  • 各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるかのサムネイル画像

    各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるか

    最近は仏壇の置いていない家庭が多いですが、いざ自分の家から亡くなった人が出たら仏壇が必要となりますが、さてこの仏壇の向きには決まりがあるのでしょうか?宗派別に仏壇の向きと仏壇のまつり方について調べて見ました。

  • 仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

    仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

    仏壇にお菓子をお供えしますが、皆さんはその正しい置き方や、どんなものがいいかご存じですか?今回は仏壇にお供えするお菓子の位置や、好適品についてご説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「仏壇・置き場所」についてさらに知りたい方へ

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編のサムネイル画像

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。のサムネイル画像

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介しますのサムネイル画像

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介します

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。のサムネイル画像

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

【仏壇を知ろう!!】仏壇の種類や価格の相場って知ってますか??のサムネイル画像

【仏壇を知ろう!!】仏壇の種類や価格の相場って知ってますか??

お仏壇の処分はどうすれば・・・。お仏壇の処分方法のサムネイル画像

お仏壇の処分はどうすれば・・・。お仏壇の処分方法

お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たちのサムネイル画像

お仏壇をいつも綺麗に保つための便利用品たち

各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるかのサムネイル画像

各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるか

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向きのサムネイル画像

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「仏壇・置き場所」についてさらに知りたい方へ

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編のサムネイル画像

宗派による仏壇の飾り方について知る:浄土真宗編

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。のサムネイル画像

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介しますのサムネイル画像

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介します

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。のサムネイル画像

家族の一員。ペットの仏壇や仏具をご紹介いたします。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと