仏壇に写真を飾ってはいけない?|選び方・飾り方・置き場所

仏壇に写真を飾ってはいけない?|選び方・飾り方・置き場所

仏壇といえば、毎日のように仏様やご先祖様のもとにお参りする場です。特にご先祖様に対して手を合わせる場合、生前の写真があればご先祖様のことを思い描くことができ、よりご先祖様のことを考えながらお参りできるでしょう。仏壇に写真を飾ることに問題はないのでしょうか。

最終更新日: 2020年12月17日

仏壇に写真を飾るのはダメなの?

仏壇

家に安置されている仏壇は、毎日のように仏様やご先祖様に手を合わせるための場です。
特にご先祖様については、毎日のように元気に生きられていることを感謝しつつ、故人をしのぶための場となっています。

ところでせっかくご先祖様をお祀りするのであれば、せめてご先祖様の写真があれば、心の中でよりありありとご先祖様のことを考えられるでしょう。
ただし一方で、仏壇に写真を飾ることは良くないという考え方もあります。

はたしてご先祖様に手を合わせるために、仏壇に故人の写真を飾ることは特に問題はないのでしょうか。
そこで今回「終活ねっと」では、仏壇に故人の写真を飾っても良いのかどうかについて見ていきます。
また故人の写真を飾って良い場合、その選び方や飾る場所などについても見ていきましょう。

  • 仏壇に写真を飾ることは特に問題はないのか?

  • 仏壇に置く写真は、どのようなものが良いのか?

  • 仏壇の前で写真を撮ることは失礼なことなのか?

仏壇に故人の写真を置きたいと考えている方や、置いても良いかどうかに悩んでいる方にとって、非常に役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

仏壇に写真を飾ることについて

仏壇

故人に手を合わせるうえで故人の写真があると、故人のことを思い出したり目の前にいることをイメージできたりして、しのぶうえで気持ちが入ってくるでしょう。
故人をしのぶ意味では写真があっても問題はなさそうですが、実際はどうなのでしょうか。
ここではまず、仏壇に故人の写真を飾っても大丈夫なのかどうかについて見ていきます。

仏壇に写真を飾るのは避けた方がいい?

仏壇に写真を飾ることについては、仏教や仏具店などから避けた方が良いという声が聞かれることが多いです。
実際のところ、仏壇に写真を飾ることにどのような問題があるとみなされているのでしょうか。

正式には仏壇に写真は飾らない

まず仏教の考え方として、仏壇は本来仏様を祀る場であって、故人の写真を置くべき場ではないというものがあります。

仏壇は家に安置された後、僧侶の手によって開眼供養が行われ、その際に仏様やご先祖様が宿るとされているものです。
仏様やご先祖様が宿っているからこそ、仏壇には私たちが毎日のように仏様などに手を合わせて拝むべきものとみなされています。

一方で写真は、あくまでも故人の在りし日の姿を写したものであり、手を合わせて拝むべきものではありません
このため本来は拝むべき場である仏壇に、故人の写真を飾るということをしないのが一般的です。

写真があると成仏できないかも

また宗派や寺院などによっては、故人の写真が仏壇に飾ってあることで、故人が成仏できないとみなすところもあります。
これは故人の霊が生前のご自身が写った写真を見て、かえって成仏できないとする考え方です。

加えてご遺族の側も、故人の在りし日の写真を毎日のように見ることで、故人を失った悲しみをいつまでも引きずり続けるという考え方もあります。
故人の霊もご自身が亡くなったことでご遺族のことが心配でたまらなくなり、成仏しにくいとみなすというものです。

絶対に置いてはいけない訳ではない

宗派や菩提寺などによっては、仏壇に写真を飾るべきではないと考えるところも多いですが、一方で写真を飾ることに対して、寛容な立場に立つケースもあります。
ここでは、仏壇に故人の写真を飾ることが認められる場合について見ていきましょう。

置き場所の工夫次第

仏壇に写真を飾ることを認める場合、置き場所を工夫さえすれば特に問題はないという立場をとる菩提寺や宗派も多いです。
例えば仏壇に置くにしても、あまり目立たないような場所に置くようにすれば、特に問題はないとされています。

あるいは故人をしのぶためということであれば、仏壇ではなく写真アルバムで保管する方法や、写真立てに入れたうえでテーブルの上に立たせるといった方法もあるでしょう。

なお仏壇に故人の写真を置いても良いかどうかについては、菩提寺や宗派によっても考え方がさまざまです。
中には次の項目で紹介する浄土真宗の場合のように、厳格な立場に立つところもあります。
このため、事前に菩提寺の僧侶に問い合わせてみるのが良いでしょう。

浄土真宗の場合

仏教宗派の中でも、浄土真宗の場合は仏壇に故人の写真を飾ることに対して、厳格な立場に立っています。

浄土真宗の場合は、仏壇はあくまでも仏様がいる場であるとともに、仏様に思いを馳せながら手を合わせるための場という考え方です。
そして故人については、亡くなった段階で仏様のお力によって極楽浄土に成仏した存在であるため、そこにはいないとみなされます。

言い換えれば、仏壇とはあくまでも仏様が中心になっているべき場であるため、仏壇に写真を飾る場としてはそぐわないという立場です。
このため浄土真宗の場合は、仏壇以外の場に写真を飾るべきと考えています。

仏壇に写真だけを飾ることについて

仏壇を購入した方の中には、故人の写真だけを飾って毎日のように手を合わせたいと考える方もいるでしょう。
しかし仏壇に写真だけ飾るのは、極力避けた方が良いです。

仏壇はあくまでもそこに宿っている仏様やご先祖様に手を合わせるべき場ですが、写真だけを飾ると故人の写真を祀っている場のようにしか見えません
同時に仏様の存在を感じられにくくなり、特に法事や親戚の方が来たときなどにトラブルになるでしょう。

このため写真に加えてご本尊や花、お香なども一緒に飾ったうえで、写真は目立たない場所に飾るべきでしょう。

下の記事では、正しい仏壇の配置について紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

仏壇に置く写真について

困った人々

もし仏壇に写真を飾ったり置いたりしたい場合は、写真の選び方や飾り方などが重要なポイントになってきます。
ここでは仏壇に写真を飾る際の、選び方について見ていきましょう。

どんな写真を選ぶ?

仏壇に飾る写真を選ぶうえで重要なポイントといえるのが、写真のサイズと写っている故人の表情がどのようなものであるのかという点です。

写真のサイズについて

写真のサイズは、コンパクトなL型サイズがちょうど良いでしょう。
郵便はがきよりも少し大きめであるため、仏壇や焼香台に飾るだけではなく、別の場所に飾るうえでも適しています。
またコンパクトな特徴から、仏壇に飾ってもご本尊ほど目立たない点でもおすすめです。

表情について

今までであれば仏壇に飾られる写真に写っている故人の表情は、堅実さや生真面目さを表すものが一般的でした

しかし最近では、生真面目そうな表情に加えて、笑顔を見せているような写真が飾られる例も増えてきています
このため、生前の故人の人となりを示すような表情が表われている写真を飾ると良いでしょう。

写真の飾り方について

飾りたい写真を選ぶとともに、どのように写真を飾るのかという点に注目したり工夫したりすることも大切です。
無難に写真を飾るには、どのようにすれば良いのでしょうか。

置き場所・位置はどうする?

まず置き場所をどのようにするのかという点ですが、最も心がけたいのがご本尊の邪魔になる場所やご本尊の存在がかすむような場所を避けるという点です。
無難な場所としては、仏壇の一番下に置くのが良いでしょう。

置き方はどうする?

また置く際には比較的目立ちやすい真ん中ではなく、仏壇の脇など多少目立ちにくいところに置くのがおすすめです。
もし故人をしのぶのが目的であれば、仏壇以外で比較的写真を見やすいところに置くのも1つの方法でしょう。

写真を処分したい場合はどうする?

仏壇に写真を飾っても、何らかの事情で仏壇の管理や供養ができなくなった場合、写真の処分を考える方も出てくるでしょう。
もし写真を処分したい場合は、菩提寺などの僧侶に依頼して魂抜きをしてもらい、その後お焚き上げしてもらうのが最も一般的です。

もちろん魂抜き後の写真は、ただの写真にすぎなくなるため、燃えるごみとして処分することもできます。
しかしごみとして処分することに気が引ける方は、お焚き上げしてもらった方が良いでしょう。

生きている人を一緒に飾ってもいいの?

故人の写真の中には、今でもご存命の方が一緒に写っているものもあり、その写真の方が最も飾るのにふさわしいこともあります。
このように生きている方が一緒に写ったものでも、飾って問題はないのでしょうか。

生きている方が写ったものを飾るのは、作法に反することです
確かに生きている方の写真を飾っても罰が当たるといったことはありませんが、それ以前に写っている方などにとっては良い気分になりません。
トラブルを避けるためにも、生きている方が写った写真を飾ることは控えるべきでしょう。

仏壇の前で写真を撮るのは失礼?

仏壇

法事などで、何らかの記念に仏壇の前で写真を撮りたいと考える方もいるでしょう。
仏壇の前で写真を撮影することは、特に問題はありません
むしろ疎遠になっているご親戚などに、ご遺族やご親族が毎日を元気に過ごしているさまを示したい場合、おすすめといえるでしょう。

仏壇に写真を飾ることまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、仏壇に写真を飾ることに問題がないのかどうかを見てきました。
あわせて仏壇に飾る写真の選び方や飾り方などについても、一緒に見てきました。
今回の記事で解説した内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 仏壇に写真を飾ることは、本来仏教では避けるべきこととされているが、必ずしも写真を置いてはいけないわけではない。

  • 仏壇に置く写真はご本尊よりも目立たないコンパクトなサイズのものにし、置く場所も仏壇の脇など目立ちにくい場所を選び、ご存命の方が写っているものは避ける。

  • 仏壇の前でご遺族やご親族が写真を撮ることは失礼ではなく、むしろ毎日を元気に過ごしていることを示す意味では良いこととされている。

仏教では仏壇を仏様を祀り、ご先祖様を供養する場であるため、本来は故人の写真を飾るべきではないと説いています。
しかし小さめの写真で、なおかつ仏壇の脇などに飾るということであれば、故人の写真を飾ることもできるでしょう。

ただし菩提寺や宗派によって、故人の写真を仏壇に飾ることに否定的な考えを持つ場合もあります。
このため故人の写真を仏壇に飾りたい場合は、念のために菩提寺の僧侶に確認することがおすすめです。
故人の写真を飾りたいと感じたら、この記事をあらためて読み返していただけると良いでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下の記事では、仏壇にお供えするお菓子について詳しく解説しておりますので、ぜひあわせてお読みください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事