遺産相続に関するアンケート調査結果まとめ(2019年4月実施)

遺産相続に関するアンケート調査結果まとめ(2019年4月実施)

終活ねっとでは、2019年4月に遺産相続に関するアンケート調査を実施しました。この記事では、アンケートによって得られた調査結果から遺産相続経験や経験した年齢、内容、などに関する情報をピックアップし、それらをわかりやすく解説しています。ぜひご覧ください。

2019-07-12

遺産相続に関するアンケート調査

人々

今回終活ねっとでは、遺産相続に関するアンケート調査を実施しました。

【調査実施概要】
調査方法:インターネットによる調査(調査委託先:株式会社マクロミル)
有効回答数:全体調査10,000名、そのうち遺産相続経験者への調査618名
調査期間:2019年4月12日~4月16日
調査対象:全体調査(全国/20代以上の男女)、遺産相続経験者への調査(全国/40代以上の男女)

こちらの記事では、主に以下の項目に関する調査結果をご紹介しています。

  • 遺産相続の経験について

    相続をした経験・内容

  • 自身の相続について

    きっかけ・時期・相談先・遺言書の用意

  • 遺産相続を行う際の不安について

    心配事・大変だったこと

ぜひ最後までご覧ください。

遺産相続の経験について

お金

遺産相続で揉めないように遺言書を書いたなどのお話を聞かれることもあるかと思いますが、実際に遺産相続を行われた方はどれくらいいるのでしょうか

また、どのようなものを相続することが多いのでしょうか。

それぞれの結果を元に見ていきましょう。

遺産相続をした経験

はじめに「遺産を相続した経験はありますか?」という質問をしたところ、「遺産相続の経験がある」と答えた方が19.3%、「遺産相続の経験がない」と答えた方が75.4%、「遺産相続の権利を放棄した」と答えた方が5.3%となり、およそ8割の方が遺産相続の経験がないことが分かりました。

また男女別で見ると、男性で「遺産相続の経験がある」と答えた方が21.3%、女性で「遺産相続の経験がある」と答えた方が17.3%となり、男性の相続経験が女性より多いことが分かりました。

なお世代別に見ると、50歳未満の人で「遺産相続の経験がある」と回答した人の割合は10%以下ですが、50歳以上の人で「遺産相続の経験がある」と回答した人の割合は平均で34.1%となり、3人に1人が遺産相続の経験があることが分かりました。

年齢とともに遺産相続を受ける機会が増えることを、改めて認識できた結果となりました。

相続の内容

次に、「相続されたものはなんでしょうか?(複数選択式でいくつでも選択可)」という質問をしたところ、「現金・預貯金」という回答が80.3%で最も多いという結果になりました。

それに次いで「土地・家屋などの不動産」と回答した方が54.0%、「有価証券」と回答した方が15.1%、「貴金属」と回答した方が10.8%となり、遺産相続されるものは現金・預貯金と不動産が圧倒的に多いことが分かる結果となりました。

自身の相続について

人々

遺産を相続された方は全体で2割程度ということがわかりました。
では、ご自身の相続について皆さんどのようにお考えなのでしょうか?

「あなたご自身の遺産相続について、検討されていますか?」という質問をしたところ、「検討している」と答えた方が9.8%、「検討していない」と答えた方が89.0%、「すでに手続きを行っている」と答えた方が1.3%となり、およそ9割の方が遺産相続を検討していないことが分かりました。

また男女別で見ると、男性で「検討している」と答えた方が10.7%、女性で「検討している」と答えた方が8.9%となり、男性が女性より検討している方が多いことが分かりました。

なお世代別に見ると、60歳未満の人で「検討している」と回答した人の割合は10%以下ですが、60歳以上の人で「検討している」と回答した人の割合は18.3%となり、だいたい5人に1人は検討していることが分かりました。

検討したきっかけ

続いて、実際に遺産相続手続きを検討している方へ向け、「ご自身の遺産相続手続きを行おうと思った理由はなんでしょうか?(複数選択式でいくつでも選択可)」と聞いてみました。

最も多かった回答は「家族・親戚での揉め事があったため」で29.6%でした。
続いて「家族に薦められたため」が28.2%、「節税が出来ると知ったため」が27.3%、「弁護士、税理士など士業の専門家に薦められたため」が12.8%という結果となりました。

遺産相続手続きを行おうと思った理由の6割が『家族』が起因となっていることが分かりました。

検討を始めた時期

では、皆さんいつ頃から検討を始めたのでしょうか。
実際に遺産相続手続きを検討している方へ向け、「ご自身の遺産相続について検討を始めたのはいつ頃ですか?」と聞いてみました。

最も多かった回答は「40歳~49歳」で31.9%でした。
続いて「50歳~59歳」が31.2%、「60歳~69歳」が19.9%、「30歳~39歳」が11.5%という結果となりました。

また、この結果を子供の有無によって比較すると、子供を持つ方の中では「50歳〜59歳」の回答が最も多く33.6%だったのに対し、子供を持たない方の中では「40歳〜49歳」の回答が37.4%で最多と、違いが見られました。

また、50歳未満のうちに検討を始めた方の割合についても、子供を持つ方の中では4割程度であったのに対し、子供を持たない方の中では6割を超えていることから、子供を持たない方の方が遺産相続の検討時期が早いということが分かました。

相続についての相談先

続いて実際に遺産相続手続きを検討している方へ向け、「ご自身の遺産相続についてどなたかに相談しましたか?(複数選択式でいくつでも選択可)」と聞いてみました。

最も多かった回答は「家族へ相談した」で50.8%でした。
続いて「特にしてない」が26.4%、「弁護士、税理士など士業の専門家へ相談した」が25.4%、「友人・知人へ相談した」が12.0%という結果となりました。

遺産相続の相談相手は家族が半数以上で、4人に1人が弁護士、税理士など士業の専門家にも相談していることが分かりました。

遺言書の用意

遺産相続では遺言書を書き、自分の意思を遺すという方法もあります。
では、相続を検討されている方の中で、どれくらいの方が遺言書を用意しているのでしょうか。

「ご自身の遺産相続について、遺言書の用意を検討されていますか?」と聞いたところ、「はい」と回答された方が52.1%、「いいえ」と回答された方が42.1%、そして「すでに用意した(用意している)」が5.8%という結果になりました。

半数以上の方が遺言書の用意を検討・またはすでに用意を行っているということがわかりました。

また自身の遺産相続についての相談についての調査と比較すると、どなたかに相談している方は概ね55%以上が遺言書の用意を検討し、検討していない方の割合を上回っているのに対し、どこにも相談をされていない方は遺言書の検討をしている方が、検討していない方の割合を下回るという結果となりました。

遺産相続について相談の結果、遺言書の用意を検討されている方が多いということが推測できる結果となりました。

遺産相続を行う際の不安について

困った人々

ご自身の遺産相続についてみなさんがどのように検討しているのかお分かりいただけたかと思います。

では、これから遺産相続手続きを行う方はどのようなことを心配されているのでしょうか
また、実際に手続きを行なった方はどのようなことに苦労したのでしょうか。

それぞれみていきましょう。

遺産相続に当たっての心配事

自身の遺産相続について、どのようなことを心配されているのか聞いてみました。

最も多かった回答は「家族間の仲」で22.1%、次に「相続税がいくらかかるか」が16.9%、続いて「特にない」が15.8%、「遺言書が正しく伝わるか」が15.3%という結果になりました。

遺産相続手続きで大変だったこと

最後に、すでに遺産相続手続きを行った方を対象に、どのようなことが一番大変だったか聞いてみました。

一番多かったのは「特にない」で30.6%、次に「相続における不動産の名義変更」が28.6%、「相続の進め方」が10.2%、「相続の時の税金」が8.2%と続きました。

この結果を年代別に見ると、年齢が上がるにつれて「特にない」の回答割合が少なくなって行くことが分かりました。

若いうちから遺産相続手続きを行った方が苦労が少ないということがわかる結果となりました。

遺産相続に関するアンケート調査まとめ

人々

いかがでしたか?
こちらの記事では、遺産相続に関するアンケート調査結果を確認してきました。
ここまでの内容をおさらいしておきましょう。

  • 年齢とともに遺産相続を受ける機会が増える。

  • 8割の人が現金・預貯金を相続している。

  • 相続の検討を始める時期としては、40歳~49歳が最も多い。

  • 若いうちから遺産相続手続きを行った方が苦労が少ない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

終活ねっとでは相続に関する記事やその他終活に関する様々な記事を多数掲載しております。
あわせてご覧ください。

「相続・アンケート」に関連する記事

  • 自動車の相続手続きを解説!名義変更や相続税などをチェック!のサムネイル画像
    自動車の相続手続きを解説!名義変更や相続税などをチェック!

    遺産分割というと不動産や預貯金が思い浮かべるかと思いますが、自動車も相続される遺産であることは知っていますか?自動車の持ち主が亡くなった際には、自動車の相続手続きが必要です。名義変更の申請の方法や相続税の評価方法など、自動車の相続にまつわる情報をご案内します。

  • 空き家を相続する時に気になる税金について徹底解説!のサムネイル画像
    空き家を相続する時に気になる税金について徹底解説!

    終活の一環で相続について調べている方も多いと思います。資産として残っている空き家を相続する場合、税金のことや処分の方法が気になりますよね。この記事では主に空き家を相続する際の税金のことと空き家の処分に関してまとめてみました。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。のサムネイル画像 1
    不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。

    核家族化が進行し、家を引き継いでくれる親戚がいないケースが増えています。考えなくてはいけないのが、家具の処分ですね。粗大ゴミとして引き取りをしてもらう他、家具の引き取りをおこなってくれる業者も増えています。さまざまな方法を知っておきましょう。

  • きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?のサムネイル画像 2
    きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?

    一般家庭や会社の家電を廃棄したいと思った時、廃棄方法が決まっているものがあるのをご存知ですか?家電から出る廃棄物を減らしたり、使えるものをリサイクルしたりするために法律が制定されているのです。家電を廃棄する時の正しい方法を詳しくご紹介していきます。

  • 遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?のサムネイル画像 3
    遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?

    遺言執行者とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなどを行う人の事です。何やら難しそうですが、遺言執行者はどうやって選ぶのか、どんな権限があるのか、報酬はあるのかなどについて解説いたします。

  • 本籍の調べ方を知っていますか?警察署や住民票から調べられる?のサムネイル画像 4
    本籍の調べ方を知っていますか?警察署や住民票から調べられる?

    婚姻届の提出やパスポートの取得の際には戸籍証明書が必要ですが、戸籍証明書は本籍地の市区町村でしか発行してもらえません。戸籍証明書をどこに請求したらいいのか、自分の本籍地が分からなくなってしまった場合の調べ方をご存知ですか?本籍地の調べ方をご紹介します。

  • その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこうのサムネイル画像 5
    その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこう

    親戚との続柄を考えてみたとき、「あの人と私の続柄は、何というんだろう?」と思うことはありませんか? 自分の家系図を一覧にして書き出してみると、呼び名のわからない親族関係が多いことに、きっと驚くはずです。この機会に、親族関係を、一覧にしてみましょう。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事