これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とは

60歳で再就職と聞くだけで肉体的にも精神的にも疲れそうだなと感じる人も多いかと思いますが、60歳で再就職をするという人も珍しくない世の中になっています。なぜ、60歳で再就職をするのか、そし再就職が成功するためのコツなどをご紹介します。

目次

  1. 60歳での再就職 なぜ必要?
  2. 60歳での再就職 年収
  3. 60歳での再就職 年金はどうなる?
  4. 60歳での再就職 就活方法
  5. まとめ

60歳での再就職 なぜ必要?

人々

60歳といえばもう定年退職をする年齢です。しかし近年は、定年を迎えても仕事をしたいと考えている人も多く、実際に再就職をしています。なぜ、近年60歳で再就職をする人が多くなったのかという理由についてご紹介します。

年金だけだと不安

60歳で定年退職をすると、退職金をもらうことはできますが今までは定期的にもらっていた給料がなくなり、年金が主な収入源となります。年金だけでも生活できないわけではないのですが、今までの給料よりはるかに金額が減ってしまうケースも多いですし、住宅ローンなどが残った状態で年金のみで生活しなくてはいけない状態となってしまうと、今後の生活に不安を感じてしまう人も多く年金では今後の生活に対して経済的な不安であると考えている人は60歳で再就職を検討するようです。

新たな人脈を作る

今まで、定年退職をするまで仕事一筋で生きてきた人は退職すると何もすることがなく家に引きこもりがちになってしまうというケースも少なくなく、そのように家に引きこもりがちになってしまうと体も心も不健康になりがちです。体と心の健康を守るためにも退職後にも人とのつながりを持ち続けて、外に出るきっかけを作るために再就職をしたり、サークルなどに参加する人もいます。

60歳での再就職 年収

人々

定年後の給与は企業によってバラつきがあるようです。では、60歳で再就職をした場合にはどのくらいの年収になるのかということについてご紹介します。

従業員1000人以上の大企業

従業員1000人以上の大企業であっても、60歳の再雇用では嘱託社員つまり契約社員という形式であることがほとんどです。65歳までの契約をしてもらうことはできるのですが、残念ながら定年前の55~59歳の平均年収が約750万円であった人でも、60~64歳までの平均年収は約380万円と50パーセント近く減ってしまうのです。ですので、再就職をしても今までと同じフルタイムで同じ内容の職務内容であっても給料だけ減らされてしまうので、損した気分になってしまいます。

国家公務員

公務員はもともと安定さから仕事として選ぶ人は多いのですが、その中でも特に国家公務員はとても恵まれています。たとえば月給31万2800円で再任用されると、期末・勤勉手当や各種手当を含めた年収は約600万円くらいだといわれていますので、民間企業とは比較できないほど60歳以上の給料も安定しているので安心できるのです。

給料変わらない企業もある

先ほど、民間企業だと給料がガクンと減ってしまってがっかりしてしまう結果になるということでご紹介しましたが、近年は少子高齢化が急激に進んでいることからシニア層の労働力を増やすことに政府や企業が積極的であることから、今までと変わらない給料をもらえるというケースも増えてきています。しかし、まだそういった企業は全国的に多いとは言えない状況ですので、60歳で再就職した際にもらえる給料は企業によって異なりますので、注意が必要です。

60歳での再就職 年金はどうなる?

先ほどもご紹介した通り、60歳の再就職だと給料が減ってしまうことになってしまうことが多いのですが、ここでは年金についてご紹介します。

在職老齢年金を知っておこう

まず60歳で再就職をするうえで知っておかなくてはならない制度があり、それは在職老齢年金と呼ばれる制度です。この在職老齢年金とは、60歳以降も就労するうえで厚生年金に加入する場合にっは、年金が減額されてしまう制度のことです。つまり、働き方によっては年金額が大幅カットされてしまう可能性があるということです。

正社員で働いていると?

正社員として働くのには厚生年金に加入することがほとんどです。しかし、先ほどご紹介した在職老齢年金によって上限額を越えると年金カットをされてしまいます。上限額は65歳未満は28万円で、65歳以上は46万円という金額ですので正社員で働いている場合だと60歳以上で給料が今までより減ってしまってもこの上限額にひっかかってしまうことがほとんどです。さらに年金カットはそれだけではなく、高年齢雇用継続給付金をもらっている場合には、年金額はさらに減ってしまうこともあるので、働くことでかえって収入が減ってしまうこともあるのです。

厚生年金に加入しないで働く

年金をカットされない働き方をするためには、厚生年金に加入せず働くということが必要となります。そこで正社員として働くとしても厚生年金加入を義務化されていないような中小企業の会社などであれば、在職老齢年金制度は適用されませんので年金カットを免れることができます。

パート従業員として働く

厚生年金は、正社員のようにフルタイムで勤務する場合には厚生年金加入の義務があるので、年金カットの対象になってしまいます。しかし、パート従業員として正社員の4分の3未満の勤務時間であれば厚生年金に加入しなくてすむので年金カットはされません。つまり週20時間以上で正社員の4分の3未満の勤務時間で働く状態であれば年金も給付金も総取りできるので最も賢い働き方だといえます。

60歳での再就職 就活方法

60歳での再就職をしたいと思っても、年をとってからの就職活動をどのようにすすめたらいいのかと不安に思う人も多いかと思います。そこでここでは、60歳での再就職の就活方法についてご紹介します。

ハローワークへ行ってみる

高齢者向けの相談窓口を設けたハローワークもあり、そこは60歳での再就職に役立つ窓口でもあります。条件にこだわると就職までに時間がかかる場合も多いようですが、現在55歳以上の就職率が増加傾向となっているので、まず再就職を検討されるのであればハローワークにいい求人があるかどうか確認をしてみるといいかと思います。

多様化する求人

60歳の再就職の特徴は、多様化する求人があるということです。年金がカットされてしまってもやりがいがある正社員雇用を目指す転職は当然のこと、自分の好きなことを活かせる仕事を続けるというケースやアルバイトやパートで働くなど、選択肢は多くあげられます。自分が働く目的を明確にすることで自分に合った働き方を見つけることができます。

まとめ

60歳の再就職はさまざまなワークスタイルを選択することができます。ただし、今までの給料よりは大幅に収入が減ってしまったり、働き方によっては年金がカットされてしまったりすることもあるので注意が必要です。働くことで充実した生活を送りたいですね。

「60歳・再就職」に関連する記事

「60歳・再就職」についてさらに知りたい方へ

  • 60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!のサムネイル画像

    60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

    60歳とは、仕事をしている人にとっては定年退職をする人生の大きな節目の時期になります。仕事で疲れた時に60歳の定年退職後は何もせずに家でゆっくりのんびり過ごしたいと思いますが、実際には定年後はどういった生活を送るのがいいのかということについてご紹介します。

  • 今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

    今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

    今の日本は少子高齢化という深刻な社会問題を抱えている状況です。少子高齢化では高齢者が多くなることから働く世代の人口が減少が懸念されています。現在対策として高齢者でも雇用する企業も増えてきています。そこで今回は、今知っておきたい高齢者の雇用についてご紹介します。

  • 高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!のサムネイル画像

    高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!

    高齢者の生活を支える年金。その年金の仕組みや制度について実は知らないことが多いのではありませんか?いったいいつからもらえるの?将来年金はどうなるの?ここでは、高齢者の年金受給について詳しく解説していきます。きっと何かの役に立つはずです!

  • 定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

    定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

    近々、定年を迎え再就職をお考えの方や定年後、再就職をお探しの方もいらっしゃるでしょう。定年後んおの再就職の事情を追ってみました。

  • 定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

    定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

    会社を定年後も日々の生活費は、かかります。会社の定年後も容赦なく、現役時代と同様に光熱費や税金、保険料、その他諸々かかる費用は待ってはくれません。この生活費をどう賄っていけばよいのか、その方法を探ってみましょう。

  • 遺族年金の手続きから受け取りまでの流れがすべてわかります!のサムネイル画像

    遺族年金の手続きから受け取りまでの流れがすべてわかります!

    家計を支える大黒柱が亡くなった場合、遺族の生活を守るために「遺族年金」があります。しかし手続きは複雑で、該当しているのにもらっていない人もいます。そこで、遺族年金の手続きと受け取りを詳しく説明します。遺族年金をもらう道筋が開けますので、是非お読みください。

  • 公務員が退職した時、年金の扱いはどうすればいいの?のサムネイル画像

    公務員が退職した時、年金の扱いはどうすればいいの?

    公務員は在職中に共済年金に加入しています。したがって公務員を退職する際には共済年金の資格喪失をすることになります。資格喪失をすると今後の年金はどうなってしまうのでしょうか?退職後に必要な手続きについて具体的にご紹介します。

  • 遺族年金って未納だともらえないの?知っておくべき年金のあれこれのサムネイル画像

    遺族年金って未納だともらえないの?知っておくべき年金のあれこれ

    一家の大黒柱が急逝したら、遺族は悲しみと共に今後の生活について不安を感じますよね。遺族年金が支給されれば一安心ですが、もらえないとなるとこれからの暮らし方が心配になるに違いありません。今回はもらえない時に慌てないよう遺族年金について解説をいたします。

  • 50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイスのサムネイル画像

    50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイス

    平成27年国税調査における抽出集計結果の年齢階層別、配偶関係別比率によると、50代女性で独身の割合は約23%となっています。つまり、4人に1人に近い割合で、50代女性は独身だということになります。50歳女性がこれからの生き方ついて考えたいと思います。

  • 65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

    65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

    65歳以上の雇用される人が、働く理由は様々です。働くことが好きな人もいますし、やりがいや生きがいを求めて働く人もいます。また65歳以上から支給される公的な年金で足りない分を補うために仕事をしている人もいます。こうした雇用の実情を見ていきたいと思います。

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「60歳・再就職」についてさらに知りたい方へ

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!のサムネイル画像

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!のサムネイル画像

高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

遺族年金の手続きから受け取りまでの流れがすべてわかります!のサムネイル画像

遺族年金の手続きから受け取りまでの流れがすべてわかります!

公務員が退職した時、年金の扱いはどうすればいいの?のサムネイル画像

公務員が退職した時、年金の扱いはどうすればいいの?

遺族年金って未納だともらえないの?知っておくべき年金のあれこれのサムネイル画像

遺族年金って未納だともらえないの?知っておくべき年金のあれこれ

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイスのサムネイル画像

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイス

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「60歳・再就職」についてさらに知りたい方へ

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!のサムネイル画像

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!のサムネイル画像

高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと