逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方

盛り塩は玄関先や店舗の入り口などに置かれるもので、見かけたことがある方も多いはずです。厄除や魔除けの効果がある反面、その方法を間違えると逆効果にもなります。正しい盛り塩の置き方を理解して清く過ごす方法のご紹介です。

目次

  1. 盛り塩とは?
  2. 効果的な盛り塩、そのルーツは?
  3. 逆効果になる?間違った盛り塩について
  4. 効果のある正しい盛り塩の方法
  5. 効果のある盛り塩のまとめ

盛り塩とは?

塩

盛り塩とは、どのようなものでしょうか?

盛り塩を玄関前にされてるご家庭や店舗・事業所はとても多く見受けます。お清めや厄払いの意味を忠実に守って慣習的に行っているようです。また、風水的な観点では、盛り塩をすることで運気アップや商売繁盛の効果があるからという理由でもあるようです。

盛り塩の意味

盛り塩の意味を辿ってみると、大きく2つに分別できます。

●縁起担ぎや人を呼び込む目的・・・店舗や事業所はそのような意味で行っています。
●神事や葬儀等でのお清めの目的・・・神聖な供え物としての意味で行っています。

効果的な盛り塩、そのルーツは?

盛り塩を効果的にするには、そのルーツを知っておくといい!

日本ではなぜか昔から塩との関わりが強いですね。
新年にも盛り塩を一般的に行う家庭もありますし、日本の国技である相撲は、塩を土俵に投げる習慣が定着しています。これはいったいどんな由来があるのでしょう?とても神秘的な行事に思えてなりません・・・

盛り塩のルーツ、その1「武帝説」

司馬炎(しばえん)もしくは武帝の説というのがあります。女色にふけったことで知られています。自分の後宮に入れるための女子を合計1万人も収容してたと言われ、毎夜、羊に引かせた車に乗って回りました。その羊の車が止まったところの女性のもとで一夜を過ごすのが通例だったそうです。その為、宮女たちは自分のところに皇帝を来させる策として、自室前に竹の葉を挿し、塩を盛ったのです。羊は竹の葉を食べ塩をなめるために止まるという経緯が、やがて料理店などで盛り塩をする起源になったそうです。

盛り塩のルーツ、その2「始皇帝説」

盛り塩を玄関入口に置くようになったもう一つの説は、秦の始皇帝からだとも言われています。内容的には武帝と同様に女史との営みから端を発したものですが、武帝が使ったのが羊の車だったのと違って、始皇帝は牛車だったという点がやや違ってます。どちらが正確なのかは今のとこを明らかになっていません。

盛り塩のルーツ、その3「神道由来説」

効果的に盛り塩を使うようになったのは、神道との関わりから?

神道において、塩とは「穢れ(けがれ)を祓い(はらい)清める」力があると言われています。
祭壇に供えたり大事な行事の際に用います。そのルーツは「古事記」の中に記されていて、黄泉(よみ)の国から戻った伊邪那岐命(いざなぎのみこと)がお祓いをした時に、海水で禊(みそぎ)を行ったことから、塩を効果的な浄化パワーの源と見なしていたようです。

逆効果になる?間違った盛り塩について

盛り塩の方法を間違えると効果がない?

ただ単に塩を器に盛って、置いておけばいいというものではなく、盛り塩にはそれなりな方法があります。縁結びや厄除けのご利益どころか、良くない気を招いてしまっては元も子もない話です。先ずは間違った方法・効果の期待できないやり方を認識して、未然に防ぐようにしましょう。

トイレに置く時の注意

盛り塩の置く場所により逆効果も・・・

盛り塩を置く場所は、常に清潔な場所であるべきだと言われています。特にトイレやキッチンといった水回りは不潔になりやすい場所ですので、盛り塩を置いても効果がない、あるいは逆に不運が付き纏っているというようなことがあるようです。清掃が行き届いていますか?水回りに置く場合は特に清潔感が大事です。

放置は逆効果になります

盛り塩を置いてそのまま放置するのは逆効果になると言われています。邪気を寄せ付けない効果とともにマイナスの気を取ってくれるのが盛り塩の役目です。しかしそのままはマイナスの気そのものを放置することにも通じますから良い気が巡ってこないわけです。

使った塩は食用にしない

盛り塩は食用にしないようにしましょう。

衛生面でもあまり良いことではありませんが、使った盛り塩をリサイクルで食用にするものではありません。マイナスの気を吸った塩を体内に入れてしまっては本末転倒です。必ず処分するようにしてください。

効果のある正しい盛り塩の方法

邪気を払い運を運ぶ用、正しい盛り塩との付き合い方とは、どのような方法があるのでしょうか?ここでは特に外して欲しくないポイントを押えてご説明したいと思います。

天然塩を使用すること

盛り塩用の塩は、なるべくなら天然のものを使用しましょう。調理用の生成済みな塩は他の成分の配合や調整を意図的に行っている為、あまり相応しくないとされています。自然のパワーをいただくという意味でも、天然塩にこだわるのが重要です。

盛り塩は「鬼門」に置くと効果がある

鬼門とは、「避けなければならない」ことを意味します。そして方角が決まってます。それは「北東」の方角です。盛り塩は鬼門の位置に置くのがポイントです。邪気は鬼門から入り、裏鬼門(南西)の方角へと移動していく癖があるそうです。なのでその入り口に置くことで邪気を払いのけることが出来るそうです。

定期的に換えて、捨てましょう

盛り塩は放置しないというのが鉄則です。交換の際は3~7日程度間に一度、最低月2回交換するのが目安です。特に湿気の多い場所に置くような場合は、毎日交換することも良いそうです。ただし注意点がいくつかあり、午前2時~2時30分の丑三つ時には避けておきましょう。そして古い塩はそのままゴミ箱に捨てても構いませんが、トイレや洗面所、台所などで水に流してはいけません。邪気が再び水回りから侵入してしまう恐れがあります。

効果のある盛り塩のまとめ

塩

いかがでしたでしょうか?普段何気なく見かける盛り塩にも、じつは色々なルールとルーツがあり、その形式に則っていけば、運気アップなどの効果が期待できそうですね。皆さんもぜひ暮らしの中に取り入れてみてください。

盛り塩の正しい作法を知って効果を実感しましょう。

「盛り塩・効果」に関連する記事

「盛り塩・効果」についてさらに知りたい方へ

  • 盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?のサムネイル画像

    盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?

    盛り塩とは、家庭の玄関やトイレなどの水回り付近に盛る塩のことをさします。この盛り塩には、厄除け・魔除け・邪気払い・招貴人(チャンスを与える人を招く)の意味を持つとされています。そこで、開運につながる正しい盛り塩のやり方をご紹介いたします。

  • 盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

    盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

    盛り塩の効果をご存知ですか?そして盛り塩の処分の仕方も気になりますよね。盛り塩には邪気を払い、人を呼び寄せる効果があります。そして盛り塩の処分の仕方についてはやってはいけない事もあるようですので、ぜひご注意ください。盛り塩の交換時期についてもお伝えいたします。

  • 盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?のサムネイル画像

    盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?

    厄払いと開運アイテムとして盛り塩を置くとよく聞きます。しかし詳しい盛り塩の作り方や捨て方、専用のセットが必要なのか…など詳しく知っている方は少ないですよね?今回は専用セットがなくても誰にでもできる盛り塩の扱い方をご紹介します!

  • 盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本のサムネイル画像

    盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本

    家を清めるために盛り塩を置く方も増えてきているかと思います。盛り塩に使う塩について。盛り塩の置く場所、形、使うお皿など盛り塩のやり方について書いていきます。やり方

  • 知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿についてのサムネイル画像

    知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿について

    盛り塩とは、邪気払いや運気を上げるものとして古くから伝わる日本の伝統です。飲食店や販売店、また個人宅の玄関先でお皿に盛られた塩をご覧になった方も多いのではないでしょうか?今回は、盛り塩を置く意味や作り方、またお塩の受け皿の色や形についてご紹介します。

  • 盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?のサムネイル画像

    盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?

    お店に行ったときに、入口に小皿に乗ったピラミッド型の塩の山を見たことがありませんか?盛り塩と言われるものですが、いったい何のために置かれているのでしょうか?その意味や作り方を紹介します。作り方も簡単なので、自分で盛り塩を作ってみましょう。

  • お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介のサムネイル画像

    お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介

    お葬式やお通夜に参列した際に貰える「お清めの塩」ですが、お墓参りをする時にも塩は必要なのか疑問に思ったことはありませんか? また、宗教ごとにお清めの塩に対する考え方が異なります。 この記事では、お清めを目的とする塩とお墓参りについて詳しく解説していきます。

  • 葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明しますのサムネイル画像

    葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明します

    お葬式に会葬すると、お礼状といっしょに清め塩が配られます。清め塩は、死の穢れや邪気を祓うために、体に振りかけます。足下だけに振りかける人もいますが、葬式の清め塩には正式なマナーがあります。この記事を読んで、清め塩の正しいマナーを身につけましょう。

  • お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?のサムネイル画像

    お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?

    お葬式で会葬のお礼状と一緒に渡される塩。この塩の正しい使い方や、お葬式で渡される意味を知っていますか?今回は、この塩の事についてご紹介します。

  • お清め方法をまとめて紹介します。塩やお酒をどう使う?のサムネイル画像

    お清め方法をまとめて紹介します。塩やお酒をどう使う?

    お清め方法にはどんな種類があるのでしょうか。お清め方法をまとめて紹介します。塩と酒ってなぜお清めによくでてくるのかなどの由来と、最後にもっとも効果のあるお清め方法もお教えします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「盛り塩・効果」についてさらに知りたい方へ

盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?のサムネイル画像

盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?のサムネイル画像

盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本のサムネイル画像

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本

知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿についてのサムネイル画像

知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿について

盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?のサムネイル画像

盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?

お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介のサムネイル画像

お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介

葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明しますのサムネイル画像

葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明します

お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?のサムネイル画像

お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?

お清め方法をまとめて紹介します。塩やお酒をどう使う?のサムネイル画像

お清め方法をまとめて紹介します。塩やお酒をどう使う?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

関連する記事

「盛り塩・効果」についてさらに知りたい方へ

盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?のサムネイル画像

盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?のサムネイル画像

盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本のサムネイル画像

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本

知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿についてのサムネイル画像

知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿について

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと