和泉式部と清少納言の関係は?詳しくご紹介します!

百人一首にも選出されている和泉式部と清少納言、名前だけは聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。実は、二人は同時代に活躍した女性で、和歌のやり取りをする関係でした。この記事では、和泉式部と清少納言についてご紹介します。

目次

  1. 和泉式部と清少納言
  2. 和泉式部について
  3. 清少納言について
  4. 和泉式部と清少納言の関係
  5. いかがでしたか?

和泉式部と清少納言

百人一首にも詠まれている和泉式部と清少納言は、同じ時代に活躍した女性です。
和歌などの言葉の才に長けていた二人の関係はどのようなものだったのでしょうか。

和泉式部について

和泉式部(978年頃~没年不詳)は、平安時代中期頃に活躍した歌人です。
最初の夫・橘道貞と破局した後、冷泉天皇の第三皇子・為尊親王との熱愛の噂が騒がれます。
為尊親王の死後にはその同母弟・敦道親王から求愛を受けるなどの恋多き人物で、藤原道長からは「浮かれ女」と評されるほどでした。

そういった数々の恋愛遍歴から、多くの恋愛の和歌が詠まれています。

百人一首 56番

「あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな」

和泉式部の和歌は、小倉百人一首の56番にも選出されています。
死の床に伏せている和泉式部が、あの世に持っていく思い出に最後にあの人に会いたい、というストレートな気持ちを詠んだ和歌です。
死を目の前にしても愛を熱望する、恋に生きた和泉式部らしい和歌ですね。

娘「小式部内侍」も歌人

和泉式部の娘・小式部内侍(こしきぶのないし)は、道貞との間に生まれました。
母譲りの歌才を発揮し、彼女の和歌も百人一首に選ばれています。

ところが小式部内侍は和泉式部よりも先に亡くなっており、その時の彼女の悲しみは愛傷歌として残されています。

和泉式部の残した作品

和泉式部の和歌は、家集「和泉式部正集」「和泉式部続集」や、特に優れた和歌を集め「宸翰本和泉式部集」に残されています。
また、「拾遺和歌集」、「後拾遺和歌集」にも和泉式部の和歌が選ばれ、名誉を得ています。

ほかに、物語風に記された「和泉式部日記」がありますが、これは本人が書いたものか疑わしいと言われています。

清少納言について

清少納言(966年頃~1025年頃)は、平安時代の女流作家です。和歌だけではなく、「枕草子」などの随筆も手がけました。
梨壺の五人(「万葉集」の解読、「後撰和歌集」の編纂などをした)の一人・清原元輔の娘です。
中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人に数えられており、清少納言の和歌は百人一首にも選ばれています。

百人一首 62番

「夜をこめて 鳥の空音は 謀るとも よに逢坂の 関は許さじ」

百人一首62番に選出された清少納言の和歌です。
夜が明けないうちに鶏の鳴き真似をして人をだまそうとしても、この逢坂の関は決して許さない、という内容の歌です。
この和歌には、中国の史記にある孟嘗君の「函谷関の故事」のエピソードが引用されており、清少納言の教養の深さが分かります。

清少納言の残した作品

清少納言の和歌42首を集めた家集「清少納言集」があり、「後拾遺和歌集」では勅撰和歌集として15首が入集しています。
ほかに、有名な随筆「枕草子」があります。

「枕草子」とは

「春はあけぼの」ではじまる「枕草子」を、教科書などで一度は読んだことがあるのではないでしょうか。
枕草子は、吉田兼好「徒然草」、鴨長明「方丈記」と並んで日本の三大随筆といわれています。
随筆は、今の言葉で言うとエッセイ。身の回りのことを自分の感想で書くことです。
四季折々の自然や人物について、清少納言の感性で書かれたものが枕草子なのです。

和泉式部と清少納言の関係

同じ時代を生きた和泉式部と清少納言ですが、二人の関係はどのようなものだったのでしょうか。
二人がどのように知り合い、交流をしていたのか詳細は分かっていませんが、贈答歌のやり取りが残されています。

清少納言が和泉式部に送った和歌

「駒すらに すさめぬ程に 老いぬれば 何のあやめも 知られやはする」

今となっては馬さえも寄りつかないほど老いてしまい、5月5日だというのに何の菖蒲の花かも分からなくなってしまった、という内容です。
昔は菖蒲の花のように華やいでいたのに随分年を取ってしまった、という清少納言が自身の老いを嘆く内容です。

この和歌に返答する形で、和泉式部が清少納言に和歌を送りました。

和泉式部が清少納言に送った和歌

「すさめぬに 妬さも妬し あやめ草 ひきかへしても 駒返りなん」

誰も相手にしてくれないというのは悔しいことです、毎年新しいあやめ草の根を引くかのように私たちも若返りたいものです、というような内容です。
清少納言の和歌に対して、うんうんと首を縦に振るかのような内容ですね。

このほかにも、清少納言と和泉式部の和歌のやり取りがいくつか残されていますが、どれも二人の仲の良さが垣間見えます。

和泉式部と清少納言の友情

このような和歌のやり取りは、和泉式部が30歳を過ぎた頃に行われたと推測されています。
また、清少納言は和泉式部よりも10歳ほど年上だったと考えられています。

残された和歌のやり取りから、同時代の宮中で生き、才能があった二人だからこそ生まれた友情が感じられます。
「浮かれ女」とまで言われた和泉式部でしたが、感受性の深い清少納言には彼女の才能がしっかりと伝わっていたのではないでしょうか。

いかがでしたか?

和泉式部と清少納言についてご紹介しました。
同時代に生きた女性でも、生まれた背景や性格などを知ると和歌がもっと面白くなりますよね。
平安時代の歌人の気持ちを、想像を膨らませて楽しんでみてはいかがでしょうか。

「和泉式部・清少納言」に関連する記事

  • 【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】のサムネイル画像

    【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】

    百人一首で覚えたけれど、作者の清少納言をよく知らない、和歌の意味が分からない……という方も多いのではないでしょうか。この記事では、清少納言についてご紹介します。百人一首の細かい解説もありますよ!

  • 清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介のサムネイル画像

    清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介

    清少納言と聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか?歌集が有名ではあるけれど、明らかにされている歴史が少なく、語られることも少ない謎多き女性、清少納言。今回は、清少納言のお墓の場所や、お墓が建てられた経緯などをご紹介したいと思います。

  • 紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまるのサムネイル画像

    紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまる

    「源氏物語」の作者で中宮彰子の女房として宮仕えをした紫式部は、宮中での生活や人間関係をざっくばらんに日記に書いていました。日記にから読み取れる紫式部の人間性についてスポットをあてて記事に書いてみます。

  • 明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。のサムネイル画像

    明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。

    「清少納言」が書いたエッセイ「枕草子」。「春はあけぼの」の出だしで有名な枕草子では、清少納言が感じた細々したことだけでなく、仕えた「中宮定子」が光り輝いていた頃の思い出を振り返っています。清少納言は優しさと知性あふれる定子を賛美し、尊敬していました。

  • 百人一首の秋の歌を紹介!秋を歌う和歌が多いのはなぜ?のサムネイル画像

    百人一首の秋の歌を紹介!秋を歌う和歌が多いのはなぜ?

    子どもの頃、学校の課題で百人一首を覚えた方も多いのではないでしょうか?大人になって再び触れると違った魅力に気付かされます。百人一首には美しい秋の光景を詠んだ歌が多いですね。今回は、秋に注目して百人一首を紹介します!

  • 百人一首の中でも特に有名な句の意味を解説します。のサムネイル画像

    百人一首の中でも特に有名な句の意味を解説します。

    百人一首の百首の和歌の中でも、人気のある有名な句は何時の時代でも同じように人気が有ります。しかし、有名な句ではないけれどもなぜか気になってしまう和歌が有りませんか?気になる百人一首をまとめてみました。

  • 紫式部の百人一首をご紹介!源氏物語だけじゃない、和歌の才能!のサムネイル画像

    紫式部の百人一首をご紹介!源氏物語だけじゃない、和歌の才能!

    紫式部と言えば、「源氏物語」の作者として有名ですよね。ですが、それだけではありません。紫式部の和歌は百人一首にも選ばれるほど、素晴らしい才能を持っていました。この記事では、紫式部の百人一首を通して、彼女の和歌の世界をご紹介します。

  • いくつ覚えてる?百人一首 小学生気分で、百人一首を楽しもう!のサムネイル画像

    いくつ覚えてる?百人一首 小学生気分で、百人一首を楽しもう!

    飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳天皇まで、百人の歌人の優れた和歌を一首ずつ集めた「百人一首」。最近は漫画などの影響もあって小学生から大人まで幅広い世代に見直されています。そんな百人一首の世界を小学生気分で楽しんでみましょう。

  • 時代を超えても同じ心情、有名な和歌を振り返り、心をほっこりさせるのサムネイル画像

    時代を超えても同じ心情、有名な和歌を振り返り、心をほっこりさせる

    和歌とは、短歌形式の心を読む詩のようなものです。万葉集などにある有名な和歌を集めてみました。理解しやすいように歌の意味も説明しています。今も昔も恋する心や、ふと思う気持ちは誰でも同じです。有名な和歌の歌に心を預けてみませんか?きっと心に浸みる歌が見つかります。

  • 枕草子入門 冒頭の「春はあけぼの」から「冬はつとめて」までのサムネイル画像

    枕草子入門 冒頭の「春はあけぼの」から「冬はつとめて」まで

    枕草子に出会った中学生の頃、古文を外国語のように思った人もいたことでしょう。。久しぶりに枕草子の冒頭を読み返してみましょう。授業と無関係に、今感じている季節感と清少納言が枕草子の冒頭に書いた内容を比べた時、大人になったからこそ気づくことがあるかもしれません。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「和泉式部・清少納言」についてさらに知りたい方へ

【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】のサムネイル画像

【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介のサムネイル画像

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介

紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまるのサムネイル画像

紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまる

明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。のサムネイル画像

明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。

百人一首の秋の歌を紹介!秋を歌う和歌が多いのはなぜ?のサムネイル画像

百人一首の秋の歌を紹介!秋を歌う和歌が多いのはなぜ?

百人一首の中でも特に有名な句の意味を解説します。のサムネイル画像

百人一首の中でも特に有名な句の意味を解説します。

紫式部の百人一首をご紹介!源氏物語だけじゃない、和歌の才能!のサムネイル画像

紫式部の百人一首をご紹介!源氏物語だけじゃない、和歌の才能!

いくつ覚えてる?百人一首 小学生気分で、百人一首を楽しもう!のサムネイル画像

いくつ覚えてる?百人一首 小学生気分で、百人一首を楽しもう!

時代を超えても同じ心情、有名な和歌を振り返り、心をほっこりさせるのサムネイル画像

時代を超えても同じ心情、有名な和歌を振り返り、心をほっこりさせる

枕草子入門 冒頭の「春はあけぼの」から「冬はつとめて」までのサムネイル画像

枕草子入門 冒頭の「春はあけぼの」から「冬はつとめて」まで

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「和泉式部・清少納言」についてさらに知りたい方へ

【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】のサムネイル画像

【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介のサムネイル画像

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介

紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまるのサムネイル画像

紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまる

明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。のサムネイル画像

明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。

百人一首の秋の歌を紹介!秋を歌う和歌が多いのはなぜ?のサムネイル画像

百人一首の秋の歌を紹介!秋を歌う和歌が多いのはなぜ?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと