信州・善光寺の御朱印は、種類もデザインもこんなに豊富です

善光寺の御朱印は、大変種類が豊富で、デザインも美しいということで評判です。江戸時代から、「一生に一度はおまいりしたい」といわれる善光寺を参詣し、人気の御朱印をいただきましょう

目次

  1. 善光寺は御朱印集めの人気スポット
  2. 御朱印をいただける場所
  3. 善光寺でいただける御朱印
  4. 御朱印の金額、いただける時間など
  5. まとめ 善光寺御朱印の魅力

善光寺は御朱印集めの人気スポット

寺

西暦644年創建といわれる、信州・善光寺は、大変歴史のある名刹です。
一光三尊阿弥陀如来をご本尊として、古くから広い信仰を得ています。
今でも、年間約700万人が参詣に訪れますが、最近人気の御朱印めぐりのスポットとしても、全国的に注目を集めています。
善光寺は、全国でも珍しい、無宗派のお寺です。どちらの宗旨の方でも平等にお参りできます。ただし、山内に、浄土宗の大本願、天台宗の大勧進という寺院も並立しているという、ちょっとユニークな形態のお寺です。
御朱印も、本寺のほか、その大本願、大勧進など、数カ所でいただくことができます。
ここでは、善光寺御朱印のいただける場所、種類、いただきかたなどをご紹介します。

御朱印をいただける場所

基本的に、善光寺山内には、御朱印をいただける場所が4カ所あります。
まず、善光寺そのものの御朱印です。
これは、善光寺本堂手前の、「御朱印所」と、本堂を入ったところにある「勤番所」でお求め出来ます。
次は、大本願(浄土宗)の御朱印です。
こちらは、大本願境内の「御守授与品所」で販売しています。
天台宗の大勧進でも御朱印をいただくことができます。
大勧進境内の「護摩堂」で扱っています。
最後は、釈迦堂です。御開帳時に回向柱が立てられることで知られています。
正式には世尊院小御堂といいます。
その他に、門前にある、坊や院でもいただくことができます。

善光寺でいただける御朱印

善光寺でいただける、代表的な御朱印についてご説明します。

善光寺本堂、御開帳限定も

中央に堂々と善光寺と書かれた御朱印です。善光寺御朱印の代表格といってよいでしょう。
いくつかのアレンジがありますが、御開帳時には「御開帳記念」と記されるものがいただけます。善光寺の御開帳は7年に一度開かれます。つまり、この御朱印は7年に一度しかいただくチャンスがないということで、大変貴重なものです。

御詠歌 心は信濃の善光寺

御詠歌とは、仏様のありがたいお言葉を歌にして詠んだものです。和歌のようなもので、昔は、字の読めない人、お経を聞く機会のない人たちが、この御詠歌をくちずさみながら信仰を深めたのです。
「身はここに 心は信濃の善光寺 みちびきたまへ 弥陀の浄土へ」というように書かれている御朱印です。

びんずる尊者 善光寺本堂に安置

善光寺本堂に入ると、木製のびんずる様の座像が置かれています。
参詣客は、自分の体の悪いところと同じ箇所を撫でてお祈りします。善光寺に参詣された人なら御存知でしょうが、このびんずる様、たくさんの善男善女に撫でられて、体中がつるつるになっています。
そのため、びんずる様は別名「撫仏」といわれ、御朱印にもそのように書かれています。

おやこ地蔵 供養の御朱印

善光寺では、2011年の東日本大震災の犠牲者の鎮魂、被災地の復興を祈願するために、被害にあった陸前高田市の松の木で、親子2体ずつ、合計4体のお地蔵さんが建立されました。それを記念して、2015年から授与されるようになった御朱印です。

善光寺「大本願」

大本願では2種類の御朱印がいただけます。一つは「三国伝来 善光寺本師如来」、一般には善光寺如来と呼ばれています。
もう一つは、「三人よれば文殊の知恵」の文殊菩薩です。
善光寺山門でもいただくことができますが、山門のものと大本願のものとでは、多少文言が違っています。

善光寺「大勧進」

大勧進でも2種類いただけます。
一つは、大本願でもいただける「善光寺如来」。
もう一つは不動堂の「不動尊」です。

善光寺忠霊殿

忠霊殿は、明治以降の戦没者(戊辰戦争から第二次世界大戦まで)をまつった建物です。1階は資料館になっています。

善光寺雲上殿

善光寺を見下ろすように、山の中腹にあります。阿弥陀如来分身の遺骨をまつっているといわれる納骨堂です。

善光寺七福神

JR長野駅と善光寺の間にある七つの寺社をめぐると「七福神」の御朱印をそろえることができます。ちなみに七つの寺社は次の通りです。
寿老人(かるかや山西光寺)、大黒天(大国主神社)、福禄寿(西後町秋葉神社)、弁財天(往生院)、布袋(御本陣藤屋)、恵比寿(雨宮神社)、毘沙門天(世界尊院)

御朱印の金額、いただける時間など

御朱印は、どちらのものも、300円です。受付時間は朝8時から夕方4時までになっています(季節、行事の有無により変わることがあります)。

まとめ 善光寺御朱印の魅力

善光寺の御朱印は、非常に種類が豊富で、デザインもすぐれているという評判です。また、御朱印帳もバラエティ豊かに取り揃えられています。
善光寺は、平日でもたくさんの参詣客が訪れます。人気の御朱印には、常に行列ができています。小銭を用意し、書いてくださる方のお手を煩わせず、後に並んでいる人たちにご迷惑をかけないような心遣いが必要です。常識的なマナーを守っていただければよろしいと思います。
無宗派で、どなたにも平等に門戸を開いている善光寺。ぜひ、参詣し、たくさんの御朱印を集めてみてください。

「善光寺・御朱印」に関連する記事

「善光寺・御朱印」についてさらに知りたい方へ

  • 善光寺でやってもらえる永代供養ってどんなもの?

    善光寺でやってもらえる永代供養ってどんなもの?

    全国から参拝客が訪れる善光寺。その善光寺で永代供養を行ってもらえることをご存知ですか?善光寺は無宗派であるため、人を選びません。そんな珍しい特徴を持った善光寺での永代供養がどんなものなのか、調べてみました。

  • 御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

    御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

    御朱印とはなんのことなのか説明できますか?時々耳にするけどなんなのかよくわかっていないという方もいらっしゃると思います。今回はそんな御朱印に関する様々なことについて紹介しますので、御朱印のことをまだしっかり説明できないという方はぜひ読んで見てください!

  • 京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!

    京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!

    今全国的に人気のある、御朱印集めについてご存知ですか?何となく聞いた事があるけれど、よく分からないという方も多いと思います。そんな方に、御朱印の基礎知識から京都でもらえる人気の御朱印を厳選してご紹介致します。京都に観光で訪れた際は、ぜひ御朱印集めをしてみてはいかがですか?

  • 社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?

    社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?

    御朱印とはお寺や神社に行く参拝者に向けた印章の事を言います。御朱印を記帳する専門の帳面もありこれを御朱印帳と呼んでいます。現代社会において人気を博している御朱印。若者女子達に大人気です。

  • 善光寺参りと合わせて味わいたい絶品ランチ

    善光寺参りと合わせて味わいたい絶品ランチ

    牛にひかれて善光寺参りという言葉でおなじみの、長野市にある善光寺は、一度は訪れたい名刹です。善光寺のお参りと合わせてランチを楽しむのも楽しみのひとつです。信州ならではの味を楽しめるランチをご紹介いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「善光寺・御朱印」についてさらに知りたい方へ

善光寺でやってもらえる永代供養ってどんなもの?のサムネイル画像

善光寺でやってもらえる永代供養ってどんなもの?

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!

社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?のサムネイル画像

社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?

善光寺参りと合わせて味わいたい絶品ランチのサムネイル画像

善光寺参りと合わせて味わいたい絶品ランチ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと