枕草子入門 冒頭の「春はあけぼの」から「冬はつとめて」まで

枕草子に出会った中学生の頃、古文を外国語のように思った人もいたことでしょう。。久しぶりに枕草子の冒頭を読み返してみましょう。授業と無関係に、今感じている季節感と清少納言が枕草子の冒頭に書いた内容を比べた時、大人になったからこそ気づくことがあるかもしれません。

目次

  1. 枕草子とは
  2. 枕草子 冒頭部分の書き出し 春はあけぼの
  3. 夏は夜
  4. 秋は夕暮れ
  5. 冬はつとめて
  6. 枕草子 冒頭部分について まとめ

枕草子とは

枕草子とはどのような作品か

枕草子は西暦1001年(長保1年)頃に草稿本ができたいわれる随筆です。
これは、方丈記・徒然草とともに日本の三大随筆とされています。

作者 清少納言

清少納言は学者・歌人の家系に生まれています。生没年時は不明で、966年(康保3年)頃に生まれ1025年(万寿2年)頃没したという説があります。
若い頃に橘則光と結婚し一児をもうけましたが離婚し、藤原実方と親しい関係にあったとされます。993年(正暦4年)に一条天皇の中宮定子のもとに出仕しました。

枕草子 冒頭ついて

「春はあけぼの」に始まる枕草子には、作者の美的な世界を体系的に分類し説明した段、随想の段、日記・自伝の段の3つに大きく分けられます。
非常に有名な冒頭の段は、美的な世界を体系的に分類し説明した段のひとつです。
枕草子の全体を流れるのは「をかし」の心です。紫式部の「あはれ」が深いしみじみとした情趣と解釈されるのに対して、「をかし」は対象を知性的にとらえて批評することによっておこる興味、趣と解釈されます。
四季について、自身が感じる美しさや興味を述べている冒頭部分はとりわけ清少納言の「をかし」の心を象徴していると言えます。

枕草子 冒頭部分の書き出し 春はあけぼの

では、枕草子冒頭の「春はあけぼの」から順に「冬はつとめて」まで、原文のことばの流れをゆっくり味わったあと、その下に付け加えた現代語訳を読んで意味を確認してみましょう。

原文

春はあけぼの。やうやう白くなり行く、山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたびきたる。

現代語訳

春は夜明けに心惹かれる。次第に白くなっていく、空と山の稜線が交わるあたりが少し明るくなって紫色がかった雲が細く細くたなびいているのはとても風情がある。

ことば

枕草子冒頭の中でもあまりにも有名な部分です。
「あけぼの」とは、東の空が白んで開け始めている状態をいいます。
夜明け前のまだ暗いときをさす暁、日の出前の明るくなるときをさす朝ぼらけの間に位置します。
「やうやう」は、次第に、だんだんに、という意味の副詞です。

夏は夜

原文

夏は夜。月のころはさらなり。やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

現代語訳

夏は夜に心惹かれる。月の出ていない夜も、蛍がたくさん入り乱れて飛んでいるのがおもしろい。また、たった一匹二匹などとほのかに光って飛んでいくのも趣深い。雨などが降るのも趣深い。

ことば

「うち光る」の「うち」は接頭語です。動詞について、語調を整えたり下の動詞の意味を強調したりします。漢字にすると「打ち光る」「打ち聞く」となります。うち光るは、ちょっと光って、といった意味です。

秋は夕暮れ

原文

秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、からすの寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入りはてて、風の音、虫のねなど、はたいふべきにあらず。

現代語訳

秋は夕暮れが心惹かれる。夕日がさして山の端にとても近くなっているところに、からすが寝どころに行こうと三羽四羽、二羽三羽などと飛び急ぐのも趣深い。ましては雁などが連なって飛んでいるのが、とても小さく見えるのはしみじみとした情趣がある。日没後に、風の音や虫の鳴き声などが聞こえるのも、いまさら言うまでもない。

ことば

枕草子冒頭の四季の中でも、秋の段落は特に情景が鮮やかに目に浮かぶ叙述です。
「まいて」は、副詞で「まして」のイ音便です。漢字にすると「況いて」です。

冬はつとめて

原文

冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜のいと白きも、また さらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。

現代語訳

冬は早朝が心惹かれる。雪が降っている朝はいうまでもない。霜のたいへん白い朝も、またそうでなくても非常に寒い朝に火を急いでおこして、炭を持ってまわるのもとても似つかわしい。昼になってだんだん寒さがやわらいでくると、火桶の火も白い灰ばかりになってみっともない。

ことば

「つとめて」は早朝の意味です。同じ枕草子で『雨うち降りたるつとめてなどは、世になう心あるさまにをかし』(木の花は)と。翌朝の意味で使われています。これは『雨の降った翌朝などは、まととなく心惹かれる様子で趣深い』ということです。
「わろし」はく活用の形容詞です。よくない、好ましくない、みっともない、つたない、といった意味です。

枕草子 冒頭部分について まとめ

いかがでしたか。、枕草子の冒頭を、学校の授業を離れて読んでみて、何か新しい発見はありましたか。
これをいい機会に「すさまじきもの、昼吠ゆる犬。春の網代。三、四月の紅梅の衣」(第25段)や、「うつくしきもの。瓜に描きたるちごの顔。すずめの子の、ねず鳴きするに踊りくる」(第151段)など、他の段も味わってみてはいかがでしょう。
時代は違っても共感することが多かったり、作者の感覚を面白く感じたりすることでしょう。
古語辞典を傍らに置いておくのがベストですが、インターネットでも手軽に意味を調べることができますので、まずは古典の文法にあまり縛られずに、おおらかに楽しんでみましょう。
また、冒頭部分を春から冬まで暗記して、そらで言えるようにするとよいでしょう。現代語で完璧に解釈できなくても、自然にくちをついて出てくるほどになれば清少納言が冒頭で言いたかったフィーリングのようなものが理解できてくるものです。
果たして、今あなたが日々感じている季節感と、清少納言が枕草子の冒頭で見事に語っている四季それぞれの所感は似通っているでしょうか。

「枕草子・冒頭」に関連する記事

  • 【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】のサムネイル画像

    【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】

    百人一首で覚えたけれど、作者の清少納言をよく知らない、和歌の意味が分からない……という方も多いのではないでしょうか。この記事では、清少納言についてご紹介します。百人一首の細かい解説もありますよ!

  • 明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。のサムネイル画像

    明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。

    「清少納言」が書いたエッセイ「枕草子」。「春はあけぼの」の出だしで有名な枕草子では、清少納言が感じた細々したことだけでなく、仕えた「中宮定子」が光り輝いていた頃の思い出を振り返っています。清少納言は優しさと知性あふれる定子を賛美し、尊敬していました。

  • 清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介のサムネイル画像

    清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介

    清少納言と聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか?歌集が有名ではあるけれど、明らかにされている歴史が少なく、語られることも少ない謎多き女性、清少納言。今回は、清少納言のお墓の場所や、お墓が建てられた経緯などをご紹介したいと思います。

  • 和泉式部と清少納言の関係は?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    和泉式部と清少納言の関係は?詳しくご紹介します!

    百人一首にも選出されている和泉式部と清少納言、名前だけは聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。実は、二人は同時代に活躍した女性で、和歌のやり取りをする関係でした。この記事では、和泉式部と清少納言についてご紹介します。

  • 源氏物語の冒頭、知っていますか?現代語訳とともに紹介しますのサムネイル画像

    源氏物語の冒頭、知っていますか?現代語訳とともに紹介します

    源氏物語の冒頭は古典の授業で覚えさせられた、という記憶はありませんか?あまりにも有名な源氏物語は古典学習に欠かせない教材ですが、暗記しただけで意味を知らないという方も多いと思います。今回は源氏物語について冒頭文を含めてご紹介します。

  • 紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまるのサムネイル画像

    紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまる

    「源氏物語」の作者で中宮彰子の女房として宮仕えをした紫式部は、宮中での生活や人間関係をざっくばらんに日記に書いていました。日記にから読み取れる紫式部の人間性についてスポットをあてて記事に書いてみます。

  • 平安時代の文化「国風文化」の特徴と魅力をご紹介しますのサムネイル画像

    平安時代の文化「国風文化」の特徴と魅力をご紹介します

    平安時代に栄えた「国風文化」は、日本の自然や、人々の生活感情に合った、日本独自の文化です。現在にも伝わる、平安時代の文化と魅力をご紹介します。

  • 春夏秋冬…季節を表す美しい言葉の数々をご紹介のサムネイル画像

    春夏秋冬…季節を表す美しい言葉の数々をご紹介

    日本には古来より季節の変化を敏感に感じ取った美しい言葉が数多く存在します。自然の景色や気象、木々や植物の様子が表現された美しい言葉からは、それぞれの季節を愛でていた人々の繊細な心が感じられるようです。

  • 京都の方言「京ことば」と「もうひとつの京都の方言」たちのサムネイル画像

    京都の方言「京ことば」と「もうひとつの京都の方言」たち

    「京都の方言=京ことば」だと思っていませんか?南北に長い京都府には、丹後・丹波・山城の「もうひとつの京都」にも方言があります。おなじみの「京ことば」をはじめ「もうひとつの京都の方言」をご紹介しましょう。

  • 有名な短歌といえばこれ!というのを知ってますか?のサムネイル画像

    有名な短歌といえばこれ!というのを知ってますか?

    短歌といえば、これが有名!というものをこれからご紹介します。皆さんはいくつ知っていますか?短歌にはその作者の気持ちや人生が短い中にあらわされています。有名な過去の人が、こんな歌を詠んでいたんだ、と楽しんでください。

ランキング

シェアする

関連する記事

「枕草子・冒頭」についてさらに知りたい方へ

【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】のサムネイル画像

【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】

明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。のサムネイル画像

明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介のサムネイル画像

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介

和泉式部と清少納言の関係は?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

和泉式部と清少納言の関係は?詳しくご紹介します!

源氏物語の冒頭、知っていますか?現代語訳とともに紹介しますのサムネイル画像

源氏物語の冒頭、知っていますか?現代語訳とともに紹介します

紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまるのサムネイル画像

紫式部日記に現れる紫式部の人間性にせまる

平安時代の文化「国風文化」の特徴と魅力をご紹介しますのサムネイル画像

平安時代の文化「国風文化」の特徴と魅力をご紹介します

春夏秋冬…季節を表す美しい言葉の数々をご紹介のサムネイル画像

春夏秋冬…季節を表す美しい言葉の数々をご紹介

京都の方言「京ことば」と「もうひとつの京都の方言」たちのサムネイル画像

京都の方言「京ことば」と「もうひとつの京都の方言」たち

有名な短歌といえばこれ!というのを知ってますか?のサムネイル画像

有名な短歌といえばこれ!というのを知ってますか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「枕草子・冒頭」についてさらに知りたい方へ

【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】のサムネイル画像

【百人一首】清少納言ってどんな人?詳しくご紹介!【枕草子】

明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。のサムネイル画像

明るい方へ!枕草子にみる、清少納言の中宮定子への愛。

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介のサムネイル画像

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介

和泉式部と清少納言の関係は?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

和泉式部と清少納言の関係は?詳しくご紹介します!

源氏物語の冒頭、知っていますか?現代語訳とともに紹介しますのサムネイル画像

源氏物語の冒頭、知っていますか?現代語訳とともに紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと