【京都】おすすめの仏像が見られるお寺をご紹介します!

数多くの国宝や重要文化財がある京都を観光するなら、ぜひお寺に立ち寄って仏像を見て下さい。仏像との出会いは、日常から離れて心を落ち着かせることができますよ。この記事では、おすすめの仏像が見られる京都のお寺を厳選してご紹介します。

目次

  1. 京都で見られるおすすめの仏像
  2. 一度は行きたい【三十三間堂】
  3. あの仏像は京都にあった!【六波羅蜜寺】
  4. 五重塔だけじゃない!【東寺】
  5. 紅葉だけじゃない!【禅林寺(永観堂)】
  6. 静寂に囲まれる【浄瑠璃寺(九体寺)】
  7. 京都の仏像はいかがでしたか?
  8. 終活の専門家に相談してみよう

京都で見られるおすすめの仏像

歴史の古い京都では、数え切れないほどの仏像が残されています。
せっかく京都に観光に行くのだったら仏像が見たいけれど、どこに行けばいいか迷ってしまうという方も多いはず。

この記事では、おすすめの仏像が見れるお寺を厳選してご紹介します!

一度は行きたい【三十三間堂】

三十三間堂

三十三間堂で何よりも驚かされるのが、本堂に安置されている1000体もの千手観音立像です。
その観音様の中には、会いたい人に似ているお顔があると言われています。

見逃せないのは、観音像に囲まれている国宝の「中尊木造千手観音坐像」です。
鎌倉後期に大仏師の湛慶らによって作られました。像高が約3メートルで、温雅で優しそうな表情が特徴です。

詳細情報

[住所]605-0941 京都市東山区三十三間堂廻町657
[電話]075-561-0467
[拝観料]大人600円、高・中学生400円、子供300円(25名以上は団体割引)
[開門時間]8時~17時(11月16日~3月は9時~16時)年中無休、受付終了は30分前
[アクセス]市バス100・206・208系統10分、「博物館三十三間堂前」下車すぐ、京阪「七条駅」より徒歩7分

あの仏像は京都にあった!【六波羅蜜寺】

六波羅蜜寺

あの有名な仏像「空也上人立像」

六波羅蜜寺には、日本史の教科書にも載っている「空也上人立像」が安置されています。

空也上人の口から6体の阿弥陀像が出ているのが特徴です。
教科書の写真で見るだけでは分かりにくいですが、実物は意外と小さいんですよ。

空也上人像のほかにも、国宝の十一面観音立像や重要文化財の平清盛坐像など、貴重な文化財が納められています。

詳細情報

[住所]京都市東山区五条通大和大路上ル東
[電話]075-561-6980
[拝観料]大人600円、高・中学生500円、子供400円(30名以上は団体割引)
[開門時間]8時~17時 年中無休、受付終了は30分前
[アクセス]市バス 206系統「清水道」下車、徒歩7分
京阪電車「清水五条」駅下車、徒歩7分 阪急電車「河原町」駅下車、徒歩15分

五重塔だけじゃない!【東寺】

立体曼荼羅

教王護国寺(東寺)は、京都のシンボルでもある五重塔があるお寺です。五重塔と並んで有名なのが「立体曼荼羅」です。
曼荼羅は普通は平面の絵画で描かれますが、立体曼荼羅は仏像を使って表現されているものです。
如来像5体、菩薩像5体、明王像5体、天部2体、四天王像4体の計21体が用いられる立体曼荼羅の光景は圧巻です。
曼荼羅の世界をリアルに体感出来る、仏像好きには見逃せないお寺ですよ。

詳細情報

[住所]601-8473 京都市南区九条町1番地
[電話]075-691-3325
[拝観料]大人500円、高・中学生400円、子供300円
[開門時間]5:00~17:00(金堂・講堂は8:30~17:00) 受付終了は30分前
[アクセス]近鉄京都線「東寺」駅下車、徒歩10分

紅葉だけじゃない!【禅林寺(永観堂)】

みかえり阿弥陀

阿弥陀様の慈悲が感じられる仏像「みかえり阿弥陀」

「もみじの永観堂」と呼ばれるほどの紅葉の名所として知られています。
紅葉だけではなく、永観堂には2つの国宝のほかにもたくさんの重要文化財が安置されています。
そのうちの1つが、「みかえり阿弥陀」とも呼ばれている「阿弥陀如来立像」です。

この仏像は左側を振り返っているのが特徴です。なぜ左を向いているのかには諸説ありますが、周囲を見つめる阿弥陀様の慈悲の心が伺えます。

詳細情報

[住所]京都市左京区永観堂町48
[電話]075-761-0007
[拝観料]大人600円、高・中・小学生400円(30名以上は団体割引)
[開門時間]午前9時~午後5時 受付終了は1時間前
[アクセス]市バス5系統「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分 市バス100系統で「東天王町」下車、徒歩8分
地下鉄東西線「蹴上」駅下車、徒歩15分

静寂に囲まれる【浄瑠璃寺(九体寺)】

浄瑠璃寺

浄瑠璃寺(じょうるりじ)は本堂に9体の阿弥陀如来像が安置されていることから、九体寺(くだいじ)とも呼ばれています。平安末期の三重塔と本堂が残されており、平安時代の趣が漂っています。

京都を中心に約30もの「九体阿弥陀堂」が建てられましたが、現存しているのは浄瑠璃寺のみです。黄金に輝く9体の阿弥陀如来像を目の前にすると、まるで極楽浄土に来たかのような気分に。

市街地から離れているお寺は静寂に包まれており、隠れた観光スポットとしておすすめです。

詳細情報

[住所]京都府木津川市加茂町西小札場40
[電話]0774-76-2390
[拝観料]300円
[開門時間]9:00~17:00(12月~2月は10:00~16:00
[アクセス]JR・近鉄奈良駅から急行バス 「浄瑠璃寺」下車すぐ
JR「加茂駅」からコミュニティバス当尾線「浄瑠璃寺前」下車すぐ

京都の仏像はいかがでしたか?

特におすすめの京都の仏像をご紹介しましたが、いかがでしょうか。
特徴的な仏像が多いので、お寺に慣れていないという方にとってもおすすめです。
京都観光の際にはぜひ、足を運んでみて下さいね。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「京都・仏像」に関連する記事

「京都・仏像」についてさらに知りたい方へ

国宝や重要文化財がたくさん!東京で仏像巡りに出かけようのサムネイル画像

国宝や重要文化財がたくさん!東京で仏像巡りに出かけよう

東京のお寺や博物館では、たくさんの仏像に出会うことができます。国宝や重要文化財に指定されている貴

京都の五重塔は4つある!場所を把握して上手に観光しよう!のサムネイル画像

京都の五重塔は4つある!場所を把握して上手に観光しよう!

京都の五重塔と言えば東寺を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。京都には合わせて4つの五重塔

須弥山で仏教を守護する四天王~甲冑の仏像群~のサムネイル画像

須弥山で仏教を守護する四天王~甲冑の仏像群~

いろんな分野で活躍して頭目をあらわしている人々を四天王と呼ぶことがあります。これは仏教の教えのな

仏像様の観る景色 ~奈良でおすすめの仏像とは~のサムネイル画像

仏像様の観る景色 ~奈良でおすすめの仏像とは~

奈良は仏像の宝庫で、いろいろな仏像を拝観できます。そんな奈良でおすすめの仏像を紹介させていただき

京都で座禅体験をしよう!自分と向き合う特別な旅行に!のサムネイル画像

京都で座禅体験をしよう!自分と向き合う特別な旅行に!

座禅って難しそう、厳しそう…というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。実は、京都には

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

関連する記事

「京都・仏像」についてさらに知りたい方へ

国宝や重要文化財がたくさん!東京で仏像巡りに出かけようのサムネイル画像

国宝や重要文化財がたくさん!東京で仏像巡りに出かけよう

京都の五重塔は4つある!場所を把握して上手に観光しよう!のサムネイル画像

京都の五重塔は4つある!場所を把握して上手に観光しよう!

須弥山で仏教を守護する四天王~甲冑の仏像群~のサムネイル画像

須弥山で仏教を守護する四天王~甲冑の仏像群~

仏像様の観る景色 ~奈良でおすすめの仏像とは~のサムネイル画像

仏像様の観る景色 ~奈良でおすすめの仏像とは~

京都で座禅体験をしよう!自分と向き合う特別な旅行に!のサムネイル画像

京都で座禅体験をしよう!自分と向き合う特別な旅行に!

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。のサムネイル画像

大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと