苦しみに溢れる世界?六道輪廻の思想についてご紹介します!

「六道輪廻」という言葉を聞いたことはあるけれど、その意味を詳しく知らないという方も多いかもしれません。この記事では、六道輪廻の思想について詳しくご紹介します。

目次

  1. 六道輪廻とは
  2. 六道一覧
  3. 仏教の目的は六道輪廻からの脱出
  4. 六道輪廻図を見てみよう!
  5. 六道思想の歴史
  6. いかがでしたか?

六道輪廻とは

六道輪廻は、仏教の考え方です。
「六道」は、6種類に分けられた苦しみの世界のことであり、天道(または天上道、天界道)、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道があります。
「輪廻」は死後に行く世界と考えられがちですが、仏教では心の状態のことを指します。つまり、苦しみが少ない状態であれば天道、心が苦しみで溢れていれば地獄道にいるという風に考えます。

地蔵さん

六道一覧

天道(てんどう、天上道、天界道)

天道には、人間より優れた「天人」が住んでいます。天人は寿命が長く、苦しみを感じることがほとんどありません。
しかし、煩悩から完全に脱却出来ているわけではなく、仏教と出会えないため解脱(輪廻から脱出し、悟りの世界へ行くこと)ができません。

人間道(にんげんどう)

人間道は、私たち人間が生きている世界です。
生病老死の四苦八苦があり苦しみに満ちた世界ですが、楽しみもあるとされています。
六道の中では唯一自力で仏教と出会える世界とされており、解脱して仏となり輪廻から解放されるという救いもあります。

修羅道(しゅらどう)

修羅道には、闘争的な神「阿修羅」が住んでいます。
その名の通り、争いが絶えず苦しみや怒りに溢れる世界です。また、欲望を抑えることができない世界ともされています。

畜生道(ちくしょうどう)

畜生道は牛や馬など畜生の世界です。弱肉強食の世界で互いに殺傷し続け合います。
また、人を蹴落としてでも自分が助かればいいというような利己的な世界でもあり、自力では仏教に出会うことができないため、救いが少ない世界と考えられています。

餓鬼道(がきどう)

「餓鬼」とは、食べ物を口に入れようとした途端に火に変わってしまい、飢えと乾きに苦しんでいるお腹のふくらんだ姿の鬼です。
他人を思いやらなかったために餓鬼になってしまったという例があります。
嫉妬、欲望の塊で満ちており、餓鬼道から抜け出すためにもっと無理をしてしまうという世界です。

地獄道(じごくどう)

地獄道は、さまざまな苦しみを受ける六道の中で最も苦しい世界です。また、地獄道は罪を償わせるための世界でもあります。

仏教の目的は六道輪廻からの脱出

六道輪廻の考え方は、人間道より優れている天道を目指すべきというものではありません。

私たちのいる人間道は苦しみも多いですが、仏教との出会いによって救いもあると考えられています。
仏教の最終目的は、天道を目指すのではなく、苦しみの六道輪廻から解き放たれ悟りの涅槃の世界への脱出(解脱)なのです。

六道輪廻図を見てみよう!

六道輪廻図とは

六道輪廻図(六道絵)の原型はインドで、一枚の絵で六道輪廻を表現したものです。
上の六道輪廻図のような形が多いですが、シンプルなものからリアルに描いたものまで、そのバリエーションはさまざまです。

六道輪廻図の見方

六道輪廻の円盤を持っているのは、死の神である羅刹(らせつ)です。
円環の外周には、苦しみから抜け出すための人の行いを示す十二因縁(じゅうにいんねん)が描かれています。
内側の6つに分かれた円環には、六道輪廻のそれぞれの世界が描かれています。
最も内側の円環には、善行によって天道に行く人の姿や悪行によって地獄に落ちる人間が描かれます。
中心の円にいるのは、輪廻の原因である貪(鳥)・瞋(蛇)・癡(豚)の三毒です。

六道輪廻図から分かること

円盤の外側には雲に乗って空に浮かぶ観音様が描かれていますね。
六道輪廻から抜け出すには中心の三毒を捨て、十二因縁を行う必要があるということを表しています。

また、六道のどの世界でも仏様が救って下さる図が描かれていることが多いです。
どんな世界の状態であっても、救いの希望を持つべきだということかもしれません。

六道思想の歴史

六道の考えの歴史は古く、仏教成立以前の古代インドの思想を起源としています。
初期仏教ではそれほど重要な思想ではありませんでしたが、後代になって六道輪廻の思想が体系化されていったと考えられています。

六道世界を救う「六地蔵像」

地蔵菩薩を6体並べられた六地蔵像をどこかでご覧になったという方も多いのではないでしょうか。
これはインド・中国の起源ではありませんが、11世紀頃の日本で祀られはじめました。

六道輪廻の思想に基づき、6人の神様がそれぞれの世界を救ってくれると考えられています。
全国各地に存在しており、墓地の入り口などに祀られていることも多いです。

観音信仰

観音菩薩によって六道から救われるという観音信仰もあります。
各6つの世界に応じる観音様がおり、六観音と呼ばれています。
天台宗と真言宗では人間道の観音様が異なっており、この二観音を合わせて七観音と呼ぶこともあります。

いかがでしたか?

六道輪廻の思想についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。
今一度、自分が六道のうちのどの世界にいるか、胸に手を当てて考えてみても良いかもしれません。
自分の状況を把握することは、今後の人生にとってより良いものとなります。そのために、六道輪廻の思想がきっと役に立つはずです。

「六道・輪廻」に関連する記事

「六道・輪廻」についてさらに知りたい方へ

  • お墓にお地蔵様があるのはどうして?観音様との違いなども解説!のサムネイル画像

    お墓にお地蔵様があるのはどうして?観音様との違いなども解説!

    道や辻の脇、寺院の中など私たちは小さい頃からお地蔵様を見かける機会を数多く持ってきました。このお地蔵様は実はお墓にもあるのですが、その理由を深く知る方はあまりいないのではないでしょうか?今回は、お墓のお地蔵様についてや観音様との違いについて見ていきましょう。

  • 仏教で四十九日の法要の意味とは?中陰壇のことまで詳しく解説!のサムネイル画像

    仏教で四十九日の法要の意味とは?中陰壇のことまで詳しく解説!

    人が亡くなると節目節目で法要を行います。仏教において、人が亡くなってからの四十九日間の意味は、次の世でどこに行くかが決まる大切な期間とされています。今回は、仏教における四十九日の法要の意味と、その期間に使われる中陰壇について詳しくご紹介します。

  • 仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介しますのサムネイル画像

    仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介します

    私たち日本人にとってお墓といえば、仏教式のものが一般的です。ただ、仏教のお墓に込められている意味について理解していない場合も少なくないといえます。普段あまり考えない仏教のお墓の意味について一緒に考える機会を持ってみませんか?

  • 仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説のサムネイル画像

    仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説

    仏教はインドから伝わりました。インドは輪廻転生を信じる国であり、この輪廻転生を断ち切るのが本来の仏教の目的でした。この死後観が、中国を経由して日本に伝わると、中国の道教思想を受けた日本特有の死後観が成立しました。今回は、日本特有の死後観を見ていきます。

  • インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?のサムネイル画像

    インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?

    日本で多くの方が信仰している仏教は、インドから伝わってきたことは有名ですよね。 ではインドではお葬式やお墓はどのようになっているかご存知でしょうか? 今回はインドのお墓についてや世界遺産であるタージマハルについて解説します。是非最後までご覧ください。

  • 世界のさまざまなお墓について調査しました!のサムネイル画像

    世界のさまざまなお墓について調査しました!

    海外のお墓と聞いて、頭の中に思い浮かべるのは、欧米の映画などで見られる芝生に広がる十字架だったり、プレートが置かれたお墓でしょうか?世界には我々の想像もつかないようなお墓が数多く存在しています。そんな世界のお墓についてご紹介します。

  • 【徹底比較】神社とお寺の違い、わかりやすく解説します!のサムネイル画像

    【徹底比較】神社とお寺の違い、わかりやすく解説します!

    日本人の生活や慣習に深く根付いた、神社とお寺。混合している部分もありますが、信仰神からお墓の違いなど、異なる点は多くあります。神社とお寺の違いを徹底解説します。

  • お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

    お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

    現代の日本では人が亡くなると、火葬を行い遺骨をお墓に納めることが一般的な風習となっています。ここではお墓の歴史や作る意味、宗教ごとで異なるお墓の意味合いなどの知っておきたい情報をまとめてご紹介していきます。

  • 本当に108もあるの?「煩悩」の数の不思議と意味を解説のサムネイル画像

    本当に108もあるの?「煩悩」の数の不思議と意味を解説

    煩悩とは仏教で悟りを妨げる悪い心とされています。その個数が108であることはご存じの方もあるかと思います。しかし、108ある煩悩の内容を知っている方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は気になる煩悩の数について調べてみました。

  • 日本とはちょっと違う?世界のお墓をご紹介!のサムネイル画像

    日本とはちょっと違う?世界のお墓をご紹介!

    お墓と聞いて思い浮かぶのは、お寺や霊園に並ぶ墓石でしょうか?世界には日本とは違った驚くようなお墓を見ることができます。アジアの国々からヨーロッパまで、世界のさまざまなお墓をご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「六道・輪廻」についてさらに知りたい方へ

お墓にお地蔵様があるのはどうして?観音様との違いなども解説!のサムネイル画像

お墓にお地蔵様があるのはどうして?観音様との違いなども解説!

仏教で四十九日の法要の意味とは?中陰壇のことまで詳しく解説!のサムネイル画像

仏教で四十九日の法要の意味とは?中陰壇のことまで詳しく解説!

仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介しますのサムネイル画像

仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介します

仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説のサムネイル画像

仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説

インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?のサムネイル画像

インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?

世界のさまざまなお墓について調査しました!のサムネイル画像

世界のさまざまなお墓について調査しました!

【徹底比較】神社とお寺の違い、わかりやすく解説します!のサムネイル画像

【徹底比較】神社とお寺の違い、わかりやすく解説します!

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

本当に108もあるの?「煩悩」の数の不思議と意味を解説のサムネイル画像

本当に108もあるの?「煩悩」の数の不思議と意味を解説

日本とはちょっと違う?世界のお墓をご紹介!のサムネイル画像

日本とはちょっと違う?世界のお墓をご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと