土偶と埴輪の違いをご存知ですか?写真付きでご紹介します!

古代の日本で作られていた土偶と埴輪、この2つの違いを写真付きで分かりやすくご説明します。実は、土偶と埴輪には明確な違いがあったんです。

目次

  1. 土偶(どぐう)とは
  2. 土偶の形を写真でチェック!
  3. 埴輪(はにわ)とは
  4. 埴輪の種類と意味
  5. 土偶と埴輪の違いまとめ
  6. いかがでしたか?

土偶(どぐう)とは

土偶は縄文時代(紀元前145世紀~紀元前10世紀)に作られた土製の焼き物です。
沖縄を除いた日本全国で約15,000点もの土偶が出土されています。出土は東日本が多く、西日本では稀です。
日本最古の土偶は、三重県・滋賀県で出土された縄文草創期のものがあり、弥生時代に入るとその数が減っていきます。

土偶の特徴

土偶は人間の形を模していますが、頭部・胴部・手足などが抽象的に作られています。
ほとんどの土偶が女性の形をしていますが、男性の土偶も数点出土されています。

土偶の意味

出土された土偶のほとんどが壊れており、しかも故意に破壊されています。
これには、身体の悪い部分を壊して治癒を願ったり、土偶を壊して自分の身を守護するといった意味が考えられます。

土偶ははるか昔に作られたため、その目的ははっきりとは分かっていませんが、豊穣の祈り、神様の像、生命の再生、護符、呪物、魔除け、子どもの玩具やお守りなど、さまざまな説が考えられています。

女性の土偶が多い理由

土偶のほとんどが女性の形をしており、特に女性の生殖機能を強調して作られているため、安産・多産の願いがこめられているとも考えられています。

土偶の形を写真でチェック!

一口に土偶と言っても、縄文時代はとても長い時代ですから初期・中期・後期によって形が変わっていきます。
ここでは、写真を見ながら土偶の形の変化を見てみましょう。

縄文時代初期の土偶

古墳

こちらの土偶は、滋賀県で出土された日本最古級の土偶です。
縄文時代初期の土偶は小形なものが多く、この土偶も切手ほどの大きさしかないということが分かりますね。

顔などの細かい部分は作り込まれていませんが、手足や胸が突起で表現されています。

縄文時代中期

昔

こちらは長野県で出土された土偶で、通称「縄文のビーナス」と呼ばれており、国宝にも登録されています。
縄文時代中期の土偶は、頭部と四肢がしっかりと作られており立体的になりました。また、表情が豊かな土偶も見られるようになりました。

こういった作られ方の大きな変化は、土偶が縄文時代に定着したことを示していると考えられます。

縄文時代後期

null

後期にはさまざまなユニークな形の土偶が作られました。
写真の土偶は「ハート型土偶」と言われています。このほかにも、関東から東北地方では山形土偶、ミミズク土偶、遮光器土偶、仮面を被った土偶などが大量に出土しています。

こうして土偶の変遷を見てみると、制作の技術がどんどん上がっているのだということが分かりますね。

埴輪(はにわ)とは

埴輪は、3世紀半ば~7世紀末頃の古墳時代に作られた素焼きの焼き物です。日本各地の古墳で出土しています。
古墳上やその周辺に置かれており、前方後円墳が作られなくなると埴輪も消失しました。
お墓の中に入れられているので、土偶と違って完全な形をしているものが多いです。

埴輪の種類と意味

埴輪には、円筒状の円筒埴輪と人や動物などを表現した形象埴輪があり、その種類によって意味が異なります。

それでは、その違いを写真を見ながら確認してみましょう。

円筒埴輪

お墓

中は空洞、円筒状の形をした埴輪

古墳時代の初頭から作られており見た目は土器のようで、イメージしていた埴輪と少し違うかもしれませんね。
円筒埴輪は古墳に並べられて、区画整理の役割を担っていたと考えられています。特に、円筒埴輪で囲われた部分は聖域だと考える説もあります。

形象埴輪

お墓

形象埴輪は、4世紀前葉に作られ始めました。形象埴輪には家形埴輪、器財埴輪、動物埴輪、人物埴輪の4種類があり、人間や馬・家財などを象っています。

こちらの埴輪は、主に古墳の埋葬品として使われていました。人物埴輪や動物埴輪は列になって並べられることが多く、葬儀の様子を表現していたり、古墳に葬られた人物の生前の祭政の様子などを表現していると考えられています。

形象埴輪からは、古墳時代の衣服や生活が推測できるため、重要な歴史資料になっています。

土偶と埴輪の違いまとめ

時代の違い

土偶と埴輪の違いの1つは、作られた時代の違いです。土偶は縄文時代に作られ、埴輪は古墳時代に作られました。
写真を見ると、土偶に比べて埴輪は細かい部分までしっかりと作られており、時代の違いが分かると思います。

目的の違い

土偶は意図的に壊されたものが多くその理由は定かではありませんが、なんらかの呪術的・祭事的な理由で作られたことが推測されます。
埴輪は古墳に納められ完全な状態をしているものが多く、偉大な人物を葬るための葬儀の道具として使われたと考えられています。

いかがでしたか?

どちらも古代の日本で作られたものですが、違いがお分かりになったかと思います。
こうして写真を見てみると、初期の土偶から古墳時代の埴輪に時代が進むにつれ、人の技術が高まっているということがよく分かりますね。

博物館で土偶と埴輪を見ることがあれば、その違いを確認してみて下さい。

「土偶・埴輪」に関連する記事

「土偶・埴輪」についてさらに知りたい方へ

  • 実は豊かだった?縄文時代の生活の知恵を探ります

    実は豊かだった?縄文時代の生活の知恵を探ります

    縄文時代は文化も発展していなかったので、生活も安定せず貧しかったと考える人が多いようです。しかし実は大きな間違い。実はかなり豊かだったようです。縄文時代の生活の知恵を探っていきたいと思います。

  • ルーツを探ろう。縄文時代の暮らしあれこれ。

    ルーツを探ろう。縄文時代の暮らしあれこれ。

    歴史の教科書でも最初に登場する縄文時代は、日本の歴史の始まりでもあります。縄文時代とはどのような時代だったのか。どんな暮らしぶりだったのか。縄文時代の文化や衣食住などを通して、縄文人の暮らしを探っていきます。

  • 古墳の種類はこんなにある!種類と意味を解説

    古墳の種類はこんなにある!種類と意味を解説

    日本各地に遺る古墳の数々。国内には、大きなものから小さなものまで16万基を超える古墳があるといわれています。その形・種類も様々。代表的なものから珍しい種類のものまで、様々な特色を持つ古墳をご紹介します。

  • 知っておくといい! 縄文時代を代表する遺跡まとめ

    知っておくといい! 縄文時代を代表する遺跡まとめ

    日本史の教科書には欠かせない縄文時代。この記事では縄文時代の遺跡の魅力や謎について紹介します。中には都市国家を形成した遺跡まであります。

  • 東京の古墳は700基以上!都心にも存在している!?

    東京の古墳は700基以上!都心にも存在している!?

    古墳は全国総数16万基以上、東京には2016年3月の時点で703の古墳が点在していることがわかっています。最近古墳に興味を持ち始めた方にとっては驚きの数字ですよね。今回は古墳について学びながら、東京に着目していくつか古墳を紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「土偶・埴輪」についてさらに知りたい方へ

実は豊かだった?縄文時代の生活の知恵を探りますのサムネイル画像

実は豊かだった?縄文時代の生活の知恵を探ります

ルーツを探ろう。縄文時代の暮らしあれこれ。のサムネイル画像

ルーツを探ろう。縄文時代の暮らしあれこれ。

古墳の種類はこんなにある!種類と意味を解説のサムネイル画像

古墳の種類はこんなにある!種類と意味を解説

知っておくといい! 縄文時代を代表する遺跡まとめのサムネイル画像

知っておくといい! 縄文時代を代表する遺跡まとめ

東京の古墳は700基以上!都心にも存在している!?のサムネイル画像

東京の古墳は700基以上!都心にも存在している!?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと