心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!

竹の内側からもれる淡い光。幻想的で、何だか心が洗われるような気がします。石や金属を使った灯籠より光がやわらかく、あたたかくて優しい気持ちになりますよね。そんな魅力的な竹灯籠についてご紹介します!

目次

  1. どれもステキです!竹灯籠が織りなす風景
  2. 生で見てみたい!竹灯籠まつり
  3. 追悼の思いを、竹灯籠に灯します。
  4. 竹とロウソクがあればOK!竹灯籠の作り方
  5. まとめ

どれもステキです!竹灯籠が織りなす風景

竹灯籠の魅力がたくさん詰まった写真を選んでみました。ひとくちに竹灯籠といっても、様々なタイプがあります。みなさんはどのタイプがお気に入りですか?

竹灯籠
竹灯籠

赤に黄色に青。カラフルな光が心を躍らせてくれます。このタイプは、竹の切り方によって光が四角になっているので見ていて楽しいですね!

竹灯籠

こちらは、竹にデザインが入っているタイプ。ロウソクの灯りが作る、きれいな模様が芸術的です。

生で見てみたい!竹灯籠まつり

竹灯籠が楽しめる各地のイベントをご紹介します。淡い光がつくる、幻想的な風景を見に足を運んでみませんか?

大分県

マダケの生産量1位の大分県。県内各地で「竹あかり」のイベントが行われます。

杵築の「城下町杵築観月祭」

毎年、中秋の名月の時期に合わせて行われます。その昔、お茶会やお月見に訪れたお客様のために、灯籠を灯して足元を照らしたのが始まりといわれています。
優しく照らすお月様と竹の灯籠。とてもすてきな組み合わせですね!

臼杵の「うすき竹宵」

臼杵は竹ぼんぼりの発祥の地です。古来から伝わる「般若姫」の伝説をもとに、般若姫行列をはじめ、さまざまなイベントが開かれます。

竹灯籠

竹田の「竹楽(ちくらく)」

竹田市には武家屋敷や古刹がたくさんあり、情緒ある風景を作り出しています。歴史を感じられる街並みと、竹灯籠とのコラボレーションを楽しむことができます。白壁に竹灯籠の光が揺れ、とても幻想的です。中でも観音寺十六羅漢は竹楽で1番の見所で、竹灯籠が石段の上へ上へと光を連ねる光景は、まるでかぐや姫が月へと帰る様子を思わせるほどです。

佐賀県

佐賀県小城市で紅葉の時期に行われる「清水竹灯り」がとてもキレイです。荘厳な清水の滝と紅葉のライトアップ、そして竹灯籠が織りなす風景は圧巻です。大自然の中で、竹灯籠を楽しんでみてはいかがですか?

竹灯籠

熊本県

熊本暮らし人まつり「みずあかり」。毎年秋に行われています。
「竹」「火」「水」「ろうそく」といった熊本の資源を生かした灯りのお祭りです。熊本城を中心に、2日間で約5万4千個のろうそくが灯ります。また、熊本城のそばを流れる坪井川での「浮き灯籠」も魅力的です。

竹灯籠

熊本の「みずあかり」は、2016年度「日本夜景遺産」の新規認定地に決定しました。
ロウソクには、水俣の櫨(はぜ)が用いられています。竹のぼんぼりに熊本の水源(地下水)を注ぎ、これに阿蘇山から採火した火を点します。熊本の自然が詰まったイベントなんですね。

追悼の思いを、竹灯籠に灯します。

阪神淡路大震災

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災。その震災の追悼にも、竹の灯籠が使われています。
2016年1月17日、神戸市中央区にある東遊園地。そこには、竹灯籠によって「1995」「光」「1・17」の文字が浮かび上がりました。
このたくさんの竹灯籠は、神戸市役所が準備したものではなく、『神戸・市民交流会』という市民団体のメンバー約10名が中心となって、準備から片付けまで運営されています。灯籠の数、1万2千本。御年70代の皆さんが20年もの間、毎年続けられています。

竹とロウソクがあればOK!竹灯籠の作り方

わざわざ見に行かなくても、自分の家や身近な場所で楽しみたい方、オリジナル作品を作ってみたい方、お待たせいたしました!作り方のご紹介です。

準備するもの

竹、ノコギリ、ロウソク。
たったこれだけのもので、ステキな灯籠ができるんです!もし、仕上がりをより美しくしたい場合は、竹専用のノコギリをおすすめします。一般的な木材用のノコギリを使うと、切り口が荒くなってしまいますが、竹専用のノコギリを使うと、切り口が滑らかでキレイに仕上がります。

さあ、竹を切りましょう!

竹と竹は近距離で生えているため、両側に刃のついたノコギリを使うと、切っている途中で隣の竹とぶつかってしまい、切りにくいかもしれません。片刃のタイプがおすすめです。
生えている竹を切り倒したら、次は下側から節ごとに切っていきます。作りたい灯籠の数だけ切りましょう!切り終わったら、上の切り口を斜めに切ります。あまり角度をつけすぎると、風よけが無くなってしまい火がすぐに消えてしまうので、45度を目安にすると丁度いいです。最後に節の下を平らに切って完成です!

まとめ

心がやすらぐ竹灯籠。少し肌寒い季節に、ご家族やお友達とのんびり眺められてはいかがでしょうか。ゆらゆらと温かい灯りが、きっと心をほっこりあたためてくれると思います。

「竹・灯籠」に関連する記事

「竹・灯籠」についてさらに知りたい方へ

  • 竹灯篭の美しさに魅せられるイベントに行こう

    竹灯篭の美しさに魅せられるイベントに行こう

    竹灯篭とは、竹に穴をあけ、ロウソクや電球の灯りをつける灯篭です。全国では、イルミネーションとして、和の美しさを魅せる竹灯篭祭りもあります。素敵な優しい光と、かぐや姫が出てきそうな幻想的な世界に訪れてみませんか?素敵な思い出作りにしてみてください。

  • お部屋に飾る花、竹の花瓶で生活に彩りを加えませんか?

    お部屋に飾る花、竹の花瓶で生活に彩りを加えませんか?

    竹の花瓶がは、和室だけではなく、洋室でもとても似合います。お花も、和の花だけではなく洋花も、とてもおしゃれに飾ることができます。竹の花瓶を利用したり、作ってみましょう。

  • 竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添って

    竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添って

    「竹取物語」のあらすじです。作られたのはおおよそ9世紀末から10世紀初頭にかけてとされ、作者不明、現存する最古の物語とされています。書籍や映像などで何度も取り上げられてきたこの「竹取物語」を今回はできるだけ原文に添った形でそのあらすじをご紹介したいと思います。

  • 初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!

    初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!

    水墨画とは墨だけで描かれた絵のことです。よく見かける水墨画では竹が描かれていることが多いかと思います。水墨画をやるにあたって竹は基本的な技術がつまっています。竹が上手に描けるようになる方法をご紹介するので是非挑戦してみてください。

  • かぐや姫の物語のあらすじや隠された意味・考察を紹介

    かぐや姫の物語のあらすじや隠された意味・考察を紹介

    かぐや姫の話は竹取物語からのもの。なぜかぐや姫は月に帰らなければならなかったのか、こどもの頃は気にもしていませんでしたが、調べてみるとそれ以外にも意外な物語があることが解りました。かぐや姫のイメージが変わるかもしれませんよ。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「竹・灯籠」についてさらに知りたい方へ

竹灯篭の美しさに魅せられるイベントに行こうのサムネイル画像

竹灯篭の美しさに魅せられるイベントに行こう

お部屋に飾る花、竹の花瓶で生活に彩りを加えませんか?のサムネイル画像

お部屋に飾る花、竹の花瓶で生活に彩りを加えませんか?

竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添ってのサムネイル画像

竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添って

初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!のサムネイル画像

初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!

かぐや姫の物語のあらすじや隠された意味・考察を紹介のサムネイル画像

かぐや姫の物語のあらすじや隠された意味・考察を紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと