卑弥呼の墓の有力候補地は奈良と福岡の2か所

江戸時代から続くといわれている邪馬台国論争。卑弥呼の墓というと箸墓古墳が有名ですが、九州説をとる人は卑弥呼の墓はどこだと考えているのでしょうか?卑弥呼の墓の比定地について調べてみました。

目次

  1. 卑弥呼の墓と邪馬台国論争
  2. 畿内説の卑弥呼の墓
  3. 九州説の卑弥呼の墓
  4. そのほかの卑弥呼の墓伝説
  5. 卑弥呼の墓のまとめ

卑弥呼の墓と邪馬台国論争

困った人々

邪馬台国の位置は、解明されていない歴史の謎の中でも最も大きなものではないでしょうか?論争は江戸時代から続き、主に畿内説と九州説に分かれますが、中には四国や関東と主張する人もいます。
なかなか論争が決着しない理由として、卑弥呼が生きた弥生時代には日本に文字がなく中国の歴史書『魏志倭人伝』の短い記述を参考にするしかないこと、「地元の遺跡が卑弥呼の墓であってほしい」という人々の願いが事実を見られなくしてしまうこと、宮内庁の管理下にある墳墓の発掘作業が制限されていることなどの要因も挙げられます。
この記事では、邪馬台国畿内説と邪馬台国九州説に分け、卑弥呼の墓の有力候補地を紹介します。

畿内説の卑弥呼の墓

畿内説の概要

畿内説は大阪や滋賀をあてる論者もいますが、「ヤマタイ」と「ヤマト」の読みが似ているため、大和国すなわち奈良県が邪馬台国の場所だと考える人が多いようです。そして、邪馬台国が後の大和朝廷になると考えます。
歴史書の記述との合致で見ると、『魏志倭人伝』の記述に合う条件として、卑弥呼の時代である弥生時代の終わりから古墳時代の初めにかけての古墳が畿内に多いこと、魏に贈られたとされる三角縁神獣鏡が出土していることが挙げられます。
そして、『日本書紀』には卑弥呼は神功皇后と同一の人物として描かれ、九州に大和朝廷とは別の王家があったとは考えにくいともいっています。ただ、『日本書紀』は飛鳥時代の天武・持統朝の書物ですし、神功皇后は史実として認められない伝説上の人物です。

纏向(まきむく)遺跡

畿内説の有力な候補地は、纏向遺跡で、卑弥呼の墓とされる古墳もあります。まだまだ十分な調査がされているとはいえせんが、弥生時代から古墳時代に移り変わる時代の遺跡で、一応、邪馬台国と時代が重なります。
中国との交易をうかがわせる出土品が少ないのが難点です。

箸墓(はしはか)古墳

卑弥呼が亡くなった3世紀半ば~後半に造られたとされる、纏向遺跡にある卑弥呼の墓の有力候補です。初期の古墳としては最大規模の前方後円墳です。

倭迹迹日百襲姫命=卑弥呼?

箸墓古墳は、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめ)の墓として宮内庁に陵墓指定され、発掘調査が思うように進んでいません。倭迹迹日百襲姫命は孝霊天皇の皇女で、箸墓古墳からも見える三輪山の大物主神(おおものぬしのかみ)の妻の1人ともいわれます。
「ヒミコ」=「ヒメミコ」と考え、卑弥呼は倭迹迹日百襲姫命のことだという人もいますが、この時代の皇族は伝説上のものだと考えるのが通説で、宮内庁が考える埋葬者は学者が調べた埋葬者と一致しないことが多いです。

九州説の卑弥呼の墓

困った人々

九州説の概要

九州説は畿内説より複雑で、邪馬台国と大和朝廷の関係や、九州のどの遺跡を邪馬台国のものとするかについて様々な考え方があります。
九州説の論拠は、『魏志倭人伝』の記述と方角が一致していること、距離についても一定の計算を経れば九州に到達すること、書かれた風習が遺跡から確認できることが挙げられます。

二王朝並立説と東遷説

九州説は、大和朝廷に対して邪馬台国をどのように位置づけるかに関して、二王朝並立説と東遷説に分けることができます。二王朝並立説は九州の邪馬台国とは無関係に力をつけた大和朝廷が畿内に誕生したと考え、東遷説は邪馬台国が何らかの理由で東の大和地方に拠点を移したと考えるものです。

平原(ひらばる)遺跡

福岡県の平原遺跡は邪馬台国とも伊都国ともいわれます。中国産の鏡が大量に出土していることから、この遺跡の1号墓を卑弥呼の墓とする論者もいます。

吉野ヶ里遺跡

佐賀県の遺跡で邪馬台国の候補地に挙げられることもありますが、現在は九州説の学者の間でも周辺の国の1つというのが通説です。

西都原(さいとばる)古墳群

宮崎の西都原遺跡の男狭穂塚(おさほづか)という古墳が卑弥呼の墓だとする見解がありますが、宮内庁の陵墓参考地になっており、発掘が進んでいません。因みに、宮内庁によると被葬候補者は天孫降臨でおなじみの瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)、お隣の女狭穂塚(めさほづか)の被葬候補者はその妻で富士山や桜にたとえられる木花開耶姫(このはなのさくやびめ)です。
神話と史実には区別をつけてほしいところですね。

宇佐神宮

大分の宇佐神宮(別名:宇佐八幡宮)の祭神「比売大神(ひめのおおかみ)」を卑弥呼とし、境内に墓があるという説があります。既に紹介した、宇佐神宮の祭神は応神天皇と神功皇后と比売大神ですから、神功皇后と卑弥呼の関係を信じる人に人気のある説です。ただ、史実に合わないだけでなく、神社側も比売大神は宗像三神を指すと示しています。

そのほかの卑弥呼の墓伝説

通説からは反れますが、畿内や九州以外にも卑弥呼の墓とされる遺跡があります。

八倉比売神社(やくらひめじんじゃ)

徳島の八倉比売神社の裏手にある磐座(いわくら)を卑弥呼の墓とする見解があるようです。

北陸や関東にも?

具体的な邪馬台国の遺跡や卑弥呼の墓の候補地の説は確認が取れませんでしたが、北陸や関東に卑弥呼の墓があると考える説もあるようです。

卑弥呼の墓のまとめ

お墓

いかがでしたか?
卑弥呼の墓として有力なのは、箸墓古墳と平原遺跡1号墓、男狭穂塚などがあります。
邪馬台国の位置や卑弥呼の墓が確定するときは来るのでしょうか。実は『魏志倭人伝』の記述を素直に読むと、邪馬台国は日本を遠く離れたパプアニューギニア方面の海上にあることになってしまいます。世紀の大発見がない限り、決着は難しいでしょう。
しかし、わからないからこそ惹かれるものがありますね。一通り卑弥呼の墓の候補地に足を運んでみたいものです。

「卑弥呼・墓」に関連する記事

「卑弥呼・墓」についてさらに知りたい方へ

  • 謎に包まれる卑弥呼には、どんな歴史があるのでしょうかのサムネイル画像

    謎に包まれる卑弥呼には、どんな歴史があるのでしょうか

    弥生時代の女王卑弥呼とはどんな人物だったのでしょうか。いろいろと謎に包まれていてその歴史や実態が明らかになっていません。神のお告げを聞き、邪馬台国の女王として、国を支えてきましたが、どんな人生を歩んだのでしょうか。卑弥呼の歴史をいろいろ辿ってご紹介いたします。

  • 謎多き日本の歴史を、誕生から時代ごとに解説します!のサムネイル画像

    謎多き日本の歴史を、誕生から時代ごとに解説します!

    日本が誕生してから様々な歴史がこの日本列島で起こり、未だに数多くの歴史が謎に包まれています。日々各地で論争が繰り広げられている今日。今回は様々な日本の歴史についてまとめていきます!

  • 宇佐神宮の謎!祭神がわからないなんてことある?のサムネイル画像

    宇佐神宮の謎!祭神がわからないなんてことある?

    宇佐神宮は全国の八幡宮や八幡神社の総本社で、朝廷や武家政権に代々信仰されてきました。その一方、宇佐神宮は独特の参拝作法でも有名で、そもそも祭神が誰なのかわからないという驚きの謎もあるんです。そんな、謎の多い宇佐神宮を紹介します。

  • 知っておくといい! 縄文時代を代表する遺跡まとめのサムネイル画像

    知っておくといい! 縄文時代を代表する遺跡まとめ

    日本史の教科書には欠かせない縄文時代。この記事では縄文時代の遺跡の魅力や謎について紹介します。中には都市国家を形成した遺跡まであります。

  • お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

    お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

    現代の日本では人が亡くなると、火葬を行い遺骨をお墓に納めることが一般的な風習となっています。ここではお墓の歴史や作る意味、宗教ごとで異なるお墓の意味合いなどの知っておきたい情報をまとめてご紹介していきます。

  • お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

    なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

  • お墓の起源って知ってますか?いつから、なぜ流行ったのかを解説!のサムネイル画像

    お墓の起源って知ってますか?いつから、なぜ流行ったのかを解説!

    お墓はいつからなぜ作られるようになったのでしょうか。お墓のマナーや風習などは知っていてもお墓の起源をご存知の方は少ないのではないでしょうか。ここではお墓の起源やなぜ作られるようになったのかを解説しています。お墓の起源を知りご自身のお墓作りの参考にしてください。

  • 東京の古墳は700基以上!都心にも存在している!?のサムネイル画像

    東京の古墳は700基以上!都心にも存在している!?

    古墳は全国総数16万基以上、東京には2016年3月の時点で703の古墳が点在していることがわかっています。最近古墳に興味を持ち始めた方にとっては驚きの数字ですよね。今回は古墳について学びながら、東京に着目していくつか古墳を紹介していきます。

  • 古墳の種類はこんなにある!種類と意味を解説のサムネイル画像

    古墳の種類はこんなにある!種類と意味を解説

    日本各地に遺る古墳の数々。国内には、大きなものから小さなものまで16万基を超える古墳があるといわれています。その形・種類も様々。代表的なものから珍しい種類のものまで、様々な特色を持つ古墳をご紹介します。

  • 古代を感じるお散歩にうってつけ~埼玉の古墳群~のサムネイル画像

    古代を感じるお散歩にうってつけ~埼玉の古墳群~

    古墳が複数密集する古墳群は全国にたくさんあります。埼玉にもそのような古墳群はたくさんあります。派手さは感じませんがお散歩しながら歴史に思いをはせるのも素敵だと思います。そもそも古墳とは何かを紐解きつつ、埼玉の古墳群をいくつか紹介しましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「卑弥呼・墓」についてさらに知りたい方へ

謎に包まれる卑弥呼には、どんな歴史があるのでしょうかのサムネイル画像

謎に包まれる卑弥呼には、どんな歴史があるのでしょうか

謎多き日本の歴史を、誕生から時代ごとに解説します!のサムネイル画像

謎多き日本の歴史を、誕生から時代ごとに解説します!

宇佐神宮の謎!祭神がわからないなんてことある?のサムネイル画像

宇佐神宮の謎!祭神がわからないなんてことある?

知っておくといい! 縄文時代を代表する遺跡まとめのサムネイル画像

知っておくといい! 縄文時代を代表する遺跡まとめ

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

お墓の起源って知ってますか?いつから、なぜ流行ったのかを解説!のサムネイル画像

お墓の起源って知ってますか?いつから、なぜ流行ったのかを解説!

東京の古墳は700基以上!都心にも存在している!?のサムネイル画像

東京の古墳は700基以上!都心にも存在している!?

古墳の種類はこんなにある!種類と意味を解説のサムネイル画像

古墳の種類はこんなにある!種類と意味を解説

古代を感じるお散歩にうってつけ~埼玉の古墳群~のサムネイル画像

古代を感じるお散歩にうってつけ~埼玉の古墳群~

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと