食べておいしい!手軽にできるうなぎ釣りのポイント

日本人の多くが大好きなうなぎですが、このうなぎは近くの川でも釣りを楽しめます。意外と思う人も多いかもしれませんが、手軽な仕掛けでもうなぎ釣りをすることができます。

目次

  1. うなぎは本当に釣れるの?
  2. 簡単な仕掛けで釣れる
  3. うなぎ釣りの時期
  4. うなぎが釣れる時間
  5. うなぎ釣りのポイント
  6. おわりに

うなぎは本当に釣れるの?

null

日本人は、うなぎをよく食べる国民です。世界で獲れるうなぎのうち、70%は日本で消費者れると言われるほど、日本人は多くのうなぎを食べています。そのため、最近ではこのうなぎの稚魚が激減していることが懸念されています。そんな中で、天然うなぎを釣ることが本当にできるのかと疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。しかし、日本の川では、意外にもこの天然うなぎが手軽に釣ることもできひそかなブームともなっています。

簡単な仕掛けで釣れる

釣り

広い川であれば、3~4メートル程度の竿が最適ですが、小さな川であれば1.5~2メートル程度の竿でも十分に使えます。必要な道具は竿とリール、オモリと針だけです。リールは100メートル程度が巻くことができるリール、6~10号程度のオモリ、うなぎ針は市販されています。このように特別な道具も必要なくうなぎ釣りが楽しめます。
暗くなる時間帯での釣りとなるため、竿先には鈴をつけることで、アタリがわかりやすくなります。

エサ

エサではミミズが定番で、釣り場の土を掘り起こし現地調達も可能です。河口付近では青イソメなども利用できます。その他では、磯ガニやテナガエビ、ザリガニなども使う人もいるようです。

お手軽な釣り方

ネット上にはお手軽なうなぎ釣りの方法を紹介しているサイトもあります。竿やリールを使わず、空のペットボトルに水を入れて、糸とオモリ、針を取り付けた仕掛けをペットボトルに巻き付け、あとは餌を付けて、川に投げ込むという方法です。水の入ったペットボトルが倒れたらうなぎかかかった状態です。これならいくつも仕掛けを作り、そのまま放置して、うなぎがかかるのを待つだけです。家の前が川という人なら、一度試してみてはいかがでしょうか。

うなぎ釣りの時期

うなぎ釣りの時期は、水温が上昇する4月から10月です。うなぎは水温が低下している状態では、ほとんど捕食することはありません。そのため、水温が暖かくなる時期が狙い目です。水温が低下していた時にはほとんど捕食していないため、水温が暖かくなる4月や5月はお腹を空かせているので食欲も旺盛です。

秋や冬でも釣れる?

水温が低下する秋や冬では食欲が低下するのですが、全く食べないというわけではありません。11月から3月の間でも釣れることもあるのですが、釣果はほとんど期待できず、おすすめできる時期ではないです。

うなぎが釣れる時間

うなぎは夜行性で明るいうちは岩陰などに隠れています。そして夜になればエサを捕まえるために活発に活動します。狙い目としては日没からの3~4時間です。うなぎ釣りでは日没からの釣りとなるため、仕事が終わった後でも手軽にできることでも人気があります。昼間は仕事をしたり、家族の時間を楽しみ、日没から数時間ほどうなぎ釣りを楽しむ人が多いようです。

うなぎ釣りのポイント

釣り

うなぎ釣りでは、釣るポイント選びが重要になります。基本的にどこの川でもうなぎがいる可能性があるのですが、やはりうなぎが釣れたと確認できる川ほど釣れる可能性は高いです。大きな川でなくても、田んぼ近くにある用水路などでもうなぎがいる可能性はあります。

うなぎ釣りをするのであれば、うなぎの餌となるエビや小魚が豊富な場所ほど有望です。うなぎはドジョウやオタマジャクシ、バッタなど多くの小動物をエサとします。こういった餌が豊富な川ほど、うなぎも生息している可能性が高く、高い釣果が期待できます。

うなぎ釣りでは、川の濁りにも注目しましょう。うなぎは川が濁っているほうがよく釣れ、前日に雨などが降った場合には特に狙い目です。うなぎ釣りがうまい人ほど、頻繁に釣りをするのではなく、川の状況を判断して可能性の高い時だけ釣りをしているようです。

東京のポイント

東京の川は、大きく利根川水系、多摩川水系、荒川水系、鶴見川水系に別けることができますが、どの川でもうなぎの釣果が確認されています。

神奈川のポイント

神奈川も、相模川や引地川、境川など、県内全域の川でうなぎは生息しているようですが、特におすすめなのが引地川です。ここでは12~4月にかけてシラスウナギ漁がおこなわれ、うなぎの成魚も多く生息していると考えられます。ただ、シラスウナギ漁では許可が必要で、しかもシラスウナギは激減していることもあり、この時期は警察も巡回をしていて、夜にうなぎ釣りをしていると声をかけられるかもしれません。

埼玉のポイント

埼玉の川でもうなぎが釣れたという情報は多くあり、特に入間川や荒川は人気があるようです。

注意点

うなぎ釣りは誰でも手軽にできるのですが、多くの川では遊漁券を購入する必要があります。特に看板などで注意表記されているところでは、遊漁券の購入もせず誰でも釣りができる場所ではありません。目的の川で遊漁券が必要かを確認し、ルールを守って楽しい釣りをしましょう。

おわりに

いかがでしたか?うなぎは日本人にとっては大好物の魚の一つで、子供から大人まで人気があります。次の土用の丑の日には、天然うなぎを釣って家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

「うなぎ・釣り」に関連する記事

「うなぎ・釣り」についてさらに知りたい方へ

  • うなぎ釣りの仕掛けや釣り場の情報などをご紹介!

    うなぎ釣りの仕掛けや釣り場の情報などをご紹介!

    天然うなぎを食べたことがない人も多いのではないでしょうか。この天然うなぎは身近にある川でも簡単な仕掛けで釣ることができます。うなぎ釣りの仕掛けや釣り場情報、注意点をご紹介します。

  • 手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    川釣りは淡水で手軽に楽しめる釣りです。釣れる魚はヤマメや、ナマズ、アユなど海ほどではないとはいえ、様々な魚を釣ることができますし、仕掛けもいろんな種類のものがあります。ここでは、川釣りの仕掛けの種類や糸の結び方などをお伝えします。

  • 大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

    大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

    岸からの釣りは手軽に楽しめるのですが、なかなか大物は釣れません。しかし、岸からでも釣り方によってシーバスが狙えます。ここではシーバスの釣り方について紹介します。

  • 夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

    夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

    多くの人が明るい時に釣りを楽しんでいますが、魚種によっては夜のほうがよく釣れることもあります。今まで夜釣りをしたことがない人に向けて、夜釣りの楽しみ方、準備をするものなどを紹介します。

  • カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

    カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

    カレイは代表的な食用魚です。釣りにおいても、防波堤や砂浜での投げ釣りで人気です。カレイ釣りの記事は既にいくつかありますので、今回はブラー釣りをご紹介します。ブラー釣りの仕掛けは簡単で、ルアーとほぼ同じ仕掛けで済んでしまいます。それでは紹介していきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「うなぎ・釣り」についてさらに知りたい方へ

うなぎ釣りの仕掛けや釣り場の情報などをご紹介!のサムネイル画像

うなぎ釣りの仕掛けや釣り場の情報などをご紹介!

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方のサムネイル画像

夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。のサムネイル画像

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと