家族葬の定義って?一般葬との違いやメリット・デメリットも紹介

葬儀の仕方が多様化してきています。その中で、最も注目を浴びているのが家族葬です。家族葬の定義とは、一体どんなものなのでしょうか。この記事では、家族葬の定義を中心に、メリットやデメリット、一般葬とどこが違うのかをあわせて解説していきます。

目次

  1. 家族葬の定義について
  2. 家族葬の定義とは?
  3. 家族葬を行うメリット・デメリット
  4. 家族葬への参列判断について
  5. 家族葬に参列する際のマナー
  6. 家族葬を取り入れた様々な葬儀
  7. 家族葬の定義についてまとめ

家族葬の定義について

葬儀

時代の変化と共に、葬儀の仕方も多様化してきています。
その中で特に人気が高く、広がりを見せているのが家族葬です。

家族葬にはどのような定義があるのでしょうか。
人数や葬儀の内容など、一般葬と何が違うのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬の定義について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 家族葬の定義とは?
  • 家族葬を行うメリットとデメリットについて
  • 家族葬への参列基準について
  • 家族葬に参列する際のマナー
  • 家族葬を取り入れた様々な葬儀

家族葬のメリットやデメリット、一般葬との違いについても併せて解説していきます。

話題の家族葬について詳しく知りたい方は、ぜひ知識を深めてください。
今回ご紹介する内容が、少しでも家族葬を検討されている皆さんのお力になれば幸いです。

ぜひ最後でお読みください。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬の定義とは?

葬儀

一般葬の流れやマナーは知っていても、家族葬の流れやマナーはよくわからないという方が多いのではないでしょうか。

そもそも家族葬とは、どんな定義がされた葬儀なのでしょうか。
一般葬と具体的にどのような違いがあるのかも気になります。

以下では、家族葬の定義を中心に、葬儀費用や流れに関して解説します。

家族葬に明確な定義はない

家族葬とは遺族、親族のみで行われる葬儀です。
参列者の数も、多くて30人程度までの小規模な葬儀であることが特徴です。

基本的には友人や知人は葬儀に参列してもらうことはありませんが、参列が絶対にできないというわけでもありません。
故人や遺族の希望があれば、血縁関係がなくても参列可能です。
その意味で、家族葬には明確な定義がないと言えます。

規模の小さな葬儀ですので、自由度が高い葬儀を行うことができることも家族葬の特徴です。

家族葬にかかる費用

葬儀には思いのほか、費用がかかるものです。
一般葬では平均約200万円程度の費用がかかります。

一般葬の費用の内訳は、以下の通りです。

  • ご遺体の搬送から火葬までの葬儀一式の費用 120万円
  • 会食などに必要な飲食接待費 30万円
  • 僧侶へ渡す戒名料やお布施など 50万円

家族葬は葬儀内容は一般葬と変わりはありませんが、規模が小さな葬儀になります。
そのため、葬儀一式の費用を抑えたり、会食を省略することも可能です。
家族葬の平均的な費用は115万円程度となっています。

家族葬の費用の内訳は以下の通りです。

  • ご遺体の搬送から火葬までの葬儀一式の費用 60万円
  • 会食などに必要な飲食接待費  0円〜5万円
  • 僧侶へ渡す戒名料やお布施など 50万円

ただし規模が小さくても祭壇のランクを上げたり、豪華な飲食をすれば、当然ながら費用はかかるので、一般葬との価格差はなくなります。

家族葬の葬儀の流れ

家族葬と一般葬は葬儀の規模こそ違うものの、葬儀の流れについては一般葬と違う点はほぼありません。

葬儀は通夜、葬儀・告別式と2日間に渡って行われますし、火葬や精進落しなどの方法やタイミングも一般葬も家族葬も同じです。
ただ、家族葬は友人や知人などは呼ばす、死亡通知を葬儀後に出す場合が多くなるため、葬儀後の弔問が増える可能性があります。

以下の記事では、家族葬の流れについて、家族葬の日程や葬儀の時間や費用と共に紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の流れって?家族葬の日程や葬儀の時間、かかる費用も紹介

近年、家族葬という言葉を耳にする機会も増えてきました。しかし家族葬について流れや費用など、よく知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は家族葬の詳しい内容や、日程ごとの具体的な流れを解説します。また、所要時間や費用についてもご紹介します。

家族葬を行うメリット・デメリット

困った人々

注目度が高い家族葬ですが、おすすめできる要素もあれば、一考する必要があるマイナス要素もあります。
家族葬を検討する際には、どちらも考慮する必要があります。

以下では、家族葬のメリットとデメリットを解説します。

家族葬を行うメリット

以下が、家族葬を行うメリットです。

  • 故人とお別れの時間がゆっくりと持てる

    身内のみで行う葬儀なので、参列者の対応に追われることもなく、時間に余裕を持ってお別れの時間を持つことができます。

  • 香典返しの負担が減る

    家族葬は香典を辞退することが一般的です。
    そのため、香典を辞退すれば香典返しをする必要もなくなります。

  • 葬儀費用を抑えることができる

    規模が小さな葬儀なので全般的に費用を抑えることが可能です。
    一般葬と比べると安価で葬儀を行えます。

  • 自由度が高い葬儀を行うことができる

    参列者が身内ばかりなので、一般的な葬儀では行わないようなアレンジを加えた、自由度が高い葬儀を行うことが可能です。

家族葬を行うデメリット

家族葬を行うデメリットは以下の通りです。

  • 家族葬であることの理解を得られない可能性がある

    身内の中でも、葬儀は一般葬が当然と思っている人がいます。
    特に宗教的なこだわりが強い人などは、家族葬を理解してくれない可能性があります。

  • 葬儀後に弔問の対応に追われる可能性がある

    葬儀に参列できなかった人が、葬儀後に弔問に来る場合があります。
    弔問客が多いとしばらくは対応に追われる可能性があります。

  • 総費用は安くついても、支払いが多くなることがある

    家族葬で香典を辞退すると、葬儀費に充てる収入となる部分がなくなります。
    香典返しは不要ですが、結果的に支出が多くなる可能性があります。

  • 家族葬だと知らせても参列に来る人がいる

    家族葬のため参列辞退を表明しても、参列してくる人がいる場合があります。
    不意の参列者が出てくると、結局は対応に追われてしまうことになります。
    家族葬の考え方自体が、まだあまり世間に浸透していないためだと考えられます。

家族葬への参列判断について

困った人々

知人が亡くなり、葬儀が家族葬で行われると知った時には、一般葬とは違うので自分は参列してもよいのかどうか迷ってしまいます。
家族葬は基本的に遺族・親族のみで行われますが、友人や知人も参列しても良い場合があるからです。

以下では、家族葬の参列判断について解説します。

案内が来ていないと参列できない

家族葬を行う場合、参列する人は限られているため、故人の友人や知人には基本的には葬儀案内は出しません。
通常は葬儀が無事に終了した後に、死亡通知として友人や知人には送られることになります。

そのため、葬儀案内が届いていれば参列をしても良いですが、葬儀のことを知っていても、届いていないのであれば参列は控えましょう。

また、家族葬のために会葬は辞退するといった旨が書かれている場合も参列してはいけません。
呼ばれていないのに参列しようとすることはマナー違反です。

案内に葬儀の詳細が書いてあるか

葬儀が家族葬で行われることを通知するために案内が送られてくることがあります。
案内に葬儀の場所や日時などの詳細が書かれたものが送られてきたのであれば、遺族はあなたの参列を希望していると理解しても構いません。

しかし、葬儀が行われる記載はあっても、場所も日時も記載がない場合は参列を辞退していることを意味します。
遺族に連絡を入れて、場所や日時を確認することは控えましょう。

喪主に確認する

家族葬は注目度が高くなったと言っても、まだ認知度は高いとは言えません。
仮に知人の葬儀が家族葬であると聞いても、どう対処すればよいのかわからないという場合も多いのではないかと考えられます。

上記2つの判断方法でも参列していいかわからない場合、喪主に確認を取りましょう。
参列してもよいのか、香典を持参してもよいのかなど、喪主としての意向を聞いてみましょう。
一番確実で安心な方法です。

家族葬に参列する際のマナー

葬儀

一般葬に関してのマナーは知っていても、家族葬についてのマナーは知らないという方も多いのではないでしょうか。
葬儀の流れ的には一般葬も家族葬も変わらないということでしたが、マナーにはどのような違いがあるのでしょうか。

以下では、家族葬に参列する際のマナーに関して解説します。

香典について

家族葬では香典は辞退されることが多いのが特徴です。
香典返しという、遺族の負担を減らすためです。

予め葬儀案内の際、香典辞退について連絡が入っている場合は香典を持参する必要はありません。
逆に香典を持参すると、マナー違反となるので注意をしましょう。

もしも、香典辞退に関しての連絡が入っていなかった場合は、香典を受け付けている可能性もあります。
念のために香典を持参して、どちらであっても対応できるようにしておきましょう。

服装

葬儀の服装は一般葬も家族葬も変わりはありません。
基本的には凖喪服を着用します。

男性はシングルもしくはダブルの黒色のスーツ、白のワイシャツ、ネクタイや靴下も黒色に統一します。
靴は黒色で金具がついていないものを選び、結婚指輪以外のアクセサリーは外しましょう。

女性は黒色のスーツやワンピース、アンサンブルを着用します。
肌はできるだけ露出しないようにします。

靴は黒色の低めのパンプスで、ストッキングなども黒色にします。
アクセサリーは結婚指輪と真珠の一連のネックレスのみOKです。

子供の服装は、制服があれば制服の着用が基本です。
制服がない場合は、スボンやスカート、ブレザーやセーターなどを着用しますが、黒色や紺色のものを選びましょう。
シャツやブラウスは白無地が基本です。

持ち物

家族葬への持ち物も、一般葬との違いはありません。
必ず忘れてはいけないものとしては、仏式の場合、数珠になります。

バッグについては、黒色で光沢のないものを持ちましょう。
ただし、革製品のバッグは殺生を連想させるのでNGです。

香典を持参する場合は、袱紗に包んで持参します。
袱紗の色は紺色や紫色などがおすすめです。
香典を袱紗に包まず、そのままバッグから出すのはマナー違反なので注意しましょう。

ハンカチを持つ場合は、白色か黒色の無地のものにしましょう。
派手なハンカチは葬儀に合いませんので注意しましょう。

家族葬を取り入れた様々な葬儀

葬儀

近年は、葬儀の仕方も多様化しています。
前述のように、家族葬は自由度が高い葬儀を行える特徴があります。
この特徴を取り入れて、身内を中心とした独特の葬儀を行うことも可能です。

以下では、家族葬を取り入れた色々な葬儀について解説します。

1日葬

一般的な葬儀は、通夜と葬儀・告別式を2日間に渡って行います。
1日葬は2日間かけて行われる葬儀を、通夜を行わず、葬儀・告別式と火葬まで1日で済ませてしまう葬儀の仕方です。

1日葬のメリットは、1日ですべてを終わらせることが可能なので、遺族の精神的負担の軽減や、飲食接待費や式場利用料などの経済的負担を軽減することができることです。
また、参列者についても交通費や宿泊費など、経済的な負担の軽減が可能なこともメリットになります。

一方デメリットは、故人とのお別れの時間が短くなることや、通夜がないので参列できない人が増え、葬儀後に弔問の対応が増えることが挙げられます。
さらに、菩提寺がある人は、お寺から一日葬に対して反対をされることもあるので、予め確認しておきましょう。

直葬

直葬とは、一般的な葬儀のように通夜や葬儀・告別式を行わず、逝去された場所から直接火葬場に行き火葬をする葬儀の仕方になります。
基本的に宗教的な儀式は行わず、近親の人たちのみで行われます。

直葬のメリットは、他の葬儀形式に比べて圧倒的に葬儀費用を抑えることができる点、遺族の精神的な負担も減らすことができる点です。
また、葬儀に要する時間が短いことや返礼品の準備が不要であることもメリットです。

デメリットに関しては、菩提寺がある人はお寺から反対され揉める可能性が高いという点と、近親者のみで行われる葬儀のために、葬儀後の弔問の対応が増える可能性があることになります。

無宗教葬

無宗教葬は文字通り、宗教儀式を一切行わない、自由な形で行える葬儀の仕方です。
自由葬とも言います。

音楽を流したり、動画や写真を見ながら葬儀を進行していくことも可能です。
故人ならではの、印象深い葬儀を行えるのが最大の特徴だと言えます。

無宗教葬のメリットは、自由度が高い演出を加えた故人らしい葬儀が可能であること、宗教儀式に対しての費用が不要であることなどが挙げられます。

一方デメリットは、菩提寺がある場合は納骨を断られる可能性が高いこと、親族をはじめ、周りの理解を得ることが難しいことが挙げられます。

以下の記事では、家族葬と1日葬の違いを、流れや費用、メリット・デメリットに関して解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

最近では参列者を親族と近親者に絞った家族葬が一般的になってきました。また家族葬では葬式で二日かかってしまい、遠来者に負担をかけてしまうことから1日葬という葬儀も提案されています。今回、家族葬と1日葬の違いや葬儀の流れやメリット・デメリットを解説いたします。

家族葬の定義についてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか?
家族葬の定義やメリットやデメリット、一般葬とどこが違うのかに関しておわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、家族葬の定義について以下のことを解説してきました。

  • 家族葬の明確な定義はなく、故人や遺族が希望すれば、身内以外の友人や知人が参列することも可能である。
  • 家族葬の流れは一般葬と変わりはないが、葬儀費用は平均115万円程度で行うことができる。
  • 家族葬のメリットは、自由度が高い葬儀を行え、故人とお別れの時間をゆっくり持つことが可能であること、葬儀費用や香典返しの負担を抑えられることである。
  • 家族葬のデメリットは、家族葬の理解を得られないことがあること、葬儀後の弔問の対応に追われること、支払いが大きくなる可能性があること、参列辞退をしても来てしまう人がいることなどである。。
  • 家族葬は、葬儀の案内が来ていなければ参列すべきではなく、案内が来ても葬儀の詳細が記載されていない場合は参列するべきではない。
  • 家族葬への参列判断ができない時は、喪主に確認するのが一番確実である。
  • 家族葬の参列の際のマナーは基本的に一般葬とほぼ同じだが、香典については辞退していれば持参してはいけない。
  • 家族葬の自由度の高さを取り入れた葬儀は、一日葬や直葬、無宗教葬などがある。

家族葬に関しては認知度は高まっていますが、まだどのような葬儀なのかしっかりと理解している人は少ないと言えます。

その要因として、家族葬に明確な定義がないことが考えられます。
それでも、高齢化社会や葬儀に対する考え方の変化に伴い、今後も家族葬は更に支持されていくくのではないでしょうか。

今回ご紹介した家族葬の定義についての記事が、家族葬のことを詳しく知りたい方々のお力になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

「家族葬・定義」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・定義」についてさらに知りたい方へ

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説のサムネイル画像

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説

密葬と家族葬の違いについて調査しました!のサムネイル画像

密葬と家族葬の違いについて調査しました!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

終活の定義って?終活の内容や行うべき理由を徹底解説します!のサムネイル画像

終活の定義って?終活の内容や行うべき理由を徹底解説します!

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介しますのサムネイル画像

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説しますのサムネイル画像

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬の弔電の断り方は?文例や対応についても徹底解説しますのサムネイル画像

家族葬の弔電の断り方は?文例や対応についても徹底解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「家族葬・定義」についてさらに知りたい方へ

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説のサムネイル画像

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説

密葬と家族葬の違いについて調査しました!のサムネイル画像

密葬と家族葬の違いについて調査しました!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

終活の定義って?終活の内容や行うべき理由を徹底解説します!のサムネイル画像

終活の定義って?終活の内容や行うべき理由を徹底解説します!

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介しますのサムネイル画像

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと