山歩きの服装は、普段着にちょっと足すだけで大丈夫!

のちのち本格的な登山をする予定があるなら別ですが、山歩きのために専門店で服装を一式そろえるのはもったいないです。しかし、山歩きといえども安全のために押さえるべきポイントがあります。この記事では、山歩きの服装について過不足なくそろえる方法を紹介します。

目次

  1. 山歩きと登山の違い
  2. 山歩きの服装は普段着で十分
  3. 山歩きでも靴にはこだわって
  4. 山歩きの服装小物
  5. 山歩きの服装のまとめ

山歩きと登山の違い

山歩き、トレッキング、ハイキング、登山など、様々ある山の行楽を指す言葉に、明確な定義はありません。しかし、多くの場合、登山は標高の高い山の登頂を目指して場合によっては雪山登山やキャンプ泊を伴うものをいいます。それに対し、山歩きやハイキングは無積雪の低山に登ることや、登頂せず山のふもとを歩くことをいう場合が多いです。
つまり、登頂の達成感を味わうことが目的の登山に対し、山歩きの目的は森林浴や紅葉狩、史跡探訪など別の目的を重視するものです。当然、難易度も下がり、服装や持ち物の選び方も登山とは異なります。
この記事では、山歩きの服装について紹介します。

山歩きの服装は普段着で十分

ハイキング

登山ではなく山歩きであれば、わざわざ専門店に行って、こういう登山ウエア一式をそろえる必要はありません。

普段着をすすめる理由

高山登山のための馴らしに山歩きをするのであれば、専門店で目標の山を伝えた上で服装や道具をそろえて行うのがおすすめですが、山歩きを始める人の中には「今後も登山するかわからない」、「山歩きで満足」と思っている人も多いです。
本格的な登山のための服装をそろえるには、安くても10万円はかかります。また、そういう服装は難易度の低いコースでは重くてかえって動きにくくなることも多いので、山歩きには普段着を基本に服装選びをするのをおすすめします。

服装の素材

普段着といっても、動きやすければ何を着てもいいわけではありません。汗は体力を奪い、体を冷やすため、山歩きでは汗を逃す服装、汗の乾きやすい服装が基本です。ここは登山と変わりありません。
具体的には綿やウールの天然素材は汗が乾きにくく、人工素材の服装は速乾性に優れています。下着やTシャツ・ズボンはポリエステル素材、アウターはナイロン素材がおすすめです。山歩き程度であれば、綿やウールは絶対駄目とはいいませんが、手持ちに人工素材を多く使った服があるならそれを着て行きましょう。

冬は着脱が楽な服装を

冬場、家を出たときは寒くても、山歩きをしていると汗ばんでくるものです。先ほどもお話しした通り、汗は大敵なので、暑くなってきたらすぐに脱げる服装が好ましいです。上は下着の上にTシャツ・ジャケット・ダウンを重ね、下は下着とズボンだけで寒いならタイツではなくレッグウォーマーなど外せるもので調節するのがおすすめです。

夏も長袖・長ズボン

夏は半袖・半ズボンを着たくなりますが、肌の露出は避けましょう。山ヒルが出るところもありますし、そうでなくても虫に刺されたり草で足を切ったりということを避けたいからです。女性は日焼けも気になりますよね。

山歩きでも靴にはこだわって

服は手持ちの服や一般的なカジュアルウエアで大丈夫ですが、場合によっては靴を新調した方が良い場合もあります。出かけるコースを事前に調べ、道は舗装されているか、滑りやすいぬかるみや岩場がないか確認してみましょう。

スニーカーで大丈夫な場合も

初心者の山歩きに人気の高尾山など、舗装されたコースのある山は一般的なスニーカーでも十分に歩けます。

登山靴

登山靴

底の薄いスニーカーは小石の多い山で傷みやすく、また、ぬかるみで浸水してしまうこともあります。さらに、岩盤の露出したところでは滑りやすいため、転倒防止のためにも、山歩きを継続的に行うなら、登山靴を持っておくと安心です。
足首が出るローカットは歩きやすく、足首を覆うハイカットは捻挫防止に優れています。
山歩きのしやすさは、標高や標高差などのわかりやすい指標だけでは計れないものがあります。目的地を決めるときには自分の靴で行けるかどうかも考慮に入れましょう。

山歩きの服装小物

山歩きを始めるにあたって、他に必要な小物を紹介します。少しずつそろえましょう。

リュック

けがをしないためにも山歩きは両手を空けて行うのが基本です。登山用のザックでなくても大丈夫ですが、リュックは必要です。
私も最初は旅行用のリュックで山歩きし、傷んで買い替えるときに登山用にしました。

レインウエア

初心者向けの山を晴れた日に登る分には必要ない場合もあります。しかし、本格的な登山に移行したい方や継続して山歩きをする方は用意しましょう。ポンチョやロングコートより上下に分かれるタイプが便利です。
雪山登山でないなら登山用品店の高価なものは必要ありません。ホームセンターで手に入ります。

トレッキングポール

null

若くて体力があれば絶対とはいいませんが、高齢の方や体力に自信のない方は持っておきましょう。伸縮してコンパクトに収納できるものが便利です。

帽子

落下物から身を守るためと日差しよけにも帽子が必要です。風で飛ばないように紐のついた登山用が便利ですが、最初はスポーツ用や園芸用、おしゃれ用で構いません。

軍手

手を使って登るとき以外に防寒にも使えます。山歩きなら軍手で十分です。リュックに入れておきましょう。

山歩きの服装のまとめ

山歩き

いかがでしたか?
山歩きと一口にいっても、標高差や道の整備状態、岩場の有無などで適する服装が変わってきます。基本的な山歩きの服装を紹介しましたので、行きたい山に難易度の高い個所がある場合や、長い距離を歩く場合は適宜プラスして山歩きに臨んでくださいね。参考になれば幸いです。

「山歩き・服装」に関連する記事

「山歩き・服装」についてさらに知りたい方へ

  • 行ってみたい山ベスト3!地域別人気の登山ランキングのサムネイル画像

    行ってみたい山ベスト3!地域別人気の登山ランキング

    退職後の趣味として大人気の登山。季節やルートによっても違う顔を持った山は、何度でも行きたくなるものです。そんな登山好きの方、必見!行ってみたい人気の山ランキングを地域別でご紹介します。ランキングでは、難易度も一緒にご紹介しますので、是非参考にして下さいね。

  • 一度は訪れたい神秘の山。三輪山登山の心得を教えます。のサムネイル画像

    一度は訪れたい神秘の山。三輪山登山の心得を教えます。

    三輪山は大物主神の鎮座する神聖な山とされ、古来より禁足の地でしたが、明治以降は、入山の心得を遵守すれば、誰でも登山可能となりました。三輪山登山は参拝が目的ですので、敬虔な気持ちで入山しなければなりません。

  • 法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

    法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

    法事に出席する際、服装について悩んだ経験はありませんか?大人のマナーとして失礼のない服装で出向きたいですよね。今回は女性・男性・子供たちの法事の服装について、気をつけるべき点など詳しくご紹介します。どうぞ最後までお付き合いください。

  • お葬式のマナー。夏の服装はどうしたらいい?のサムネイル画像

    お葬式のマナー。夏の服装はどうしたらいい?

    お葬式の服装は、どうしたらいいのか悩みます。特に、夏場。お葬式に夏だけど、半袖の服装はいいのかどうかまとめました。

  • お葬式の枕経の際、どんな服装を着たらいいの?持ち物は?のサムネイル画像

    お葬式の枕経の際、どんな服装を着たらいいの?持ち物は?

    みなさんは葬儀の際の枕経というものを聞いたことがありますか?おそらく現代では聞いたことのない方も少なくないと思います。そうなると枕経の際の服装についてはなおさらよくわからないという方も少なくないでしょう。今回は、枕経の際の服装に注目していきます。

  • 初彼岸の服装マナーを解説!アクセサリーや持ち物までご紹介しますのサムネイル画像

    初彼岸の服装マナーを解説!アクセサリーや持ち物までご紹介します

    初彼岸に特に形式的な決まりごとはありません。だからこそ服装やアクセサリー、持ち物などに何を用いたら良いか迷いますよね。今回の記事では、初彼岸の服装や靴、おすすめのアクセサリー、持ち物について解説します。最低限のマナーを知ったうえで大事な初彼岸を迎えましょう。

  • 身内だけの場合の四十九日の服装マナーについて徹底的に解説します!のサムネイル画像

    身内だけの場合の四十九日の服装マナーについて徹底的に解説します!

    身内だけで行われる四十九日の法要に、何を着ていけば良いのか迷ったことはありませんか。特に「平服で」と指定されたときには、喪服か、もっとカジュアルな服装か、どちらがふさわしいのでしょうか。ここでは、身内だけの四十九日にふさわしい服装について、詳しくお伝えします。

  • 7回忌の女性の服装について解説!小物や男性の服装についてもご紹介のサムネイル画像

    7回忌の女性の服装について解説!小物や男性の服装についてもご紹介

    7回忌の法要の際、女性はどのような服装で行くのが正しいのでしょう。 推奨されるのは喪服ではないこともあるんです。 この記事では7回忌に適した女性の服装について詳しく解説しながら、男性や子どもの服装についても解説していきます。 ぜひご参考にしてみてください。

  • 13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説のサムネイル画像

    13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説

    13回忌とは、逝去から長い年数が経っているので、身内だけで行うことが多い法事です。家族だけだからこそ、逆にどんな服装がふさわしいのか悩んでしまうこともありませんか?そこで、今回は13回忌の服装のマナーについて、男女別に解説していきたいと思います。

  • 納骨式の時の服装は?家族のみで納骨する場合は?のサムネイル画像

    納骨式の時の服装は?家族のみで納骨する場合は?

    納骨式を行うことになったけどどんな服装で行けばいいのか迷っている方もおられるでしょう。家族のみの納骨式だから普段着のような服装でもいいのかなあ?そこで納骨式の服装のマナーと家族のみの場合をご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「山歩き・服装」についてさらに知りたい方へ

行ってみたい山ベスト3!地域別人気の登山ランキングのサムネイル画像

行ってみたい山ベスト3!地域別人気の登山ランキング

一度は訪れたい神秘の山。三輪山登山の心得を教えます。のサムネイル画像

一度は訪れたい神秘の山。三輪山登山の心得を教えます。

神社参拝の服装マナーは?通常の参拝と昇殿祈祷では違う?のサムネイル画像

神社参拝の服装マナーは?通常の参拝と昇殿祈祷では違う?

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!のサムネイル画像

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!

お盆のお墓参りの服装はどうする?目立つ格好などは大丈夫?のサムネイル画像

お盆のお墓参りの服装はどうする?目立つ格好などは大丈夫?

お盆にはどんな服装をすればいいの?初盆の際の服装についてもご解説のサムネイル画像

お盆にはどんな服装をすればいいの?初盆の際の服装についてもご解説

夏に3回忌がある場合の服装はどうする?男女の服装や注意点も解説のサムネイル画像

夏に3回忌がある場合の服装はどうする?男女の服装や注意点も解説

地鎮祭(じちんさい)・由来・目的・儀式!地鎮祭での服装!!のサムネイル画像

地鎮祭(じちんさい)・由来・目的・儀式!地鎮祭での服装!!

60代同窓会での服装ってどうしたらいいの?おすすめの服装を紹介!のサムネイル画像

60代同窓会での服装ってどうしたらいいの?おすすめの服装を紹介!

なぜスカーフを巻いているの? 服装で理解するイスラム教のサムネイル画像

なぜスカーフを巻いているの? 服装で理解するイスラム教

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「山歩き・服装」についてさらに知りたい方へ

行ってみたい山ベスト3!地域別人気の登山ランキングのサムネイル画像

行ってみたい山ベスト3!地域別人気の登山ランキング

一度は訪れたい神秘の山。三輪山登山の心得を教えます。のサムネイル画像

一度は訪れたい神秘の山。三輪山登山の心得を教えます。

お食い初めには、正式な服装があるって本当?のサムネイル画像

お食い初めには、正式な服装があるって本当?

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!のサムネイル画像

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

お墓参りの服装はどうしたらいい?マナーや注意点などを解説!のサムネイル画像

お墓参りの服装はどうしたらいい?マナーや注意点などを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと