世界の葬儀方法に違いはある?献花と供花の違いについてもご紹介!

世界の国々では、様々な宗教が信仰されていますよね?国や宗教によって葬儀の方法は異なります。現代の日本では仏式の葬儀が主流ですが、世界の国々ではどのような葬儀が執り行われているのでしょうか?今回は世界の葬儀方法の違いについて紹介します。

目次

  1. 世界の葬儀方法について
  2. 葬儀の起源は?
  3. 世界の葬儀方法に違いはあるの?
  4. 葬儀の献花と供花はちがうの?
  5. 世界の葬儀方法についてのまとめ

世界の葬儀方法について

葬儀

日本では仏式の葬儀が主流となっていますが、世界には様々な宗教があり、葬儀の方法も多種多様です。
近年では日本に住む外国の方が増えており、また、日本人であっても世界各国に移住されている方が多くいらっしゃいます。

宗教によって葬儀の儀式はそれぞれ方法が異なるため、故人がどの宗教を信仰していたのかを確認することはとても大切なことです。
今回終活ねっとでは、世界の葬儀方法について詳しく紹介していきます。

  • 葬儀の起源とは?
  • 世界の葬儀方法に違いはあるの?
  • 葬儀の献花と供花の違いは?

以上の流れに沿って話を進めていきます。

世界の葬儀方法には、一般的な日本の葬儀方法と異なるものが多くあります。
様々な葬儀の方法だけでなく、普段耳にしている献花と供花の違いについても紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀の起源は?

困った人々

現代では当たり前のように行われている葬儀ですが、葬儀の起源とはどのようなものなのでしょうか?

葬儀の起源は、ネアンデルタール人の時代と言われ、今から4万年以上前と言われています。
イラク北部のシャニダール洞窟において、ネアンデルタール人の人骨と一緒に花粉が発見されており、この花粉は、死者を弔うために添えられた花であるとの解釈がされています。
これが葬儀の起源と言われています。

日本においては葬儀の90%以上が仏式で執り行われているため、仏式の葬儀の起源が日本においての葬儀の起源と言えます。
もともと仏教は釈迦の教えであることから、釈迦の葬儀などが現在の葬儀の起源となっていると言われています。

世界の葬儀方法に違いはあるの?

葬儀

現代の日本においては、葬儀のほとんどが仏式の葬儀です。
しかしながら世界には様々な宗教があり、国によってそれぞれ葬儀の方法も異なります。

ここでは、世界の葬儀方法の違いをみていきましょう。

韓国の葬儀方法

日本の隣りの国でもある韓国ですが、葬儀方法は日本と異なります。

三日葬が一般的

韓国の葬儀において、特徴的なものに三日葬(サミルチャン)が挙げられます。
日本の葬儀では、通夜と葬儀・告別式の2日間で執り行われるのが一般的ですが、三日葬とは、3日間かけて葬儀が執り行われます。

三日葬の流れとしては、まず1日目に故人が亡くなったことを知人や親戚などに連絡し、葬儀の準備を行います。
2日目に、ご遺族が喪服を着用して弔問客をお迎えします。
これは日本で言うところのお通夜に当たります。
3日目に、チェサと呼ばれる祭祀と告別式が執り行われ、出棺となります。
棺をお墓に納めてお供えをし、祭祀が行われた後に帰宅となります。
帰宅後には魂をお迎えするための祭祀を行い、これで3日目の葬儀が終了です。

更に三日葬の最後の締めくくりとして、葬儀が終了した3日後に故人のお墓にお供えをし、祭祀を執り行って全て終了となります。

韓国ではこの三日葬が葬儀の主流となるため、身内が亡くなった場合には3日間の忌引き休暇を取得することができます。

儒教思想が強い

儒教とは、孔子の思想に基づいた学問のことで、孔子の死後、弟子達によって広く広められました。
中国をはじめ東アジアの各国において強い影響力を持っており、韓国もまた儒教思想の強い国の一つです。

この儒教思想の影響から、韓国では土葬での埋葬を希望している方が多く、実際に数年前までは土葬での埋葬が主流となっていました。
現代では都市化などの時代背景もあり火葬が主流となっています。

日本も韓国と同様に火葬が主流ですが、韓国の葬儀では火葬後のご遺骨を拾うという儀式はありません。
故人のご遺骨は、火葬場の係の方が骨壷へと納骨しご遺族へと手渡されます。

アメリカの葬儀方法

アメリカでは故人が亡くなると、葬儀の場所や日程を掲載した死亡広告が出され、訃報が知らされます。
アメリカでの主な葬儀の流れは以下のようになります。

  • ご臨終

    日本では、電話やハガキによって訃報を知らせますが、アメリカではご遺族によって死亡広告が掲載されます。
    その死亡広告には、葬儀の場所や日程が掲載されています。

  • ビューイング

    日本では通夜に当たります。
    ビューイングは葬儀場で行われ、故人とのお別れやご遺族との話をする場となります。

  • ミサ

    日本の葬儀に当たり、ビューイングの翌日に行われます。
    教会や葬儀場で行われ、神父や牧師の話や聖歌斉唱などを行います。

  • 埋葬

    棺をリムジンカーに乗せて墓地まで移動し、神父や牧師の話を聞いた後に黙祷、埋葬となります。
    アメリカでは、墓地までの移動はパトカーが先導し、他の車は道を譲らなければなりません。

  • 会食

    埋葬後、教会や葬儀場に戻り会食が行われます。

ドイツの葬儀方法

ドイツ人の大半はキリスト教徒と言われていますが、キリスト教の中にもカトリック・プロテスタントなど様々な種類があり、最近の若い方の中には無宗教の方も多いようです。
そのため、訃報を受けた際には、故人がどの宗教を信仰されていたのかを確認する必要があります。

ドイツでの訃報は電話やメール・手紙などで行われますが、日本と異なり、故人が亡くなってから葬儀までの期間が長く、訃報を受けてから葬儀まで落ち着いて準備をすることが出来ます。
葬儀に出席する際の服装は、派手な色や露出の多い服などは避けた方が無難ですが、日本に比べてカジュアルな服装で葬儀に出席する方が多いようです。

また、キリスト教では土葬が主流となっていましたが、近年では火葬を選択する人も多くなっています。
しかしながら、ドイツで火葬を行う場合、日本よりも炉の温度が高くご遺骨は全て灰になってしまうようです。

葬儀の献花と供花はちがうの?

葬儀

葬儀の際にお供えする花には、献花(けんか)と供花(きょうか、くげ)があります。
葬儀の献花と供花の違いについて紹介します。

献花と供花の違い

献花とは、葬儀の際に参列者が一人一本ずつ祭壇にお供えする花のことを言います。
一般的にはキリスト教や無宗教の葬儀で行われ、仏式では焼香、神式では玉串奉奠(たまぐしほうてん)の儀式がこの献花に当たります。
基本的に献花は、参列者が故人への手向けとして贈る花になります。

一方、供花とは、葬儀の式場や祭壇に飾られる花のことを言います。
お悔やみの意を込めて送る生花で、多くは葬儀の際に祭壇の両側に飾られます。
かつては1対として2基の供花を送る習慣がありましたが、近年では1基のみを送ることも多くなっています。
供花には、贈り主である会社や個人の名前が書かれた札がついており、お悔やみの意を込める意味に加えて葬儀の式場や祭壇を装飾するという効果もあります。

献花で用いられる花の種類

献花は、基本的に式場の方で準備されており、参列者が準備をする必要はありません。
献花として用いられる花は、一般的に白いカーネーションや白い菊が用いられることが多いようです。
その理由として、白くて一輪咲の花であること、茎がしっかりしていること、花の持ちが良いことなどが挙げられます。
しかしながら、必ずしも白いカーネーションや白い菊を用いなければならないという決まりはなく、故人が生前好んでいた花や、白以外にもパステルカラーの色味の花などが用いられる場合もあります。

世界の葬儀方法についてのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、世界の葬儀方法について紹介をしてきました。

いかがでしたでしょうか?
今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀の起源はネアンデルタール人の時代と言われ、ネアンデルタール人の人骨と一緒に死者を弔うための花と思われる花粉が発見されたことが葬儀の起源と言われている。
  • 韓国の葬儀では、3日間かけて葬儀が執り行われる三日葬(サミルチャン)が主流となっている。
    また、韓国は儒教思想の強い国であり、数年前までは土葬が主流となっていたが、近年では都市化などの時代背景もあり火葬が主流となっている。
    しかしながら、火葬後のご遺骨をご遺族が拾うという儀式はない。
  • アメリカでは、死亡広告によって訃報が知らされ、葬儀の場所や日程が掲載される。
    日本における通夜をビューイング、葬儀をミサと言う。
  • ドイツでは、キリスト教徒だけでなく無宗教の方も多いため、訃報を受けた際には故人が信仰していた宗教を確認する必要がある。
    訃報は電話やメールなどで知らされ、故人が亡くなってから葬儀までの期間が長い。
    葬儀に参列する場合、日本に比べ服装はカジュアルな方が多い。
  • 献花とは、葬儀の際に参列者が一人一本ずつ祭壇にお供えされる花のことで、一般的には白いカーネーションや菊が献花として用いられる。
    供花とは、葬儀の式場や祭壇に飾られる花のことを言う。

国や宗教によっては、葬儀の方法だけでなく訃報の知らせ方なども異なります。
そのため、外国などでは少々戸惑ってしまうこともあるでしょう。

現代では、日本でも様々な宗教が信仰されています。
葬儀に参列する際には、故人がどの宗教を信仰していたのかきちんと事前に確認をし、故人にとってもご遺族にとっても失礼のないように心がける必要があります。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数掲載しています。
ぜひこちらの記事も合わせてご覧ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・方法」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

    突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

    葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

    葬儀後にやらなければならない5つの手続き

    お葬式が終わっても、残されたご家族にはたくさんのやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかり行うことで、数十万円以上ものお金を手にできるという場合もあります。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • みんなどうしてる?無宗教は?知らないと困る納骨の方法!のサムネイル画像

    みんなどうしてる?無宗教は?知らないと困る納骨の方法!

    身近な人が亡くなった時って、慣れないことばかりで戸惑ってしまいますよね。特に、無宗教の家庭も増え、墓地や菩提寺が無いという家庭も珍しくありません。亡くなって納骨までの方法、無宗教の場合の一般的な納骨方法までまとめてみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・方法」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

葬儀後にやらなければならない5つの手続き

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

みんなどうしてる?無宗教は?知らないと困る納骨の方法!のサムネイル画像

みんなどうしてる?無宗教は?知らないと困る納骨の方法!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・方法」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと