香典返しに果物を贈るのはあり?メリット・デメリットやマナーを解説

香典返しの品物として果物を贈ろうとお考えの方もいらっしゃると思います。果物を香典返しとして贈るのはありなのでしょうか?そこで今回終活ねっとでは、香典返しに果物を贈るメリットとデメリットを解説したうえで、香典返しのマナーについてもご紹介いたします。

目次

  1. 香典返しの果物について
  2. 香典返しに果物を贈るメリット
  3. 香典返しに果物を贈るデメリット
  4. 果物以外におすすめの香典返し
  5. 香典返しのマナー
  6. 香典返しの果物についてのまとめ

香典返しの果物について

仏壇

香典返しの品物として果物を贈りたいと考える方もいらっしゃると思います。
果物を香典返しとして贈るのは果たしてありなのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、香典返しの果物について、以下の点を中心にご紹介していきます。

  • 香典返しに果物を贈るメリットとは?
  • 香典返しに果物を贈るデメリットとは?
  • 果物以外におすすめの香典返し
  • 香典返しのマナーについて

香典返しに果物を贈ろうかどうか迷っている方・香典返しについて詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

香典返しに果物を贈るメリット

仏壇

まずは、香典返しに果物を贈るメリットについてご紹介します。

老若男女が楽しめる

果物は美味しいから好きという方が多いのではないでしょうか?
特にその季節の旬の果物は、味も美味しく見た目にも美しいため、贈った相手に喜んでもらうことができます。

また、果物はお年寄りから小さなお子さんまで、みんなで食べることができる食べ物です。
人によっては好き嫌いがあるかもしれませんが、果物全般がダメという人はまずいないはずです。

老若男女が楽しめるという点は、果物を贈る際の大きなメリットといえます。

高級感もある果物ギフトは、贈る側としても失敗が少ない香典返しの品としておすすめです。

小分けすることができる

特定の1人に香典返しとして贈った果物でも、贈られた方が家族などと一緒に分け合って食べることができる点は、香典返しに果物を贈るメリットといえます。

もちろん果物以外でも分け合うことは可能ですが、例えばそれがコーヒーだった場合、小さいお子さんは飲めませんし、おせんべいだった場合に歯の弱いお年寄りは食べることができません。

しかし、果物であればみんなで楽しむことができます。
贈られた相手の方だけでなく、そのご家族にまで喜んでもらえる果物は、香典返しとしておすすめの品物といえます。

香典返しに果物を贈るデメリット

葬儀

香典返しの品物としておすすめの果物ですが、デメリットもあります。
香典返しに果物を贈るデメリットについてもご紹介しておきましょう。

品質にばらつきがある

果物は生ものであるため、あまり日持ちしません。
種類によって、美味しく食べることができる期間も異なります。

香典返しに選んだ果物によっては、贈り先に到着する頃に食べ頃をむかえるものもあれば、そうでないものもあり、果物は種類によって熟成のスピードが違うのです。
そのようなことから、果物には品質にばらつきがあることがデメリットと言えます。

また、相手の方がすぐに召し上がるとも限りませんので、そのようなケースも考える必要があります。
そのため、香典返しに果物を贈る際は、できるだけ日持ちの良い果物を選ぶ方がよいでしょう。

アレルギーを持つ人がいる

お年寄りから小さなお子さんまで、みんなで楽しめる果物ですが、中にはアレルギーを持つ方もいらっしゃいます。

1種類の果物だけを贈った場合、もしその果物にアレルギーがあったとしたら食べてもらうことができません。
その点は、香典返しに果物を贈るデメリットと言えます。

そのような事態を避けるためには、色々な種類の果物がセットになったギフトを贈る方が良いでしょう。

果物以外におすすめの香典返し

葬儀

香典返しの品物として、果物以外のものもおすすめです。
ここでは、果物以外におすすめの香典返しを詳しくご紹介します。

カタログギフト

香典返しの品物として、最近人気が高いカタログギフトです。
贈られた方が自由に好きな物を選ぶことができるため、相手の方にも喜ばれる香典返しとなっています。

カタログの設定金額が選べるので、いただいた香典の金額にあわせて贈ることができます。
さまざまな種類の商品が掲載されており、贈る側としても何を選べばいいのかと頭を悩ます必要がない点もメリットです。

カタログギフトでならば、香典返しとしてタブーとされている肉や魚・お酒なども贈ることが可能です。
また、先にあげた果物を贈ることもできます。

カタログギフトでなら、相手の方の好きなタイミングで果物をお届けできるため、果物の日持ちなどが気になる場合には、カタログギフトとして贈るのもいいでしょう。

お茶やお菓子

香典返しは不祝儀であることから「不幸を後に残さない」という意味で、すぐに無くなる「消え物」が良いといわれています。

そのため、飲んで無くなるお茶は、昔から香典返しとして親しまれてきました。
お茶といえば日本茶が主流でしたが、時代の流れに伴い最近ではコーヒーや紅茶などを贈る方も増えています。

日本茶以外のコーヒーや紅茶などを贈っても、もちろん失礼には当たりません。

お菓子も食べてなくなる消え物であるため、香典返しとして適しています。
小分けになっている洋菓子やおせんべいなどは日持ちもしますし、分ける事ができるのでおすすめです。

お茶もお菓子も様々な価格帯があり、万人受けすることから人気の香典返しとなっています。

タオルや洗剤

日用品である洗剤も「消え物」であることから、香典返しとしておすすめです。
洗剤は毎日使うものなので、贈られた相手の方も貰って困らない品物です。
洗剤は不幸を洗い流すという意味を含むことから、香典返しの定番となっています。

タオルも香典返しとしておすすめです。
タオルは使っても後に残るものですが、日常的に使用するため消耗が早い品物です。
そのため、消え物と解釈し香典返しにもよく贈られています。

そのほか、タオルには「不幸を拭い去る」という意味もあります。
香典返しとして贈る際には、白や落ち着いた色合いのタオルを贈るのが良いでしょう。

香典返しのマナー

葬儀

のし・表書きの書き方や、お礼状・挨拶状など香典返しのマナーについてご紹介しておきましょう。
香典返しを贈る時期についてもご説明します。

のし・表書き

香典返しの品物には、結び切りの水引きのみが印刷された掛け紙をつけて贈ります。
水引は白黒の結び切りを使用し、表書きには「志」と書くのが一般的です。

宗教や地域によっては「満中陰志」「偲び草」と書く場合もありますが、「志」はどの宗教でも使えますので、迷った場合は「志」と書いておくとよいでしょう。

また、水引の下には「苗字」や「○○家」などと書くようにします。

以下の記事では、香典返し熨斗(のし)や表書きの書き方について更に詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

お礼状・挨拶状

香典返しを郵送で贈る場合には、お礼状・挨拶状を添えて贈るのがマナーです。
お礼状では、葬儀・法要が無事に終わったことを報告するとともに、感謝の気持ちをお伝えしましょう。

一般的には、香典返しの品物と一緒に贈るのが良いとされていますが、先にお礼状を送ったあとで香典返しを贈る形をとっても問題はないようです。

以下の記事では、香典返しに添える挨拶状につてい更に詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説します

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

贈る時期

香典返しを贈る時期として望ましいのは、葬儀が終わり四十九日法要の当日から1カ月以内とされています。

しかし、時代の流れとともに習慣も変化してきており、最近では葬儀の当日に即日返しをするケースも多いようです。

その場合は、とりあえず一律の金額の香典返しを用意しておき、高額の香典をいただいた方にのみ、後日いただいた金額に見合ったお返しをする形が取られています。

以下の記事では、香典返しを贈る時期について、宗教や地方ごとに詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

葬儀などで香典をいただいた場合は、包んでくれた方に対して感謝の気持ちを込めて香典返しをする必要があります。香典返しといえば適切な時期が問題となりますが、実は宗教や地方によってさまざまです。そこで今回は香典返しの適切な時期を宗教や地方ごとに解説していきます。

香典返しの果物についてのまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、香典返しの果物について詳しく解説してきました。

記事をまとめると以下のようになります。

  • 果物の香典返しは、お年寄りから小さなお子さんまで、全ての年代で楽しむことができるのがメリットである。
  • 好き嫌いはあるにせよ、果物全般がダメな人はまずいないため、家族で分け合って食べることができる点も香典返しに果物を贈るメリットといえる。
  • 果物は生ものであるため、日持ちがしないもの。
    香典返しに果物を贈る際には、相手の方がすぐに召し上がらないケースも考え、できるだけ日持ちする果物を選ぶのがよい。
  • お年寄りから小さなお子さんまで楽しめる果物だが、中にはアレルギーを持つ方もいる。
    そのため、香典返しに果物を贈る際には、様々な種類の果物がセットになったギフトを贈る方がよい。

香典返しに果物を贈る際のメリットとデメリットをご紹介しました。
香典返しに果物を贈ろうかどうか迷っている方・香典返しについて詳しく知りたい方の参考になれば幸いです。

終活ねっとではこの他にも、香典返しに関する記事を多数ご用意しております。
以下の記事では、香典返しを郵送する際のマナーについて詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しは、お通夜や葬儀で香典をいただいた方にお礼として贈る品物のことです。最近では、香典返しを郵送される方が多くなっています。そこで、香典返しを郵送する時のマナーや贈る時期について解説します。また、香典返しにどのような品物が多いのかについてもご紹介します。

「香典返し・果物」に関連する記事

  • 香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

    香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

    ご遺族の負担を減らしたい、香典返しが不要な場合、香典返しを辞退するにはどうすればよいのでしょうか?また、香典返しが不要な方にはどのように対応すべきなのでしょうか?香典返しを辞退する方法、ご辞退された方への対応をご紹介します。

  • 香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

    香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

    香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

  • 香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

    香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

    香典返しは本来四十九日終了後、無事に法要が終わったという報告を兼ねて送るお礼の品のことです。しかし最近ではできるだけ早くお返しを済ませたいという考えから、葬儀当日に香典返しを渡すことがあります。当日、香典返しを渡すメリットやマナーをご紹介します。

  • 香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

    香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

    香典返しを贈るなら相手に喜ばれるものが良いですよね。しかし、品物を選んでいるうちにタブーとされるものは何か、そんな疑問が出てくると思います。今回は、おすすめの香典返しとタブーとされている香典返しの品物について詳しく解説します!是非最後までお読みください。

  • 香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

    香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

    香典返しは、お通夜や葬儀で香典をいただいた方にお礼として贈る品物のことです。最近では、香典返しを郵送される方が多くなっています。そこで、香典返しを郵送する時のマナーや贈る時期について解説します。また、香典返しにどのような品物が多いのかについてもご紹介します。

  • 香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介のサムネイル画像

    香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

    香典返しに何を贈るべきなのか悩んでしまうという方も多いですよね。それでは、香典返しとして商品券を贈ることは大丈夫なのでしょうか?今回は、香典返しとして商品券を贈ることの可否や、香典返しの基本的なマナーについて紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

    香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

    香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

    キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

    日本ではまだまだ少数派のキリスト教ですが、最近では少しずつキリスト教式でお葬式を行う方が増えてきています。でも、信者でないと戸惑うことは多いですよね。キリスト教の香典返しや作法ってあるのでしょうか?仏教の香典返しとの違いは?そんな疑問を解決します。

  • 香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!のサムネイル画像

    香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

    葬儀などで香典をいただいた場合は、包んでくれた方に対して感謝の気持ちを込めて香典返しをする必要があります。香典返しといえば適切な時期が問題となりますが、実は宗教や地方によってさまざまです。そこで今回は香典返しの適切な時期を宗教や地方ごとに解説していきます。

  • 四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

    四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

    四十九日の法要後に香典返しをお贈りするのが一般的ですね。そこには挨拶状を添えてあると尚良いものです。そこで今回は四十九日法要後にお贈りする香典返しにつける挨拶状の書き方やマナー、例文について解説させていただきたいと思います。最適な香典返しもご紹介いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典返し・果物」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介のサムネイル画像

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!のサムネイル画像

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「香典返し・果物」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと