香典返しに紅茶を選ぶメリットは?おすすめの品物や金額相場をご紹介

香典返しの品物でお茶やコーヒーを選ぶ方は多くいますが、実は紅茶も人気があります。定番のものではなく、センスの良い品物を探している方に紅茶は最適です。では、どのようなメリットがあるのでしょうか?今回は、香典返しに紅茶を選ぶメリットについて解説していきます。

目次

  1. 香典返しの紅茶について
  2. 香典返しとは
  3. 香典返しに紅茶を選ぶメリット
  4. 香典返しにおすすめの紅茶
  5. 紅茶以外で香典返しにおすすめの品物
  6. 香典返しのマナー
  7. 香典返しの紅茶についてのまとめ

香典返しの紅茶について

葬儀

香典返しの定番の品物といったらなにが思い浮かびますか?

タオルやお茶、コーヒーなどそれぞれに選ばれている理由がありますが、他の香典返しとは少し違うものを選びたいと思いませんか?

香典返しの品を調べてみても、どれもピンとこない、オリジナルなものにしたいとお考えの方には、実は紅茶がおすすめです。

今回終活ねっとでは、香典返しに紅茶を選ぶメリットについて解説していきます。
香典返しにぴったりなおすすめの紅茶や、香典返しの金額相場まで詳しくご紹介していきたいと思います。

  • 香典返しとは?
  • 香典返しに紅茶を選ぶメリットは?
  • 香典返しにおすすめの紅茶についてご紹介
  • 紅茶以外で香典返しにおすすめの品物は何?
  • 香典返しのマナーについて

主に以上の項目を軸に解説していきます。
香典返しの品物に迷っている方や、どのようなブランドの紅茶にしたら良いのかとお悩みの方はぜひ参考にしていただきたいと思います。

また、後半では紅茶以外の香典返しの品物についてもご紹介していきます。
ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

香典返しとは

葬儀

香典返しとは、故人に代わって行うもので香典をいただいた方々へお礼としてお渡しするものです。

またお悔やみをいただいた方々への感謝の気持ちと、弔事が無事に終わったことを伝えるためのものでもあります。

そこで注意しておきたいのは、香典返しはただ贈れば良いというものではないという点です。
なぜなら香典返しには、さまざまな作法があるからです。

例えば香典返しの品物には、すぐに無くなる、消えものと呼ばれるものを選ぶという習わしがあります。
それは、葬儀のようなお悔やみ事は無くなってほしいという意味合いがあるためです。

このように作法にはそれぞれの意味があり、決して無視してはならないものです。
香典返しは故人から贈られる最期の品物ですので、マナーを守って最後にふさわしい素敵な贈り物をしましょう。

香典返しのマナーについては、のちほど解説していきます。

香典返しに紅茶を選ぶメリット

葬儀

香典返しの品物で選ばれているものは実用的なものです。

多くの人に喜ばれるものを、と考えると、大抵の方は実用的なものを選ぶ傾向にあるようです。
食料品ではお菓子や飲料がよく選ばれており、日用品であればタオルやハンカチが定番になります。

その他に実用的で多くの人に親しまれているものが紅茶になります。
紅茶というとダージリンが有名ですが、中にはお花が入っているものやアロマ効果の高い紅茶も最近では売られています。

さまざまな種類があるため、好みに合ったものを選べるところもメリットのひとつでしょう。

また同じく飲料関係であれば、日本茶やコーヒーもよく選ばれる品物ですが、味のバリエーションが少ないことが欠点です。

これらのことから紅茶が選ばれているようですが、その他にも多くのメリットがあります。
以下で詳しくご紹介していきましょう。

日持ちする

保存がきくのも、香典返しに紅茶が選ばれている理由です。

紅茶は賞味期限が長いというイメージがありますが、実際どの程度長いのかご存知ですか?
実は紅茶の賞味期限は、通常2年から5年程度に設定されています。

そのため、あまり飲まないご家庭であってもよっぽどのことが無い限り賞味期限が切れることはないでしょう。

また、紅茶は個包装になっていることがほとんどですのでお裾分けすることもできます。

後に残らない

先ほど述べたように、香典返しの品物で気にしなければいけないのは消えものかどうかです。

また魚や肉など動物の殺生を連想させるものは四つ足生臭もの(よつあしなまぐさもの)と呼びばれ、香典返しにはタブーとされているため注意が必要です。

もちろん紅茶は飲んで無くなる消えものですし、なまものでもありません。
贈る相手先へ、不祝儀が繰り返されませんようにとの思いをきちんと伝えることができます。

老若男女が楽しめる

香典は、生前故人とお付き合いのあった方からいただくものです。
そのため、年齢や性別問わず様々な方へのお返しが必要になります。

香典返しの品物を選ぶ際には、出来る限りどの年齢層の方にも喜んでいただけるものを選ぼうと思うはずです。

そこで、老若男女が楽しめるのが紅茶になります。
日本茶ですとご高齢の方が好まれるイメージが強いですが、紅茶であれば若い方にも人気があります。

また男女問わず好まれるのも選ばれる理由の一つです。

香典返しにおすすめの紅茶

葬儀

ここからは、香典返しにおすすめの紅茶をご紹介していきます。

まずひとことで紅茶といっても、実は紅茶にはたくさんの種類があります。
ダージリンティーやアッサムティーまたセイロンティー等が有名ですが、その他フレーバーティーであるアールグレイティーも人気があります。

また飲み方もさまざまで、アイスティーやミルクティーなどで楽しめます。

紅茶のブランドで代表的なものは、ルピシアやフォション、ウェッジウッドがあります。
これらのブランドは紅茶に詳しくない方でも、パッケージは見たことがあるという方がいるほど有名なブランドばかりです。

ネットの通販サイトも一緒に載せてご紹介していきますが、今回ご紹介するブランドは百貨店に店舗があるものがほとんどです。

店舗に行くと、紅茶の香りや試飲など気軽に試すことができます。

お時間のある方はこちらの記事も参考にしつつ、ぜひ店頭で実物を確かめながら選んでみてください。

ルピシア 弔辞用ギフト

ルピシアは百貨店やデパートの店舗にはいっていることもある、紅茶の中ではよく知られたブランドです。
ルピシアの特徴は、年間400種類以上のお茶を取り扱っているというほどの種類の多さです。

ルピシアの名前を聞いたことのある方は、紅茶のお店と認識している方も多いと思います。
ですが、実は紅茶だけではなく日本茶や烏龍茶、ハーブティーまで取り扱いのあるお店です。

そのため紅茶に限らず、いろいろなお茶の詰め合わせを贈りたいと考えている方には、ルピシアをおすすめします。

店舗によっても変わりますが、ルピシアの中で人気があるお茶はルイボスアールグレイだそうです。
ルイボスティーの甘みとアールグレイの香りがとても合うそうで、気になる方は試してみるのもよいでしょう。

また弔辞用ギフトもあり、法事用の熨斗を選ぶこともできます。
ルピシアでは一風変わった商品も多く、365日お茶を楽しめるお茶の本という商品も販売されています。

フォション ティーバッグ詰合せ

フォションは1886年創業のブランドで、紅茶のお店中でも老舗ブランドになります。
クッキーなどのお菓子と紅茶を一緒に楽しむスタイルを広めたのもフォションといわれているほど、紅茶の世界では偉大な存在です。

紅茶が好きでよく飲まれる方には、こちらのフォションを贈ると喜んで貰えるはずです。

フォションを贈る時に外せない紅茶が紅茶アップルです。
紅茶アップルは、フォションの中でも有名なフレーバーティーのひとつで、リンゴの香りが香るさわやかな紅茶です。

フォションの名前を有名にした紅茶でもあるので、ぜひ選んでいただければと思います。

ウェッジウッド ティーバッグセット

ウエッジウッドと聞くと、食器をイメージされる方も多くいるはずです。
ウエッジウッドの食器は、集めている人も多くいるため食器好きの方であればピンとくるはずです。

しかし意外にもウエッジウッドは、1990年代から紅茶の販売も行っています。
肝心の紅茶の味は渋みが少なく香り高い味わいで人気です。

なぜなら、ロンドンでも人気のティショップ、Postcard Teasを営んでいるティム・ドファイ氏が監修しているため、味もお墨付きなのです。
ティム・ドファイ氏はマスターオブティーとも呼ばれる方で、紅茶の世界では有名な方です。

もちろん、紅茶のパッケージもとても可愛いので女性の方であれば見た目も喜んで頂けるはずです。

お手頃な値段の商品もあるため、香典返しの予算に合わせて贈ることもできそうです。

紅茶以外で香典返しにおすすめの品物

葬儀

紅茶以外でおすすめの香典返しをここからはご紹介していきます。

香典返しとしてセンスが良くおしゃれな紅茶ですが、紅茶を日常的に飲んでいないとわかっている方へは、他の品物を贈ったほうが喜ばれるはずです。

紅茶以外にもおすすめな香典返しはたくさんありますので、参考にしてみてください。

コーヒー

紅茶以外で言うと、コーヒーも良く選ばれている品物です。
コーヒーで比較的人気のブランドはスターバックスやドトールになります。

コーヒーが好きな方は、好きなブランドが決まっているということが多いですが、定番のブランドを選んでおくと失敗せずに済みそうです。

焼き菓子や和菓子

食料品の中では、お菓子もよく選ばれています。
日持ちのする焼き菓子や和菓子が人気で、お菓子と飲み物をセットにして贈る方もいるようです。

ご本人が召し上がらない場合でも、家族の方が喜ぶ場合もあります。
小さなお子様がいるご家庭など、家族の多い方へ送ると喜ばれることでしょう。

タオルや洗剤などの日用品

香典返しでは、使って消える消えものもあります。
例えば洗剤やタオルがこれに当てはまります。

タオルは、他にも悲しみを拭うという意味もあることから昔から香典返しの定番の品として使われてきました。

タオルや洗剤はどのご家庭でも必ず使うものですので、いただいて困ることはないでしょう。

カタログギフト

カタログギフトは最近の香典返しの定番になりつつあります。
相手方が自分で好きな品物を選べるという所が最大のメリットで、贈る側としては誤って不必要なものを贈る心配を防ぐことができます。

ただしカタログギフトに慣れていない方もまだまだいらっしゃいます。
カタログギフトを贈るときには、贈り先の状況を見て選ぶようにしましょう。

香典返しのマナー

葬儀

普段の贈り物とは違い作法のある香典返しは、選ぶのも大変です。
香典返しの品物は、マナーを守り、相手先にも喜ばれるものを選びたいものです。

知らなかったでは済まされない、香典返しのマナーをここからは解説していきます。

金額相場

香典返しの金額相場は、香典の3分の1から半分程度になります。
香典というと金品のイメージがありますが、ひと昔前はお米や食料が今でいう香典でした。

香典にはお互い様精神の要素が強く、まとまった出費の際に助け合うという意味も含まれています。

そのため、高額のご香典をいただいたとしても有り難く受け取り、一般的な相場金額の品物をお返ししましょう。

香典返しの金額については、以下の記事で更に詳しく解説しています。
ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!

葬儀後の香典返しの時期や品物、金額などをすぐにイメージできる人は少ないのではないでしょうか?特に突然の葬儀となれば雑務に追われ、香典返しどころではなくなります。今回は香典返しの意味やマナー、金額などについて詳しくご紹介します。

のし・表書き

香典返しの熨斗(のし)には、黒白の結び切りが使われます。

これは、葬儀のような不幸は一度切りにしたいという気持ちの表れで、表書きの上部には志が使われ下部には喪家の名前を書きます。
また、最近では印刷された熨斗を使う方が多くなっているようです。

熨斗の書き方を知っておきたいという方は、以下の記事もぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

お礼状・挨拶状

香典返しの品物は今では郵送するのが一般的ですが、ひと昔前までは一軒ごとに手渡しをしていました。

その際にご香典をいただいたお礼などをお伝えしていたようです。
しかし現在では、遠方からいらっしゃる方も多いため直接訪問することは難しくなっています。

そのため現代では郵送する場合には、直接品物をお渡しできない理由とご香典をいただいたお礼を手紙で添えるようになりました。

その手紙を、お礼状や挨拶状と呼びます。

お礼状や挨拶状の作法については、以下の記事でも詳しく解説しています。
手書きを検討されている方や、書き方に迷っている方はぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説します

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

贈る時期

香典返しのマナーで困るのが、贈る時期です。

地域によって贈る時期には違いがあり、葬儀で直接渡す即日返しや、後から贈る後日返しが一般的になります。

贈る時期を間違えてしまうと、どんなに心を込めた香典返しであっても印象は良くないものになるでしょう。
そのためまずは、ご自分の地域のマナーを一度確認しておくことが大切です。

以下の記事でも香典返しの時期について説明しています。
参考にしてみてください。

こちらも読まれています

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

葬儀などで香典をいただいた場合は、包んでくれた方に対して感謝の気持ちを込めて香典返しをする必要があります。香典返しといえば適切な時期が問題となりますが、実は宗教や地方によってさまざまです。そこで今回は香典返しの適切な時期を宗教や地方ごとに解説していきます。

香典返しの紅茶についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、香典返しの紅茶についてご紹介していきました。

  • 香典返しとは、香典をいただいた方々へのお礼である。
  • 紅茶は万人におすすめできる香典返しである。
  • 香典返しにおすすめの紅茶は、ルピシアやフォション、ウェッジウッドである。
  • 紅茶以外で香典返しにおすすめの品物は、タオルやコーヒーなどさまざまある。
  • 香典返しのマナーは、地域で大きく変わる。

葬儀などの不祝儀は、そう多くあることではありません。
そのためどのような手順で進めていけばよいのか、迷われている方は多くいらっしゃいます。

香典返しは、故人にとって友人や親戚との最後のお付き合いです。
失礼の無いよう、素敵な品物を贈りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しは、お通夜や葬儀で香典をいただいた方にお礼として贈る品物のことです。最近では、香典返しを郵送される方が多くなっています。そこで、香典返しを郵送する時のマナーや贈る時期について解説します。また、香典返しにどのような品物が多いのかについてもご紹介します。

「香典返し・紅茶」に関連する記事

  • 香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

    香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

    ご遺族の負担を減らしたい、香典返しが不要な場合、香典返しを辞退するにはどうすればよいのでしょうか?また、香典返しが不要な方にはどのように対応すべきなのでしょうか?香典返しを辞退する方法、ご辞退された方への対応をご紹介します。

  • 香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

    香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

    香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

  • 香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

    香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

    香典返しは本来四十九日終了後、無事に法要が終わったという報告を兼ねて送るお礼の品のことです。しかし最近ではできるだけ早くお返しを済ませたいという考えから、葬儀当日に香典返しを渡すことがあります。当日、香典返しを渡すメリットやマナーをご紹介します。

  • 香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

    香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

    香典返しを贈るなら相手に喜ばれるものが良いですよね。しかし、品物を選んでいるうちにタブーとされるものは何か、そんな疑問が出てくると思います。今回は、おすすめの香典返しとタブーとされている香典返しの品物について詳しく解説します!是非最後までお読みください。

  • 香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

    香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

    香典返しは、お通夜や葬儀で香典をいただいた方にお礼として贈る品物のことです。最近では、香典返しを郵送される方が多くなっています。そこで、香典返しを郵送する時のマナーや贈る時期について解説します。また、香典返しにどのような品物が多いのかについてもご紹介します。

  • 香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介のサムネイル画像

    香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

    香典返しに何を贈るべきなのか悩んでしまうという方も多いですよね。それでは、香典返しとして商品券を贈ることは大丈夫なのでしょうか?今回は、香典返しとして商品券を贈ることの可否や、香典返しの基本的なマナーについて紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

    香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

    香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

    キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

    日本ではまだまだ少数派のキリスト教ですが、最近では少しずつキリスト教式でお葬式を行う方が増えてきています。でも、信者でないと戸惑うことは多いですよね。キリスト教の香典返しや作法ってあるのでしょうか?仏教の香典返しとの違いは?そんな疑問を解決します。

  • 香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!のサムネイル画像

    香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

    葬儀などで香典をいただいた場合は、包んでくれた方に対して感謝の気持ちを込めて香典返しをする必要があります。香典返しといえば適切な時期が問題となりますが、実は宗教や地方によってさまざまです。そこで今回は香典返しの適切な時期を宗教や地方ごとに解説していきます。

  • 四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

    四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

    四十九日の法要後に香典返しをお贈りするのが一般的ですね。そこには挨拶状を添えてあると尚良いものです。そこで今回は四十九日法要後にお贈りする香典返しにつける挨拶状の書き方やマナー、例文について解説させていただきたいと思います。最適な香典返しもご紹介いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典返し・紅茶」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介のサムネイル画像

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!のサムネイル画像

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「香典返し・紅茶」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと