香典返しに海苔が人気な理由とは?選び方やおすすめの品物をご紹介!

葬儀で香典をいただいた際はお礼の気持ちを込めて香典返しをするのがマナーです。香典返しの品物として海苔が人気ですが、それは一体なぜなのでしょうか?今回はその理由とともに、海苔の選び方やその他のおすすめの品物・香典返しのマナーについてもご紹介していきましょう。

目次

  1. 香典返しの海苔について
  2. 香典返しとは?
  3. 香典返しとして海苔が人気な理由とは?
  4. 香典返しの海苔の選び方
  5. 海苔以外に香典返しにおすすめの品物
  6. 香典返しのマナー
  7. 香典返しの海苔についてのまとめ

香典返しの海苔について

葬儀

通夜や葬儀で香典をいただいた場合、お礼の気持ちを込めて香典返しをするのがマナーとなっています。
香典返しの品物として海苔が人気ですが、それはなぜなのでしょうか?

今回終活ねっとでは、香典返しの海苔について、人気の理由や選び方、その他のおすすめの品物・マナーについて解説していきます。

  • 香典返しとは?
  • 香典返しで海苔が人気の理由
  • 香典返しの海苔の選び方とは?
  • 海苔以外に香典返しにおすすめの品物
  • 香典返しのマナーについて

以上の項目について解説していきます。
香典返しについて気になっている方は、ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

香典返しとは?

葬儀

香典返しという言葉を聞いたことがあっても、詳しくご存じない方もいるのではないでしょうか?

香典返しとは、通夜や葬儀の際にいただいた香典に対し、お礼の気持ちを込めて品物を贈ることを指します。

一般的には四十九日の法要を終えたあとに贈ります。
お悔やみをいただいた方々へのお礼と、法要を無事に終えたことへのご報告を兼ねて贈るのが習わしとなっています。

香典返しとして海苔が人気な理由とは?

葬儀

お礼の気持ちと、四十九日法要を無事に終えたことへのご報告を兼ねて贈る香典返しですが、その品物として海苔が人気となっています。

香典返しに海苔が人気なのには、なにか理由があるのでしょうか?
ここでは、香典返しに海苔が人気な理由について詳しく見ていきましょう。

日持ちする

海苔は昔から日本の家庭でよく食されてきた食べ物です。
食卓で消費しやすいだけでなく、日持ちするという特徴があります。

未開封の海苔の場合、袋に入ったもので約9カ月、缶に入ったものならば約1年~1年半ほどの期間保存できると言われています。

そのため、相手の方がすぐに召し上がらなかったとしても問題のない海苔は、香典返しとして選ぶ方が多いというわけです。

また、昔から精進料理に用いられる食材であることから、その名残として香典返しにもよく用いられるようになったと考えられています。

後に残らない

香典返しは不祝儀(おめでたくないこと)です。
そのため「後に残さない」という意味で、すぐに使用して無くなる消え物が良いとされています。
食べ物や飲み物・日用品などが良いとされているのは、そのような理由からなのです。

その中でも海苔は、日本の食卓ではよく食されてきた食べ物であり、朝ご飯やお弁当のおにぎりなど、海苔を使用する機会は意外と多いものです。

安い海苔だけでなく、高級品と言われる海苔もあり、貰って嬉しいと思う方が多いのも事実です。
先にご説明したように、日持ちをするという特徴もあります。

後に残らない「消え物」でありながら、急いで食さなくても問題がなく、なかには高級な海苔もあることから、もらった相手の方も喜んでくれる香典返しの品と言えるでしょう。

香典返しの海苔の選び方

葬儀

実際に香典返しに海苔を贈る場合、どのような選び方をするのが良いのでしょうか?

こちらでは、香典返しに贈る海苔の選び方を値段・価格、セットの種類に分けて解説するとともに、香典返しにおすすめの海苔についてもご紹介していきましょう。

値段・価格

香典返しに贈る海苔は、1,000円~1万円ほどまで様々な価格帯のものが用意されています。
そのため、さまざまな種類の海苔ギフトの中から選ぶことが可能です。

一般的に香典返しは、お葬式の際にいただいた香典の2分の1~3分の1程度という金額が相場とされています。
5,000円の香典をいただいた場合は2,500円程度、1万円の香典をいただいた場合は5,000円程度の品物をお返しするのが良いとされています。

相手の方へ失礼のないように、いただいた香典の金額によって贈る海苔の価格を決めるようにしましょう。

セットの種類

ギフトの海苔というと、缶に入った焼き海苔を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし最近では、様々な種類の海苔セットがギフト用として用意されています。

缶に入った焼き海苔のほかに、味付海苔と焼き海苔のセット・海苔とお茶漬けのセット・海苔とふりかけのセット・焼き海苔と海苔の佃煮のセットなど、ご飯のお供が一緒に入ったセットもあります。

また、海苔と醤油のセット・海苔と醤油とお出しのセット・海苔とかつおぶしと塩と油のセットなど、調味料などが一緒に入ったものもあります。

価格もさまざまですが、セットの種類もいろいろあるため、贈る相手によって海苔セットの種類を選べるのは嬉しいですね。

香典返しにおすすめの海苔

香典返しにおすすめの海苔ギフトをご紹介します。
楽天市場の通販で購入することができる、1,000円台~5,000円台の商品を集めてみました。
香典返しの際の参考になさってください。

海苔以外に香典返しにおすすめの品物

葬儀

海苔以外に香典返しに適した品物はたくさんあります。
おすすめの品物をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

お茶やお菓子などの食料品

お茶やお菓子などの食料品は、食べたり飲んだりすることですぐになくなる消え物です。
そのため、香典返しにも適している品物と言えるでしょう。

最近では緑茶をあまり飲まない方も増えてきています。
時代の流れとともに、コーヒーや紅茶などのお茶も香典返しの品物として人気となっています。

また、会社の部署などから連名で香典をいただいた場合などには、数がたくさん入っているお菓子をお返しするのも良いでしょう。

洗剤やタオルなどの日用品

すぐに使用する消え物として、洗剤やタオルなどの日用品も香典返しに適している品物です。

洗剤は日常的に使用するため「後に残らない」という点でおすすめです。
また、タオルは悲しみを拭い去るという意味を持たせることで、香典返しとしてよく選ばれています。

ただし、香典返しにタオルを贈る場合は、柄や派手なカラーは控えるようにします。
無地のできるだけ落ち着いた色合いのタオルを選ぶようにしましょう。

カタログギフト

最近では、贈られた方が自由に品物を選ぶことができるカタログギフトも人気となっています。
カタログギフトには、一般的な香典返しの品物同様、さまざまな価格帯のものが用意されています。

いただいた香典の金額にあわせて、贈るカタログギフトを選ぶこともできるので便利です。

また、香典返しの品物として不向きと言われている肉や魚など(四つ足生臭もの)も、カタログギフトでなら贈ることが可能です。

こちらも読まれています

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しを贈るなら相手に喜ばれるものが良いですよね。しかし、品物を選んでいるうちにタブーとされるものは何か、そんな疑問が出てくると思います。今回は、おすすめの香典返しとタブーとされている香典返しの品物について詳しく解説します!是非最後までお読みください。

香典返しのマナー

葬儀

こちらでは、香典返しのマナーについてご紹介しておきましょう。
香典返しの際の参考になさってください。

のし・表書き

香典返しには、結び切りの水引きのみが印刷された掛け紙をつけて贈ります。
一般的には、黒白の結び切りが描かれたものを使用します。

のし紙の表書きの書き方にも決まりがあり、水引の上には「志」と書くようにしましょう。
また、水引の下には「苗字」や「○○家」などと書くようにします。

表書きの「志」は、宗教を問わず使用することができますので、覚えておくとよいでしょう。

以下の記事では、香典返しの掛け紙のマナーについてさらに詳しく解説しております。
ぜひこちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

金額相場

香典返しの金額相場は、お葬式の際にいただいた香典金額の3分の1~2分の1程度とされています。
例えば、5,000円の香典をいただいた場合は2,500円程度、1万円の香典をいただいた場合は、5,000円程度となります。

以下の記事では、香典返しの金額相場についてさらに詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!

葬儀後の香典返しの時期や品物、金額などをすぐにイメージできる人は少ないのではないでしょうか?特に突然の葬儀となれば雑務に追われ、香典返しどころではなくなります。今回は香典返しの意味やマナー、金額などについて詳しくご紹介します。

贈る時期

香典返しを贈る時期についても簡単にご紹介しておきましょう。

望ましい時期

香典返しに望ましい時期は、一般的には四十九日の法要から1カ月以内とされています。

葬儀・法要が滞りなく終わったことを報告するとともに、葬儀の際にいただいた香典への感謝の気持ちをお伝えする意味があります。

以下の記事では、香典返しに望ましい時期についてさらに詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

葬儀などで香典をいただいた場合は、包んでくれた方に対して感謝の気持ちを込めて香典返しをする必要があります。香典返しといえば適切な時期が問題となりますが、実は宗教や地方によってさまざまです。そこで今回は香典返しの適切な時期を宗教や地方ごとに解説していきます。

北海道などで主流の即日返しとは?

最近では葬儀の当日に香典返しを行う即日返しも多くあるようです。

特に北海道では即日返しの方が一般的となっており、葬儀に参列してくださった方々に一律の香典返しの品物をお渡しする形がとられています。

高額の香典をいただいた方に対しては、後日改めていただいた香典の額に相応しい品物をお返しする方法が取られます。

北海道においては、葬儀の日に四十九日の法要を一緒に済ませてしまうパターンが一般的です。
そのため、高額の香典をいただいた方への追加のお返しについても、四十九日を待たずにお返ししてもOKとされています。

以下の記事では、香典返し(即日返し)についてさらに詳しく解説しております。
ぜひこちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しは本来四十九日終了後、無事に法要が終わったという報告を兼ねて送るお礼の品のことです。しかし最近ではできるだけ早くお返しを済ませたいという考えから、葬儀当日に香典返しを渡すことがあります。当日、香典返しを渡すメリットやマナーをご紹介します。

香典返しの海苔についてのまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、香典返しの海苔について詳しく解説してきました。

記事をまとめると以下のようになります。

  • 香典返しとして海苔が人気な理由は、日持ちするだけでなく、後に残らないものだからである。
  • 香典返しは、いただいた香典の3分の1~2分の1程度の金額をお返しするのが一般的。
  • 香典返しに適した、さまざまな種類の海苔セットがギフト用として用意されている。
  • 香典返し用の海苔は、1,000円台~5,000円以上など価格もさまざまあるため、贈る相手に合わせて選ぶことができる。
  • 香典返しには海苔以外にも、お茶やお菓子・洗剤やタオルなどもおすすめである。
  • 香典返しの掛け紙には、黒白の結び切りが描かれたものを使用し、水引の上には「志
    」と書き、下には「苗字」や「○○家」などと書く。
  • 香典返しは、一般的に四十九日の法要から1カ月以内に送るのが良いとされているが、北海道では葬儀の当日に香典返しをする「即日返し」が主流である。

香典返しとして海苔が人気な理由がおわかりいただけたでしょうか?
香典返しをする際の参考になれば幸いです。

終活ねっとではこの他にも、香典返しに関する記事を多数ご用意しております。
以下の記事では、郵送の香典返しについて詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しは、お通夜や葬儀で香典をいただいた方にお礼として贈る品物のことです。最近では、香典返しを郵送される方が多くなっています。そこで、香典返しを郵送する時のマナーや贈る時期について解説します。また、香典返しにどのような品物が多いのかについてもご紹介します。

「香典返し・海苔」に関連する記事

  • 香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

    香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

    ご遺族の負担を減らしたい、香典返しが不要な場合、香典返しを辞退するにはどうすればよいのでしょうか?また、香典返しが不要な方にはどのように対応すべきなのでしょうか?香典返しを辞退する方法、ご辞退された方への対応をご紹介します。

  • 香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

    香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

    香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

  • 香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

    香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

    香典返しは本来四十九日終了後、無事に法要が終わったという報告を兼ねて送るお礼の品のことです。しかし最近ではできるだけ早くお返しを済ませたいという考えから、葬儀当日に香典返しを渡すことがあります。当日、香典返しを渡すメリットやマナーをご紹介します。

  • 香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

    香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

    香典返しを贈るなら相手に喜ばれるものが良いですよね。しかし、品物を選んでいるうちにタブーとされるものは何か、そんな疑問が出てくると思います。今回は、おすすめの香典返しとタブーとされている香典返しの品物について詳しく解説します!是非最後までお読みください。

  • 香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

    香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

    香典返しは、お通夜や葬儀で香典をいただいた方にお礼として贈る品物のことです。最近では、香典返しを郵送される方が多くなっています。そこで、香典返しを郵送する時のマナーや贈る時期について解説します。また、香典返しにどのような品物が多いのかについてもご紹介します。

  • 香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介のサムネイル画像

    香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

    香典返しに何を贈るべきなのか悩んでしまうという方も多いですよね。それでは、香典返しとして商品券を贈ることは大丈夫なのでしょうか?今回は、香典返しとして商品券を贈ることの可否や、香典返しの基本的なマナーについて紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

    香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

    香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

    キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

    日本ではまだまだ少数派のキリスト教ですが、最近では少しずつキリスト教式でお葬式を行う方が増えてきています。でも、信者でないと戸惑うことは多いですよね。キリスト教の香典返しや作法ってあるのでしょうか?仏教の香典返しとの違いは?そんな疑問を解決します。

  • 香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!のサムネイル画像

    香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

    葬儀などで香典をいただいた場合は、包んでくれた方に対して感謝の気持ちを込めて香典返しをする必要があります。香典返しといえば適切な時期が問題となりますが、実は宗教や地方によってさまざまです。そこで今回は香典返しの適切な時期を宗教や地方ごとに解説していきます。

  • 四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

    四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

    四十九日の法要後に香典返しをお贈りするのが一般的ですね。そこには挨拶状を添えてあると尚良いものです。そこで今回は四十九日法要後にお贈りする香典返しにつける挨拶状の書き方やマナー、例文について解説させていただきたいと思います。最適な香典返しもご紹介いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典返し・海苔」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介のサムネイル画像

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!のサムネイル画像

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「香典返し・海苔」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと