神前葬儀の流れとは?香典の表書きは御霊前?仏前葬儀との違いも解説

僧侶がお経を唱えているイメージが強い葬儀ですが、神社を運営する神道の考え方に基づく神前葬儀のやり方もあります。「神前」とつくからには神職がお祓いをするかのようにも見えますが、果たして神前葬儀とはどのようなものなのでしょうか?今回は神前葬儀について見ていきます。

目次

  1. 神前の葬儀について
  2. 神前での葬儀とは?
  3. 神前葬儀の流れ
  4. 神前葬儀で知っておきたい作法
  5. 神前葬儀でのマナー
  6. 神前の葬儀のまとめ

神前の葬儀について

葬儀

葬儀と聞くと多くの方が、木魚をたたきながらお経を唱えている僧侶や涙ながらに焼香を行う参列者をイメージするでしょう。
このような仏教形式の葬儀は日本で一般的に広く行われているため、葬儀といえば仏前葬儀と考える方も非常に多いです。

その一方で日本には多くの神社があることから、神道もまた私たちに深く根付いています。
そして神道に基づく神前葬儀も、仏前葬儀ほどではないものの行われるため、いざというときに備えて知っておいた方がよいでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、神道の考え方に基づく神前葬儀について、仏前葬儀との違いにも注目しつつ見ていきます。

  • 神前葬儀とはいったいどのようなものなのか?
  • 一般的な神前葬儀の流れとは?
  • 神前葬儀で知っておきたい作法とは?
  • 神前葬儀で守るべきマナーとは?

仏前葬儀に比べてなかなかなじみのない神前葬儀のことを知りたいという方にとって、非常に有益な内容となっております。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

神前での葬儀とは?

神社

神前で行う葬儀とはいったいどのようなもので、仏前で行う葬儀との違いはどこにあるのでしょうか?
ここでは神前葬儀の持つ意味や仏前葬儀との違いについて見ていきます。

神前で行う葬儀の意味

神前葬儀とは、神道の考え方に基づく葬儀のことです。
具体的には故人の最期を神様にお知らせしつつ、故人の霊を家に留めてそのまま守護神になっていただくための儀式を指します。

ただし神道では死のことを穢れたものと考えるため、葬儀の会場として神社が選ばれることはありません。
これは神様のいらっしゃる聖域である神社に穢れを持ち込まないようにするためで、基本的に葬祭場で行われることが多いです。

葬儀の際には仏教の僧侶に当たる神社の神職が祝詞(のりと)などを読み上げたり、参列者が玉串と呼ばれるお供え物を捧げたりするのが特徴となっています。

仏前の葬儀との違い

仏前葬儀の場合は、故人が極楽浄土で仏様として生まれ変わることができるようにするために儀式を行う意味があります。
故人の霊が守護神として私たちの住む世界に残るように願う神前葬儀と異なり、死後の世界で安らかに次の人生を歩むことができるよう願うのが特徴です。

仏前葬儀は広く行われていることから非常にイメージがしやすく、僧侶がお経を唱えたり参列者が焼香を行ったりします。
また葬儀会場も仏教の宗教施設である寺院が使われる場合が多いのも、宗教施設で行うことのない神前葬儀との違いです。

神前葬儀の流れ

葬儀

仏前葬儀に比べると神前葬儀は見聞きすることが少ないため、具体的にどのような流れで行われるのかイメージしにくいところがあります。
ここでは一般的に神前葬儀がどのような流れで行われるのかを、順番に沿って見ていきましょう。

通夜祭

仏前葬儀でいうお通夜に当たるのが通夜祭です。
神前葬儀の通夜祭も告別式の前日に行われます。
通夜祭のおおよその流れは、以下のように進んでいくのが一般的です。

  • 手水の儀・神職の入場、通夜祭の開式
  • 修祓(しゅばつ)の儀:神職が穢れを祓って、会場全体を清める
  • 祝詞の奏上:仏前葬儀でいう読経
  • ご遺族や参列者全員で玉串奉奠(たまぐしほうてん):仏前葬儀でいう焼香
  • 遷霊祭(御霊遷しの儀):会場を暗くして、故人の霊をご遺体から仮の霊璽に移す
  • 神職退場と喪主の挨拶、閉式
  • 直会(なおらい):通夜振る舞い

葬場祭

葬場祭は葬儀当日に行われる、いわば告別式のことです。
葬場祭の基本的な流れは通夜祭の場合とほとんど同じで、以下のように進行します。

  • 手水の儀・神職の入場・開式
  • 修祓の儀
  • 祝詞奏上
  • 玉串奉奠
  • 神職退場
  • 弔辞・弔電の紹介
  • 喪主の挨拶・閉式
  • 最期のお別れ・出棺

火葬祭

葬場祭が終わり出棺した後は、仏前葬儀の場合と同じように火葬場で火葬を行います。
神前葬儀の場合は「火葬祭」と呼ばれ、基本的な流れは仏前葬儀の場合と同じです。

  • 火葬前の儀式:祝詞奏上と玉串奉奠を行います
  • 火葬:火葬中は別室にて飲食をしつつ待機します
  • 収骨:仏前葬儀の場合と同じようにご遺骨を骨壺に納めます
  • 埋葬祭:すでにお墓がある場合はそのまま埋葬をする場合もあります
  • 帰家祭(きかさい):ご遺骨を一度持ち帰る場合は、葬儀会場で帰家祭を行います
  • 直会:神職やお世話になった方、参列者をおもてなしして会食を行います

ご遺骨を一度持ち帰った場合は、没後50日目の節目で行われる五十日祭以後に埋葬します。

神前葬儀で知っておきたい作法

神棚

神前葬儀で行う独特の儀礼として、手水(ちょうず)の儀と玉串奉奠が挙げられます。
両方とも神前葬儀に限らず神道形式の儀式全般で必ず行われるため、いざというときのために覚えておくとよいでしょう。

手水の儀

手水の儀とは、神前で儀式を行う前に自身を清めるための儀式のことです。
具体的には両手と口の中を水で清める行為を指し、神社参拝の際にも役立ちます。
手水の儀の一般的な流れは以下のようなものです。

  • 柄杓で水をすくう:すくった分の水ですべての儀礼を行うという点に注意
  • 左手に水をかける
  • 柄杓を左手に持ち替えて右手に水をかける
  • 再び右手に柄杓を持ち換え、左手で器を作った中に水を貯めて口をゆすいで出す
  • 再び左手に水をかける
  • 柄杓の柄の部分を立てて、柄の部分を残った水が伝うようにして清める
  • 柄杓を元の位置に戻す

手水の儀での注意点として、口をゆすぐときに柄杓に口をつけないことが挙げられます。
柄杓は参列者全員で使い回すためです。

玉串奉奠

玉串奉奠は手水の儀と同じように、神式の儀式で必ずといってよいほど行われます。
なお玉串とは、榊の枝に紙垂(しで)と呼ばれる小さな紙を結わえたもののことです。

葬儀に限らず神前結婚式や神社内での参拝でも行われますので、こちらも覚えておくとよいでしょう。
玉串奉奠の流れは、以下のようなものです。

  • 順番が回ってきたら神職の前に進んで、一礼して玉串を受け取る
    受け取る際には右手で根元を上から、左手で下から葉先を持つ
  • 玉串案の前に進み一礼
  • 玉串を目の高さまで上げた後、根元側が手前に来るように時計回りに回す
  • 左手で葉先を、右手で根元を持つ
  • 再び玉串を時計回りに回し、根元を祭壇側に向けてから玉串案に置く
  • 一歩下がって、二礼二拍手一礼する
    拍手は音を立てないしのび手で打つ
  • 神職やご遺族に一礼した後、自分の座席に戻る

神前葬儀でのマナー

葬儀

神式の葬儀でも服装や香典袋にまつわるマナーはいろいろと存在します。
ここでは神前葬儀に参列する際に守るべきマナーをいろいろとご紹介しましょう。

服装

神前葬儀に参列する際の服装は、仏前葬儀の場合と同じです。
基本的には男性であれば黒系の上下スーツと黒ネクタイを締めた白ワイシャツを、女性であれば黒系のスーツやワンピースに黒のストッキングを着用します。

靴については男性であれば黒の靴、女性の場合は黒のパンプスですが、光沢が目立たないようにしましょう。
アクセサリーは結婚指輪以外はなるべく着用しないようにし、特に光物はタブーです。
ただし真珠のネックレスであれば、一連だけつけてきてもよいことになっています。

持参するもの

神前葬儀で持参すべきものも、基本的には仏前葬儀の場合と同じです。
ただし若干異なる点もありますので、注意しましょう。

香典の表書きは御霊前?

神前葬儀の場合でも故人にお供えする香典は不可欠です。
表書きは「御霊前」と書くのが一般的とされているほか、「御神饌料」や「御玉串料」、「玉串料」といった神式独特の表書きを使うこともできます。

なお水引については、一般的には黒白の色で結び切りと淡路結びの結い方がされているものを用いましょう。
ただし関西や北陸では色が黄白のものを使います。

神前葬儀で持参する香典袋の書き方については、以下の記事でより詳細に説明されていますので、ぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

神道の葬儀の香典の書き方は?香典を包む袋や金額相場についても解説

日本の葬儀には仏教式だけではなく、神道式の葬儀もあります。神道の葬儀における香典はどう書けばいいのでしょうか?この記事では、神道の葬儀の香典の書き方や金額相場などについて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

数珠は必要?

葬儀で必ず持参するものの1つとして、数珠を思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし神前葬儀の場合、数珠は必要ありません

本来数珠は仏教で僧侶が読んだお経を数えるための道具でした。
このため仏教専用の道具であることから、神道の葬儀で使われることはありません。

神前の葬儀のまとめ

神社

今回終活ねっとでは、神道の考え方に基づいた神前葬儀について流れからマナーに至るまでいろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下の各ポイントに示す通りです。

  • 神前葬儀は故人の霊を留めてその家の守護神になっていただくための儀式である。
    神道では死を穢れとして避けるものと考えているため、神社以外の葬祭場などで行われる。
    仏前葬儀の場合は、故人が極楽浄土で生まれ変わることができるように行う意味がある。
  • 神前葬儀は大きく分けて通夜祭と葬場祭、火葬祭からなっている。
    基本的に神職による祝詞の奏上や参列者による玉串奉奠が中心で、火葬については仏前葬儀の場合とやることはほとんど同じである。
    なお通夜祭の際には、遷霊祭もあわせて行われる。
  • 神前葬儀で知っておくべき作法として手水の儀と玉串奉奠が挙げられる。
    手水の儀は葬儀前に身を清めるための儀式で、玉串奉奠は神前に玉串をお供えするためのものである。
    両方とも葬儀以外でも行うことが多いので、覚えておくとよい。
  • 神前葬儀で着用する服装は、基本的に仏前葬儀の場合と同じく黒系のスーツやワンピースが基本である。
    香典袋についても表書きは「御霊前」のほか、神道独特の「御玉串料」や「御神饌料」などが使われる。

    なお数珠は仏教でのみ使われるため、神前葬儀では必要ない。

神前葬儀は神道の考え方に基づいた、故人に守護神となっていただくための儀式といえます。
基本的な流れやマナーは仏前葬儀の場合と似ているところも多いですが、玉串奉奠や手水の儀を行う点のように神前葬儀ならではの特徴もあるため覚えておくとよいです。

葬儀では多額の費用が掛かるため、多くの方にとっては頭痛の種になりがちでしょう。
以下の記事では葬儀の費用相場や安く抑える方法を詳しく解説していますので、ぜひともお役立ていただければ幸いです。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「神前・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神前・葬儀」についてさらに知りたい方へ

友引に葬儀をしてもいい?六曜と葬儀の関係や友引人形についても解説のサムネイル画像

友引に葬儀をしてもいい?六曜と葬儀の関係や友引人形についても解説

雪の葬儀の日にブーツはNG?冬の葬儀の服装マナーや身だしなみまでのサムネイル画像

雪の葬儀の日にブーツはNG?冬の葬儀の服装マナーや身だしなみまで

葬儀の御礼メールの文例って?書き方やマナーもご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の御礼メールの文例って?書き方やマナーもご紹介します!

葬儀は月曜日にやってもいいの?葬儀を避けるべき六曜の関係をご紹介のサムネイル画像

葬儀は月曜日にやってもいいの?葬儀を避けるべき六曜の関係をご紹介

葬儀で着物を着る時に知っておくべきこと!マナーや豆知識を紹介!のサムネイル画像

葬儀で着物を着る時に知っておくべきこと!マナーや豆知識を紹介!

葬儀で行う納棺の儀式とは?意味や手順、立ち会う際の服装もご紹介!のサムネイル画像

葬儀で行う納棺の儀式とは?意味や手順、立ち会う際の服装もご紹介!

自宅で葬儀をする際のメリット・デメリットを解説!注意点もご紹介のサムネイル画像

自宅で葬儀をする際のメリット・デメリットを解説!注意点もご紹介

葬儀で僧侶に渡すお布施の相場は?お布施の渡し方・書き方も解説!のサムネイル画像

葬儀で僧侶に渡すお布施の相場は?お布施の渡し方・書き方も解説!

訃報・葬儀の報告は誰にすべき?連絡方法や例文、タイミングをご紹介のサムネイル画像

訃報・葬儀の報告は誰にすべき?連絡方法や例文、タイミングをご紹介

葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに解説!髪型・持ち物までご紹介のサムネイル画像

葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに解説!髪型・持ち物までご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「神前・葬儀」についてさらに知りたい方へ

プロテスタント葬儀の香典の金額相場は?香典の書き方や包み方も解説のサムネイル画像

プロテスタント葬儀の香典の金額相場は?香典の書き方や包み方も解説

インドの葬儀のマナーや流れとは?服装・香典や日本との違いをご紹介のサムネイル画像

インドの葬儀のマナーや流れとは?服装・香典や日本との違いをご紹介

葬儀前に故人には浴衣を着せる?死装束との違いについても解説!のサムネイル画像

葬儀前に故人には浴衣を着せる?死装束との違いについても解説!

元日に葬儀はできる?葬儀内容や年末年始に気を付けるべきことも解説のサムネイル画像

元日に葬儀はできる?葬儀内容や年末年始に気を付けるべきことも解説

通夜無しの葬儀とは?一日葬・直葬の相場価格や特徴についてご紹介のサムネイル画像

通夜無しの葬儀とは?一日葬・直葬の相場価格や特徴についてご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと