家族葬の通夜の流れや必要なことは?通夜をしない葬儀についても紹介

最近、家族葬という近親者のみで行う葬儀を選ぶ方が増えています。しかし、家族葬についてや、家族葬の通夜の流れなど、あまり詳しく知らないという方も多いでしょう。そこで今回は、家族葬の通夜の流れを中心に、通夜をしない家族葬などについても具体的に解説していきます。

目次

  1. 家族葬の通夜の流れについて
  2. 家族葬とは
  3. 家族葬の通夜の流れとは?
  4. 家族葬の通夜のマナー
  5. 家族葬で通夜をしない方法とは?
  6. 家族葬の通夜の流れに関するまとめ

家族葬の通夜の流れについて

人々

家族葬のことや家族葬の通夜の流れについて書いていきます。

故人にごく親しい人のみで執り行われる家族葬は、近年都市部を中心に人気が高まっている葬儀形式です。
近親者のみのため、気兼ねなくゆっくりと故人のことを偲ぶことができます。

参列者に特徴が見られる家族葬ですが、一般葬と比べて通夜の流れに違いはあるのでしょうか。
近親者のみとはいっても、家族葬の通夜の流れについて理解しておくことが大切でしょう。

そこで、今回終活ねっとでは、家族葬の通夜の流れを中心に、以下の内容について具体的に解説していきます。

  • 家族葬ってどんな葬儀?
  • 家族葬の通夜ってどんな流れでやるの?
  • 通夜にはどんなものを用意すればいいの?
  • 家族葬でのマナーについて
  • 通夜をしない家族葬ってあるの?

家族葬の通夜の流れだけではなく、家族葬の通夜のマナーについても分かりやすく解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは

葬儀

家族葬は、故人とゆっくりお別れできる葬儀です。

最近、家族葬を選ばれる方が増えています。
そもそも家族葬とはどんな葬儀なのでしょうか?

家族葬とは、親族や親しい友人、知人などの近親者のみで執り行われる、小規模な葬儀のことです。
葬儀の内容は、一般的な葬儀と大きく変わりません。

家族葬での良いところは、多くの参列者に気を使う必要がなく、故人とゆっくりお別れができることです。
遺族の方の負担も少なくなり、費用面もある程度抑えることができます。

家族葬の通夜の流れとは?

葬儀

家族葬での通夜の流れについて具体的に解説します。

家族葬も、一般的な葬儀と同じように通夜は執り行われます。
ただし、一般的な葬儀と違って、家族葬の方がアットホームな雰囲気の通夜になります。

それでは、故人がご逝去されてから通夜を終えるまで、家族葬の通夜の流れについて、以下で詳しく解説していきます。

ご逝去から通夜までに準備すべきこと

ご逝去後は、すぐに病院などから故人を搬送しなければなりません。
そして葬儀までの間、故人をどこかに安置しておく必要があります。

安置場所としては自宅が理想ですが、十分なスペース等確保できない場合、斎場内の安置施設に安置しておくことも可能です。

葬儀社選びも重要な準備の一つです。
焦らないためのポイントは、生前に話し合いを進め、できるだけ決めておくことです。
また、家族葬を希望される場合、家族葬を取り扱っている葬儀社を選びましょう。

その他の細かい葬儀準備は以下の通りです。

  • 遺影の写真を決める

    遺影は、祭壇へ飾る故人を偲ぶための写真です。
    故人の人柄が表れるような記念の写真を決めたいものです。

    最近では、終活の1つとして、生前に遺影写真を撮影する方が増えており、メイクまでしてくれる専門の写真店もあります。

    遺影の写真を選ぶときは、故人がはっきりと写っている、ピンボケのしていないものを選びます。

  • 葬儀での仕事を分担して役割を決める

    次に葬儀での仕事分担の役割を決めていきます。
    葬儀での仕事の役割には「喪主」「世話役」「受付」「会計」などがあります。

    いずれの仕事の役割にしても、滞りなく通夜や葬儀をとりおこなう上で重要ですので、信頼のおける方にお願いしましょう。

  • 参列者を決定する

    家族葬で最も難しい準備の1つが、参列者を決定することです。
    家族葬はあくまでも小規模な通夜・葬儀なので、参列いただく方を限定していきます。

    多くの家族葬では、10~30名ほどの親族や親しい友人が参列します。
    参列者の人数はあくまで目安で、家族葬の参列人数に特に決まりはありません。

  • 葬儀の案内と訃報通知を送る

    参列者が決まったら葬儀の案内状を送付します。
    一般的には電話で連絡し、FAXなどで詳細を送ります。
      
    なお参列されなかった方へは訃報通知として、葬儀後に手紙などで家族葬を執り行ったことを通知します。

家族葬に必要なものについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

家族葬をご存知ですか?家族葬は、一般葬より小規模で行うことができ、費用も節約できることで人気があるようです。では、家族葬に必要なものは何なのでしょうか。この記事では家族葬に必要なものを家族葬の準備や流れ・服装マナーとともにご紹介します。

通夜の流れ

そもそも通夜とは、葬儀の前日に故人のそばに集まって、夜通し明かりを消さず、お線香の火絶やさないことで、故人の霊を慰める儀式でした。
今は、遺族の負担を考え、夜通し通夜を行うことは減りました。

家族葬の通夜でも、一般の通夜の流れと大きく変わりありません。
家族葬の通夜の流れは次のようになります。

  • 参列者のお迎え

    まず、通夜の際の席順ですが、故人が安置されているところに近い順から喪主・遺族そして親族となります。
    喪主は、通夜の受付が始まる30分前くらいには着席して、参列される方へのお迎えをします。

  • 僧侶入場と読経

    しばらくして僧侶が入場し、読経を約30分~40分行います。

  • 焼香

    僧侶が読経を行っている間、喪主から焼香をしています。
    喪主の後は、遺族、親族と続き、最後に血縁の無い参列者が行います。

  • 喪主の挨拶

    焼香終了後、読経がしばらく続き、僧侶から法話をされます。
    その後、喪主から参列者に対して挨拶が行われます。

  • 通夜振る舞い

    通夜が終わってから、参列者の方へお食事やお酒を振る舞います。
    身内だけで行う家族葬では、通夜振る舞いを省略することもあります。

通夜後の流れ

通夜を執り行った翌日に葬儀・告別式を行います。
家族葬であっても、一般的な葬儀・告別式と流れは変わりません。

葬儀の後は出棺し、火葬となります。
法要についても、宗派ごとの一般的な法要と大きな違いはありません。

家族葬の通夜のマナー

葬儀

家族葬の通夜でのマナーとは?

家族葬で身内しか参列していないとはいえ、基本的なマナーはあります。
一般葬と異なる点をしっかり理解して、マナー違反は避けたいものです。

ここでは、家族葬の通夜のマナーについて、喪主・参列者、それぞれの視点から解説します。

喪主のマナー

喪主は葬儀での責任者となります。
喪主としての服装などの身だしなみや、参列者への挨拶などは、喪主の役割となります。

ここでは、喪主のマナーとして、挨拶や服装について解説します。

喪主の挨拶

喪主は、通夜で参列者をお迎えする場合、参列されたことに対する感謝の言葉をお伝えします。
通夜での喪主の挨拶のタイミングは、焼香後の僧侶による法話の後です。

一般的な挨拶例がこちらです。

本日はご多用中のところ、ご参列いただきまして、誠に有り難うございました。

存命中は、皆様から格別のご厚情を賜りまして、故人に代わりまして、心から厚くお礼申し上げます。
故人も、皆様がおいでいただいたことをさぞ喜んでいることと思います。

なお明日の葬儀は○時からとなっておりますので、お時間が許すようでしたら、ご会葬いただければ幸いでございます。

また、大変ささやかではございますが、別室に粗茶を用意しております。
お召し上がりいただきながら、故人の思い出話などをお聞かせいただければと存じます。

本日は誠にありがとうございました。

喪主の服装

喪主の服装は、基本的に一般葬と変わりなく、正喪服や準喪服が一般的です。

男性の場合は、礼服のモーニング、または準礼服の黒のスーツに、無地の白ワイシャツと黒のネクタイです。
女性の場合は、和装の喪服または黒のワンピースとなります。

また、アクセサリーは結婚指輪を除いて身につけない方が良いでしょう。
バッグや靴下などの小物も基本的に黒地のものを選び、殺生を連想させるような革製品は避けましょう。

参列者のマナー

参列される方は、故人を偲びそしてご遺族の方の悲しみに接し、心からお悔やみの気持ちを持って参列します。
しかし、知らずにマナー違反をしてしまってはその気持ちも伝わりません。

ここでは、参列される方の基本的なマナーについて解説します。

香典は必要?

家族葬では、香典を辞退するのが一般的となっています。
これは、遺族の香典返しをするという負担を減らし、故人を見送ることに専念してもらうためです。

ただし、香典を辞退するかどうかは、喪主の方の意向にもよります。
明らかに香典辞退と明示していない限り、香典は用意しておいた方が良いでしょう。

参列者の服装マナー

参列者の服装も基本的には「喪主の服装」の見出しで解説した内容と同じです。

参列者も一般葬と服装のマナーで異なる点はなく、準喪服の着用が一般的とされています。
カバンや靴下、ベルトなどの小物も黒で統一するようにしましょう。

子供の場合は、制服があれば制服を着せます。
制服が無ければ暗い色合いの服を着せ、派手なものの着用は避けましょう。

家族葬で通夜をしない方法とは?

葬儀

家族葬で通夜をしない場合とは?

近親者のみの家族葬に多いのですが、最近、通夜を行わずに葬儀・火葬を1日で行う1日葬という葬儀が増えてきています。

通夜をしないことで、費用が抑えられることに加え、遺族の精神的・体力的な負担も軽減されます。
風習として1日葬の方が一般的といった地域もあるようです。

しかし、宗教の関係で、1日葬を認めない宗教者もいます。
宗教者とよく話し合った上で決めるといいでしょう。

また葬儀社によっては、1日葬でも2日分の費用がかかる場合がありますので、確認しておきましょう。

家族葬の通夜の流れに関するまとめ

人々

家族葬の通夜の具体的な流れについてまとめました。

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、家族葬の通夜の具体的な流れについて解説してきました。
解説した内容は、以下の通りです。

  • 家族葬の通夜の流れは、一般的な葬儀の流れと同じ。
  • 家族葬の通夜までに準備することには、遺影の写真を決める、葬儀での仕事分担を決める、参列者を決める、葬儀の案内と訃報通知を送るなどがある。
  • 家族葬の通夜の流れは、一般的な葬儀と大きく変わらない。
  • 家族葬で通夜をしない1日葬という葬儀が増えて来ている。
    費用を抑えられる、遺族の負担が少ないなどのメリットがある。

通夜は、故人との最期に過ごす遺族の方にとっては大切な時間です。
家族葬という小規模な葬儀だからこそ、ゆっくりと過ごすことができます。

今回の記事が、家族葬の通夜について考えるきっかけになれば幸いです。
最後までお読みいただきまして有り難うございました。

終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

無宗派の家族葬をするのは可能?葬儀の流れ・内容や費用を紹介します

近年では無宗派の葬儀を行う人が増えています。また、費用を抑えるために葬儀を家族だけで行う家族葬をする人も増えています。では、無宗派の家族葬をすることは可能なのでしょうか?今回はその疑問に加え、実際にかかる費用や流れについても解説します。

「家族葬・通夜・流れ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・通夜・流れ」についてさらに知りたい方へ

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?のサムネイル画像

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。のサムネイル画像

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?のサムネイル画像

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?のサムネイル画像

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?のサムネイル画像

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。のサムネイル画像

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説のサムネイル画像

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「家族葬・通夜・流れ」についてさらに知りたい方へ

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?のサムネイル画像

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。のサムネイル画像

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?のサムネイル画像

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと