家族葬は友人への連絡をする?連絡のタイミングや内容、例文も紹介

家族葬とは名前の通り身内で行う葬儀のことです。経済的な面などで近年注目を浴びている葬儀方法の一つですが、故人と仲の良かった友人への連絡はしても良いのでしょうか?今回はそんな家族葬を行う場合に友人への連絡をしても良いのか、そのタイミングや内容について解説します。

目次

  1. 家族葬の際の友人への連絡について
  2. 家族葬には友人も参列できる?
  3. 家族葬の場合は友人への連絡をする?
  4. 家族葬の際の友人への連絡の例文
  5. 友人の家族葬には参列してもいい?
  6. 家族葬は故人の職場に連絡する?
  7. 家族葬の際の友人への連絡まとめ

家族葬の際の友人への連絡について

人々

家族葬とは名前の通り身内で行う葬儀のことです。
経済的な面などで近年注目を浴びている葬儀方法の一つですが、マナーについてわからない点も多くあると思われます。
故人の友人は参列してもいいのでしょうか、また故人と仲の良かった友人への連絡はしても良いのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、家族葬を行う場合に故人と仲の良かった友人への連絡をしても良いのかについて以下のポイントを中心に解説していきたいと思います。

  • そもそも家族葬には友人も参列できるのか
  • 家族葬の場合は友人への連絡をするのか
  • 家族葬の際の友人への連絡の例文
  • 友人の家族葬には参列してもいいのか
  • 家族葬は故人の職場に連絡するのか
  • 家族葬の際の友人への連絡に関するまとめ

連絡のタイミングや、友人への連絡の仕方・文例などを詳しく紹介してまいります。
また、自分が友人の家族葬に参列できるかや故人の職場への連絡についても解説していきます。

家族葬を執り行なおうと考えており、その際の友人への連絡について悩んでいる方は参考になる情報がたくさん掲載されておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

また、終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬には友人も参列できる?

葬儀

そもそも家族葬というのは、名前の通り家族(遺族や親族)のみで行う葬儀でありますが、この「家族」に明確な定義はありません。
もし喪主側が友人にも参列してほしいという意思があるのであれば、身内でなくても参列することはできます

そのため、家族葬というのは家族で行う葬儀というより、親しい間柄のみで行う葬儀という認識が正しいです。

家族葬の場合は友人への連絡をする?

葬儀

一般的な葬儀では、通夜・葬儀の日程を親戚や友人などに連絡しますが、家族葬の場合は友人への連絡はどのようにするべきなのでしょうか。
ここでは友人を呼びたい場合・断りたい場合に分けてパターンごとの友人への連絡方法を解説します。

故人と一番親しかった友人に連絡をする

故人が亡くなったら、例えどんな葬儀であろうと周りに連絡をする必要があります。
一般的には親族、故人と親しかった友人ら一人一人に連絡を入れます。
しかし、家族葬の場合は一般葬と比べ参列者が少ないため、後日に訃報と葬儀の事後報告をするのが一般的です。

そのため、友人への連絡をする際は、まずは故人と一番親しかった友人に連絡をします。
その際に、その友人の周辺の人にも連絡してもらうようにお願いすると良いでしょう。

また、友人に連絡する際はきちんと家族葬で行うこと、参列やその他のご厚意に関しては辞退していることも一緒に伝えてもらいことが大切です。

家族葬に友人を呼ぶには?

もし家族葬に友人を呼ぶ際は、必ず個人的に連絡をしてお願いをする必要があります。
なぜなら、一般的に家族葬というのは身内のみで行い、友人が参列するものではないと思われているからです。

いくら故人と親しい友人であっても、個人的にお願いされない限りは参列をしないのがマナーとなっているので、友人を呼ぶ際は報告だけでなく、きちんとお願いをするようにしましょう。

家族葬への参列はお断りしたい場合

家族葬を執り行う際は、故人と親しかった友人に参加してほしいとお願いすることも大切ですが、最も大切なのは参列のお断りをしたい場合の連絡です。
なぜなら、基本的に家族葬は身内のみで行うため、大半の人は参列することができないからです。
この連絡を誤ると後々のトラブルにも繋がりかねないので、きちんとチェックをしておきましょう。

ここでは家族葬への参列辞退を友人に連絡する3つの方法について紹介します。

葬儀の報告と訃報を兼ねて送る

まず方法の一つとして挙げられるのが、葬儀後に葬儀の報告と訃報を兼ねてお知らせすることです。
この方法ならば、相手に余計な気を使わせずに訃報の知らせを届けることができるため、家族葬においては最も一般的な方法とされています。

ただし、一般的に訃報の知らせは葬儀前に届けるものとなっているので、訃報と事後報告に合わせて、連絡が遅れたことに対する詫びの一言を付け加えるようにします。

詳しい例文は次の段落でご紹介します。

訃報の通知に会葬辞退の旨を書く

上記の方法でほとんどの人は対応できますが、故人と特に親しかった友人への連絡をする場合は、訃報の通知と一緒に会葬辞退の旨を書くことも良いでしょう。
ただし、事後報告ではないため、人によってはどうしても葬儀に参列したいと思う人も出てくる可能性があります。

そうなると、後日トラブルに繋がる恐れがありますので、きちんと文面で会葬やご厚意を断る旨を明記することがポイントとなります。
また、葬儀の詳しい日時や場所を明記しないことで、相手に理解してもらうという方法などもございます。

詳しい例文は次の段落でご紹介します。

年賀状の代わりに喪中はがきを出す

一般的には2親等(兄弟姉妹・祖父母・孫)までの誰かが亡くなった場合に喪中となります。
そのため、遠くに住む故人の昔の友人などには、喪中はがきを使って訃報と葬儀の事後報告をするのが良いでしょう。
詳しい例文は次の段落でご紹介します。

以下の記事では、家族葬における香典の有無について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説

近年ごく親しい身内のみで執り行う家族葬が増加の傾向にあります。家族葬では香典を辞退するケースが多いようですが、訃報を受けた側からすると香典なしで問題ないのか悩みます。家族葬は香典なしで本当に良いのか、香典を辞退する際の注意点も交え解説します。

家族葬の際の友人への連絡の例文

葬儀

友人への連絡の仕方がわかったところで、実際どのような文面で相手に伝えるのが良いでしょうか。
一般葬の連絡と比較し、気をつけなければいけない点はあるのでしょうか?

ここでは故人の友人を家族葬に呼ぶ際や、訃報と家族葬を行なった報告など、友人への連絡についてパターン別に例文を紹介します。

家族葬に参列して欲しい場合

まずは参列して欲しい場合の例文をご紹介します。
ポイントとなるのは、家族葬ではあるけれど気兼ねせずに来て欲しいという点と、香典や供花などは辞退するという点をきちんと明記することです。

父 〇〇儀 昨年より入院療養中でございましたが
去る○月○日 〇〇歳にて永眠いたしました
ここに生前のご厚誼に感謝し 謹んでご通知申し上げます
尚 葬儀告別式は家族葬により左記の通り執り行います
家族葬ではありますが 気兼ねせずにご会葬いただければと存じます

一、日時
一、場所
  電話

尚 御香典やご供花等につきましても故人の遺志により辞退させていただきたくお願い申し上げます

平成〇〇年○月○日
〇〇県〇〇区〇〇ー〇〇
喪主 〇〇

葬儀の報告と訃報を兼ねて送る場合

葬儀の事後報告と訃報を兼ねて送る場合の例文をご紹介します。
ポイントとなるのは、葬儀は既に家族葬で執り行った点と、それに対するお詫びの文、そして香典等の辞退を明記することです。

父 〇〇儀 昨年より入院療養中でございましたが
去る○月○日 〇〇歳にて永眠いたしました
ここに生前のご厚誼に感謝し 謹んでご通知申し上げます

葬儀につきましては誠に勝手ながら近親者のみで執り行いました
お知らせが遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます

尚 御香典やご供花等につきましても故人の遺志により辞退させていただきたくお願い申し上げます

平成〇〇年○月○日
〇〇県〇〇区〇〇ー〇〇
喪主 〇〇

訃報通知と共に家族葬と伝える場合

訃報通知と家族葬であることを伝える場合の例文をご紹介します。
ポイントとなるのは、家族葬のため参列はお断りする点を明記することと、葬儀の日時や場所を明記しないことです。

父 〇〇儀 昨年より入院療養中でございましたが
去る○月○日 〇〇歳にて永眠いたしました
ここに生前のご厚誼に感謝し 謹んでご通知申し上げます

葬儀につきましては 故人の遺志により近親者のみの家族葬にて執り行います事をお知らせいたします
尚 御香典やご供花等につきましてもご辞退いただけますようお願い申し上げます

平成〇〇年○月○日
〇〇県〇〇区〇〇ー〇〇
喪主 〇〇

喪中はがきの例文

喪中はがきの例文をご紹介します。
基本的な内容は家族葬における訃報や事後報告と変わりませんが、最後に締めの文があることを忘れないようにしましょう。
また、はがきの場合は通常縦書きとなりますのでご注意ください。

喪中につき年末年始のご挨拶はご遠慮申し上げます
父 〇〇が○月○日 〇〇歳にて永眠いたしました

葬儀につきましては故人の遺志により誠に勝手ながら近親者のみで執り行いました
お知らせが遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます
尚 御香典やご供花等につきましても辞退させていただきたくお願い申し上げます

ここに生前に賜りましたご厚情に深謝致しますと共に 
明くる年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます

家族葬の会葬礼状については以下の記事をご覧ください。
例文も紹介しております。

こちらも読まれています

家族葬に会葬礼状は必要?会葬礼状の例文や香典返しについて紹介!

葬儀は家族や身内だけで見送ってほしいと考える方が多くなり、家族葬を選ばれる方が増えています。この記事では、家族葬での心を込めた会葬礼状についての説明に加えて、香典返し・返礼品、49日後に送るお礼状についてご紹介いたします。

友人の家族葬には参列してもいい?

葬儀

ここまでは、自分が家族葬の喪主・遺族側である場合に、故人と仲の良かった友人への連絡について解説してきました。
それでは逆に、自分が参列者側の場合は友人の家族葬に参列できるのかについて簡単に解説していきます。

個人的に参列を頼まれているか

家族葬に近親者以外が参列できるかどうかは、喪主側から個人的に参列を頼まれているかどうかがポイントとなります。
基本的に家族葬は、一般の人は参列できない葬儀であるため、個人的に頼まれない限りは参列を控えるのがマナーです。

葬儀の詳しい日時・場所が書いてあるか

訃報通知に明確なお願いが記述されていなくとも、葬儀の詳細が書いてある場合は、喪主側から招待されている可能性があります。
逆に葬儀の詳細が書いていない場合は、たとえ参列を断る文章が明記されていなかったとしても、参列は控えるようにしましょう。

わからなければ喪主側に確認

友人の家族葬に参列しても良いかを判断するポイントとしては、上記の2つを参考にしてください。
しかし、場合によっては喪主側のミスなどにより、どちらか判断できない状況も考えられます。
そのような際は、必ず喪主側に連絡し確認するようにしましょう。

特に家族葬は一般的な葬儀と違い、喪主側があらかじめ参列者を把握している葬儀でもあります。
自身の勝手な判断で無断欠席などをしてしまうと、最悪当日の進行にも影響が出てしまう可能性がありますので、分からない際はきちんと確認を取るようにしましょう。

家族葬は故人の職場に連絡する?

葬儀

近親者のみで行われる家族葬においても、故人が現役の社員であった場合は必ず職場に連絡をします
その時、ご会葬や御香典、ご供花などを辞退するという点をきちんと伝えましょう。

また、故人が現役でなく昔勤めていた職場の場合は、その会社に故人の知り合いがどの程度残っているかや、家族葬であることなどを考慮して連絡するかを決めます。

以下の記事では、家族葬における職場への連絡について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬でも職場への連絡は必要?連絡の仕方や香典返しの対応もご紹介

近年、家族葬を行う方が増えてきています。近親者だけで行うのが特徴の家族葬ですが、そんな家族葬の場合でも、職場への連絡は必要なのでしょうか?今回は家族葬でも職場への連絡は必要なのかを中心に、連絡の仕方や香典返しの対応についてもご紹介していきます。

家族葬の際の友人への連絡まとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、家族葬の際の友人への連絡について解説していきました。
以下、今回の内容をまとめます。

  • 家族葬でも、喪主側から個人的にお願いをされた場合は参列することができる
  • 死亡通知の連絡は、故人と最も親しかった友人に一括で連絡してもらう
  • 最も一般的な参列の断る方法は、葬儀後に葬儀の報告と訃報を兼ねてお知らせすることである
  • 故人と特に親しかった友人の場合は、訃報の通知と一緒に会葬辞退の旨をお知らせする
  • 遠くに住む故人の友人の場合は、年賀状の代わりに喪中はがきを出す
  • 家族葬に参列して欲しい場合は、家族葬ではあるけれど気兼ねせずに来て欲しいという点と、香典や供花などは辞退するという点をきちんと明記する
  • 葬儀の事後報告と訃報を兼ねて送る場合は、既に家族葬で執り行った点と、それに対する詫びの文、そして香典等の辞退を明記する
  • 訃報通知と家族葬であることを伝える場合は、家族葬のため参列はお断りする点を明記することと、葬儀の日時や場所を明記しないことである
  • 友人の家族葬に参列できるかどうかは、「個人的に参列を頼まれているか」「葬儀の詳細が明記されているか」で判断する
  • 故人が現役の社員だった場合は、家族葬であっても必ず葬儀の連絡を入れる
  • 故人が現役の社員でない場合は、会社に故人の知り合いがどの程度残っているか、家族葬であることなどを考慮し決める

近年注目を浴びている家族葬ですが、それでも今の所は全体の約3割程度しか家族葬は選ばれていません。
葬儀というものは、訃報の通知を貰ったらなるべく参列するというのが世間の常識なのです。

そのため家族葬を執り行う場合は、如何に喪主側が相手に誤解のないように連絡ができるかが、トラブルを無くす大きなポイントとなっていきます。
家族葬における友人への連絡で何か不安な点があれば、今回の記事を何度も確認していただければと思います。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、家族葬の費用について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

「家族葬・友人への連絡」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀にかかる費用がいくらかご存知ですか?葬儀はめったにない出来事ですからご存じないという方も多いでしょう。しかし、葬儀の費用について事前に理解を深めることは大切です。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法まで紹介します。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・友人への連絡」についてさらに知りたい方へ

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説のサムネイル画像

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!のサムネイル画像

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

家族葬の際の上司への対応は?失礼のない香典や弔問の断り方も解説のサムネイル画像

家族葬の際の上司への対応は?失礼のない香典や弔問の断り方も解説

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介のサムネイル画像

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーとは?喪主・参列者別に解説のサムネイル画像

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーとは?喪主・参列者別に解説

家族葬におけるルールとは?喪主側・参列者側に分けて徹底解説しますのサムネイル画像

家族葬におけるルールとは?喪主側・参列者側に分けて徹底解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「家族葬・友人への連絡」についてさらに知りたい方へ

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説のサムネイル画像

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!のサムネイル画像

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと