仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

仏具、お供え物などお仏壇について勉強しよう。

故人を祀るためのお仏壇には、さまざまなマナーがあります。しかし仏具の飾り方、お供え物について正しく知っている方は少ないのではないでしょうか?そこで今回は仏具やお供え物などお仏壇に関することについて詳しく紹介していきます。

最終更新日: 2020年02月28日

お仏壇とは

仏壇

仏壇とは、文字の通り仏様を祀るための台のことをいいます。
家庭にあるお仏壇は、寺院にあるお仏壇(内陣)を小型にして、厨子と一体化させて箱型にしたものです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、仏壇について以下の項目に沿って解説していきます。

  • 仏壇の購入場所
    仏具の種類や飾り方
  • 仏壇へのお供え物

お時間がない方でも知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後まで目を通していただけると幸いです。

お仏壇には種類がある

お仏壇といってもその種類はさまざまです。
金箔や金粉を施した漆塗りのお仏壇「金仏壇」、黒壇や紫壇などの銘木を使用した「唐木仏壇」、インテリア性が高く飾りやすいとされる「都市型・家具調仏壇」などがあります。

これでなければいけないというのはありませんので、お家に合わせて選んで下さい。

お仏壇はどこで買う?

いつ買うのが正解?

お仏壇には、いつ買うのが正解というのはありません。
一般的に多いのは肉親がなくなり、お仏壇が必要になった時に購入するというパターンでしょう。
しかし、お仏壇は決して安い買い物ではありません。
経済的な理由で、お墓と一緒に購入することができないという場合もあります。
そんな時は、お墓よりもお仏壇を優先して購入するようにして下さい。
なぜなら、故人のお位碑を置いたお仏壇のほうがお墓よりも日常的に接する機会が多いからです。

また家を新築、リフォームした時も購入のタイミングといえるでしょう。
設計の時に、お仏壇を置くスペースを確保することができるからです。
また自分が死んだ後のことを考えて、あらかじめ購入しておくという方も近年では増えています。
タイミングは人それぞれといえるでしょう。

購入場所

お仏壇は、どこで購入するもかご存知でしょうか?
一般的には仏壇専門店がありますので、そちらで購入されることをおすすめします。
また通販でも購入することができますので、時間のない方は通販を利用してみてはいかがでしょうかセットになっているものも販売されています。

価格について

お仏壇の価格はピンキリです。
安いものですと1万円代から購入することができます。
高いものがいいというわけではありませんが、一般的に高いお仏壇ですと長持ちするといわれています。
長く使用する方は高いものを購入されていた方がいいでしょう。
お仏壇には、中に飾る仏具も必要となってきます。
仏具のことも考えて購入するようにしましょう。

仏具

仏壇

お仏壇には仏具を飾らなければなりません。
ここでは仏具について紹介します。

ご本尊

宗教の信仰対象となるもので、それらを模した仏像(彫刻品)や絵(掛け軸)のことをいいます。

位牌(いはい)

死者の戒名や没年月日を書いた、木の札の仏具です。
葬儀の際に使用するのは白木の位牌で、これは四十九日までの間だけ用いる仮の位牌です。
四十九日の忌明けまでに、漆塗りの本位牌を用意します。

「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

仏飯器

お供えをするご飯を盛るための仏具です。
仏飯器は、仏器膳に乗せ一段高くしてからお供えします。

線香差 マッチ消

線香差は線香を刺して置いておくための保存用の仏具です。
マッチ消は、マッチの燃えカスを入れておくための仏具です。

茶湯器

お茶やお水をお供えする時に使用する仏具です。
茶湯器も仏飯器と同様、仏器膳に乗せ一段高くしてお供えします。

リン、リン棒

仏様を呼ぶために使用する仏具です。
鐘の音が仏様の世界と私達の世界をつないでくれるのです。

高月

お菓子屋果物などのお供えものを供える時に使用する仏具です。

香炉 

線香を供える時に使用する仏具です。

火立 花立

火立はろうそくを立てるための仏具で、花立は花を供えるための仏具です。

仏具の飾り方

お仏壇の飾り方は宗派によって異なります。
ここでは基本的な飾り方を紹介します。

まず、お仏壇の一番上の中央にご本尊を置きます。
ご本尊の左右に宗祖名号が書かれた掛け軸を飾ります。
位牌は、ご本尊が隠れないように飾って下さい。
左右か一段下がいいでしょう。
真ん中の段にはお供え物を飾ります。
中央に仏器膳、左右に高月です。
一番下にはリンや香炉、火立を飾ります。
これが一般的な仏具の飾り方です。

お仏壇のお供え物

仏壇

お供え物

お供え物に決まりはありません。
しかし一般的に肉や魚などの生ものはお供え物には向いていないとされています。
また、トゲのある花(バラなど)香りの強い花(ユリなど)もお供えには向いていません。
お酒やたばこもなども向いていないとされていますが、故人が好きであったなら飾っても良いでしょう。
しかし法事の時などお寺の方が見えられる時はお供えしないように気を付けて下さい。
お供え物として多いのはリンゴなどの果物、お菓子などです。
お盆の時期になるとお供え物のセットがスーパーなどで販売されているので、セットを購入してもいいですね。

お供え物の処分方法

お供え物が食べ物だった場合は、食べても良いとされています。
故人はお供えしたものを食べてもらうことを喜ぶそうです。
お供え物は、ご先祖様と分け合っていただくことで供養になるので失礼なことではありません。
捨てる場合は、半紙などの白い紙に包んでから処分するようにして下さい。

いかがでしたか?

今回は仏具やお供え物など、お仏壇に関することについて紹介しました。
お仏壇のことは知っておいて損はありません。
もしもの時に慌てないためにも、知識として入れておくことをおすすめします。

「終活ねっと」ではこの他にも仏具に関する記事を多数掲載しています。
以下の記事では、仏壇の仏具の正しい並べ方について解説しています。
ぜひご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事