家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説

最近、従来の葬儀ではなく家族葬を選択される方が増えています。家族葬は、一般的な葬儀より費用が抑えられると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。今回、家族葬にかかる費用や内訳を中心に、一般葬との内訳の差や費用を抑える方法もご説明します。

目次

  1. 家族葬の費用内訳とは
  2. 家族葬とは
  3. 家族葬にかかる費用の内訳とは
  4. 家族葬の費用を抑える方法
  5. 家族葬の費用に関する注意点
  6. 家族葬の費用内訳に関するまとめ

家族葬の費用内訳とは

お金

最近は従来の葬儀のスタイルが変わってきています。
今、都市部を中心に、従来の葬儀ではなく家族葬を選択される方が増えてきました。

それでは従来の葬儀と家族葬とは何が違うのでしょうか?

今回終活ねっとでは、家族葬の費用の内訳を中心に、費用を抑える方法や注意点をご説明します。
解説する内容は以下の通りです。

  • 家族葬と一般葬は何が違うの?
  • 家族葬の費用はどのくらい?
  • 家族葬の費用を抑えるには?
  • 家族葬の費用に関する注意点

家族葬の費用について疑問のお持ちの方や、費用を抑えたいと考えの方の参考になれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは

葬儀

最近は都心部では特に一般葬より家族葬を選ぶ方が増えてきています。

家族葬と一般葬との違いは、参列者です。
基本的に家族葬の参列者は親族と近親者、限られた友人、知人です。
参列者は10名程度が多く、家族葬は規模の小さな葬儀と言えるでしょう。

増えている理由として考えられるのが葬儀にかかる費用を抑えられることです。
経済的な理由で、葬儀を簡素化し費用軽減したいという方が増えているのです。

家族葬にかかる費用の内訳とは

お金

家族葬は参列者が少ない小規模の一般葬ともいえます。
一般葬儀と同じで、通夜を行い葬儀・告別式のあと出棺して火葬場に行き、最後に収骨後、精進振る舞いをするといった手順は変わりません。

それでは家族葬にかかる費用の内訳についてご説明いたします。

家族葬の費用の内訳

葬儀にかかる費用内訳は、会場にかかる費用、葬儀一式にかかる費用、会食にかかる費用、それと宗教者への支払う費用に大きく分かれます。

一般葬と費用の内訳が大きく違ってくるのは、祭壇などの葬儀一式の費用と通夜振る舞い・精進振る舞いでの飲食費です。

まず、会場にかかる費用から家族葬の費用の内訳をご説明していきます。

会場にかかる費用

会場は大きく分けて葬儀社が式場を持っている場合、寺院等運営の式場を借りる場合、公営の式場を借りる場合があります。
会場にかかる費用はそれぞれ以下の通りです。

  • 葬儀社が所有している斎場

    葬儀社が式場を持っている場合、葬儀社の式場を使うのが費用面からも、葬儀を滞りなく進行させる上でもよいと思います。
    他の葬儀場を借りると、借用費用に葬儀社の管理費用がプラスされるために、どうしても高くなってしまいます。

    また葬儀社も自社の式場だと、何がどこにあるかわかるので、式の進行を安心して行うことができます。

    費用は約20万円です。

  • 寺院等運営の斎場

    葬儀社が自社の式場を持っていない場合や、遺族が式場を指定する場合に使われます。
    葬儀社の管理費用がプラスされるため、やはり自社式場を使う場合より高めになります。

    費用は約30万円です

  • 公営の斎場を借りる場合

    公営の斎場は価格は安いですが、式場へは祭壇などを持ち込みますので、もし葬儀社の祭壇などを使用する場合は運送費がかかってきます。
    また、音や映像設備が整っていない場合は、依頼者の考えている葬儀が実現できない場合もあります。

    費用は約10万円です。

儀式・埋葬など葬儀一式にかかる費用

葬儀費用で最もかかるのは葬儀一式費用です。
葬儀全体の60%を占めます。

また、葬儀一式費用の内訳の中で最も費用がかかるのが祭壇費用です。
祭壇は故人そのものを表しておりますので、あまり簡素にするのも難しいでしょう。

祭壇には日本従来の白木の祭壇と、花で飾った祭壇があります。

  • 白木祭壇

    日本のお葬式における代表的な祭壇で仏式のお葬式で最も一般的な祭壇です。
    大きさで価格が変わりますが、家族葬の場合は2m程度の小さめなタイプで十分です。

    白木祭壇の場合は約15万円〜20万円です。

  • 花祭壇

    最近は祭壇を生花で飾る花祭壇が主流になってきました。
    特に家族葬ですと故人の好きだった花で祭壇を飾る花祭壇が見かけられます。

    花祭壇は、やはり生花代がプラスされますので約25万円〜35万円ぐらいになります。

祭壇のほかにも以下のような費用がかかります。

  • 遺影写真
  • ドライアイス
  • 位牌
  • 骨壷
  • 霊柩車
  • 式の運営スタッフ

祭壇を入れて合計65万円前後が相場となります。
家族葬の場合は一般会葬者がこないため、会葬礼状や改葬お礼、受付用品など、不要になる場合があります。

家族葬は一般葬に比べ、自分達の裁量で葬儀を決めやすく、上記項目から削除できるものもありますので、葬儀社と相談して必要なものを決めてください。

次に通夜振る舞い、精進振る舞いにかかる会食費用についてご説明いたします。

会食にかかる費用

会食にかかる費用は飲食接待の費用です。
通夜の後に行う振る舞いの費用と、最後まで葬儀をお世話になった方々への精進振る舞いの費用です。

費用の具体的な内訳は料理、飲み物代と配達の人件費になります。
10名の家族葬を例にすると、下記のように費用相場は約15万円になります。

内容 明細 単価 個数 金額 備考
通夜振る舞い料理 江戸前寿司 4,000円 10 40,000円 1皿1人前
オードブル 6,000円 1 6,000円
煮物など 9,000円 1 9,000円
洋食 9,000円 1 9,000円 サンドイッチ等
精進振る舞い 会席弁当 4,500円 10 45,000円 お吸い物付
配達の人件費 15,000円 1 15,000円 通夜振る舞い
15,000円 1 15,000円 精進振る舞い
飲み物 一式 10,000円
合計 149,000円

食事の時の飲み物は自分達で買ってきて運んだり、配膳すれば飲み物代と配膳人件費用は不要になります。

家族葬で葬儀全体の費用を抑えたいときには、会食費用が削減できる項目です。
家族葬は近親者のみで行うのでもてなす必要もあまりなく、会食を用意しない場合もあります。

他にも故人の好きだったレストランに行ったり、家で会食をすることができるのも家族葬の良いところです。
葬儀社の担当者と相談してください。

次に宗教者への費用についてご説明します。

宗教者への支払い

仏教形式で葬儀を行う場合の宗教者に支払う費用(お布施)の内訳は戒名費用と読経費用となります。

戒名費用はランクによって費用が変わり、戒名費用相場の目安は下記の通りです。

  • 戒名ランクが信士・信女号の場合 約10万円
  • 戒名ランクが居士・大姉号の場合 約30万円
  • 戒名ランクが院居士・院大姉の場合 約50万円

読経料は通夜、葬儀、初七日、火葬場での読経費用が含まれて約30万円です。

またお布施ではありませんが、車代と御膳料は1日5000円が目安です。
但し、送迎用のハイヤーを手配したり、式場で食事をされた場合は不要です。

家族葬にかかる全費用の相場

参列者10名による家族葬の費用は約140万円です。
この費用に火葬費用がプラスされます。

参列者の数、葬儀内容や葬儀社によって費用が上下します。
葬儀全体の内訳を下記にご紹介いたします。

内容 費用 備考
会場費用 20万円 葬儀社斎場
葬儀一式 65万円 2m花祭壇
飲食費用 15万円 10人分
宗教者への費用 42万円 信士・信女号
合計 142万円

小規模な家族葬といえど、一般葬と同じ式の内容を行いますので、大きな葬儀費用になります。
比較のために、以下に一般的な葬儀費用を紹介します。

一般葬にかかる費用

一般葬の場合は、参列者が50名以上になるため、祭壇を大きめにしたり、斎場までの案内板を立てたりしますので葬儀一式の費用が高くなります。

また、参列者が多くなるために、会食費用が高くなります。
比較のために家族葬の費用を内訳別に並べて紹介いたします。

内容 家族葬費用 一般葬費用 備考
会場費用 20万円 20万円 葬儀社式場使用
葬儀一式 65万円 80万円 一般葬4m花祭壇
飲食費用 15万円 65万円
宗教者への費用 42万円 42万円 信士・信女号
合計 142万円 207万円

また、一般葬は祭壇を含め葬儀一式と参列者が多いため、飲食費用が増えます。
家族葬は一般参列者が来ないため、オリジナルな葬儀を組み立てることができます。

次の章では費用を抑えるための案についてご紹介いたします。

家族葬の費用を抑える方法

困った人々

前述の通り、普通に家族葬を執り行いますと100万円以上は費用がかかってしまいます。

しかし家族葬は一般の参列者が来ないので、さほど世間体を気にする必要がありません。
葬儀内容を自分達で色々と決めることができるため、大胆に費用削減ができます。

ここでは、葬儀費用を削減する方法を2つ紹介いたします。

無宗教式の家族葬にする

多くの方が想像する葬儀の多くが、何らかの宗教を取り入れた葬儀です。
しかし、家族葬では無宗教式で家族葬を行うこともできるのです。

無宗教式の家族葬にすることで、宗教者への費用を削減することができます。
宗教者へのお金を削減すると前述の相場でいうと、およそ40万円の削減になります。

無宗教式の葬儀では読経がないぶん、遺族一人ひとりからお別れの言葉をいただいたり、故人の好きだった音楽をかけるなど、自由に葬儀を組み立てることができます。

但し、寺院墓地にお墓がある場合は、戒名がないと埋葬が許可されないことがありますので、先に菩提寺に確認が必要です。

会食をなくす

通常、通夜の進行が終わりますと、喪主による通夜振る舞いの挨拶が行われ、参列者に食事と飲み物が振る舞われます。
また、収骨が終わると精進振る舞いとして食事と飲み物が振る舞われます。

しかし家族葬であれば、近親者のみの参列であるため気を遣わず、会食を行わないといった選択も可能です。

また、前述のように故人の好きだったレストランで食べるといった形も取れます。
いずれにせよ、大きな費用の削減になるでしょう。

今まで10名の家族葬を例に紹介してきましたが、4名で家族葬を行ったときの費用や内訳について知りたい方はこちらもお読みください。

こちらも読まれています

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!

最近は家族葬を選択される方が増えています。少人数でもとり行うことのできる家族葬ですが、4人で行う際の費用の相場はどのくらいなのでしょうか?今回は4人で行う家族葬の流れや費用について、費用の内訳や人数による違いを中心に詳しくご紹介します。

家族葬の費用に関する注意点

困った人々

前章で紹介しましたが、家族葬は葬儀規模が小さくなるため、葬儀費用を抑えることができます。
しかし香典の収入も加味した葬儀全体の収支で考えると、一般葬より家族葬のほうが費用が高くなる場合があります。

香典は相互互助の意味合いを持ちますので、参列者が少ないと、当然香典収入もすくなくなります。
また、家族葬は負担を減らすために香典を辞退するのが一般的です。

故人との別れの時間を十分にとりたい場合は、家族葬で行うのがよいと思います。
しかし、費用を抑えるために家族葬にしている場合は、葬儀社と相談して、一般葬にするのか家族葬にするのかをもう一度考えた方が良いでしょう。

家族葬の費用内訳に関するまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、家族葬の費用の内訳を中心に、費用を抑える方法や注意点についてご説明してきました。

説明した内容は以下の通りです。

  • 家族葬は参列者を制限した小規模な一般葬のこと

    家族葬も一般葬と同じように通夜を行って翌日に告別式を行う。
    家族葬では親族、近親者、及びごく限られた友人に絞るので、参列者は10名程度になる。

  • 家族葬の費用は一般葬の3分の2程度

    葬儀自体が小規模になるので、祭壇も含め葬儀一式の費用が抑えられる。
    また参列者が少ないので、飲食費用が抑えられる。

  • 家族葬は式の内容を自由に決められる

    無宗教式の家族葬にすることで宗教者への費用を削減したり、会食を工夫することで会食費を削減できる。

  • 家族葬は収支で考えると一般葬より高くなることがある

    家族葬で葬儀の費用は削減できるが、香典収入が期待できない。
    そのため収支で考えると一般葬より高くなることがある。

今回ご紹介した内容が、葬儀に直面して費用や葬儀形式で困っている方々のお役に立ったなら非常にうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

家族葬をご存知ですか?家族葬は、一般葬より小規模で行うことができ、費用も節約できることで人気があるようです。では、家族葬に必要なものは何なのでしょうか。この記事では家族葬に必要なものを家族葬の準備や流れ・服装マナーとともにご紹介します。

「家族葬・費用・内訳」に関連する記事

  • 家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

    家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

    近しい親族だけで行う家族葬は費用が抑えられるイメージがありますが、100万円かかるという話も耳にします。実際には家族葬の費用はどのくらいかかるのでしょうか。今回は家族葬の費用は本当に100万円かかるのかについて、費用の内訳と一般葬との比較も合わせて解説します。

  • 家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

    家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

    最近では参列者を親族と近親者に絞った家族葬が一般的になってきました。また家族葬では葬式で二日かかってしまい、遠来者に負担をかけてしまうことから1日葬という葬儀も提案されています。今回、家族葬と1日葬の違いや葬儀の流れやメリット・デメリットを解説いたします。

  • 家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!のサムネイル画像

    家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!

    参列者の数が少ない家族葬はあまり費用がかからないイメージがありますが、実は高いと聞くこともあります。今回は家族葬の費用が本当に高いのか、具体例をあげながら費用相場について解説します。また、費用が高くなる理由や費用を抑えるコツも詳しくご紹介します。

  • 家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

    家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

    家族葬で行うお葬式は費用が安くなると言われています。しかし、具体的にどれくらい費用が安くなるかや、そのためにするべきことを知っている人は少ないのではないでしょうか?今回は家族葬で行うお葬式の費用を具体的に解説し、費用を抑えるコツも紹介します。

  • 家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

    家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

    昨今、様々な理由から盛大な葬儀ではなく、家族や親族のみの小さな葬儀である家族葬を執り行う方が増えてきています。 今回、終活ねっとでは、家族葬の葬儀費用の相場と内訳について解説していきます。 併せて、支払い方法や家族葬以外の葬儀形式の費用についても解説していきます。

  • 家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!のサムネイル画像

    家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!

    家族葬は小規模なものですから、費用を安価に抑える事ができるイメージがありますよね。30万円で葬儀が行えたら、非常に経済的です。果たして家族葬は本当に30万円で行えるのでしょうか?今回は家族葬において費用を抑える方法や、他の葬儀形式についても紹介していきます。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

  • 家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

    家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

    家族葬とは最近増加してきている、親族や親しい人だけで行う葬儀のことです。しかしいくら家族葬とはいえ、5人の場合は行うことはできるのでしょうか?今回、家族葬は5人という少人数でも行えるのかについてを中心に、費用の内訳や他の葬儀形式もあわせてご紹介します。

  • 4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!のサムネイル画像

    4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!

    最近は家族葬を選択される方が増えています。少人数でもとり行うことのできる家族葬ですが、4人で行う際の費用の相場はどのくらいなのでしょうか?今回は4人で行う家族葬の流れや費用について、費用の内訳や人数による違いを中心に詳しくご紹介します。

  • 2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

    2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

    最近は家族葬を希望されるご遺族が増えています。家族葬の増加には、高齢化社会と核家族化の影響があると言われいますが、核家族でご遺族が2人しかいなくても家族葬は執り行えるのでしょうか?今回は、2人で行う家族葬について具体的な費用や呼ばない人への対応を解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・費用・内訳」についてさらに知りたい方へ

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!のサムネイル画像

家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!のサムネイル画像

家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!のサムネイル画像

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「家族葬・費用・内訳」についてさらに知りたい方へ

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!のサムネイル画像

家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと