家族葬を会社に連絡する際の文例とは?社内通知やその後の対応を解説

家族葬はそのささやかな葬儀のかたちから注目されています。家族葬は親族に参列者を限定しているため会社への連絡を迷うかもしれません。今回終活ねっとでは家族葬を会社へ連絡すべきか説明しつつ、会社への連絡をする場合の文例をはじめ社内通知の文例についても紹介しています。

目次

  1. 家族葬の連絡と文例について
  2. 家族葬のことを会社に連絡すべき?
  3. 家族葬を会社へ連絡する際の文例
  4. 家族葬を会社内で通知する際の文例
  5. 家族葬を会社に連絡した後の対応
  6. 家族葬の連絡と文例についてまとめ

家族葬の連絡と文例について

葬儀

家族葬は親族を中心に営まれる、小規模な葬儀のかたちとして知られています。
家族葬では、参列者が限定されているため、会社などの参列も辞退しているケースがほとんどのようです。

そもそも、家族葬を執り行うということは事前に会社に連絡すべきなのでしょうか?
さらに、家族葬のことを会社に連絡するとした場合、文例はあるのでしょうか?

今回終活ねっとでは、家族葬の連絡と文例について、連絡後に注意したいポイントにも触れつつ、以下の項目を中心に解説していきます。

  • そもそも会社に家族葬についての連絡をするべきか?
  • 家族葬のことを会社に連絡する際の文例とは?
  • 家族葬のことを会社内で通知する際の文例とは?
  • 家族葬のことを会社に通知した後に気をつけたいポイント

家族葬のことを会社へ連絡する場合だけでなく、会社内で通知する場合の文例についても焦点を当てて解説していきます。

最近では家族葬を選ばれる方は増えてきています。
いざというときに焦らないためにも、ぜひ最後までご覧頂きたい記事となっています。

また、終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬のことを会社に連絡すべき?

困った人々

そもそも、家族葬のことは会社に連絡するべきなのでしょうか?

たしかに、家族葬は参列者以外に対しては葬儀終了後に一報を入れることが一般的でしょう。
しかしながら、故人が会社に勤めている場合であっても、自分が会社に勤めていて家族が亡くなった場合であっても、家族葬を執り行う前に会社に連絡をしておいたほうがよいです。

まず、故人が会社に勤めている場合は、会社側としても従業員が亡くなればそれ相応の対応をする必要がありますので、連絡するべきだといえます。
さらに、自分が会社に勤めていて家族が亡くなった場合は、事前に連絡をしないことで無断欠勤を疑われてしまう可能性があります。
葬儀後の報告ではトラブルの原因になってしまうかもしれません。

やはりいずれの場合でも事前の会社への連絡は行うべきでしょう。
また、自分が遺族という立場にいる場合は、会社が設けている慶弔休暇や忌引休暇などを利用することができるかもしれません。
このような休暇の扱いは会社によって異なりますので会社の就業規則等を確認しておくとよいでしょう。

家族葬を会社へ連絡する際の文例

葬儀

家族葬であっても会社へ連絡を入れたほうがよいということはご理解いただけたかと思います。
次は、家族葬を会社へ連絡する際の文例を見ていきましょう。

基本的には訃報連絡は電話で行います。
また、慶弔休暇や忌引休暇が設けられている会社では手続き上、書面での連絡が必要なケースがあります。
さらに、香典や弔問などを辞退している場合は書面での報告も併せて行うことで、葬儀後のトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

家族葬の連絡をする際には、伝えるべきポイントと伝えるべきでないポイントをしっかりと把握しておきたいものです。
そのようなポイントにも注意して読み進めていただければと思います。
また、以下でご紹介する文例はあくまでも一例です。

故人が会社に勤めている場合の文例

まず、故人が会社に勤めている場合の文例について見ていきましょう。
電話連絡の場合と書面での連絡の場合の文例をそれぞれ紹介しています。

電話連絡の文例
〇〇課の△△△△の妻です。昨日●●時に主人が亡くなりましたのでご報告させていただきます。
生前は大変お世話になりました。
故人の遺志により葬儀は家族のみで執り行います。
ご厚志につきましては誠に勝手ながら辞退させていただきます。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご配慮のほどよろしくお願い申し上げます。
書面での連絡の文例
平成▲▲年□月×日
〇〇課長 ▽▽▽▽殿
夫△△△△儀 かねてより病気療養中のところ、平成▲▲年□月×日に逝去いたしました。
生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。
夫の遺志により葬儀は家族のみで執り行います。
尚、誠に勝手ではございますが、弔問およびご香典、ご供花などのお気遣いは固く辞退させていただきます。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご配慮のほどよろしくお願い申し上げます。
[自分の連絡先を記入]

自分が会社に勤めている場合の文例

次に、自分が会社に勤めており家族が亡くなった場合について見ていきましょう。
こちらも電話連絡の場合と書面での連絡の場合の文例をそれぞれ紹介しています。

電話連絡の文例
〇〇課の△△△△です。昨日●●時に父が亡くなりましたのでご報告させていただきます。
故人の遺志により葬儀は家族のみで執り行います。
ご厚志につきましては誠に勝手ながら辞退させていただきます。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご配慮のほどよろしくお願い申し上げます。
書面での連絡の文例
平成▲▲年□月×日
〇〇課長 ▽▽▽▽殿
父△△△△が病気療養中のところ、平成▲▲年□月×日に逝去いたしましたため、以下ご報告申し上げます。
故人の名前と享年  [故人の名前と享年を記入]
通夜        [日時を記入]
葬儀告別式     [日時を記入]
場所        [斎場を記入]
喪主        [喪主の名前を記入]
備考        就業規則第~~条により、~月~日から7日間の慶弔休暇を申請させていただきます。
故人の遺志により葬儀は家族のみで執り行う予定でございますので、ご厚志につきましては誠に勝手ながら固く辞退させていただきます。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご配慮のほどよろしくお願い申し上げます。
[自分の連絡先を記入]

書面での連絡の際は家族葬であれば斎場の住所など詳細な情報は添える必要はありません。
さらに、喪主の名前を記入するとともに喪主の続柄も併せて記入するとよいでしょう。
また、慶弔休暇などの規則がある場合はその申請も併せて行いましょう。

会社に訃報を伝える際のポイント

ここで会社に訃報を伝える際のポイントをご紹介します。
伝えるべきでないことを押さえつつ、伝えるべきことを最低限盛り込むようにしましょう。

伝えるべきポイント

以下の情報は最低限伝えておきたいものですのでご確認ください。
特に家族葬の場合は、近親者を中心に葬儀を執り行うという旨や香典辞退の旨などを忘れずに記入しましょう。

  • 故人の名前
  • 故人の亡くなった日時
  • (自分が遺族ならば)慶弔休暇や忌引休暇の申請
  • 家族で葬儀を執り行う旨
  • (必要であれば)弔問や香典、供花などを辞退する旨
  • 自分の連絡先

伝えるべきでないポイント

家族葬であれば会社の参列を辞退することが多いでしょう。
したがって、葬儀の具体的な日時や斎場の所在地を伝える必要はないでしょう。
むしろ、伝えたことによって会社の関係者が葬儀に参列しようとするなど、予期せぬトラブルが起きてしまうかもしれませんので注意が必要です。

伝える範囲を限定する

家族葬を執り行うという場合、混乱を避けるためにも訃報は限られた一部の関係者のみに伝えるようにしましょう。
訃報は直属の上司や葬祭担当者などに絞って伝えるとよいです。
他の関係者に伝える場合は葬儀が終了した後に連絡してもらうようにしましょう。

家族葬を会社内で通知する際の文例

葬儀

社員の訃報や社員の家族の訃報を社内で共有することは重要です。
社員が欠けるということは少なからず業務に影響を及ぼしますので、スムーズかつ正確な情報共有が求められます。
ここでは、会社内で訃報を通知する際の文例を、家族葬を執り行う場合に絞って、ご紹介していきます。

会社内向けの訃報の文例

まず、故人が社員であった場合から見ていきましょう。

社員各位
〇〇部●●課 □□□□殿には、平成▲▲年□月×日、享年~~歳にて永眠されました。
ここに謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
ついては通夜および葬儀、告別式は故人の遺志によりご家族のみで執り行うとのことですので、ご会葬はお控えいただくようお願い申し上げます。
ご厚志(香典、供花、弔電など)は固くご辞退なされております。
家族葬との意向ですので葬儀日時や場所の記載はいたしません。

次に、社員の家族が亡くなった場合を見ていきましょう。

社員各位
〇〇部●●課 □□□□殿の尊母■■■■様には、病気療養中のところ薬石効なく平成▲▲年□月×日、享年~~歳にて永眠されました。
ここに謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
ついては通夜および葬儀、告別式は故人の遺志によりご家族のみで執り行うとのことですので、ご会葬はお控えいただくようお願い申し上げます。
ご厚志(香典、供花、弔電など)は固くご辞退なされています。
家族葬との意向ですので葬儀日時や場所の記載はいたしません。

会社内に訃報を通知する際のポイント

葬儀後のトラブルを未然に防ぐためにも、家族のみで葬儀を行うという旨をしっかりと伝えるべきでしょう。
さらに、弔問や香典、供花などを辞退するのであればその情報もしっかり共有するべきです。
家族葬を選んだ遺族の意向をしっかりと汲み取ることが肝要です。

家族葬を会社に連絡した後の対応

葬儀

会社の慶弔規則によっては慶弔見舞金会社名義の香典を受け取ることが可能な場合があります。
また、香典や弔問を辞退していてもこれらの対応に追われる場合があります。
家族葬を会社に連絡した後に起こりうることやそれらへの対応策は事前に押さえておきたいものです。
順に見ていきましょう。

慶弔見舞金を受け取った場合

慶弔見舞金とは従業員やその家族の慶弔事に対して給付されるお金のことです。
慶弔見舞金の支給は会社の支払い義務はありません。
しかしながら、多くの会社が福利厚生の一環として慶弔見舞金制度を導入しています。

家族葬であれば香典を辞退していることが多いですが、慶弔見舞金は香典と異なるものであるとする見方が一般的です。
慶弔見舞金は返礼が不要であり、社員に対して支払われ、葬儀後であっても渡すことができるなどといった点で香典と異なります。

したがって、たとえ家族葬で香典を辞退している場合であっても、慶弔見舞金を申請することは問題ないことですし、受け取った後の返礼の必要もありません。

会社名義の香典を受け取った場合

会社名義の香典も会社の慶弔規則で定められたものであることがほとんどであり、会社の経費が充てられています。
したがって、会社名義の香典を受け取った場合は香典返し(返礼品を贈る)をする必要はありません

個人名義の香典や弔問への対応

家族葬で香典や弔問を辞退していても、個人名義での香典をおくることや後日の弔問を求める方もいらっしゃるかもしれません。
たしかに、遺族の意向を汲み取らずにこのような行動を取ることは失礼なことですが、相手の気持ちもむげにできないですから、感謝の意を述べてから丁重にお断りするのがよいでしょう。

このようなトラブルを最小限に留めるためにも、会社への訃報連絡をする際にはしっかりと故人や遺族の意向を伝えておくことが重要でしょう。

こちらも読まれています

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説

近年ごく親しい身内のみで執り行う家族葬が増加の傾向にあります。家族葬では香典を辞退するケースが多いようですが、訃報を受けた側からすると香典なしで問題ないのか悩みます。家族葬は香典なしで本当に良いのか、香典を辞退する際の注意点も交え解説します。

家族葬の連絡と文例についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、家族葬の連絡と文例について、以下の項目を中心に解説してきました。

  • 家族葬という親族中心のささやかな葬儀であっても、事前に会社に連絡をすることはトラブルを防ぐためにも重要である。
  • 家族葬の連絡を会社に行う場合は、家族を中心として葬儀を執り行う旨や香典や供花、弔問の辞退の旨などをはっきりと伝えるべきである。
  • 社員が家族葬を執り行う場合は、家族を中心として葬儀を執り行う旨や香典や供花、弔問の辞退の旨などをしっかりと会社内に共有すべきである。
  • 会社の就業規則等に慶弔見舞金制度や会社名義の香典について言及があるか予め確認しておくと、いざというときに安心である。
  • 香典や弔問の辞退をしているにもかかわらず、個人名義の香典や弔問を求めてくる者に対してはその気持ちだけ頂戴し、丁重に断るべきである。

お別れのときはいつやってくるかわかりません。
もし家族葬を選ぶのであれば、故人や遺族が思うような葬儀を営むためにも、遺族側はきちんとした会社への連絡が必要でしょう。
一方で、会社側も故人や遺族の気持ちをしっかりと汲み取った上で、会社内に情報を共有することが求められます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介

家族葬で香典・弔問を辞退するという形式は、比較的新しいスタイルです。そのため、家族葬でどのように香典・弔問を辞退すればよいか、迷われる方も多いでしょう。今回記事では、そのような方々のために、香典・弔問を辞退するタイミングや使える文例をご紹介します。

「家族葬・文例・会社」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・文例・会社」についてさらに知りたい方へ

家族葬での会社からの香典はもらっていい?お返しについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬での会社からの香典はもらっていい?お返しについてもご紹介

家族葬を会社にメールで伝えるには?伝えるべきポイントや例文も紹介のサムネイル画像

家族葬を会社にメールで伝えるには?伝えるべきポイントや例文も紹介

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!のサムネイル画像

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!

家族葬の際の上司への対応は?失礼のない香典や弔問の断り方も解説のサムネイル画像

家族葬の際の上司への対応は?失礼のない香典や弔問の断り方も解説

家族葬でも職場への連絡は必要?連絡の仕方や香典返しの対応もご紹介のサムネイル画像

家族葬でも職場への連絡は必要?連絡の仕方や香典返しの対応もご紹介

家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介のサムネイル画像

家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介

家族葬は友人への連絡をする?連絡のタイミングや内容、例文も紹介のサムネイル画像

家族葬は友人への連絡をする?連絡のタイミングや内容、例文も紹介

家族葬におけるルールとは?喪主側・参列者側に分けて徹底解説しますのサムネイル画像

家族葬におけるルールとは?喪主側・参列者側に分けて徹底解説します

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!のサムネイル画像

家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「家族葬・文例・会社」についてさらに知りたい方へ

家族葬での会社からの香典はもらっていい?お返しについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬での会社からの香典はもらっていい?お返しについてもご紹介

家族葬を会社にメールで伝えるには?伝えるべきポイントや例文も紹介のサムネイル画像

家族葬を会社にメールで伝えるには?伝えるべきポイントや例文も紹介

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!のサムネイル画像

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!

家族葬の際の上司への対応は?失礼のない香典や弔問の断り方も解説のサムネイル画像

家族葬の際の上司への対応は?失礼のない香典や弔問の断り方も解説

家族葬でも職場への連絡は必要?連絡の仕方や香典返しの対応もご紹介のサムネイル画像

家族葬でも職場への連絡は必要?連絡の仕方や香典返しの対応もご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと