自分はその家族葬にお参りすべき?参列判断の仕方や参列マナーを解説

葬儀の際、家族葬を選ばれる方が増えています。家族葬には一般葬にないマナーがあると言いますが、知人の葬儀が家族葬だと知った時にはお参りしても良いのでしょうか。この記事では家族葬にお参りするべきかどうか、参列判断の仕方や参列マナーを解説していきます。

目次

  1. 家族葬のお参りの仕方とは
  2. 自分は家族葬にお参りすべき?
  3. 家族葬のお参りの際のマナー
  4. 家族葬に参列しない場合のマナー
  5. 家族葬のお参りの仕方に関するまとめ

家族葬のお参りの仕方とは

葬儀

家族葬は遺族と親族を中心として、こじんまりと執り行われる葬儀です。
都市部を中心に近年、増加の傾向にあります。

知人の訃報が入ってきた際に家族葬であることがわかった時は、どう対応したら良いのでしょうか。
お参りに出かけても良いものなのでしょうか。
失礼がないように対応したいものです。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬のお参りの仕方を参列判断の方法や参列マナーと共に以下の項目を解説していきます。

  • 自分は家族葬にお参りすべきかどうかの参列判断の仕方について
  • 家族葬のお参りの際の服装について
  • 家族葬のお参りに香典は持参する?
  • 後日の弔問について
  • お悔やみの連絡について

家族葬のお参りの仕方を詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧いただき、知識を深めていただければと思います。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

自分は家族葬にお参りすべき?

葬儀

知人の葬儀が家族葬で行われると知った際は、お参りに行って良いものなのでしょうか。
家族葬は身内のみで行われる小規模の葬儀です。
そのため、お参りは控えたほうが良いと聞きますが、場合によってはお参りに出かけたほうが良いときもあるとも聞きます。

参列の判断はどこでしたら良いのでしょうか。
ここでは、家族葬にお参りすべきかどうかの参列判断の仕方を解説します。

参列の判断は葬儀案内で

葬儀報告とは訃報の連絡のことになります。
電話連絡でご逝去されたことや葬儀の日取りなどの連絡がまず入りますが、その後、FAXなどで葬儀案内として詳細が送られてくることが一般的です。
葬儀案内にはご逝去された方の名前のほか、喪主や葬儀の日時や場所が記載されています。

家族葬にお参りするべきかどうかの参列判断は、その葬儀の案内を確認すれば判断が可能です。
具体的な判断の仕方を見ていきましょう。

葬儀の日時・場所が記載されている場合

葬儀案内を確認してみましょう。
一般葬と同様に葬儀の日時・場所が記載されており、参列について辞退する旨が載っていなければ家族葬でも参列できる可能性は高いです。

参列は出来ても香典や供花に供物などは辞退されていることがありますのでチェックをしておきましょう。
ただし、家族葬と記載があるだけで参列は辞退していると遺族側は理解している可能性もあるので注意が必要です。

葬儀の日時・場所が記載されていない場合

ご逝去された方の名前と亡くなられた日時のみが記載された葬儀案内が送られてくることがあります。
一瞬、記載漏れではないのかと疑ってしまいそうですが、そうではありません。

家族葬という記載があり、葬儀の日時・場所が記載されていないものは明確に遺族の意志が反映されていることになります。
参列を辞退していることを意味しているのです。

参列辞退の意思表示をされているので、遺族側に日時や場所を確認してはいけません。

喪主に確認する

お参りをする、しないの判断を間違うと、礼を欠くことになるので特に慎重に判断をしなくてはいけません。
葬儀報告に明確に参列を辞退する旨が記載されていれば、お参りはしないという判断をすることが可能です。
しかし、中には前述のようにどちらとも取れるような場合もあります。

そうなると、どうすればよいのか全く判断ができなくなってしまいます。
このように迷った時は、喪主に確認を取りましょう。
一番確実で安全です。

家族葬のお参りの際のマナー

葬儀

家族葬にお参りする際にはマナーがあります。
家族葬ならではのマナーもありますので気を付けなくてはいけないことが多いと言えます。
ここでは、家族葬のお参りの際のマナーに関して服装と香典に着目して解説していきます。

服装

服装に関しては、家族葬だからといって一般葬との違いがあるわけではありません。
男女別、子供の服装は以下の通りです。

男性

男性はブラックスーツ、ネクタイも黒色を着用します。
ワイシャツは白でカフスボタンは付けず、ネクタイピンも使用しません。
靴下も黒色で靴も黒色が基本です。

結婚指輪以外のアクセサリーはしてはいけません。
お通夜への参列の場合は、地味目な平服でも問題はありません。

女性

女性は黒色のフォーマルスーツかワンピース、アンサンブルを着用します。
肌をあまり露出しないものが好ましく、フリルがあるものなどはNGです。

ストッキングも黒色で靴も黒色にします。
派手な金具がついた靴は避けます。

また、結婚指輪以外のアクセサリーは外します。
真珠のネックレスの1連のものは着用が可能です。
冬場の葬儀では、毛皮のコートなど殺生を連想させる革製品を身につけることは避けましょう。

子供

子供が学生の場合は制服があれば、制服を着用します。
制服がない場合や幼児は黒色の服があれば良いですが、ない場合は紺のブレザーに紺のズボンやスカート、紺のセーターを着用します。
白のシャツかブラウスで靴下は白を履きます。

フリルが付いたものや派手な色の服は控えます。

平服でお越しくださいと言われたら?

平服と言われても、普段着で参列していいというわけではありません。
ここでいう平服とは、略喪服のことを意味します。

男性は地味な色の無地のスーツ、女性であれば地味な色のスーツやワンピースを着用しましょう。

香典は持っていくべき?

家族葬の場合は香典や供花、供物などは辞退されることが多いです。
受付での対応の手間を省き遺族の負担を軽減することや、香典返しの費用を削減するという理由からです。
そのため、葬儀案内に香典辞退の旨が記載されていれば香典は持参しないで良いでしょう。

ただし、家族葬と言っても必ずしも香典を辞退するとは限りません。
葬儀によっては一般葬と同様に香典を受け付けていることもあります。
もしも、葬儀案内に香典辞退に関しての記載がない場合は辞退されていない可能性もあるのです。

勝手な判断で香典を持参せずに出向き、受付で焦ることになっては困ります。
念のため香典は持参して行きましょう。
受付で辞退されるということであれば、その場で取り下げれば問題ありません。

以下の記事では、家族葬に贈る供花について贈り方やマナーと共に詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!

近年家族葬が増え、お葬式の参列や供花についても考え方が変化してきています。この変化の中で、家族葬に供花を贈りたいけれど、贈り方やマナーが分からないという声をよく耳にします。この記事では、そのような方々のために家族葬の供花の方法やマナーについて解説します。

家族葬に参列しない場合のマナー

葬儀

家族葬のため参列をすること出来なかった場合でも、何らかの形で弔意を表したいものです。
ここでは、家族葬に参列しない場合のマナーに関して解説します。

後日弔問する

葬儀が家族葬で行われた場合は、親族でなければ参列が出来ないことがあります。
その場合は、後日弔問をすることで弔意を伝えるという方法があります。
弔問する場合でもマナーは存在しています。

遺族への配慮はしっかりと行い、失礼がないようにしましょう。

弔問していいかの確認をとる

葬儀でお参りができなかったので、弔問するという気持ちは故人にとっても遺族にとってもありがたいはずです。
ただし、その場合も遺族への配慮を第一に考えることを忘れてはいけません。

自分の都合で勝手に弔問するのは止めましょう。
遺族にも都合があります。
勝手な行動をすると逆に迷惑をかける事にもなるので十分に注意をしましょう。

まずは、事前に弔問をしてよいかどうか、喪主に確認を取りましょう。
喪主が都合の良い日を選んでもらって日取りを決めましょう。

弔問をするタイミングは、葬儀後1週間は空けてからにしましょう。
早すぎると何かと落ち着いていない時にうかがうことになるので止めましょう。
遅すぎても喪主を困惑させることになるので、四十九日前までには弔問は行うべきです。

弔問時のマナー

弔問時のマナーとして気を付けておきたいことは服装や持ち物です。

服装に関しては喪服ではなく平服でうかがいましょう。
グレーや紺系の地味目な色の物を選びましょう。
派手な服装をせず、アクセサリーなどはできるだけ身につけないことがポイントです。

持ち物については、手土産は不要ですが供物を持参するのは問題ないです。
ただし、お返しが必要に思えるような高価なものを持参するのは控えましょう。

香典については、家族葬で辞退されていた場合は持参してはいけません。
香典を受け付ける家族葬もあるので、ハッキリとわからない場合は喪主に事前に確認しておいても良いでしょう。

お悔やみの連絡をする

家族葬に参列できなかったが、後日弔問することも諸事情で出来ないということも考えられます。
そのような場合は、お悔やみの手紙を送るということで弔意を表すことも出来ます。
その際、故人との関係性も併せて記入して手紙を送りましょう。

香典を辞退されていない家族葬の場合であれば、現金書留にして香典を同送しても構いません。

相手のお返しが必要な物品は送らない

家族葬の場合は多くの場合、香典や供花、供物などは辞退されていることが多いです。
事情はそれぞれですが、基本的には葬儀の費用を抑えたいという意思が遺族の中にあることは間違いありません。

そのような場合、家族葬に参列しなかった場合でもお返しが必要と思われるような物品は送らないことがマナーです。
香典や供花、高価な供物などを送ることは控えましょう。
送るにしても線香や故人が好きだった3千円程度の品物にしておきましょう。

以下の記事では、家族葬を後日知った際の香典に関する対応について詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬を後日知った際の香典に関する対応について解説します!

最近注目を浴びている家族葬ですが、一般葬と違い参列者を招かないために、家族葬が行われていたことを後日知る方もいるのではないでしょうか?そんなとき香典はどう渡したらよいのか困ってしまいますよね?今回は家族葬を後日知ったときの香典の対応について解説します。

家族葬のお参りの仕方に関するまとめ

葬儀

家族葬にお参りするべきかどうかの参列判断や参列マナーに関して、おわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、家族葬のお参りの仕方について以下のことを解説してきました。

  • 家族葬の参列判断は葬儀報告の案内を確認することでわかるが、どうしてもわからない時は喪主に確認するのが良い。
  • 家族葬のお参りの際のマナーは服装に関しては一般葬と変わりがないが、香典については辞退されているかどうかを確認し、不明な場合は念のために持参すると良い。
  • 家族葬に参列しない場合は後日弔問したりお悔やみの手紙を送ったり、お供え物を送るなどで弔意を表すことが出来るが、いずれの場合もマナーが存在するので注意が必要。

家族葬に参列できるかどうかは、葬儀報告を見ればたいがいの場合はわかります。
参列する際は香典や供花に関してしっかりと確認をすることが必要です。

参列しない場合でも弔問することなどで弔意を表すことは可能です。
その際でも、大切なのは遺族の気持ちや都合だということを忘れてはいけないということになります。

終活ねっとでは「家族葬のお参りの仕方」に関する記事以外にも、家族葬に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

「家族葬・お参り」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・お参り」についてさらに知りたい方へ

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説のサムネイル画像

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

家族葬のお供え物に果物はいい?弔問のマナーや供物の相場などを解説のサムネイル画像

家族葬のお供え物に果物はいい?弔問のマナーや供物の相場などを解説

職場の同僚の家族葬には参列するべき?香典を贈る際のマナーも紹介!のサムネイル画像

職場の同僚の家族葬には参列するべき?香典を贈る際のマナーも紹介!

同僚の親の家族葬に香典は必要?葬儀後の弔問マナーや線香作法も紹介のサムネイル画像

同僚の親の家族葬に香典は必要?葬儀後の弔問マナーや線香作法も紹介

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介のサムネイル画像

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーとは?喪主・参列者別に解説のサムネイル画像

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーとは?喪主・参列者別に解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「家族葬・お参り」についてさらに知りたい方へ

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説のサムネイル画像

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

家族葬のお供え物に果物はいい?弔問のマナーや供物の相場などを解説のサムネイル画像

家族葬のお供え物に果物はいい?弔問のマナーや供物の相場などを解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと