家族葬でスーツを着用しても問題ない?身だしなみのマナーも解説

近年、家族葬という葬儀形式を選ぶ人が増えています。家族葬ではどのような服で参列すべきなのでしょうか?家族葬ならスーツを着用しても問題ないのでしょうか?この記事では、家族葬にスーツを着用してもいいのか、またふさわしい服装や身だしなみについても解説していきます。

目次

  1. 家族葬にスーツを着用しても問題ない?
  2. 家族葬とは
  3. 家族葬でのスーツの着用について
  4. 家族葬におけるその他のマナー
  5. 季節別の家族葬の服装
  6. 家族葬で子供は何を着る?
  7. 家族葬におけるスーツについてまとめ

家族葬にスーツを着用しても問題ない?

困った人々

家族葬ではスーツを着用することはできるのでしょうか。
一口にスーツといえども、ビジネススーツやブラックスーツなど、いくつかの種類に分かれます。
家族葬においては、どのようなスーツであれば着用することができるのかご存知ですか?

今回、終活ねっとでは、家族葬にスーツを着用してもいいのかに関連して以下のように詳しく解説していきます。

  • 家族葬とはどんな葬儀?
  • 家族葬ではスーツの着用はできる?
  • 家族葬で髪型・メイク・ネイル・持ち物のマナーは?
  • 家族葬における服装の季節ごとの注意点は?
  • 家族葬における子供の服装は?
  • 家族葬にスーツを着用することに関するまとめ

家族葬の服装マナーはもちろん、身だしなみについてや季節ごとの服装例なども、詳しくご紹介しています。家族葬の服装で迷っている方はもちろん、今後の家族葬への参列に備えてぜひ最後までお読みください。

また、終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは

葬儀

家族葬とは、家族や親戚、ごく親しい友人だけで行う、小規模な葬儀形式のことです。
必ずしもこうしなければならないといった決まりはなく、故人や家族が参列者の範囲を自由に選択することが可能です。

気心の知れた人だけで、落ち着いて故人を偲ぶことができるメリットがあります。
そのため、近年では家族葬を希望されるご家族も増えてきているようです。

家族葬でのスーツの着用について

葬儀

家族葬ではスーツの着用は可能かどうかご存知ですか?
また、その場合はどのようなスーツであれば着用できるのでしょうか。

家族葬でのスーツ着用について、また服装をご紹介します。

喪主も参列者もビジネススーツは避ける

家族葬においても、服装のマナーは一般的な葬儀と基本的に同じです。

男性の着用するスーツは、黒であってもビジネススーツの着用は避けます
喪主の場合は正喪服もしくは準喪服を着用します。

ただし、通夜は準喪服の着用で構いません。
参列者の場合は、家族葬において特に服装の指示がなければ、準喪服を着用します。

では、正喪服・準喪服について、具体的な服装を以下でご紹介していきます。

  • 正喪服

    正喪服は、葬儀において喪主が着用します。
    参列者は喪主よりも、格式の低い礼服を着用する決まりがあります。
    正喪服はもっとも格式の高い礼服とされていますので、参列者は着用しません。

    和装の場合は紋付羽織り袴を着用します。
    洋装の場合はモーニングを着用します。

    近年では、喪主であっても、準喪服にあたるブラックスーツを着用する方も増えてきているようです。

  • 準喪服

    準喪服は喪主、参列者共に着用することができます。

    準喪服ではブラックスーツを着用します。
    ブラックスーツとは、光沢のない素材のもので、一般的なビジネススーツとは異なります。
    スリーピースを着用する場合も黒を着用します。

    ワイシャツは白のレギュラーカラーのものを着用します。
    カジュアルな印象のボタンダウンのものは、喪服にはふさわしくありません。

    ネクタイや靴下も黒のものを選びます。
    タイピンは必要ありません。

    靴も黒のものを着用します。
    あまり装飾がない、控えめなデザインのものを選ぶと良いでしょう。

女性はワンピースやアンサンブルでも良い

女性の正喪服は、和装の場合、染め抜きの五つ紋の黒無地の着物を着用します。
洋装の場合はブラックフォーマルを着用します。

また、ブラックフォーマルは準喪服でも着用することができます。
ブラックフォーマルは、黒のスーツの他、黒のワンピース・アンサンブルなどを指します。
光沢のない無地のものや、あまり目立たないシンプルな織り柄のものを選びます。

女性のスーツにおいても、ビジネススーツはふさわしくありません
ブラックスーツを着用し、インナーも黒のものを選びます。

露出を控えるため、スカートの丈は膝が隠れるくらいの長さのものがよいでしょう。
黒のストッキングを着用します。
タイツはカジュアルな印象を与えますので避けましょう。

靴は3〜5cm程度のヒールがある、シンプルなパンプスを選びます。
また、エナメル素材のものは、光沢がありますので着用は避けます。

平服でお越しくださいと言われたら?

葬儀の案内状などに「平服でお越しください」と書かれている場合もありますが、平服についてご存知でしょうか。
平服とは普段着のことではなく、略喪服のことを指します。

では、略喪服とはどのようなものなのか、男女別に例を挙げてご紹介します。

  • 男性の略喪服

    ダークグレーなどの地味な色味のスーツを着用します。

    略喪服であっても、光沢はできるだけ抑えたものが好ましいです。
    無地や無地に近いものが良いでしょう。

    ネクタイや靴下は黒のものを選びます。
    シャツは白いレギュラーカラーのものが良いでしょう。

  • 女性の略喪服

    ダークグレーなどの地味な色味のワンピース・アンサンブル・スーツなどを着用します。

    無地や無地に近い織り柄の他、派手でないチェック柄や水玉模様も着用することができます。
    靴は、悪目立ちしないものであれば、多少装飾があっても着用することが可能です。

    略喪服であっても、露出は控えることが基本ですので、胸元が開きすぎないデザインのものを選びましょう。

また、以下の記事では家族葬における喪主の挨拶について詳しくご紹介しています。

家族葬で喪主を務めることになったら、どのような挨拶をすれば良いか、また挨拶のタイミングについても詳しくご紹介しております。

ご興味のある方は、ぜひこちらの記事もお読みください。

こちらも読まれています

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

家族葬は身内だけで簡単に行える葬儀ですが、喪主の挨拶は必要です。家族葬で喪主が挨拶するタイミングや内容は一般の葬儀と違うこともあります。今回は、家族葬で喪主が挨拶をするタイミングや文例について紹介します。

家族葬におけるその他のマナー

葬儀

以下では家族葬における、その他の身だしなみのマナーについてご紹介します。
また、必要な持ち物についても、合わせてご紹介します。

髪型について

極端に明るい髪色は、黒く染めなおすのがマナーとされています。

染めることが難しい場合、当日だけ色を抑えるスプレーも市販されていますので、そういったものを利用すれば、すぐに対応が可能でしょう。

それでは、以下では髪型のマナーについて、男女別にご紹介します。

  • 男性

    基本的には、耳や額が見える長さが良いとされています。

    もし、それよりも長い場合には、整髪料を使用して、長い前髪は横に流すなどします。
    癖のある髪も整髪料でまとめ、清潔感のある髪型を意識しましょう。

    使用する整髪料は、光沢が出ないもの、匂いのないものを選びます。

  • 女性

    女性の場合も、清潔感を意識した髪型に仕上げます。

    ボリュームのある髪は整髪料で抑えるなどし、長さのある髪は黒いヘアゴムなどで一つにまとめます。

    お焼香の時などに髪が顔にかかり、ルーズな印象を与えることもあります。
    結べる程度の長さがある場合には、まとめた方が良いでしょう。
    髪をまとめる際は、必ず耳の位置よりも低いところでまとめます。

    黒いヘアゴム以外に、あまり装飾のない黒いバレッタなども使用することができます。
    ラインストーンなどの光る装飾がないものを選びましょう。

メイク・ネイルについて

以下では女性のメイク・ネイルについてのマナーを紹介していきたいと思います。

  • メイク

    葬儀でのメイクは薄化粧が基本です。
    また、ノーメイクも特別な事情がない限り、失礼にあたります。

    派手な印象を与えないよう、ナチュラルな仕上がりを心がけます。

    血色を出す程度の薄い口紅は問題ありませんが、はっきりと色が付くものは控えます。
    また、アイシャドウやチークも必要ありません。

    しかし、どうしても顔色が気になる場合などは、血色を出す程度に控えめなカラーのものを使用します。
    その際、パールやラメの入ったものは避けるよう注意します。

  • ネイル

    基本的にはネイルは落として参列します。

    マニキュアであれば、すぐにご自分で落とすことも可能ですが、ジェルネイルはサロンに出向いて、オフしてもらうのが一般的です。

    もし、どうしてもそれが難しい場合には、黒のレースの手袋を着用して参列する方法もあります。
    ただし、手袋を外さなければならないタイミングもありますので、注意が必要です。

    また、装飾のないジェルネイルの場合は、上からベージュのマニキュアを塗って参列する方法もあります。

バッグについて

女性は持ち物をバッグに入れて持参しますが、バッグを選ぶ際もいくつか注意が必要です。
まずバッグも衣服同様、黒のものを選びます。

カジュアルな印象のショルダーバッグは避け、小ぶりなハンドバッグの方が好ましいでしょう。
派手な装飾や柄がついていないシンプルなものが良いです。
衣服同様、光沢がないものを選びましょう。

また、毛皮や革製のものは殺生を連想するという意味で、喪服においてはマナー違反とされています。
バッグには、最低限、以下のものを持参しておくと良いでしょう。

  • ハンカチ

    シンプルな黒または白いものを選びます。
    レースのものも使用することが可能です。

  • 数珠

    数珠は家族間であっても貸し借りできませんので、一人につき、必ず一つ持参します。

  • 袱紗

    弔事用の黒やグレーなどの袱紗を必ず持参します。
    最近では、慶弔両用の紫色の袱紗も一般的になっています。

  • お香典

    お香典は必ず袱紗に包み、持参します。

その他、必要な荷物があり、バッグに入りきらない場合には、弔事用にシンプルな黒いサブバッグを持参することもできます。

サブバッグについても、メインのバッグ同様にできるだけ小ぶりで、地味なデザインのものが好ましいでしょう。

数珠は必要?

数珠は本来、念仏を唱えた回数を数えるためのものであると言われています。
また、数珠の珠数(じゅすう)は108個が基本とされていました。

「108」とは、仏教において人間の煩悩の数と言われています。
数珠には、念仏を唱えるごとに煩悩を滅していき、「身を護る」などの功徳が得られるようにとの願いが込められているそうです。

そのため、お守りの意味合いもあることから、家族間においても貸し借りすることは良しとされていません。
故人への弔意を示すためにも、やはりマナーとして一人につき、必ず一つ持参するようにしましょう。

こちらも読まれています

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説

近年ごく親しい身内のみで執り行う家族葬が増加の傾向にあります。家族葬では香典を辞退するケースが多いようですが、訃報を受けた側からすると香典なしで問題ないのか悩みます。家族葬は香典なしで本当に良いのか、香典を辞退する際の注意点も交え解説します。

季節別の家族葬の服装

お墓

喪服においても、季節ごとに守るべきマナーがあるのをご存知でしょうか。
夏の場合と冬の場合において、それぞれ服装の注意点をご紹介します。

夏の家族葬の場合

夏の家族葬における服装について、男女別にご紹介します。

  • 男性

    男性はビジネスシーン同様に、真夏であってもスーツのジャケットを羽織るのが基本です。

    しかし、蒸し暑い夏は常に着用しているというのは、難しい場合もあるでしょう。
    そのため、下に着用するシャツを半袖にしたり、夏用のブラックスーツを着用するのも一つの手です。

    必ず斎場に入る前にジャケットを着用するようにしましょう。

  • 女性

    女性のブラックフォーマルは半袖・五分袖・七分袖など、長袖以外にも様々なものがあります。

    喪服のマナーとして、「極力素肌の露出を控える」というのが大原則となりますので、斎場ではジャケットの着用が必要となります。

    長袖のワンピースを着用している場合は、ジャケットの着用がなくても問題ありません。

冬の家族葬の場合

冬の家族葬の服装では、喪服の上にコートなどの羽織りものが必要になるかと思います。
羽織りものは、葬儀の時には着用しませんので、厳密なルールはありません。

しかし、やはり喪服と同様に、いくつか気をつけておきたいマナーもあります。

  • 黒のものを選びましょう。
  • ボタンなどの装飾が目立たないものが好ましいです。
  • 革・毛皮・ダウンジャケットなどは「殺生」を連想させますので、弔事の場にはふさわしくありません。
  • 黒いものであっても、やはりブルゾンなどはカジュアルな印象を与えますので、コートが好ましいです。

また、雪の多い地域などでは、どのような靴を着用するべきか迷われてしまうかもしれません。
積雪などで着用が困難な場合には、黒いシンプルなブーツを着用して行くことも可能です。

しかし、本来は喪服としてふさわしいパンプスを着用するのが理想とされています。
パンプスを持参し、葬儀場では履き替えるという方法もあります。

家族葬で子供は何を着る?

葬儀

家族葬では、子供はどのような服装で参列すれば良いかご存知でしょうか。
大人と違う特別なマナーはあるのでしょうか。

学生

家族葬の場合、一般葬の場合ともに、学生の場合は制服が正装となります。

そのため、制服を持っている学生は制服を着用します。
幼稚園児なども同様です。

しかし、学生の制服と違い、園児の制服の中には派手な色、デザインのものもあります。
明らかに、派手な印象を与えるものは着用を避けましょう。

その場合は、モノトーンを意識したコーディネートでまとめます。
あまり普段着らしさが出ない、清潔感のある服装を心がけると良いでしょう。

制服を持っていない未就学児

制服を持っていない未就学児の場合、モノトーンのものを着用します。
きちんとした印象を与える服装を意識します。

例えば、白いブラウスに黒のズボンやスカートなどです。
羽織りものが必要な場合には、黒いカーディガンやブレザーを着用します。
靴は派手なものでなければスニーカーの着用も可能です。

また、月齢の低い乳児の場合は、ベビー服において、黒い服はあまり販売されているのを見かけません。
そのため、できるだけ地味なデザインのもので、ベージュなど落ち着いた色味のものを着用すれば問題ありません。

家族葬におけるスーツについてまとめ

人々

いかがでしたか?
今回、終活ねっとでは、家族葬におけるスーツの着用について、身だしなみのマナーも合わせて以下のようにご紹介しました。

  • 家族葬とは、家族や親戚など、故人と深い関わりのあった人だけで行う、小規模な葬儀形式を指します。
  • 男性の場合、喪主も参列者もビジネススーツの着用は避け、準喪服ではブラックスーツを着用します。

    女性の場合、正喪服の洋装・準喪服では、スーツの他にワンピースなどのブラックフォーマルを着用します。
  • 「平服でお越しください」と言われたら、普段着ではなく略喪服を着用していきます。
  • 服装と同様に、髪型やメイクなども清潔感を意識して、目立たないよう落ち着いた印象にまとめるようにしましょう。

    バッグについても黒のシンプルなものを選び、最低限必要な持ち物だけを入れます。
    数珠は必ず、一人につき一つ持参します。
  • 夏の家族葬では、半袖の着用も可能ですが、斎場ではジャケットも着用します。

    冬の家族葬では、必要に応じてコートやブーツの着用も可能ですが、斎場では着用を控えます。
  • 家族葬における子供の服装は、制服が基本となります。
    制服の着用が難しい場合には、モノトーンのコーディネートでまとめると良いです。

家族葬は、一般的な葬儀に比べると、参列する機会が少ないかと思います。

気心知れた人だけで集う葬儀なので、細かい服装のルールやマナーはないと思われがちのようです。
しかし、基本的には一般的な葬儀とあまり変わりなく、礼服を着用するのが基本です。

終活ねっとでは、「家族葬でのスーツの着用」に関する記事以外にもたくさんの記事を紹介しております。
以下では家族葬後の四十九日法要の流れについて、詳しく解説した記事も掲載していますので、あわせてそちらの方もご覧ください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

葬儀の形が多様化している昨今、家族葬を選ばれる方も増えています。家族葬と一般葬では、四十九日法要の仕方も違ってくるのでしょうか?ここでは、家族葬を営んだ場合の四十九日法要について、服装や香典を含め、詳しくご説明をします。

「家族葬・スーツ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・スーツ」についてさらに知りたい方へ

家族葬の服装のマナーは?持ち物や家族葬の流れについても解説のサムネイル画像

家族葬の服装のマナーは?持ち物や家族葬の流れについても解説

家族葬での平服とは?普段着ではない?家族葬での服装のマナーを解説のサムネイル画像

家族葬での平服とは?普段着ではない?家族葬での服装のマナーを解説

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説のサムネイル画像

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!のサムネイル画像

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!

葬儀での服装マナーって?男性と女性・子供の服装や靴のマナーも解説のサムネイル画像

葬儀での服装マナーって?男性と女性・子供の服装や靴のマナーも解説

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

家族葬に参列する流れとは?参列の判断基準や服装・香典マナーも紹介のサムネイル画像

家族葬に参列する流れとは?参列の判断基準や服装・香典マナーも紹介

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「家族葬・スーツ」についてさらに知りたい方へ

家族葬の服装のマナーは?持ち物や家族葬の流れについても解説のサムネイル画像

家族葬の服装のマナーは?持ち物や家族葬の流れについても解説

家族葬での平服とは?普段着ではない?家族葬での服装のマナーを解説のサムネイル画像

家族葬での平服とは?普段着ではない?家族葬での服装のマナーを解説

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説のサムネイル画像

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!のサムネイル画像

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと