一時払い養老保険とは何か、についてお伝えします

生命保険には色々な種類があるし、パンフレットの説明文を読んでも字が細かくてわかりにくい!という声をよく聞きます。そんなあなたに、今回は一時払い養老保険とは何か?についてお伝えしたいと思います。

目次

  1. 皆さんは、保険にご加入ですか?
  2. 一時払い養老保険の「一時払い」とは
  3. 一時払い養老保険の「養老」の意味
  4. 養老保険の仕組み
  5. つまり、一時払い養老保険とは
  6. 現在ご加入できる一時払い養老保険
  7. 一時払い養老保険の代替え商品
  8. とにかく専門家に相談するのがおすすめ
  9. まとめ

皆さんは、保険にご加入ですか?

保険・相続

皆さんは、生命保険に入っていらっしゃいますか? 平成25年度の調査によると、日本人の約8割の人が生命保険に加入しているようです。

ところで、保険に加入したのはいいものの、あまり内容を理解していなくそのままにしてしまうケースもあるようです。
せっかくなので、ご自身がどのような保険にご加入なのか今一度見てみましょう。

生命保険というと、病気や亡くなったときのもの、というイメージがありますが、養老保険はある時点まで生きていればお金が返ってくるものです。

そして、一時払い養老保険というものがあるのをご存知ですか?

この記事では一時払い養老保険について解説してまいります。
是非最後までお読みください。

難しくてよくわからないという方は専門家に相談するのがおすすめです。
以下のボタンから無料で相談することができます!↓

一時払い養老保険の「一時払い」とは

保険・相続

まず、「一時払い」についてです。
一時払いとは、保険にご加入の際に決める、保険料を払う方法のことです。
保険料の払い方は、月払い、半年払い、年払い、一時払いとあります。

月払いは、月に一度、保険料を払います。
半年払いは半年に一度、年払いは1年に一度、保険料を払います。一時払いというのは、加入するとほぼ同時に全ての保険料を一括で払ってしまうことを、一時払いと言います。月払いより半年払い、半年払いより年払い、年払いより一時払いの方が、一度に負担する金額が大きいですが、保険料の総額を比べると割安になります。

一時払い養老保険の「養老」の意味

それでは、「養老保険」とはどういうものでしょうか。「養老」という言葉は、普段私たちの生活ではあまり聞かれない言葉ですね。

養老とは、老後を安楽に送ることなので、老後を安楽に送ることができるためにある年齢になるとお金がもらえる保険が「養老保険」と言えそうです。

養老保険の仕組み

養老保険は、加入と同時に死亡保障がつきます。例えば、死亡保障が一千万円の養老保険に加入したとしましょう。そして、保険期間中はずっと一千万円の死亡保障がつきます。ただし、保険期間には終わりがあり、満期となった時に被保険者が生きている場合、死亡保障と同額の一千万円の保険金が支払われます。ですので、保険期間中に万が一被保険者が亡くなってしまった場合は、遺族に死亡保険金が支払われますし、満期まで被保険者が生きている場合でも、満期金としてお金が支払われる、という保障と貯蓄を兼ね備えた保険である、と言えます。(ただし、全ての養老保険が死亡保障と満期金が同額とは言えませんので、ご検討の際にはよく説明をお聞きの上、ご加入ください。)

つまり、一時払い養老保険とは

これまでの説明を総括すると、「保険料を一括で払ってしまう、死亡保障と貯蓄を兼ね備えた保険」が「一時払い養老保険」であると言えます。奥さんやお子さんがいらっしゃる方が養老保険に入っておけば、万が一のことがあってもご家族にお金が残せますし、満期になったらご自身の老後のお金として使えますね。

現在ご加入できる一時払い養老保険

超低金利時代の現在では、そもそも一時払いで貯蓄性の高い保険商品が売り止めになっている会社が多いです。ですが、まだ一時払い養老保険を取り扱っている会社がありましたので、ご紹介だけします。
・ソニー生命
・メットライフ生命
・三井生命(外貨建て)
こちらの会社さんにはまだ一時払い養老保険の商品が取り扱っているようですので、もしご検討の方はよく比較検討してみて下さい。

一時払い養老保険の代替え商品

保険・相続

もし、一時払い養老保険を考えている、と保険の外交員に相談した場合、一時払い養老保険ではなく、一時払い終身保険や一時払い年金保険を勧められるかもしれません。それぞれにメリット、デメリットや特徴がありますので、よく比較してみてください。ポイントは、死亡保障に重きを置きたいのか、それともご自身が生きているうちに使えるお金を増やしておきたいのか、という点です。死亡保障でしたら、ずっと死亡保障として持っておける終身保険もおすすめですし、生きているうちにご自身が使えるお金を増やしておくには、年金保険もおすすめです。ご自身で、どのようなお金を準備しておきたいのか、よくお考えの上、ご検討下さい。

とにかく専門家に相談するのがおすすめ

このような記事を読んでも全てが把握できるわけではないと思います。
そんな時は迷わずにファイナルプランナーに相談しましょう。

料金は無料なんで全く損はございません。

まとめ

人々

いかがでしたか? なかなか生活の中で保険を考える機会は少ないかもしれません。ましてや大きなお金が動く一時払いの保険はあまり馴染みないかもしれませんが、銀行の定期預金の代わりに利用されている方もいます。生活資金以外にお金の余裕があるのでしたら、この機会にご自身の内容を見返したり、少しでも有利なお金の運用方法を考えてみるといいかもしれませんね。

「一時払い養老保険」に関連する記事

「一時払い養老保険」についてさらに知りたい方へ

養老保険のデメリット一覧!メリットと見比べて加入を検討しよう!のサムネイル画像

養老保険のデメリット一覧!メリットと見比べて加入を検討しよう!

養老保険はいろいろな保険会社で扱われている商品です。 貯蓄型の保険になります。10年で書き換えを

養老保険の税金について知っておこう!養老保険の満期と控除についてのサムネイル画像

養老保険の税金について知っておこう!養老保険の満期と控除について

養老保険は貯蓄と保険を兼ねた便利な保険で、年末調整や確定申告で社会保険控除が受けることができます

高齢者が加入する生命保険についてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

高齢者が加入する生命保険についてわかりやすく解説します!

現在、国内で加入できる生命保険は外資系のものを含めると豊富な選択肢が用意されています。しかし加入

終活で加入しておきたい保険の種類や相場などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

終活で加入しておきたい保険の種類や相場などをわかりやすく解説!

終活を考えた多くの人が望む事事は、遺された家族に負担をかけず、自分らしく人生を終える事だと思いま

老衰による自然死でも生命保険の保険金は受け取れる?のサムネイル画像

老衰による自然死でも生命保険の保険金は受け取れる?

生命保険に加入されている方は多く、病気や事故の場合に保険金が受け取れるものですが、自然死の場合は

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

一時払い養老保険とは何か、についてお伝えしますのサムネイル画像

一時払い養老保険とは何か、についてお伝えします

生命保険には色々な種類があるし、パンフレットの説明文を読んでも字が細かくてわかりにくい!という声

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと