家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!

参列者の数が少ない家族葬はあまり費用がかからないイメージがありますが、実は高いと聞くこともあります。今回は家族葬の費用が本当に高いのか、具体例をあげながら費用相場について解説します。また、費用が高くなる理由や費用を抑えるコツも詳しくご紹介します。

目次

  1. 家族葬って高いの?
  2. 家族葬とは
  3. 家族葬にかかる費用の相場と内訳
  4. 家族葬は高いの?
  5. 家族葬の費用を抑える方法
  6. 家族葬が増えている理由
  7. 家族葬って高いの?まとめ

家族葬って高いの?

葬儀

近年増加しているという家族葬では、参列者が少なく費用は抑えられるイメージがありますが、実はそうではないと聞くこともあります。
実際、家族葬の費用は高いのでしょうか?

今回終活ねっとでは、家族葬の費用は高いのかという疑問について詳しく解説していきます。

  • そもそも家族葬とは?
  • 10名での家族葬を例に葬儀にかかる費用の相場と内訳を解説
  • 家族葬はなぜ高いのか、他の葬式形態とも比較
  • 家族葬の費用を抑える5つの方法
  • 近年家族葬が増えている理由とは?

以上の内容を中心に解説します。
家族葬の広告だけでは、よくわからない費用の詳細や、費用を上手に抑える方法についても紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひこちらもご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは

葬儀

家族葬とは、遺族やごく親しい親族、友人だけで執り行う小規模なお葬式です。
通夜と告別式を行うことは一般葬と同じです。

一般葬との違いは参列者の範囲と人数で、家族葬の参列者は近親者のみで10人前後から多くても30人程度までです。

家族葬は基本的に参列者への接待よりも家族でゆっくり最後の時間を過ごすことが優先されます。
どのような葬儀にするかについて、ある程度家族で自由に決められます。
また、供花や香典を辞退するケースも多いです。

家族葬にかかる費用の相場と内訳

葬儀

家族葬には、実際どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
ここでは、参列者10名で基本的な家族葬を行う場合の費用について説明します。
葬儀全体でかかる費用・火葬にかかる費用・飲食費に分けて、それぞれの相場と内訳を解説します。

葬儀全体でかかる費用

葬儀全体でかかる費用の相場は概ね80万円~100万円です。
葬儀にかかる費用には、施設利用料・葬儀本体の費用・宗教者へのお布施があります。
それぞれの費用の内訳を具体的に見ていきます。

式場にかかる費用

式場は民間が運営する施設を利用すると、10万円~20万円となります。
式場の広さや設備により利用料は変わります

公営の式場を利用することができれば、無料または数万円程度の利用料で済みますが、式場のある市に在住していることなどの利用条件があります。

葬儀費用

葬儀本体にかかる費用は、60万円前後が相場となります。
葬儀を行うためには、祭壇・焼香台・受付台などの備品、司会進行や式を運営するための人件費が必要です。

以上の基本費用が約40万円かかります。
もし祭壇に生花をたくさん使用したり、立派なものにすれば費用はさらに上がります

その他にも、棺・遺影写真・ドライアイスなど、葬儀に際して必要になる物品の費用が約20万円かかります。
また、遺影写真を作るのに多くの加工技術を加えたり、棺のグレードを上げると、そこから費用も上がります。

宗教者へのお布施

お布施は読経料や戒名料として宗教者に包む謝礼です。
宗教者へのお布施の額は、地域や宗教によってかなり違いがあります。
平均額では50万円弱になりますが、20~30万円の人も多いですし、100万円以上の人もいます。

仏式で葬儀を行う場合、お通夜から初七日までの読経料の相場は20~25万円くらいです。
菩提寺がある人はそのお寺に依頼しますが、菩提寺と付き合いがない人には葬儀社が僧侶を紹介してくれます。
葬儀社によっては、お布施の金額を定額制にして明示している所もあります。

戒名をいただく場合には戒名料を包みますが、戒名料は一般的な信士・信女で10~20万円くらいが相場といわれます。
しかし、これも宗派などにより相場が違いますし、位の高い戒名をいただくならお布施も高額になります。

ちなみに仏式にせず、無宗教式にすれば上記の費用は削減できます。
しかし、直葬ではなく家族葬を選ぶ人は、故人の供養をきちんとしてあげたいと望んでいることが多く、大半の人は宗教者にお願いをします。

火葬にかかる費用

火葬にかかる費用は、どこで火葬を行うかによって3~10万円とかなり違いが出ます。
公営火葬場の料金は自治体によって決められています

その自治体の住民であれば、火葬費用は無料から2万円くらいまでが相場です。
待合室の利用料と骨壷の料金が別途1万5千円程度かかります。

もし住んでいる自治体で火葬の予約が取れず、市外や県外の公営火葬場を使用するとなると、火葬料金は4~5万円以上と高くなります。

民営の火葬場を使用する場合も、費用が上がります。
火葬料金が5~6万円、骨壷も公営のものより高く1万円くらいからです。
待合室は標準的なお部屋で2万円前後が相場ですが、部屋のグレードによって料金が異なります。

火葬の料金以外に、火葬場まで移動するための車両費用がかかります。
車両費用は5~10万円くらいまで幅があります。

バス型霊柩車を利用して親族や僧侶も同乗するか、寝台車とハイヤーに分かれるかなど、利用する車によって料金が違います。
さらに寝台車・霊柩車は走行距離が10キロを超えるごとに料金が加算されます。

飲食費

飲食費は通夜ぶるまいや精進落としの際にかかります。
通夜ぶるまいは、すし桶やオードブルなど、みんなでいただける大皿で注文することが多く、飲み物代を含めて1人あたり2500円程度が目安で10人分だと約2万5千円になります。

告別式後の精進落としの席では、1人ずつに御膳が用意されます。
お料理と飲み物で1人4000円とすると、10人で4万円くらいになります。

料理の内容や、お酒を飲む人が多いかどうかにもよりますが、上記を例にとると飲食費は約6万5千円になります。

家族葬は高いの?

葬儀

一般葬に比べて規模の小さい家族葬の費用が高いのはなぜでしょうか。
家族葬が高い理由と、他の葬式形態の場合はどうなのかを解説します。

家族葬はなぜ高いのか

家族葬の費用が高いといわれる一番の理由は、香典の額が少ないことです。
家族葬で香典を辞退するケースは多いです。

この場合香典返しをしなくてよいので作業負担は減りますが、葬儀の費用は全て遺族の持ち出しになります。
香典をいただくとしても、参列者が少ないのでお返しをした後に残る金額は少なくなります。

規模は小さくても儀式に必要なものは一式揃えるわけですから、それなりの費用がかかり、結果出費としては一般葬と変わらないか、むしろ高いこともあるのです。

もう一つの理由に、一見安いように見える基本プランでも、実際には必要なものがプランの中に含まれておらず、オプションがいくつも加わった結果料金が高いということがあります。

ですのでプランの料金だけを見て判断せず、含まれる内容もよく見なければなりません。
プランに含まれていないことが多い項目の例としては、飲食費・会葬返礼品・供花・寺院へのお布施・火葬場の使用料などがあげられます。

他の葬式形態との比較

お葬式の形態には、家族葬のほかにも、一般葬・一日葬・直葬などがあります。
ここでは、それぞれの費用相場やメリットを比較していきます。

家族葬

家族葬は参列する人数が決まっているのでプランが立てやすいというメリットがあります。
また、飲食など準備したものにもほとんど無駄が出ません。

その一方、近親者で立派なお葬式を望む人がいる場合には理解を得られないことがあります。
費用面でも上で述べたように、それなりの負担があります。

一般葬

一般葬の費用の平均は200万円弱といわれています。
葬儀の規模が大きいほど費用もかかりますが、その分香典収入も増えます。

一般葬には親しい人ばかりではなくたくさんの人々が弔問しますので、遺族は葬儀を終えるまで対応に追われ、心身の負担が大きいです。

その代わり一度にみんながお別れをしてくださるので、後日個別に弔問客の対応をするようなことは少ないでしょう。

一日葬

一日葬は通夜を行わずに、告別式から火葬までを1日で終える葬式形態です。

通夜を省略する分の飲食費と返礼品の費用負担がなくなります
しかし、儀式にかかる費用やお布施の額は一般葬と同じようかかります。

また、菩提寺によっては通夜という宗教儀式を省略することはできないという理由から、一日葬を引き受けてもらえない可能性もありますので、事前の確認が必要です。

直葬

直葬は火葬式とも呼ばれる、火葬だけで故人を送る葬儀のスタイルです。
ごく限られた遺族・親族のみで火葬に立ち会い、通夜や告別式は行いません。

直葬のメリットは、遺族の身体的・費用的な負担が少ないことです。
費用の平均は20万円程度で、火葬までに遺体を安置するための費用や搬送のための費用、棺桶など、火葬のために最低限必要な費用がかかります。
また、希望すれば僧侶に火葬炉前での読経をお願いすることもできます。

直葬はお別れの時間が十分にはとれませんので、後から供養の面で後悔することのないよう遺族間で納得しておくことが大切です。

また、菩提寺と付き合いがある場合には、直葬であっても納骨してもらえるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

以下の記事では、家族葬の費用についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

家族葬の費用を抑える方法

葬儀

家族葬の費用を少しでも安くするためにできることはあるのでしょうか。
ここでは、費用を抑える方法を、5つの項目に分けて紹介します。

早めに準備に取り掛かる

自分たちが望む葬儀の条件を決めたら、複数の葬儀社から見積もりをとりましょう
各社の見積もりの詳細をよく見て、必要なものがもれていないか、数量が足りているかを確認して下さい。

見積もりはリーズナブルに見えても、後から別途料金がかかりトータルすると高いという例があるからです。

良い葬儀社は、追加費用を予想して親身なアドバイスをくれるはずです。
なるべく早めに準備に取り掛かり、優良な葬儀社を見つけましょう。

参列者を少なくする

家族葬は、参列者の人数をできるだけ絞ってごく親しい身内のみで行う方が、費用も抑えられますし、葬儀に際しても融通がききやすいです。

一方で葬儀に参列できなかった人への配慮は欠かしてはいけません
葬儀を家族葬とした場合には、本来訃報をお知らせすべき人に対し事後報告をすることになります。

また、故人とお別れをしたかったと思う人が、次々自宅に弔問に来られるかもしれません。
故人との関係性によっては、四十九日の法要には出席していただくなどの対応を考える必要があります。

飲食物を用意しない

通常なら通夜式・告別式の後には通夜ぶるまいや精進落としの会食の席を設けます。
これらは、故人に代わり参列者をおもてなしするもので、一般参列者に対して何も用意しないのは失礼にあたります。

しかし、身内ばかりの家族葬のおいては、必ずしもあらたまった食事の席を用意する必要はありません

会食を葬儀社に依頼せず、たとえば自分たちで食べ物を買ってきて簡単に食事を済ませることもできます。
生前故人が好きだったものを、みんなでいただくのもよいでしょう。

用意できるものは自分でする

葬儀社のプランに含まれるサービスのうち、自分たちで用意できるものについては自分で行うことで、その分の費用を浮かせることができます。

たとえば、遺体を搬送するには寝台車か霊柩車が必要ですが、参列者には車を手配せず自家用車に乗り合わせて行ってもよいでしょう。

遺影写真は、葬儀社に依頼すると3万円前後請求されますが、専門の写真店を自分で探して作ってもらえば1万円程度で用意できます。

細かいところでは、会葬返礼品や会葬礼状を省略したり、道案内の看板の費用が含まれていれば遺族の判断で省くことができます。

自宅で行う

自宅を会場にして葬儀を行えば、施設使用料がかかりません

葬儀が小規模で、家と駐車場にそれなりの広さがあれば可能です。
準備は大変になるかもしれませんが、自宅で故人との最後のお別れができるというのは大切な思い出にもなります

葬儀の準備や人の出入りで騒がしくなりますので、近隣の方には了承を得ておくとともに、身内だけで静かに見送りたい旨を伝えておくとよいでしょう。

以下の記事では、自宅葬の費用やマナーについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

故人の遺志で派手な葬儀を行わず、家族だけで見送るのが家族葬です。近年、自宅で執り行う家族葬に注目が集まっています。家族葬の流れをよく理解しないまま葬儀を行ってしまわないように、今回は自宅で行う家族葬のメリットや費用、マナーなどについて解説します。

家族葬が増えている理由

葬儀

家族葬のような小規模のお葬式は近年増加しています。
家族葬は費用が安いために選ばれていると思われがちですが、これまで述べた通り実質的な費用の負担は軽いとはいえません。

それでも家族葬が選ばれている最大の理由は、親しい人だけで葬儀ができるという所にあります。

一般葬であれば多くの参列者に失礼のないよう、あらゆる方面に気を配らなければなりません。
作業的な負担も多いので遺族は忙しく、落ち着いて故人の死と向き合う時間もとれません。

家族葬ならそのような負担がない分、ゆっくり故人とお別れができます
家族葬の増加の背景には、立派な式を行うよりも親しい間柄だけで故人を偲び、静かな時間を過ごしたいというお葬式に対する価値観の変化が表れているといえます。

家族葬って高いの?まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、家族葬の費用は高いのかという疑問についてご紹介しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 家族葬は通夜と告別式を親しい身内のみで行い、参列者は10人前後から多くても30人程度までである
  • 家族葬の葬儀全体にかかる費用は、参列者10名として概ね80~100万円くらいで、その他に火葬の費用が8~20万円くらい、飲食費が6~7万円程度かかると見込まれる
  • 家族葬以外の葬式形態に、一般葬・一日葬・直葬などがあり、メリットとデメリットがそれぞれにあるので、よく比較して葬儀の形式を決めることが大切である
  • 家族葬の費用を抑える方法としては、複数の見積もりをとる・参列者をなるべく絞る・飲食物を葬儀社に頼まない・自分たちで用意できるものがプランに含まれていないか検討する・葬儀を自宅で行うなどの方法がある
  • 家族葬は費用が安く済むというよりも、親しい人だけで静かにお別れの時を過ごせるという理由で選ぶ人が多い

以上の内容についてご紹介しました。
家族葬をお考えの方の参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、家族葬で受付を任された時について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬で受付を任された時はどうする?準備や挨拶の仕方もご紹介!

最近では葬儀の形態も多様化しており、家族葬や自然葬などが増えてきています。 家族葬での受付を任された場合、すぐに対応できる方は多くはないのではないでしょうか。 今回は家族葬における受付を任された場合について、準備や挨拶の仕方などに触れつつご紹介します。

「家族葬・高い」に関連する記事

  • 家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

    家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

    近しい親族だけで行う家族葬は費用が抑えられるイメージがありますが、100万円かかるという話も耳にします。実際には家族葬の費用はどのくらいかかるのでしょうか。今回は家族葬の費用は本当に100万円かかるのかについて、費用の内訳と一般葬との比較も合わせて解説します。

  • 家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

    家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

    家族葬で行うお葬式は費用が安くなると言われています。しかし、具体的にどれくらい費用が安くなるかや、そのためにするべきことを知っている人は少ないのではないでしょうか?今回は家族葬で行うお葬式の費用を具体的に解説し、費用を抑えるコツも紹介します。

  • 2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

    2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

    最近は家族葬を希望されるご遺族が増えています。家族葬の増加には、高齢化社会と核家族化の影響があると言われいますが、核家族でご遺族が2人しかいなくても家族葬は執り行えるのでしょうか?今回は、2人で行う家族葬について具体的な費用や呼ばない人への対応を解説します。

  • 家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

    家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

    家族葬とは最近増加してきている、親族や親しい人だけで行う葬儀のことです。しかしいくら家族葬とはいえ、5人の場合は行うことはできるのでしょうか?今回、家族葬は5人という少人数でも行えるのかについてを中心に、費用の内訳や他の葬儀形式もあわせてご紹介します。

  • 家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!のサムネイル画像

    家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!

    家族葬は小規模なものですから、費用を安価に抑える事ができるイメージがありますよね。30万円で葬儀が行えたら、非常に経済的です。果たして家族葬は本当に30万円で行えるのでしょうか?今回は家族葬において費用を抑える方法や、他の葬儀形式についても紹介していきます。

  • 4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!のサムネイル画像

    4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!

    最近は家族葬を選択される方が増えています。少人数でもとり行うことのできる家族葬ですが、4人で行う際の費用の相場はどのくらいなのでしょうか?今回は4人で行う家族葬の流れや費用について、費用の内訳や人数による違いを中心に詳しくご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

  • 家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説のサムネイル画像

    家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説

    最近、従来の葬儀ではなく家族葬を選択される方が増えています。家族葬は、一般的な葬儀より費用が抑えられると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。今回、家族葬にかかる費用や内訳を中心に、一般葬との内訳の差や費用を抑える方法もご説明します。

  • 家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

    家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

    昨今、様々な理由から盛大な葬儀ではなく、家族や親族のみの小さな葬儀である家族葬を執り行う方が増えてきています。 今回、終活ねっとでは、家族葬の葬儀費用の相場と内訳について解説していきます。 併せて、支払い方法や家族葬以外の葬儀形式の費用についても解説していきます。

  • 葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

    葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

    葬儀にはお金がかかるというのが多くの人が持つ共通のイメージではないでしょうか。しかし、最近では葬儀の形式も多様化し、葬儀代を大幅に安くすることができるんです。今回はそんな葬儀代を安く済ませる方法と共に、家族葬や火葬式のメリットも紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・高い」についてさらに知りたい方へ

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!のサムネイル画像

家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!のサムネイル画像

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説のサムネイル画像

家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「家族葬・高い」についてさらに知りたい方へ

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!のサムネイル画像

家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと