家族葬のお供え物に果物はいい?弔問のマナーや供物の相場などを解説

家族葬は基本的に遺族・親族を中心として行われる葬儀です。参列する場合でも香典は辞退されることが多くなります。ではお供え物に果物を贈るのはいいのでしょうか?この記事では、家族葬のお供え物に果物は適しているのかを中心に、弔問のマナーなどについても解説していきます。

目次

  1. 家族葬に果物を送ることについて
  2. 家族葬の参列時に果物をお供えしていい?
  3. 家族葬後に果物をお供えしていい?
  4. 家族葬後の弔問の流れ
  5. 家族葬後の弔問マナー
  6. 家族葬に果物を送ることに関するまとめ

家族葬に果物を送ることについて

葬儀

家族葬は身内を中心に行われる小規模な葬儀です。
近年、都市部を中心に急速に広まっている葬儀の種類です。
内々の葬儀のため、参列者も限られており、香典も辞退されることが多いのが特徴です。

では、果物をお供え物として送るのはいいのでしょうか。
家族葬の基本的なマナーとして知っておきたい部分です。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬のお供え物に果物はいいのかを中心に、弔問のマナーや供物の相場について以下の項目を解説していきます。

  • 家族葬の参列時に果物をお供えしてもいい?
  • 家族葬後の弔問時に果物のお供えをしていい?
  • 家族葬後の弔問時の流れについて
  • 家族葬後の弔問マナーについて

家族葬のお供えに果物はいいのかを詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧いただき、知識を深めていただければと思います。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬の参列時に果物をお供えしていい?

葬儀

家族葬は遺族・親族で行われるこじんまりとした葬儀です。
家族葬には一般葬にはない形式が存在しています。
家族葬では香典を辞退することが多いのも、一つの特徴的な形式になります。

では、参列時に果物をお供えしてもいいのでしょうか。
ここでは、家族葬の参列時に果物をお供えしていいかを解説します。

家族葬の参列時は供花・供物は控える

一般葬と家族葬との最も大きな違いは規模の大きさですが、家族葬は一般葬と違い、香典を辞退する場合が多いのも特徴です。
ところが、家族葬でも色々な形の家族葬があります。

規模は小さいながらも一般葬と同様に香典を受け取る家族葬もあるのです。
そのような場合の家族葬であれば、供花や供物を準備するのも問題ないでしょう。
一般葬と同様に受け取っていただけるはずです。

もしも、典型的な家族葬のように香典を辞退されている場合は、供花や果物を含む供物を送るのは控えましょう。
葬儀のお知らせに、香典を含めた厚意を辞退しているかが書かれているかによって判断が可能です。

供花や供物も香典と同様に一般的にはお返しが必要となる対象として考えることになるからです。

遺族の気持ちを理解しましょう

一般葬ではなく家族葬を選ばれる理由にはいくつかあります。
その一つには経済的な面があります。
葬儀にお金をかけたくないという遺族の思いがあるのです。

そのため、香典や供花や供物なども辞退することになります。
受け取ったとしてもお返しが必要となるものばかりなので、後々に遺族にとっては負担になるからです。

また、香典や供物などを受けると受付や管理などが意外と大変です。
そうした煩わしさをなくして、故人との最期の時間をじっくり過ごしたい。
そんな遺族の気持ちもあるのです。

いずれにしても、香典や供花に供物を辞退するには、遺族にとってはそれなりに理由があってのことです。
葬儀では自分の気持ちを優先するのではなく、遺族の気持ちを優先するべきだと言えます。

家族葬後に果物をお供えしていい?

仏壇

家族葬で葬儀が行われる場合は、参列できる人は親族が中心となり、参列したくてもできない可能性があります。
そのような場合でも弔意を表す方法の一つとして、家族葬後に弔問することが挙げられます。
もちろん、遺族の了解を得た上で弔問することになるのですが、その際はお供え物を持参するのが一般的です。

ここでは、家族葬後の弔問時に果物をお供えしていいのかを解説します。

家族葬後の弔問時の果物は大丈夫

家族葬後に弔問する際には、お供え物を持参してうかがいます。
故人が好きなものが分かっているのであれば、それでも良いですし、果物をお供えとして持参しても問題ありません。
肉や魚などの生物で日持ちがしないものはお供え物としては適していませんので気をつけましょう。

お供えの果物はどこで手配する?

お供え物として果物を持参するのであれば、果物専門のお店がおすすめです。
どんな果物が良いか迷っても的確にアドバイスを送っていただけるでしょう。
もちろん、信頼できるスーパーや街の八百屋さんでも構いません。

また、最近はネットでも注文をすることも可能なので、そちらも検討しても良いでしょう。
忘れてはいけないのは、「のし」です。
黒白の結び切りの水引で「御供」の表書きをしてもらいましょう。

お供えの果物の相場はどのくらい?

お供えで果物を持参する際は、もらった遺族が困惑するような物を送ってはいけません。
基本的にはお返しをしないといけないのではないかと思われるような高価すぎる品、日持ちがしないような果物は止めたほうが良いでしょう。

金額的には、2000円〜4000円程度の物を持参するのが良いでしょう。

その他家族葬後弔問時のお供え物の例

家族葬後の弔問時にオススメのお供え物は果物だけではありません。
他にもお花やお線香、お菓子も一般的です。

果物以外の、供物としてオススメのものを紹介していきます。

お花

お供えにお花を持参するのは、もっともポピュラーと言えます。
故人が好きだった花などを知っているのであれば、中に入れると喜ばれるでしょう。

ただし、色どりには注意をしましょう。
地味にする必要はありませんが、まるでお祝いでもしているかのようなお花の選択は控えましょう。
花屋さんで弔問に持参すると言えば、見繕ってもらえるはずです。

費用的には3000円程度のもので良いでしょう。

お線香

仏教ではお線香の香りは故人の食べ物と言われています。
その意味では、故人のためにお線香をお供えとして持参する事は理にかなっていると言えます。

しかし、お線香は葬儀後の弔問などで多くの人から遺族はもらっている可能性があります。
あっても邪魔にならない、いずれは使えるものというイメージがあるからか持参する人が多いようです。

お線香の香りは好き嫌いがあるので、香りによっては遺族が苦手とするものもあるので注意が必要です。

費用的には、2000円〜3000円程度の予算が適しています。

お菓子

お菓子を弔問のお供えに持参していくのも良い選択です。
特に、故人が好きだったお菓子などを知っていて持参すると、遺族にも喜ばれます。

注意したいのは日持ちがしないような生菓子などは控えたほうが良いということです。
費用的には3000円程度の品が適しています。

あまり高価なものだと遺族が困惑するので注意しましょう。

家族葬後の弔問の流れ

仏壇

家族葬のため参列できなかった場合、弔意を表すには遺族のご自宅を弔問する場合があります。
実際に弔問をする場合の流れはどうなっているのでしょうか。
失礼のないように対応したいものです。

ここでは、家族葬後の弔問の流れについて解説します。

事前に喪主に報告する

弔問していただけることは遺族にとっては有り難いことである反面、場合によっては負担に感じてしまうこともあるのだということを理解しておきましょう。

多くの方が弔問に訪れると、いつまでも葬儀の延長上にいるようで心はどうしても落ち着かなく負担に感じる可能性があります。
できるだけ遺族に負担を感じさせないように、弔問する側は気を使いましょう。

その意味においても、弔問時のマナーとして必ず喪主に事前に連絡を入れてから訪れましょう。
決していきなり出かけてはいけません。
喪主の都合を第一に考えて行動を取りましょう。

供物の準備

弔問の際は供物を持って出かけます。
供物は前述のように、花や果物、線香、お菓子などが向いています。

弔問にうかがう時に供物を購入するのも良いですが、できれば予め購入しておいてから出かけましょう。
もしも予定していたものが途中で手に入らない事などが起きた場合、バタバタして供物を探し回ることになるので注意しましょう。

供物は日持ちのするもので、高額すぎないものを持参するのがポイントです。

当日は遺族の方へきちんと挨拶を忘れずに

弔問した際には、遺族の方にお悔やみの言葉をかけることを忘れてはいけません。

決まり文句ですが、「このたびはご愁傷様です。心よりお悔やみ申し上げます。」でも構いません。使い慣れてない言葉なので上手く言えない可能性もありますが、それでも問題ありません。

また、弔問のために時間を取っていただいたことのお礼なども伝えましょう。
心からのお悔みの気持ち、遺族をいたわる気持ちが相手に伝われば良いのです。

家族葬への弔問の断り方については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!

最近は家族葬が増えてきましたね。家族葬の場合は、弔問や香典などを辞退することが多いです。しかしはっきりと弔問を辞退すると伝えても良いものなのでしょうか?失礼にはあたらないのでしょうか。家族葬への弔問を上手く辞退する方法をご紹介します。

家族葬後の弔問マナー

葬儀

弔問の際にはマナーがあります。
葬儀の際のマナーとは違う部分もあるので気を付けましょう。
ここでは、家族葬後の弔問時のマナーに関して解説します。

弔問するタイミング

弔問はいつ行っても良いというわけではありません。
喪主に事前連絡をして日取りを決めるのは当然としても、弔問するタイミングというのは理解しなくてはいけません。

弔問は家族葬が終わってから1週間は空けてから行いましょう。
それ以上早いと、葬儀後のバタバタが落ち着いてない可能性があります。

ただし、遅くとも四十九日前までには弔問を行いましょう。
遅すぎても落ち着きつつある遺族に、精神的に負担をかけることになるので注意しましょう。

お線香のあげ方

弔問した際には、お仏壇にお線香をあげることになります。

一礼をして、ローソクに火をつけます。
左手には数珠をかけて、右手でお線香を持ち、ローソクから火をつけます。
直接、マッチやライターからお線香に火をつけることはマナー違反です。

線香に火がついている場合は、火のついた線香を真下に引き下ろして火を消します。
消えない場合は左手で仰いで消します。
口で火を吹き消してはいけません。

あげるお線香の本数や香炉への線香の立て方は宗派によって違いますが、普段通りの作法で線香をあげても問題はありません。

弔問時の服装

家族葬後の弔問については、喪服を着用するのではなく平服でうかがうことが基本です。

無難なのは男性なら地味目な色のスーツやジャケット、白いシャツに地味目なネクタイになります。
女性なら地味目なスーツやアンサンブル、ワンピース、白いシャツなどが良いでしょう。

派手な服装は避けて化粧やアクセサリーはできるだけ控えるようにします。

家族葬時の服装マナーについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での平服とは?普段着ではない?家族葬での服装のマナーを解説

比較的自由な葬儀の1つとして家族葬が注目を集めています。そんな家族葬で普段着を着用することは問題ないのでしょうか?また、家族葬における平服とは何かご存知でしょうか?今回は家族葬での平服と普段着について、家族葬で気をつけたいマナーにも触れつつ解説していきます。

家族葬に果物を送ることに関するまとめ

仏壇

家族葬のお供え物に果物を送って良いのかを中心に、弔問のマナーや供物の相場などに関しておわかりいただけたでしょうか。
今回終活ねっとでは、家族葬のお供え物に果物を送ることについて以下のことを解説してきました。

  • 家族葬では香典や供花や供物は辞退される場合が多いので、果物を送るのも控えたほうが良い。
  • 家族葬後に弔問した場合は、果物をお供えすることは問題がない。
  • 弔問時のお供え物は果物のほか、お花や線香、お菓子などが向いている。
  • 家族葬後の弔問の流れは、事前に喪主に連絡してから供物を準備して出かけ、遺族をいたわる挨拶を忘れない。
  • 家族葬の弔問時のマナーとして、弔問のタイミングやお線香のあげ方、服装には気をつける必要がある。

家族葬では香典を辞退される事が多く、果物などの供物を送るのも控えたほうが良いです。
また参列ができなかった代わりに、遺族を弔問するという方法もあるのですが、自分の都合で日程などを勝手に決めてはいけません。
何事も遺族の立場になっていたわる気持ちで接することが大切だと言えそうです。

その気持ちを持つことができれば、自然と弔問のマナーも守ることができるような気もします。

終活ねっとでは「家族葬のお供え物に果物はいい?」に関する記事以外にも、家族葬に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

「家族葬・果物」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・果物」についてさらに知りたい方へ

家族葬参列の判断基準とは?行かない場合の弔問・香典マナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬参列の判断基準とは?行かない場合の弔問・香典マナーもご紹介

家族葬後に遺族以外の人が弔問してもいいの?断り方やマナーをご紹介のサムネイル画像

家族葬後に遺族以外の人が弔問してもいいの?断り方やマナーをご紹介

家族葬の際のお線香代とは?渡してはいけないケースや渡し方も紹介のサムネイル画像

家族葬の際のお線香代とは?渡してはいけないケースや渡し方も紹介

自分はその家族葬にお参りすべき?参列判断の仕方や参列マナーを解説のサムネイル画像

自分はその家族葬にお参りすべき?参列判断の仕方や参列マナーを解説

家族以外が家族葬に参列してもいいの?参列の判断方法やマナーを解説のサムネイル画像

家族以外が家族葬に参列してもいいの?参列の判断方法やマナーを解説

同僚の親の家族葬に香典は必要?葬儀後の弔問マナーや線香作法も紹介のサムネイル画像

同僚の親の家族葬に香典は必要?葬儀後の弔問マナーや線香作法も紹介

家族葬での正しい礼儀とは?参列判断や参列・弔問時のマナーを解説のサムネイル画像

家族葬での正しい礼儀とは?参列判断や参列・弔問時のマナーを解説

友達が亡くなった際の家族葬には参列できる?判断方法や対応をご紹介のサムネイル画像

友達が亡くなった際の家族葬には参列できる?判断方法や対応をご紹介

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーとは?喪主・参列者別に解説のサムネイル画像

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーとは?喪主・参列者別に解説

家族葬後に線香をあげることはできる?後日弔問の流れやマナーを解説のサムネイル画像

家族葬後に線香をあげることはできる?後日弔問の流れやマナーを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「家族葬・果物」についてさらに知りたい方へ

家族葬参列の判断基準とは?行かない場合の弔問・香典マナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬参列の判断基準とは?行かない場合の弔問・香典マナーもご紹介

家族葬後に遺族以外の人が弔問してもいいの?断り方やマナーをご紹介のサムネイル画像

家族葬後に遺族以外の人が弔問してもいいの?断り方やマナーをご紹介

家族葬の際のお線香代とは?渡してはいけないケースや渡し方も紹介のサムネイル画像

家族葬の際のお線香代とは?渡してはいけないケースや渡し方も紹介

自分はその家族葬にお参りすべき?参列判断の仕方や参列マナーを解説のサムネイル画像

自分はその家族葬にお参りすべき?参列判断の仕方や参列マナーを解説

家族以外が家族葬に参列してもいいの?参列の判断方法やマナーを解説のサムネイル画像

家族以外が家族葬に参列してもいいの?参列の判断方法やマナーを解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと