厳島神社の開門・閉門の時間は?混雑状況やオススメの参拝時間も解説

世界遺産に認定された厳島神社ですが、時間は何時が見頃でどこに注目していいのか知りたいと思いませんか? 最後まで読んでおすすめの時間帯や注目ポイントを知ると、より一層厳島神社を楽しむことができるようになりますよ。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 厳島神社の時間について
  2. 厳島神社の開門・閉門の時間は?
  3. 厳島神社の参拝におすすめの時間帯は?
  4. 厳島神社の基本情報
  5. 厳島神社の時間についてのまとめ

厳島神社の時間について

厳島神社

厳島神社は広島県廿日市にある神社で、世界遺産にもなっているとても有名な神社です。
訪れる際には、フェリーで行かなければならないので、開門・閉門の時間を把握しておかないと損をしてしまう事になってしまいます。

そこで今回終活ねっとでは、厳島神社を訪れることのできる時間や、参拝ポイントなどについてお伝えしていきます。
参拝できる時間などをしっかりチェックして、厳島神社に足を運ぶようにしましょう。

  • 厳島神社の時間について
  • 厳島神社の開門・閉門の時間は?
  • 厳島神社の参拝におすすめの時間帯は?
  • 厳島神社の基本情報
  • 厳島神社の時間についてのまとめ

以上の項目を中心に解説していきます。
厳島神社に訪れる際、参考にして頂ければ幸いです。

ぜひ最後までご覧になっていってください。

厳島神社の開門・閉門の時間は?

厳島神社

厳島神社の閉門時間は他の神社と比べても大差なく、基本的には6:30〜17:30となっております。
参拝の時間には余裕を持って回れるところが大きなポイントです。

家族と参拝するとき、恋人とと参拝するときではシチュエーションも異なり、参拝の時間も変わってきますよね。
厳島神社は季節によって営業時間が異なりますので、しっかりチェックしてしましょう。

月日 開門時間 閉門時間
1/1~1/5 未定 未定
1/6~2/28 6:30 17:30
3/1~10/14 6:30 18:00
10/15~11/30 6:30 17:30
12/1~12/31 6:30 17:00

このように季節で大きく変わることもないので、訪れやすいのではないでしょうか?

そして開門時間が早いので、朝早くに足を運んでご利益にあやかってみるのもいいですね。
春先から閉門時間も遅くなるので、夕焼けをバックに鳥居を見ることもできますよ。

厳島神社の参拝におすすめの時間帯は?

厳島神社

厳島神社の参拝におすすめの時間帯をご紹介します。
もちろんどの時間帯に行ってもご利益を得ることはできますが、せっかく行くなら参拝におすすめの時間に足を運んでみたいと思いませんか?

厳島神社は11:00くらいになると多くの参拝客で混雑し始め、特に土日祝日や大型連休は大変混雑し、鳥居周辺などで落ち着いて周ることが難しくなります。
なので参拝におすすめな時間帯は、朝6:30~9:00くらいの比較的空いている時間帯です。
少し早起きをして朝の澄んだ空気の中で神聖な空間に足を踏み入れてみるのがおすすめです。

ただしここで1点注意点があります。
厳島神社の営業時間は6:30からですが、受付の窓口などが開いていないことがあります。
平均して8:00頃に開くことが多いので、御朱印やお守りを購入したいときは、8:00くらいまで待つ必要があります。

ところがこの朝早い厳島神社は、周りの音が静かで神聖な空間をより体感することができます。
これは他の参拝客がいる時には体感できない、贅沢な空間でもあります。
目をつぶって宮島の風情を全身で感じながら、受付のオープンを待つのもまた味があっておすすめです。

また、ここからは各場所の時間帯について紹介していきます。

鳥居

厳島神社と言えばあの大鳥居は外せませんね。
この鳥居ですが満潮と干潮で見え方が大きく異なります。

見せる姿が大きく変わるので、満潮と干潮を待って帰宅の途に付く人もいるんですよ。
その鳥居が見せる姿を満潮と干潮、そして夜のライトアップに分けて詳しく解説します。

満潮

大鳥居が水の上に浮かんでいるように見えるのは、満潮の時しかありません。
満潮時に本殿を参拝し大鳥居を見ると、まるで時間が止まったような幻想的な空間を体感できます。
季節によって満潮になる時間帯は少々変化がありますが、夕方から夜にかけてが多いです。

段々と潮が満ちてくる姿も感動的で、14:00頃からだんだんと海面が上がってくる様子に、思わず感動し足を止めてしまいます。

干潮

干潮の時間帯は主に早朝が多く、午前中までに厳島神社に到着できると干潮の状態の鳥居を見ることができます。
混雑を避けることができる6:30~11:00頃までは、干潮の状態になります。

満潮のときが水に浮いている状態になっているのに比べ、干潮は地面にしっかりと立っている堂々とした鳥居を見ることができます。
「こんなに鳥居って大きかったんだ」と思えるくらい、どっしりとしています。

満潮のときは海面に鳥居の足の部分が隠れてしまうので、大きさのギャップを感じられてまた趣がありますよ。

夜(ライトアップ)

夜のライトアップがまた雰囲気があり夫婦やカップルには大人気です。
特にカップルで訪れる人も多く、若い人からご年配の方まで年齢層は幅広いことでも知られています。
時間帯としては、日没30分後位~午後11時までとなっております。

ライトアップされている中で最もきれいなのが満潮時。
水面にライトアップされた大鳥居を見ることができ、幻想的な空間が時の流れを忘れさせてくれます。
終活の思い出に訪れる人もいるくらい、思い出に残しておきたい景色でもあるんですね。

御朱印などの授与品

御朱印などの授与品に関しては、厳島神社の窓口が開いている時間でないと手に入れることができません。
窓口が開いている時間は8:00~17:00ですが、筆者が参拝した時は15:00で窓口が閉まっていました。
1月下旬だったからかもしれませんが、もし御朱印などを手に入れたい時は、午前中に足を運ぶと安心して手に入れる事ができます。

混雑具合

厳島神社の混雑具合は、季節にもよりますが、11:00以降が混雑すると先ほどお伝えしました。
15:00くらいまで混雑が続くので、混雑を避けたい時は11:00~15:00の間は避けるようにしましょう。

この時間帯は修学旅行生の参拝も多く、流れに沿って進まないといけないこともあります。
落ち着いて参拝したいなら11:00より早い時間帯か、16:00以降に参拝することをおすすめします。

そして厳島神社の混雑と比例して、フェリーも混雑します。
椅子に座ってゆっくり行きたい人や混雑が嫌いな方などは、神社の時間だけでなくフェリーの時間まで余裕を持って訪れることをおすすめします。

厳島神社の基本情報

厳島神社

厳島神社は、平安時代の有名な造りである寝殿造を採用した、日本屈指の名社として知られています。
海面にそびえ立つ大鳥居がメインで、干潮と満潮で見える景色が異なり、1日中いても飽きないところがポイントです。

ここでは、厳島神社の基本情報をお伝えします。

場所・アクセス・拝観料

厳島神社は広島県廿日市にある海の上に存在する神社です。

アクセス:宮島棧橋から徒歩で12分、宮島口フェリー乗り場から約10分で着きます。

厳島神社

所在地広島県廿日市市宮島町1-1

利用料金拝観料:大人300円、高校生200円、中小学生100円

見どころ

次に、厳島神社の見どころについて3つ紹介していきます。

  • 大鳥居

    やはり厳島神社と言えば大鳥居が見逃せないポイントでもあります。

    海面の高さで見える鳥居の様子が異なり、時間帯で味わえる風情はたまりません。
    そして日の入りの時間には、夕日と満潮と大鳥居のコラボレーションを拝むことができますよ。

  • 廻廊

    幅4メートル、長さ275メートルの長さを誇り、すたすたと歩いてしまうのがもったいないくらい。
    立ち止まって廻廊の中で流れる時間を感じるのもよし、心が洗われるような感覚に包まれます。

    廻廊を作っている床の床板には、目透と呼ばれる隙間が空いています。
    こちらの隙間から海面の変化が見えるだけでなく、海水の上下による水圧の軽減を行っています。

  • 本殿

    日本で最も大きい本殿と言われていて、国宝に指定されている造りになっています。
    市杵島姫・湍津姫・田心姫の宗像三女神が祀られているので、ご利益を期待する人は、必ず立ち寄りたいスポットです。

    平安時代の特徴である寝殿造を目の前で拝見することができますよ。

主な行事

厳島神社の主な行事として、8月にある宮島水中花火大会は外せません。
厳島神社の大鳥居の沖合で約5千発の花火を上げるので、大鳥居と花火の融合はこの時期しか見られない貴重な景色となっています。

もう1つとして、11月の大聖院 もみじ祭りも写真映えが期待できる行事で人気を集めています。
11月中旬から下旬にかけて行われるので、紅葉の時期と被るため混雑しやすいです。
普段公開されていない名僧・高僧の墨跡展、チベット仏教の弥勒菩薩像をはじめ、仏具・曼荼羅を公開しているので、貴重な期間です。

厳島神社の時間についてのまとめ

厳島神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、厳島神社時間について、詳しく紹介してきましした。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 厳島神社の開門・閉門の時間は6:30〜17:30(18:00)
  • 厳島神社のおすすめの参拝時間帯は6:30~9:00
  • 厳島神社の大鳥居では、満潮・干潮・ライトアップごとで各おすすめの時間帯がある
  • 厳島神社の混雑時間帯は、基本的には11:00〜15:00
  • 厳島神社は海の上にあるためフェリーで行かなければならない
  • 厳島神社の境内の見どころとして、大鳥居・廻廊・本殿
  • 厳島神社の行事として、宮島水中花火大会・大聖院 もみじ祭りなどがなどがある

厳島神社は世界遺産に登録されているだけあって、魅力のたくさんある神社ということがお分かりいただけたかと思います。
これから厳島神社に行こうとしている人も、再度訪れようとしている人も、ぜひここでお伝えした情報で新しい思い出の1ページを増やせることを願っています。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しております。
以下の記事では、神社の鳥居について詳しく紹介しています。
こちらも合わせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社の鳥居について鳥居の種類やくぐり方まで徹底的に解説します!

神社と聞いて、真っ先に鳥居を思い浮かべる人は結構いるのではないでしょうか。そんな鳥居ですが、ちゃんと意味があることを知っていましたか?その他にも鳥居には種類があり、くぐり方まであるんです。今回は神社の鳥居の種類や違い、くぐり方について詳しく解説します。

「厳島神社・時間」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「厳島神社・時間」についてさらに知りたい方へ

厳島神社はなぜ海に?厳島神社が建てられた歴史とは?のサムネイル画像

厳島神社はなぜ海に?厳島神社が建てられた歴史とは?

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!のサムネイル画像

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!のサムネイル画像

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!のサムネイル画像

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!

神社の参拝は何時までに行うべき?夜の参拝はやめたほうが良い?のサムネイル画像

神社の参拝は何時までに行うべき?夜の参拝はやめたほうが良い?

厳島神社をまるっとご紹介!アクセス・ご利益・鳥居などの見所を解説のサムネイル画像

厳島神社をまるっとご紹介!アクセス・ご利益・鳥居などの見所を解説

厳島神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説!のサムネイル画像

厳島神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説!

厳島神社のお守りご紹介!ご利益ごとの種類や値段を解説!のサムネイル画像

厳島神社のお守りご紹介!ご利益ごとの種類や値段を解説!

厳島神社はなぜ海に?厳島神社が建てられた歴史とは?のサムネイル画像

厳島神社はなぜ海に?厳島神社が建てられた歴史とは?

窒息死は時間との戦いです!逃れる方法等についてまとめました。のサムネイル画像

窒息死は時間との戦いです!逃れる方法等についてまとめました。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「厳島神社・時間」についてさらに知りたい方へ

厳島神社はなぜ海に?厳島神社が建てられた歴史とは?のサムネイル画像

厳島神社はなぜ海に?厳島神社が建てられた歴史とは?

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!のサムネイル画像

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!のサムネイル画像

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!のサムネイル画像

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!

神社の参拝は何時までに行うべき?夜の参拝はやめたほうが良い?のサムネイル画像

神社の参拝は何時までに行うべき?夜の参拝はやめたほうが良い?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと