家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

限られた参列者のみでひっそりと行う家族葬は、近年珍しい葬儀でなくなりつつあります。近所などで思いがけず直面することもあるので、適切な応対を考えておきたいものです。今回の記事では家族葬でのご近所対応について、そのまま使える文例を交えて解説していきます。

目次

  1. 家族葬での正しいご近所対応とは
  2. 家族葬とは?
  3. 家族葬を行う際の近所への正しい対応
  4. ご近所の家族葬に参列してもいい?
  5. 家族葬を家でやるメリット・デメリット
  6. 家族葬を家以外の場所でやる方法
  7. 家族葬でのご近所対応のまとめ

家族葬での正しいご近所対応とは

困った人々

葬儀の形も多様化が進んでおり、現在では一概にこの作法にのっとれば大丈夫ともいえないケースが増えてきています。
葬儀の場で不要なトラブルを避けるため失礼のない振る舞いをしたいものの、実際にどう対応すればいいのか悩むことも珍しくありません。

とりわけ、最近よく聞かれるようになった家族葬に関して情報が不足している方も多いと思います。
今回、終活ねっとでは家族葬での正しいご近所対応について、以下の点を記事にまとめてみました。

  • 家族葬とはどんな葬儀なのか?
  • 家族葬を行うときの、近所への適切な対応について解説。
  • 近所で行われている家族葬に参列していいのか?
  • 家族葬を自宅で執り行うメリットとデメリットについて。
  • 自宅以外に葬儀会場候補となる場所の、各々の特徴を解説。

家族葬はデリケートな問題を内包していることも多く、細やかな気配りが大切になってきます。
この記事で、ぜひ家族葬の概要と情報を掴んでおいてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは?

葬儀

まず、家族葬そのものについて簡単に解説しておきます。

家族葬とはどんな葬式?

家族葬とは、近親者やごく親しい間柄の人だけで火葬や葬儀を行い、後日改めて本葬などを行うことなく小さく完結する葬儀形態のことを指します。

各家庭の事情に応じて柔軟に縮小させるのが主な特徴であり、宗派や聖職者の有無が決められているわけではなく、小規模な葬儀が全般的にこう呼ばれる傾向にあります。
そのため、施主や関係者が明確に連絡しない場合は家族葬とわからないことも多く、故人や当事者の希望や対応によって認識が変わるものともいえます。

最近家族葬が増えている背景は?

昨今家族葬が増えている背景には、以下の理由が主として挙げられます。

まず第一に、現代的な事情に則しているという面があります。
故人が高齢である場合は近親者や知人が減っていたり、若い人も仕事や居住地によって時間の都合が合わないといったことがよくあります。
従来の家制度と合わないため簡略化された家族葬を採用するというケースは非常に多いです。

また、故人の希望や状況によって選ばれることもあります。
事故や病気でご遺体と直接面会するのが望ましくない場合、故人が大掛かりな葬儀を望んでいなかった場合などがあてはまります。

これらの他に、施主側の負担を軽減するために行われることもあります。
故人が有名人で参列者の混雑が見込まれるとき、対応できる遺族が少なく時間的余裕もないときなどです。
このように、家族葬といってもその実様々な要因が考えられます。

以下の記事では家族葬を選ぶ背景・理由についてさらに詳しく解説しております。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

昔と違い、現代ではさまざまな形の葬儀が行われています。その中から家族葬を選ぶのには、どのような理由があるのでしょうか。この記事では、家族葬が選ばれる理由や注意点などを解説しています。その他の葬儀と比較して解説しておりますのでぜひ最後までご覧ください。

家族葬を行う際の近所への正しい対応

葬儀

それでは、家族葬に際しての実際の対応について見ていきましょう。

家族葬の通夜・葬儀の辞退は失礼?

家族葬を行おうとしている場合、近所の方への参列辞退は基本的に失礼にあたりません
故人との親交がさほどないのであればなおのことで、家族葬の大きな目的のひとつともなっています。

席の準備や返礼を考えなくていいのはメリットとなりますが、葬儀以外の必要事項は伝えておくようにしましょう
故人が出たことと、それにともなって近隣での生活や自治活動に参加できなくなることを知らせておくことは必須です。

人や業者の出入りが予想されるときは、その旨も伝えておくようにしましょう。
葬儀の中での配慮は必要ありませんが、今後の近所づきあいにしこりを残さない程度の事前通達は必要です。

家族葬参列の範囲はどこまで?

次は、家族葬に参列する間柄や人数はどの程度になるのか、実際に行われた方や葬儀社の情報を参考に考えていきましょう。

家族葬の平均参列者数は?

家族葬の平均的な参列者数は、10~30人程度です。
この数字は同じ範囲に収めるべきという指標ではなく、一般的な従来通りの葬儀では50名前後の規模となることからくる相対的なものです。

実際には、最終的な参列者数が1桁となることもあります。
大事なのは数ではなく各々の事情に合った葬儀の形ですので、葬儀の段取りを行う前の簡単な目安として捉えておきましょう。

故人・遺族の希望で変えられる

家族葬を行う利点として、故人や遺族の希望で参列者の範囲を決定できる点が挙げられます。

従来通りの葬儀では、普段連絡もとらない親戚の方へ案内状を出したり、間柄を考えた喪服の準備など配慮することが増えて忙しくなります。
それぞれの生活から突然非日常な空間に集うこととなり、お互いに気疲れしてしまったという体験談も少なくありません。

これらの煩わしさを避けるため、家族葬では本当に参列する必要がある方のみに限定して案内状を送ることができます。
参列者の側からも、文章の内容と規模の小ささから察することになるのが家族葬の特徴ともいえます。

トラブルを防ぐ参列辞退お願いの連絡法

家族葬を行う際にもっとも多くなるのが、参列辞退をお願いする手段です。
ここを済ませることができれば葬儀自体が簡略化され負担も軽くなりますので、参列辞退のお願いのポイントを確実に抑えておきましょう。

  • 故人・親族の意向であることを伝える

    口頭でも文章上でも大切になるのが、家族葬が故人・遺族の意向によるものだと伝えることです。

    家族葬では関係者が少なくなりますので、大人数の話し合いで決まったというような言い方では誤解を招く恐れがあります。
    はっきりと要望があってのことと伝えることができれば、辞退する側も余計な心配をしなくて済むようになります。

  • 自治体・町内会でお知らせしてもらう

    近隣への配慮として、自治体や町内会で代表を務めておられる方を通じてお知らせするのも有効な方法です。
    事を大きくしたくない家族葬では、大抵の場合妥当でスマートな選択となります。

    代表の方と連絡がつけにくい場合は、なるべく相互に連絡がとる余裕のある方を通して頼んでおきましょう。

  • 参列辞退に加え、香典のお断りも伝える

    参加辞退の旨の他には、香典をしっかり断っておくことも重要です。

    一般的な葬儀を行わず参列を断った場合でも、せめてもの心遣いとしてご香典を準備して送ろうとする方は少なくありません。
    それらのお返しを含めた手間を省略できるのが家族葬ですので、誤解が生じると本末転倒なこととなります。

    参列辞退の連絡の際には、ご香典も必要ないことを明確に伝えておきましょう。

  • 参列希望の場合は後日の弔問をお願いする

    基本的に葬儀においてはご遺族の事情が優先されるべきですが、心情的に参列が叶わないことを悔やまれる方もいます。
    最期の別れが望む形でできなかったことで、残念なことに不信感を抱かれるケースもあります。

    そういった心配が予想される方に対しては、後日で弔問ができるタイミングを伝える配慮をしておくといいでしょう。
    遺族側から対応可能な時間を伝えておくと、参列を希望していた方も安心して適切な時期に弔問に臨むことができます。

家族葬の参列辞退をお願いする文例

参列辞退をお願いするにあたり、実際に文例を挙げていきます。
各自で適した形に整えてご利用ください。

まずは家族葬の参列辞退のお願いの文例です。

例文:家族葬の参列辞退のお願い(挨拶状)

「叔父 〇〇××儀 体調不良のため先月より入院しておりましたが 〇月×日に死去いたしました
 なお葬儀に関しまして 誠に勝手ながら故人の遺志により 家族葬として執り行うことにいたしました 
 つきましては葬儀へのご参列 献花 お供え ご香典のほうは辞退させていただきます
 非礼をお詫びするとともに ××が生前にいただきましたご厚情に 謹んで深く感謝を申し上げます」

ケースとしては稀ですが、葬儀の前に挨拶状を送る場合は以上の文例が参考となります。
ご遺族間の相談で決まったとしても、そのまま伝えると怪訝に思われることがありますので、「故人の遺志により」と書いておくとトラブルを避けやすいでしょう。

参列辞退を促す文章を書くときは、葬儀の日時と場所を記載しないのが意図を示しやすい方法となります。
参列を願い出る文章と区別をつけておくと、混乱を招く可能性も減ります。

ほとんどの場合は挨拶状を送らず、葬儀のあとに通知状を送ることになると思います。
そのときの文例は以下の通りです。

例文:家族葬の事後通達(通知状)
「祖母 〇〇××儀 自宅療養で過ごしておりましたが 〇月×日に死去いたしました
 生前の御厚誼に感謝し 謹んでご通知申し上げます
 なお 誠に勝手ながら故人の希望により 葬儀は○月○日に内輪で執り行いました
 お供え物 ご香典につきましても 故人の遺志によりご辞退申し上げます

 ご報告が遅れたことを 心よりお詫び申し上げます
 甚だ勝手ではございますが 何卒ご了承いただきたくお願い申し上げます」

いつに亡くなったか、生前にお世話になったことへの感謝、辞退の旨を書くのは同じですが、通知状の場合は葬儀の事後報告とお詫びを添えると理想的な文面になります。

他の形式となることもありますが、遺族側から挨拶状や通知状を出す場合、句読点は使わずに空白で対応するのが伝統的で無難な書き方となります。

当日に葬儀にいらした場合は?

連絡がうまく届かずに、予期せぬ参列者が訪れることもあります。

各々の事情が異なりますので非常に判断の難しいところですが、このような事態になったときは家族葬であることを改めて伝え、配慮して去っていただくか最低限の参列を許可するか見極めることとなります。

式場で予定していた人数の都合もありますので、参列を受け入れるにしても限度があります。
誤解させたことをお詫びしつつ正直に正式な案内はできないことを伝え、手早く可能な対応を提示して、どうされたいかを伺いましょう。

案内していない方への予備を用意する必要は本来ありませんが、相手は悪意はなく、参列したいという思いで来られる方が多いです。
あまりにも無理にお断りすることは失礼にあたりますので注意しましょう。

近所への事後報告・挨拶をしっかりする

葬儀が終わったら、近隣への事後報告・挨拶をくまなく行っておきましょう。
普通の葬儀は規模が大きいため直接話さずとも外からある程度察することができますが、家族葬は気づかれないことも多いので相互確認がより大事になります。

町で会ったときの対応

葬儀の最中なら、最小限の挨拶だけでも大丈夫でしょう。
家族葬といえども手間はありますし、心境的にも落ち着きませんので葬儀を優先して咎められることはありません。

葬儀が終わったら、その旨を伝えつつその間にお世話になったことについて、お礼と感謝を述べておくといいでしょう。
家族葬であることが伝わると、参列しない方々からはなかなか触れられない話題となりますので、話しても大丈夫だと伝える意味もこめることができます。

文書で伝える際の文例

家族葬は性質上、近所への報告に形式ばったものを出すことはほとんどありません。
代表者への通達がしっかりできたら残りは事後報告で大丈夫ですが、その際の文書の例も載せておきます。

例文:家族葬の事後通達(通知状)
「祖父 〇〇××儀 去る〇〇月××日に◯◯歳にて永眠いたしました
なお 葬儀は故人の遺志により 近親者のみにて執り行いました
御香典 御供物につきましても ご辞退申し上げます
ご報告が遅れたことをお詫びするとともに 生前に故人が賜りましたご厚情に深謝いたします
今後も変わらぬご厚誼のほど 宜しくお願い申し上げます」

要点は変わりませんので、御香典関連の辞退と感謝の意をあらわす文章を忘れずに記載しておきましょう。
他の親戚や知人へ送る通知状と違ったものにする必要もありませんが、参列を志望しそうな方へ通知状を送る場合は、参列辞退の文例のように非礼を詫びるニュアンスを追加しておくといいでしょう。

以下の記事ではさらに詳しく、家族葬の香典・弔問の辞退の方法について解説しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介

家族葬で香典・弔問を辞退するという形式は、比較的新しいスタイルです。そのため、家族葬でどのように香典・弔問を辞退すればよいか、迷われる方も多いでしょう。この記事では、そのような方々のために、香典・弔問を辞退するタイミングや使える文例をご紹介します。

ご近所の家族葬に参列してもいい?

葬儀

次は、施主側ではなく家族葬の知らせを受け取った側の対応について考えていきます。

家族葬のお知らせを確認して判断

故人の出た家庭は心理的な落ち込みがあるだけでなく、対応で慌ただしくしていますので、通知を受けたときはなるべくその家族葬の情報をもとに判断することとなります。
判断材料となるポイントは以下となります。

  • 日時・場所が明記されていない場合参列は控える

    通知状に日時・場所が記載されていないなら、参列はしないほうがいいものと考えておきましょう。
    案内状である場合はまず日時と場所、葬儀社の方の連絡先などが書かれますので、そのまま行くのに情報が不足している場合は辞退のお願いとみなしてOKです。

  • 周りの方にも相談する

    相談できる人がいる場合は、話をして検討してみるのも一考です。
    家族葬の通知自体あまり多く出されるわけではありませんので、自分を含め受け取った人と故人との間柄などを鑑みると判断しやすくなります。

  • 基本的に連絡がなければ参列は辞退

    連絡自体がない場合は、参列は必ず辞退しておきましょう。
    直接葬儀の場で弔えない無念さはありますが、家族葬を行う理由が自分にもかかっている状況ですので、ご遺族の意向や負担を考慮して大人しくしておくのがマナーといえます。

家族葬に参列する場合の香典は?

結論から先に申し上げますと、家族葬に参列するときには基本的にご香典は必要ありません

家族葬とする理由として、ご香典やお供え物、お礼などの手間を省略するという点は外せないものとなっています。
参列する人数が少なく、葬儀会場も小さいところを選ぶにしても、ご香典や本葬の段取りを考えているなら一般的なお葬式の形でもかまいません。

参列が可能ならそのことに感謝したいですし、形あるもので弔意を示したくなることもあります。
しかし、家族葬の場合はご香典を持参していっても受け取ってもらえる可能性は低いと考えておきましょう。

参列できなかった場合

家族葬に参列できなかった場合の対応も頭に入れておきましょう。

  • 会った際にはお悔やみの挨拶をする

    葬儀の形が違っても、お悔やみの挨拶をするのは同じです。
    ことさらにご遺族へ挨拶しに出向かう必要はありませんが、知らせを受け取ってから最初に面したときには相応に状況が考慮された挨拶が望ましいです。

    「お知らせで本当に驚きました、お悔やみ申し上げます、お力になれることがあれば言ってください」と弔意に相手を慮る一言を添えるといいでしょう。

  • 後日弔問をさせていただく

    家族葬は比較的閉じられた葬儀となりますが、その後一切の弔問を拒否するという意思表明ではありません。

    家族葬は煩わしさを軽減させる利点も重視されるため、本来あまり歓迎されることではありませんが、どうしても心につっかえが残りそうなら後日の弔問を検討しましょう。
    その際には、あらかじめ親族に連絡を入れて、ご遺族の負担とならないように振る舞うことがもっとも大事になります。

後日弔問の際のマナー

後日弔問にうかがうとしても、家族葬という性質に合わせた配慮が求められます。

事前にご遺族に連絡して確認をとるのはもちろん、自分のみ香典をひそかに渡すということも相手を困らせてしまいますのでしないようにしましょう。
お供え物や差し入れを持っていくにしても、お返しの必要ない簡素なものが限度となります。
葬儀ではありませんので、服装も喪服ではなく落ち着いたものを選ぶのが無難でしょう。

後日の弔問を考える方は意外と多いので、無理とならないタイミングも重要です。
葬儀から一週間以内は、遺品整理や事務手続きなども済んでいないことが多く、適切な時期とはいいがたいです。

それ以降となる、ご遺族が仕事の休みをとっていそうな日にちを候補にして考えるのがいいでしょう。

家族葬を家でやるメリット・デメリット

葬儀

家族葬は従来の葬儀よりはるかに人数を絞れるため、家だけで完結させることもできます。
家族葬を家で行うメリットとデメリットをそれぞれ把握しておきましょう。

家族葬を家でやるメリット

参列者を全員収容できる空間があるのが条件ですが、家で葬儀を済ませるのには以下のメリットがあります。

  • 勝手のわかっている空間なので、緊急時の対応が楽

    式場の設備を把握してから準備をする必要がありませんので、日常的に使用している物や近隣の設備に頼ることができます。
    特にご遺族に病気や身体的なハンデを抱えている方がいる場合、この利点は外せないこともあります。

  • 交通で迷ったり、トラブルの起こる可能性が少ない

    家族葬に参列できる人物は、故人ととても近しい人に限られます。
    一度も行ったことのない式場へ案内するよりも、見知った場所で行える安心感と確実性が増します。

  • 配膳・時間配分の自由さ

    式場を借りる場合は、いつからいつまでとスケジュールを決めた上で行動することとなります。
    葬儀社の事情が絡みますので、予想以上に気忙しい葬儀となることもあります。
    自宅で行う家族葬なら、多少の時間の変動は容易に吸収しながら進めることができます。

家族葬を家でやるデメリット

自宅での家族葬の欠点もあります。
家庭によってその影響の大きさも異なりますので、十分に精査して決めてください。

  • 家族でほとんどのことをしなければならない

    葬儀社の方が自宅で儀式の段取りを手伝ってくれることもありますが、基本的には施主が率先して葬儀を進めなければならなくなります。

    僧の方への対応などを考えると儀式自体の手間はそこまで変わりがなく、個人の作業分担が増える可能性もあります。
    誤解されやすいですが、費用も特別安くなるわけではありません。

  • 葬儀にあわせた設備ではないので、そのための事前準備が必須

    葬儀でしか使われない斎場で行うより、細かな手回しが必要となるケースが多いです。
    葬儀社の方と相談すれば大抵は解決できますが、出棺の際の歩道の確保と告知・駐車場の確保・ドライアイスの補充などにも気を配ることとなります。

  • 広さが必要

    人数が少なくなるとはいえ、棺・祭壇・参列者が休憩できる座席が最低限いりますので、ある程度のスペースがないと葬儀自体が困難となります。
    少なくとも12畳以上の広さは確保しておきたいので、自宅での葬儀にするためには整理整頓が必要な場合もあります。
    また、参列者が車で来る場合の駐車スペースも必要となることがあります。
    ご近所の迷惑とならないように注意する必要があります。

家族葬を家以外の場所でやる方法

葬儀

生前から家族葬を希望していても、故人の死亡後に葬儀社の案内がくるのは同じで、式場を借りて家族葬を行うケースもあります。
家族葬への対応も増えてきているので、以下の内容も含めてよく相談した上で決めるといいでしょう。
ここでは家族葬を家以外の場所でやる方法をご紹介します。

葬儀社の会館

葬儀社の会館の利用は、なるべく葬儀に集中したい場合に適しています。
葬儀に必要な設備や物品はすべて揃っており、スタッフに頼れますし火葬場との連携にも不備が起こることはありません。

規模や時間に応じた費用がかかってしまうのがデメリットですが、その分現代的な事情に対応した手厚いサポートを得ることができます。
葬儀における施主側の経験が少ない方、身内のみながら式の飾り付けを行いたい方、駐車場や座席の心配をしたくない方などにお勧めできます。

寺院

寺院も、式場の有力な候補となります。
お別れの場を別に設けることで気持ちの区切りもつけやすく、担当者のお膝元なので葬儀の段取りも確実に行えます。

葬儀社の一括プランより安くなることも多いですが、宗派に帰属しなければならない、お布施の目安がわかりにくい、バリアフリーの場所が少ないといったデメリットもあります。
供養する場所としてはこれ以上のところもそうありませんが、独自の性質は抑えておきましょう。

教会

キリスト教に帰依している方なら、教会という選択肢も挙がってきます。

実際のところ、日本の葬儀は全国各地に寺院があって頼みやすい仏式が圧倒的に多く、教会によるキリスト式はできる場所が限定されます。
教会でも、宗派や設備の違いによって葬儀を受け付けていないところもあります。

キリスト教は大きくカトリックとプロテスタントの2つに分けられますが、現在の日本ではどちらも葬儀を行えるようになってきています。
戒名や読経がない分費用は安めになりますが、賛美歌や献花の費用はかかります。

「神のもとへ帰る」というニュアンスが強いので、葬儀自体は簡素になる傾向にあります。
斉唱やお祈りなど、仏教や神道の多い日本でなじみの薄めな儀式を参列者に介する点に注意しておきましょう。

公民館・集会場

公民館や集会場など、公営や自治体の管理している会場を借りることもできます。

これらを利用する最大のメリットは、費用を抑えられる点にあります。
事務的なものだけで済みますので葬儀社や各宗教施設より安く、場合によっては相互扶助で費用を一部肩代わりしてもらえることもあります。

デメリットには、自宅での葬儀と同じくらいに家族の負担が増すこと、葬儀用ではないため設備が不足しやすいことが挙げられます。
葬儀利用を禁止しているところもありますので、検討するなら各自で対応する余裕が必要となります。

家族葬でのご近所対応のまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとがまとめた家族葬でのご近所対応・トラブル回避法について、内容を整理すると以下となります。

  • 家族葬とは、ごく親しい人のみで済ませる簡潔な葬儀のことを指す。
    現代的な事情に合っており、参列者を少なくしたい場合に行われることが多くなっている。
  • 近所の方へ参列辞退をお願いすることは、家族葬でよく行われていることである。
    参列者数は多くても30名程度で、故人や遺族の希望で規模を縮小するのが特徴。
    ご香典やお供え物なども辞退となるのが基本。
  • 参列辞退をお願いする文章では、故人の希望であること、ご香典やお供え物も辞退すること、参列できないことに対してのお詫びを入れることがポイント。
    案内していない方が参列してしまった場合の対応や、事後報告の対応も考えておくこと。
  • ご近所の家族葬は行かないのが一般的、お知らせをよく読んで判断する。
    日時と場所が知らされ、明確に案内されている場合にのみ参列すること。
    ご香典はほとんどの場合不要、後日の挨拶や弔問ではご遺族の負担を第一に考えて振る舞うこと。
  • 家族葬を家で行うメリットは、勝手がわかっている場所・交通の確かさ・配膳や時間半分の自由さなどがある。
    デメリットとしては、一人当たりの分担が増える・近所への配慮・スペースの確保などが挙げられる。
  • 家以外の式場の候補には、葬儀社の会館・寺院・教会・公民館や集会場が挙げられる。
    故人の宗派や各々の要望を考え、それぞれの特徴を把握した上で利用を検討すること。

家族葬は近代的な価値観が反映されていて一様とはならないですが、根底にある故人への弔意とご遺族への労いは同じです。
どちらの立場に立つにしても、要点をよく確認して事を運べば、互いに納得のいく家族葬にすることができるでしょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

以下の記事で家族葬の費用について詳しく解説しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

「家族葬・近所」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・近所」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

お寺でも家族葬はできる?流れやメリット・デメリットをご紹介しますのサムネイル画像

お寺でも家族葬はできる?流れやメリット・デメリットをご紹介します

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!のサムネイル画像

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

適切な家族葬への対応とは?参列判断や喪主の連絡・香典対応をご紹介のサムネイル画像

適切な家族葬への対応とは?参列判断や喪主の連絡・香典対応をご紹介

家族葬でも手伝い係は必要?誰に頼むべきか・仕事内容などを解説のサムネイル画像

家族葬でも手伝い係は必要?誰に頼むべきか・仕事内容などを解説

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説のサムネイル画像

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「家族葬・近所」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

お寺でも家族葬はできる?流れやメリット・デメリットをご紹介しますのサムネイル画像

お寺でも家族葬はできる?流れやメリット・デメリットをご紹介します

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!のサムネイル画像

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと