常磐神社の見どころやご利益をご紹介します!御朱印や行事も解説!

水戸黄門といえば多く方が聞き覚えのある名前なのではないでしょうか?そんな有名な人物を祀る常磐神社では、一体どのようなご利益が得られるのでしょうか。そこでこの記事では得られるご利益はもちろん、御朱印や行事など常磐神社の見どころについて詳しく解説します。

目次

  1. 常磐神社について
  2. そもそも常磐神社って?
  3. 常磐神社の基礎情報
  4. 常磐神社の見どころ・回り方
  5. 常磐神社の主な祈願・行事
  6. 常磐神社周辺のおすすめ神社
  7. 常磐神社についてのまとめ

常磐神社について

神社

神社で得られるご利益には様々な種類があり、神社によってもご利益は大きく異なります。
また、ご利益以外にも神社によっては独特な特徴を持つお守りや御朱印が存在し、それらを授かるべく神社に訪れる方も多いのではないでしょうか?

そしてご存知の通り常磐神社では、かの有名な水戸黄門が祀られております。
では、そんな常磐神社ではいったいどのようなご利益が得られ、どのようなお守りや御朱印が用意されているのでしょうか?

そこで、今回終活ねっとでは、常盤神社について以下の内容を中心に詳しくご紹介します。

  • 常磐神社はどんなところ?
  • 常磐神社へのアクセスは?
  • 常磐神社の魅力やおすすめの回り方は?
  • 常磐神社で行える祈願や行事
  • 常磐神社周辺のおすすめの神社は?

以上のように、この記事では常磐神社の魅力について詳しく解説します。
ぜひ最後まで読んでいただき、常磐神社の見どころや特徴をしっかりと押さえておきましょう。

そもそも常磐神社って?

神社

水戸黄門が祀られる神社である常盤神社では、どんなご利益が得られるのかご存知ですか?
また、常磐神社とはいったいどのようなところなのか、そしてどのような歴史が存在するのか気になるという方もいるのではないでしょうか?

そこで、まずは常磐神社の由緒やご利益そして水戸黄門にまつわる歴史についてご説明します。

由緒

明治初年に水戸黄門で知られる徳川光圀と徳川斉昭を慕う大勢の水戸藩士達により、偕楽園内に祠堂が建てられたことが始まりです。
そして、明治6年(1873)になると、明治天皇の勅旨により常磐神社の社号が定められ県社に列格されました。

明治7年(1874)には現在の常磐神社の場所に社殿が建てられ、祭神である徳川光圀に高譲味道根命(たかゆずるうましみちねのみこと)徳川斉昭に押健男国之御楯命(おしたけおくにのみたてのみこと)の神号が授けられました。
そして、明治15年(1882)に別格官幣社に列格されました。

その後、昭和20年(1945)に戦災によりほとんどの建物が焼失してしまいましたが、昭和33年(1958)には再建されて現在の常磐神社に至ります。

どんなご利益がある?

常磐神社は、商売繁盛・交通安全・学業に関するご利益が得られるとして有名な神社です。
特に徳川光圀は学問に熱心だったことから、光圀が祀られる社殿では合格祈願や学問成就のご利益が大きく得られるとされているようです。

そのため合格祈願に訪れる参拝客が多く見られます。
他にも常磐神社の境内には、末社でありながら安産祈願や子授けのご利益を得ることができる三木神社が存在します。

遍歴・歴史

水戸黄門で、お馴染みの光圀公は学問に力を注ぎ学問を広めたことで有名ですがもともとは素行の悪い不良であったことでも知られております。

常陸国水戸藩の初代藩主である徳川頼房の三男に生まれた光圀公は、5歳までは身分を隠し三木夫妻のもとで教育を受け育ちました。

6歳になると世継ぎとされ父のもとで武士としての教育を受けることになります。
ただ、15歳を迎えると徐々に素行が悪くなり不良な行いを働くようになったとされております。

しかし、18歳の時に史記の伯夷伝を読んだことで、大きな転機を迎え光圀公自身も大きく変わりました。
そしてその歳から、日本の歴史書である大日本史の製作に携わり、学問に尽力されたとされております。

また、藩主時代には殉死しようとする者を説得し殉死をやめさせ、後には殉死禁止令を出すなどといった行いも見られております。
ちなみに、1690年に光圀公は藩主を他人に譲りその後は隠居生活となりました。

常磐神社の基礎情報

神社

常磐神社には、様々な歴史があり、また授かることができるご利益についてもご説明しました。
もともと有名な水戸黄門が祀られる神社として人気ですが、常磐神社の由緒を知ることでより興味を持てたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ実際に訪れる際には、やはり常磐神社の基礎情報を事前に知っておかなければいけませんよね。
そこでここでは、常磐神社は具体的にどこにありどのようなアクセスができるのか、また拝観時間などについても詳しくご説明します。

常磐神社は水戸市のどこにある?

常磐神社は、茨城県の水戸市にあり、偕楽園公園の隣に位置しております。
近くには、JR常磐線の偕楽園駅がありますが、偕楽園駅は臨時駅となっているため基本的には最寄駅は水戸駅となります。
そして、常磐神社の詳しい位置情報は以下の通りになります。

常磐神社
常磐神社

所在地〒310-0033  茨城県水戸市常磐町1-3-1

アクセス

続いては、常磐神社に行くためにはどのようなアクセスがあるのかを見ていきましょう。

電車・バス

電車を利用する場合は、まずJR常磐線の水戸駅へ向かいます。
水戸駅からはバスの利用となり、水戸駅北口のバスターミナルの4番乗り場より発車する偕楽園方面行きのバスまたは、6番乗り場の偕楽園行きに乗車します。

4番の偕楽園方面行きのバスであれば偕楽園・常磐神社前の停留場で下車し、6番の偕楽園行きであれば終点の偕楽園で下車します。
ちなみに、いずれも乗車時間は15分ほどどなります。

自動車

常磐神社やその周辺にはいくつか駐車場が設備されているので、自動車を利用して訪れることもできます。
以下では自動車での詳しい行き方や駐車場についてご説明します。

行き方

自動車で向かう場合は、常磐自動車道を利用します。
常磐自動車道に入ったら水戸ICへ向かい、水戸ICからは大洗・水戸市外の国道50号線方面を進みます。

そして、国道50号線の偕楽園北口の交差点にて右折し県道178号線を進み常磐神社へと向かいます。
ちなみに、常磐神社へは常磐自動車道の水戸ICから15分ほどで到着することができます。

駐車場について

常磐神社近くには駐車場が設けられておりますが、有料の駐車場となっており20分につき100円の料金がかかります。

ただ、偕楽園の周辺にもいくつかの駐車場が用意されており、なかには一部シーズンを除き無料の駐車場もあるようです。

常磐神社だけでなく偕楽園も楽しみたいという方は、偕楽園周辺の駐車場を利用するのが良いかもしれません。

拝観料

常磐神社の拝観料は無料となっており、自由に参拝や境内を回ることができます。
ただし、境内には義烈館という常盤神社の資料館が存在し、義烈館に入館するには入館料が発生します。

また、義烈館への入館料は大人が300円で子供が100円となっており、毎週木曜日は休館日となっております。

拝観が可能な時間

常磐神社の開門・閉門時間は以下のとおりです。

平日 休日
開門・閉門時間 6:00~17:30 6:00~17:30

また元日は0:00に開門され17:00に閉門となります。
そして、義烈館の開館・閉館時間は以下になります。

平日 休日
開館・閉館時間 9:30~15:30 9:00~16:00

常磐神社の見どころ・回り方

神社

神社と言えばそれぞれ異なった魅力があり、神社によって見どころは様々ですよね。
しかし、神社の見どころを知らずに訪れてしまえば、やはりどこをどう見れば良いのか迷ってしまいますよね。

そうならないためにも、目的の神社にはどんな見どころがあるのかを事前に知っておきたいという方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは常磐神社の魅力や見どころそして回り方について詳しくご説明します。
ぜひ、実際に訪れる際のご参考にしてみて下さい。

境内の見どころ

まずは、常磐神社の境内にはどのような建物があり、そしてそれらにはどんな見どころがあるのかを見ていきましょう。

社殿

前項でも述べた通り、こちらの社殿は一度焼失したのちに再建された歴史ある建物です。

そして見どころとしては、なんといっても水戸黄門で知られる光圀公と斉昭公が祀られているというところです。

有名な人物が祀られている事から、常磐神社でしか感じられない独特な雰囲気を味わうことができるかもしれません。

義烈館

義烈館とは、光圀公と斉昭公の諡号である義・烈から名づけられた資料館です。
そのため、その名の通り義烈館には光圀公と斉昭公の遺品や遺墨といった二公に関連するものが展示されております。

また、館内には光圀公の木彫りの像や日本最大級の太鼓である大陣太鼓など、義烈館でしか見れない珍しい物も存在します。
他にも水戸学に関する資料も多く展示されているため、水戸学についてより詳しく知ることができます。

浪華の梅

浪華の梅とは一本の梅の木の事を指しており、義烈館の目の前に歌碑とともに立ち並んでおります。
もともと光圀公と斉昭公が梅の木を好んでおり、偕楽園やその近郊には多くの梅の木が植えられていたようです。

そして廃藩置県となった時に、有志の人たちにより梅の木が常磐神社へと移し植えられたとされています。

また、歌碑に刻まれた和歌は斉昭公が作ったものであり、それを明治36年の頃に徳川慶喜公が石碑に刻んだとされております。

能楽殿

能楽殿は、常磐神社で唯一戦災の被害を免れることができた建物です。
平成3年に能舞台として改修しており毎年お祭りの時期になると、能楽などが行われ賑わうようです。

末社

常磐神社の境内には、末社の三木神社と常磐稲荷神社が存在します。
三木神社は光圀公の育ての親である三木之次と三木武佐が祀られる神社であり、そのことから子授けや安産そして子育てに関するご利益が得られるとされております。

一方の常磐稲荷神社は日本全国に数多く存在する稲荷社の一つであり、日本神話に登場する宇迦之御魂と呼ばれる神様が祀られる神社となっております。

御朱印・お守り

神社と言えば御朱印やお守りも魅力の一つです。
有名な水戸黄門が祀られる神社であれば、どんなものが用意されているのか気になる方も多いのではないでしょうか。
そこで次に、常磐神社で受けられる御朱印やお守りについて詳しく見ていきましょう。

御朱印・御朱印帳

常磐神社で受けられる御朱印は印が押されたシンプルなものとなっておりますが、社名の他に落花生のような形をした偕楽園の印や徳川家の家紋である三つ葉葵の印も入った特徴的なデザインとなっております。

水戸黄門でお馴染みの徳川家の家紋が入った御朱印は、ここでしか受けられないため珍しいとされ多くの方に人気があるようです。

また、常磐神社では家紋の入った御朱印の他にも摂社の東湖神社の名が入ったものや、末社である全ての神社の名が入ったものも用意されております。
また、御朱印の初穂料は300円となります。

そして、御朱印帳には常磐神社正面入口の鳥居の風景が繊細に織り込まれたものや、鮮やかな梅の花が織り込まれた美しいデザインのものも用意されております。

いずれにも、徳川家の家紋が入れられておりこれらの御朱印帳も非常に人気となっております。
以上のように、常盤神社ならではの独特な御朱印・御朱印帳が用意されております。

以下の記事では、神社の御朱印のもらい方やマナーについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社での御朱印のもらい方とは?マナーやおすすめの神社をご紹介!

神社でいただくことができる御朱印について、あなたはどれくらいの知識をお持ちでしょうか。今女性を中心に人気となっている御朱印について、おすすめの神社や御朱印のもらい方のマナーなどについて解説をさせていただきたいと思います。

お守り

常磐神社には様々な種類のお守りが用意されておりますが、中でも注目されているものが印籠守です。
印籠守は水戸黄門が持つ印籠をモチーフに作られており、一般的なお守りとは異なり独特なデザインとなっているのが特徴です。

もちろん印籠守には徳川家の家紋が入れられており、お守りの中には無事に帰るという意味が込められた小さなカエルが入っています。

他にも八角形の変わった形をした方災除けのお守りや、学業成就のご利益がある勝守なども人気があるようです。

以下の記事では、神社のお守りについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お守りを持つ効果とは?可愛いお守りを買える神社もご紹介します!

神社のお守りにはどんな効果があるのかご存知でしょうか?お守りによって得られる効果は様々です。やはり、誰にでも悩みはつきものですよね。お守りを上手く活用すれば、多くの悩みも解消できるかもしれません。今回は、お守りを持つ効果や可愛いお守りがある神社もご紹介します。

おすすめの回り方

上記では常磐神社の各建物の見どころをご紹介しましたが、ここではそれらをより効率よく楽しむためのおすすめの回り方について解説します。

回り方

常磐神社には多くの見どころや建物があり、一見すればどう回ればよいか迷ってしまいそうです。
しかし、以下のような順番に回れば迷うことなくスムーズに回ることができます。

  • 社殿

    常磐神社の正面入り口の石段を上り鳥居をくぐったら、まずは身を清めてから社殿にお参りしましょう。

  • 末社

    社殿でのお参りを終えたら、続いて末社でお参りをしましょう。
    2社の末社は社殿の近くに存在しており、三木神社は社殿の左側に位置し常磐稲荷神社は社殿右側の連なった赤い鳥居の奥に位置しております。
    ちなみの、三木神社そして常磐稲荷神社の順でお参りするとスムーズに回れます。

  • 能楽殿

    末社でのお参りを終えたら、次は常磐稲荷神社の近くにある能楽殿へ向かいましょう。
    ただし、通常時は能楽は行われていませんので注意しましょう。
    能楽が行われる時期に訪れたのであれば、ぜひ立ち寄って能楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 浪華の梅

    次に、義烈館前にある浪華の梅に向かいましょう。
    光圀公と斉昭公が好んだ梅の木と和歌に触れ、その歴史を肌で感じてみましょう。
    また、近くには太極砲と呼ばれる古くに作られた大砲が置かれているので、ぜひ浪華の梅と併せてしっかり見ておきましょう。

  • 義烈館

    最後に、義烈館へと足を運び、ここでしか見れない貴重な品々を拝見しておきましょう。
    義烈館を回った後に時間に余裕があれば、摂社の東湖神社でもお参りをしましょう。
    こちらも学業に関する御神徳が得られるので、ぜひお参りをしてご利益にあずかりましょう。そしてさらに余裕がある方は、水戸の見どころの一つである偕楽園へも足を運んでみてはいかがでしょうか。

拝観の所要時間の目安

あくまで目安になりますが上記の順番で回れば、社殿のお参りで5分・末社でのお参りで10分・能楽殿で5分・浪華の梅で5分・義烈館の拝観で15分の合計40分ほどの時間がかかります。
所要時間には、能楽を観賞する時間は含まれておりません。

神社の参拝方法

神社の参拝には正しい作法があるのをご存知でしょうか?
もしかすれば知らず知らずのうちに、間違った作法でお参りしをてしまっている方もいるかもしれません。

間違った参拝の作法では、せっかくお参りをしても十分なご利益をいただくことができないかもしれません。
そこでここでは、神社の正しい参拝方法を見ていきましょう。

手水舎

神社へお参りする際には、はじめに手水舎にて手と口を洗い身を清めるのが基本です。
そしてその際には正しい手順とマナーが存在します。

まず柄杓を手に取り水を汲み入れたら左手、右手の順に左右の手を洗い流します。
両手を清め終えたら次に口を水ですすぎ清めます。

柄杓に直接口をつけるのはマナー違反となりますので、水を左手に受け口へと運びましょう。
口を清めたら再び左手を洗い流し、最後は残った水で柄杓の柄を洗い流します。

礼拝

神前へと足を運んだら、会釈をして賽銭箱にお賽銭をいれ礼拝を行います。
礼拝の作法は基本的に二礼二拍手一礼となり、手順は以下の通りになります。

まずは、背筋を伸ばしながら深いお辞儀を2回行います。
次に胸の高さに両手を合わせます。
この時に右手は左手より少し下にずらした状態で合わせます。

その後、両手を肩幅程度に開いてゆっくりと拍手を二度打ちます。
打ち終えたら手を合わせたまま、神様に願いを込めて祈りを捧げます。
そして最後に、もう一度深いお辞儀をして静かに神前を離れます。

また、手水や礼拝の作法以外にも、神社に参拝する際に気を付けなければいけない点が存在します。
以下の記事では、神社参拝の正しい作法や参拝に適した時間についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

常磐神社の主な祈願・行事

神社

ここまで解説してきた通り、常磐神社の社殿では主に学業に関するご利益が得られ、末社の三木神社では子授けや安産などのご利益を得ることができます。

ただ常磐神社では、通常の参拝だけではなく特別な祈願も行うことができます。
特別な祈願とは予め申し込みをすることで受けられるものであり、神社によって様々な種類があります。

では常磐神社では、どのような祈願が受けられるのでしょうか?
ここでは、常磐神社の主な祈願と毎年行われている行事・イベントについて詳しく解説します。

参拝・祈願

以下が常磐神社で受けられる祈願になります。
また、各祈願の受付時間や初穂料についてもご説明します。

厄除け

厄除けとは多くの災難が起こるとされる厄年を迎えた人が、厄を祓うために受ける祈願です。
常磐神社では厄除けの祈祷を年中受け付けており、基本的に9時~16時までの受付となります。
また、初穂料は5000円からとなります。

お宮参り

お宮参りとは、子供の誕生を祝福すると同時に子供が健やかに育つよう祈願することを言います。
常磐神社では年中お宮参りの祈祷を受け付けており、受付時間は基本的に9時~16時までとなります。

祈祷にかかる時間は約20分ほどとなっており、初穂料は5000円からとなります。
授与品として5000円の場合は、祈願木札、初宮参詣特別御守、お菓子やでんでん太鼓などがいただけます。
1万円の場合は、上記に加え食器または塗り盆をいただくことができます。

七五三詣

七五三詣とは、本来は11月15日に子供の成長を感謝し神様に報告するという行事です。
常磐神社では七五三詣の特別祈祷を10月22日~11月30日までの期間執り行っています。

また、祈祷の受付は9時~15時30分までとなっており、初穂料は一人5000円からとなります。
そして、期間中は多くの七五三詣の参拝客で混み合うようです。

その他の祈願

上記の他にも常磐神社では必勝祈願という変わった祈願も受けられます。
必勝祈願とはスポーツなどの勝負事においての勝利を祈願するものであり、サッカーチームの選手達が優勝を願ってこの必勝祈願を受けたことでも有名となっております。

その他、合格祈願はもちろん安産祈願なども受けることができます。
また、常磐神社では神前結婚式も挙げることができ、多くの方々に選ばれているようです。

行事・イベント

次に常磐神社で毎年行われている行事・イベントをご紹介します。

初詣

元日は0時からの開門となり、日の出とともに年の最初のお祭りである歳旦祭が行われます。

そして、毎年初詣に常磐神社へ訪れる参拝客はおよそ30万人となっており、1月1~3日は多くの屋台も出店し大勢の参拝客で賑わいます。
また、1月3日には皇位のはじまりを祝う元始祭というお祭りが行われます。

梅まつり

梅まつりとは、梅の花が見ごろを迎えた頃に水戸で行われる毎年恒例のお祭りです。
お祭りの期間には常磐神社そして偕楽園では様々なイベントが行われます。

梅まつりが始まってすぐに常磐神社にて、神前に梅の花をお供えし観梅の季節を奉告する梅花祭が行われます。

その他にも常磐神社では梅酒が飲み放題となる梅酒祭りが行われたり、偕楽園では梅の花がライトアップされ幻想的な風景が楽しめる夜・梅・祭が行われます。

例祭(神幸祭)

常磐神社の社殿が明治7年5月12日に建てられたことから、毎年この日には最も重要な祭典とされる例祭が行われます。

そして、例祭が執り行われた後日には、光圀公と斉昭公が祀られる神輿を担ぎ水戸の町を巡る神幸祭が行われます。
その際には常磐神社そして水戸の各商業施設では、多くの人で賑わうようです。

常磐神社周辺のおすすめ神社

神社

ここまで、常磐神社についてご紹介して参りましたが、他にも茨城県には様々な見どころがありおすすめの神社は数多く存在します。
ここでは、その中でもおすすめの常磐神社周辺の神社をいくつかご紹介します。

鹿島神宮

鹿島神宮の境内では、神の使いとして鹿が飼育され、社殿には日本神話に登場する武道の神様であるタケミカヅチが祀られています。
武道の神様が祀られていることから、勝負事に関するご利益が得られるとされております。

また、年中いつでも参拝することができます。
授与所、祈祷受付は、8時30分~16時30分となります。
鹿島神宮宝物館の拝観は、9時~16時までとなります。

鹿島神宮
鹿島神宮

所在地〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2306-1

利用料金鹿島神宮宝物館の入館料は、大人300円、中学生以下は100円
土日に限り中学生以下は無料

大洗磯前神社

大洗磯前神社は、御祭神として日本神話の大己貴命と少彦名命が祀られており、縁結びなどの御神徳があるようです。

年中いつでも参拝することができます。
大洗海洋博物館は、4月~9月は8時30~17時、10月~3月は8時30~4時30までの営業となります。
また、毎週水曜日と12月31日は休館となります。

大洗磯前神社
大洗磯前神社

所在地〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890

利用料金大洗海洋博物館の入館料は、大人500円、中学・高校生300円、小学生以下は200円

大杉神社

日本神話の倭大物主櫛甕玉命・大己貴命・少彦名命が祀られており、厄除けのご利益が得られるとされております。

また、夢むすびや縁切りといった珍しい祈願が受けられる事でも知られております。
大杉神社には、年中いつでも参拝することができます。

大杉神社
大杉神社

所在地〒300-0621 茨城県稲敷市阿波958

利用料金参拝は無料

常磐神社についてのまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、常磐神社についてご紹介しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 常磐神社は有名な水戸黄門が祀られる神社である。
  • 常磐神社は茨城県の水戸市にあり、電車・バスまたは自動車を利用して行くことができる。
  • 常磐神社には様々な見どころがあるが、御朱印やお守りも魅力的。
  • 常磐神社ではお宮参りや七五三詣などの特別な祈願も行えて、梅まつりなどのイベントも充実している。
  • 常磐神社周辺のおすすめの神社は、鹿島神宮・大洗磯前神社・大杉神社などが挙げられる。

以上のように、常磐神社の魅力を余すことなくご紹介しました。
これを機に、茨城県の常盤神社に足を運んでみてはいかがでしょうか。

常磐神社には有名な水戸黄門様が祀られているだけではなく立派なご由緒があり、またご利益はもちろんお守りや御朱印など、様々な面においても人気があるという事をお分かりいただけたのではないでしょうか?

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社のおみくじの歴史やマナーについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社に行ったらおみくじを引こう!意味合いや引く際のマナーを紹介!

年始に神社やお寺にお参りに行くと引きたくなるおみくじ。おみくじの歴史はどういったものでしょうか?またおみくじの見方や引き方のマナーなど知っているようで知らないことも多いと思います。今回記事では神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説します。

「常磐神社」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「常磐神社」についてさらに知りたい方へ

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!のサムネイル画像

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!

都内の神社を巡りたい!ジャンルごとの有名・おすすめ神社をご紹介!のサムネイル画像

都内の神社を巡りたい!ジャンルごとの有名・おすすめ神社をご紹介!

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!のサムネイル画像

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!

宮城県のおすすめの神社10選!参拝の作法や適した時間帯も紹介!のサムネイル画像

宮城県のおすすめの神社10選!参拝の作法や適した時間帯も紹介!

鳥取県のおすすめ神社12選!御朱印・ご利益のある有名な神社を紹介のサムネイル画像

鳥取県のおすすめ神社12選!御朱印・ご利益のある有名な神社を紹介

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!のサムネイル画像

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!

八王子の有名な神社を紹介!仕事運上昇や初詣は八王子のここの神社でのサムネイル画像

八王子の有名な神社を紹介!仕事運上昇や初詣は八王子のここの神社で

群馬県でおすすめの神社をご利益別に紹介!正しい参拝の作法も紹介!のサムネイル画像

群馬県でおすすめの神社をご利益別に紹介!正しい参拝の作法も紹介!

新潟県のおすすめ神社10選!日本一神社が多い県の選り抜きをご紹介のサムネイル画像

新潟県のおすすめ神社10選!日本一神社が多い県の選り抜きをご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「常磐神社」についてさらに知りたい方へ

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!のサムネイル画像

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!

都内の神社を巡りたい!ジャンルごとの有名・おすすめ神社をご紹介!のサムネイル画像

都内の神社を巡りたい!ジャンルごとの有名・おすすめ神社をご紹介!

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!のサムネイル画像

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!

宮城県のおすすめの神社10選!参拝の作法や適した時間帯も紹介!のサムネイル画像

宮城県のおすすめの神社10選!参拝の作法や適した時間帯も紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと