王子稲荷神社の見どころやお祭りをご紹介!有名な御朱印も紹介!

東京の北区岸町にある王子稲荷神社は、関東稲荷総司と呼ばれる関東を代表する稲荷神社です。今回は、王子稲荷神社にある見どころや毎年にぎわうお祭りについて詳しくご紹介します。歴史やご利益、有名な御朱印など王子稲荷神社に参拝する前に知っておきたい情報を解説します。

目次

  1. 王子稲荷神社について
  2. そもそも王子稲荷神社って?
  3. 王子稲荷神社の基本情報
  4. 王子稲荷神社の見どころ・回り方
  5. 王子稲荷神社の主な祈願・行事
  6. 王子稲荷神社周辺のおすすめ神社
  7. 王子稲荷神社についてのまとめ

王子稲荷神社について

神社

東京都北区にある王子稲荷神社は、平安時代の頃に創建されたと伝わる由緒ある神社です。
現在では、地元の北区王子の人を中心に、関東地方の稲荷神社のご祭神が集まる神社として、東京以外からも参拝客が訪れています。
また、王子稲荷神社は、落語 王子の稲荷の舞台となったことでも知られています。

今回終活ねっとでは、王子稲荷神社について、さまざまな角度からご説明いたします。

  • 王子稲荷神社の由緒・ご利益・歴史について
  • 王子稲荷神社のアクセス・拝観料・拝観時間は?
  • 王子稲荷神社のおすすめの見どころと回り方について
  • 王子稲荷神社の主な祈願と行事
  • 王子稲荷神社周辺のおすすめの神社

以上の内容を中心に詳しくご紹介します。
また、王子稲荷神社の御朱印やお守りについてもご紹介します。
ぜひ最後まで目を通していただき、皆様のご参拝の役に立てていただければと思います。

そもそも王子稲荷神社って?

神社

JR王子駅から徒歩5分、北区岸町の庶民的な雰囲気の住宅街の中に、王子稲荷神社はあります。
王子稲荷神社の参拝に欠かせない知識として、まずは由緒や歴史についてご説明します。

由緒

王子稲荷神社のご祭神は、宇迦之御魂神(うかのみたま)・宇気母智之神(うけもちのかみ)・和久産巣日神(わくむすび)の三体です。

宇迦之御魂神は、古事記や日本書紀にも登場する穀物の神です。
うかのみたまの「うか」とは穀物を意味します。
また、商売繁盛にも通じる稲荷の神様として知られています。

宇気母智之神は、日本書紀のみ登場する食物に関する女神です。
保食神(うけもちのかみ)とも書き、五穀に通じる神様と言われています。

和久産巣日神は、食物神の豊受比売神(とようけひめ)を生んだと伝えられる、生成の象徴とされる神です。
わくむすびの「わく」には若いという意味があります。

これらのご神体をご祭神として、王子稲荷神社はすでに江戸時代には周辺から参拝客が訪れるようになりました。
なお、江戸時代には徳川家の祈願所とされていました。

どんなご利益がある?

王子稲荷神社のご祭神である三体の神様は、稲荷神社の基本と言えるおなじみの神様です。

具体的に、王子稲荷神社のご利益は繁盛や産業隆盛を中心として心願成就と言われています。
地元の人たちの暮らしを守り、街を栄えさせてくれる氏神としてのご利益もあります。

また、王子稲荷神社には火防の凧の言い伝えがあることから、火災予防のご利益があるとも言われます。

遍歴・歴史

狐を神様の使いとして祀る稲荷神社は、全国のあちこちにあり、商売や産業の神様として古くから親しまれています。

全国の稲荷神社の中でも、王子稲荷神社の歴史は長いです。
王子稲荷神社は創建から千年以上と伝えられています。

かつては岸稲荷神社と呼ばれてきましたが、1322年に領主の豊島氏が紀州熊野の神様を請けて王子神社を創建したことから、王子稲荷神社の名称が付きました。

王子稲荷神社の基本情報

神社

王子稲荷神社は、関東の一帯の稲荷神社の総元締めにあたります。
かつて源頼義は、奥州追討の際にこの神社を崇敬して、関東稲荷総司と名付けたほどです。

現在の王子稲荷神社には、東京以外からも参拝客が足を運んでいます。
ここでは、拝観の際に役立つ基礎情報をご案内します。

場所・地図

王子稲荷神社は、JR王子駅にほど近い古くからの街並みの中にあります。
周辺には、王子神社と名主の滝公園があり、街の中とは思えない静かな環境です。

王子稲荷神社

所在地東京都北区岸町1-12-26

アクセス

王子稲荷神社へのアクセスは、電車・バスを使う場合と自動車の場合に分けられます。
駅から近く、周囲の道路は住宅街で一方通行も多いため、初めて行くときは電車・バスの利用のほうがわかりやすいでしょう。

電車・バス

王子稲荷神社の最寄り駅は、JR京浜東北線または東京メトロ南北線の王子駅です。
王子駅南口からは徒歩約5分、北口からは徒歩約7分で到着します。

王子駅北口から王子稲荷神社に向かう場合は、北とぴあ(ほくとぴあ)の横にあるトンネルをくぐるとわかりやすいです。

また、王子駅には都電荒川線が通っています。
王子稲荷神社には都電荒川線の王子駅前からも歩いて行けます。

最寄りのバス停は、国際興業バスの本町通り(ほんちょうどおり)バス停です。
バス停からは徒歩3分ほどで王子稲荷神社に到着できます。

自動車

JR王子駅前には国道122号線が通っています。
自動車の場合は、JR王子駅前または首都高速中央環状線の王子南インターを起点とするとわかりやすいでしょう。

行き方

王子稲荷神社の前の道路は一方通行となっていますので、王子駅方面から本町通りに向かってしか通れません。
王子駅の線路沿いの方から、王子稲荷神社に行くようにします。

駐車場について

境内の駐車場は5台が駐車可能です。
駐車場は広くないので、駐車できる車の大きさは普通車のみとなっています。

周囲にはコインパーキングはありますが、駐車台数が限られています。
王子稲荷神社に出かける際は、電車・バスの利用がおすすめです。

拝観料

王子稲荷神社の拝観料は無料です。
拝観時間内ならどなたでも無料で入場して拝観できます。

拝観が可能な時間

王子稲荷神社の拝観時間は、特に決まっていません。
24時間参拝できる形ですが、おすすめの拝観時間は朝から午前中にかけてです。
参拝してから境内をひと巡りするまでの所要時間は、約20分ほどです。

ふだんの静かな境内から一変して、王子稲荷神社が大勢の参拝客でにぎわうのが初詣です。
初詣では本殿での参拝までに長い行列ができます。
初詣に出かける際には、時間に余裕を持って出かけるようにしましょう。

なお、王子稲荷神社は境内の横に幼稚園を併設しています。
平日の午前中は、幼児たちの可愛らしい声を聞きながらの参拝になることが多いです。

王子稲荷神社の見どころ・回り方

神社

王子稲荷神社の境内にはいくつもの見どころがあります。
ここでは、見どころの一つ一つをご紹介します。

見どころ

王子稲荷神社には、いなり幼稚園が併設されています。
王子稲荷神社の境内には、土日祝日は幼稚園の門から入ります。
平日は境内横の坂を上って鳥居をくぐって入ります。

拝殿

王子稲荷神社に着いたら、初めにお参りしたいのが拝殿です。
黒と朱塗りを基調にした拝殿からは、やや小さい建物ながら堂々とした風格を感じます。

王子稲荷神社の拝殿は、11代将軍の徳川家斉によって寄進されたと言われています。
柱や屋根の細やかな彫刻は、特に見ておきたい部分です。

また、拝殿には靴を脱いで上がることができます。
拝殿の内部では天井に注目してみましょう。
極彩色の鳳凰画を見ることができます。

本宮

拝殿でお参りをしたら、拝殿横の社務所の奥にある本宮に向かいます。
朱塗りの小さな本宮には、稲荷神社の神様の使いである狐の像が鎮座しています。

本宮に向かって右横を見ると、目を引くのが朱塗りの千本鳥居です。
千本鳥居の小道を進んでいくと階段と祠(ほこら)があります。

狐の穴跡

本宮から千本鳥居をくぐり抜けると、小さな祠があります。
祠とは、神様を祀ったごく小さな社(やしろ)のことです。

この祠が狐の穴跡と呼ばれています。
古い時代にはここに狐が住みつき、地元の人たちからの信仰を受けていたと言われています。

現在では、狐の像を二体祀って社としています。
参拝の際にはぜひ狐の穴跡にもお参りをしたいものです。

願掛けの石

千本鳥居から狐の穴跡を通ってさらに進むと、王子稲荷神社の一番奥の位置にたどり着きます。
ここにあるもう一つの小さな社の中にあるのが、願掛けの石です。

願掛けの石は、持ち上げることで運試しができます。
心の中で願いごとを念じながら石を持ち上げて、予想した重さよりも軽く感じれば願いごとが叶う、重く感じれば残念ながら願いごとが叶わないという言い伝えです。
もし重く感じたときは、まだ努力が必要というメッセージだそうです。

願掛けの石はテレビ番組でも紹介された、王子稲荷神社の見どころです。
実際に足を運んで、願いごとが叶うかどうかを試してみてはいかがでしょうか。

御朱印・お守り

全国各地の霊験あらたかな神社をめぐる御朱印集めが人気となっています。
ここでは、王子稲荷神社の御朱印とお守りについて詳しくご案内します。

御朱印・御朱印帳

王子稲荷神社の御朱印は拝殿横の社務所で受け付けています。
御朱印の受付時間は特に決まっていませんが、社務所が開いている時間であれば、基本的にいつでも御朱印をいただけます。

ただし、正午から午後1時までは昼休みとなり社務所がいったん閉まります。
御朱印の受付も正午からの一時間は中止されるので注意が必要です。
御朱印の初穂料は400円です。

なお、毎年2月の午の日に開催される凧市の当日は御朱印の墨書きが変わり、凧市にちなんだ判子が人気です。
凧市当日の御朱印は書き置きで初穂料500円となっています。

大きな神社では、オリジナルの御朱印帳を頒布していることが多いようですが、王子稲荷神社では御朱印帳の頒布は行っていません。
参拝の際は、お手持ちの御朱印帳を忘れずに準備しておきましょう。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社の御朱印のマナーについてさらに詳しく紹介しています。
ぜひそちらの記事もご参考にしていただければ幸いです。

こちらも読まれています

神社での御朱印のもらい方とは?マナーやおすすめの神社をご紹介!

神社でいただくことができる御朱印について、あなたはどれくらいの知識をお持ちでしょうか。今女性を中心に人気となっている御朱印について、おすすめの神社や御朱印のもらい方のマナーなどについて解説をさせていただきたいと思います。

お守り

王子稲荷神社は、火災予防のご利益で知られています。
毎年2月に開催される凧市には、当日限定で火事除けのお守りが授与されます。

このお守りは凧の形をしていて、家の中や職場の壁にかけて祀ります。
奴凧のユーモラスな表情がかわいらしい、王子稲荷神社ならではのお守りです。
凧の形のお守りは、火防の凧とも呼ばれています。

地元の方々を中心に、凧市の当日には火事除けのお守りを求める行列ができるほどの人気です。

終活ねっとでは、お守りが持つ効果についての詳しい記事を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参考にしていただければ幸いです。

こちらも読まれています

お守りを持つ効果とは?可愛いお守りを買える神社もご紹介します!

神社のお守りにはどんな効果があるのかご存知でしょうか?お守りによって得られる効果は様々です。やはり、誰にでも悩みはつきものですよね。お守りを上手く活用すれば、多くの悩みも解消できるかもしれません。今回は、お守りを持つ効果や可愛いお守りがある神社もご紹介します。

おすすめの回り方

王子稲荷神社の境内には、狐の像があちらこちらに鎮座しています。
境内はさほど広くはありませんが、奥にある社まで、すべての見どころをスムーズにめぐるためにはおすすめの回り方があります。

回り方

正面の鳥居をくぐったら、まずは拝殿でお参りします。
次に木立の中の本宮へ向かいます。
この木立は稲荷の森と呼ばれ、両脇に鎮座する狛犬にも注目です。

本宮の後は、境内の奥に位置する摂社もお参りしておきましょう。
こちらの摂社には、亀山稲荷・嬉野森稲荷・北野稲荷の3つの稲荷神社が合同で祀られています。

続いて、願掛けの石と狐の穴跡をお参りします。
王子稲荷神社の境内には、拝観の順路が矢印でわかりやすく示されています。
住宅街にあり迷うほどの境内の広さはありませんが、参拝の際のよい目印となっています。

拝観の所要時間の目安

王子稲荷神社の拝観には、20~30分かかります。
ただし、初詣や毎年2月に行われる凧市では、かなりの参拝客が訪れ、所要時間も大幅にかかることとなります。
それ以外のふだんの日では、所要時間は30分と見積もっておけばよいでしょう。

神社の参拝方法

神社では、正しいしきたりに沿ってお参りをすることで、よりいっそうのご利益を期待できます。
ここでは、神社の一般的な参拝の仕方をご説明いたします。

手水舎

手水舎は、ちょうずや・てみずしゃと読み、神社やお寺で参拝した人が手や顔を清めるための水がある所を指します。
水盤に水が注がれて、ひしゃくが用意されています。

手水舎の正しい作法は、以下の流れで行います。

  • 右手でひしゃくを持って水をくみます。そのまま左手に水をかけて、左手を清めます。
  • ひしゃくを左手に持ち替えて、右手に水をかけて、右手を清めます。
  • 次は口を清めます。右手にひしゃくを持って、左手を丸めて水を注ぎます。
    そのまま左手を口元に運び、口に水を含んですすぎます。
  • 次に水を左手にかけて清めます。
  • ひしゃくを立てて持ち、柄の部分に水をつたわせて、水を落とします。

手と口を洗い流して清めることで、神聖な気分でお参りができます。
手水舎の作法は、正式な手順を覚えておくと、いざという場面で役立ちます。
神社の手水舎での手順については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社の手水舎での手順を知っていますか?珍しい手水舎も紹介します!

手水舎とは一体どのような物なのか、分からないという方も多いでしょう。しかし、神社では当たり前のように見られる風景の1つなのです。今回はこの神社の手水舎について、正しい手順やマナー、さらには珍しいモチーフの手水舎などを詳しく紹介していきます。

参拝

手水舎で心身を清めたら、拝殿に向かって歩き参拝します。
参拝の正しい作法は、以下の流れで行います。

  • 拝殿または本殿に向かって姿勢を正して立ちます。
  • 深いおじぎを2回します。腰が直角になるくらいに曲げる深いおじぎです。
  • パン、パンと2回拍手をします。
  • 胸の高さまで両手をあげて、手を合わせます。
    このとき、右手の指先を左手より少しだけ低い位置にずらします。
  • 両手を下ろして、深いおじぎを1回します。

以上が、二拝二拍手一拝と呼ばれる参拝の方法です。

なお終活ねっとでは神社の参拝の方法について、さらに詳しい記事を掲載しています。
参拝の前に、ぜひそちらの記事もお読みいただければと思います。

こちらも読まれています

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

王子稲荷神社の主な祈願・行事

神社

心願成就のご利益で知られることから、王子稲荷神社には多くの参拝客が訪れます。
特に、初詣・七五三・大晦日の狐の行列・凧市の日には、ふだんは静かな境内が、大勢の参拝者でにぎわいます。
ここでは、王子稲荷神社の参拝と祈願、年中行事について見ていきましょう。

参拝・祈願

王子稲荷神社は各種の祈願や行事を通して、地元のかたがたに親しまれています。
ここでは、一年間で行われる祈願について、詳しくご説明いたします。

厄除け

厄除けは、災いや良くない出来事を振り払い、今後の無事と安泰を願う祈願です。
厄除けの祈願を受けるのは、厄年に行うかたがほとんどですが、ふだんの生活でついた厄を落とす目的で厄年ではないかたも祈願を受けることができます。

厄年は男女別に決まっています。
男性の本厄は、25歳・42歳・61歳、女性の本厄は、19歳・33歳・37歳です。

王子稲荷神社で厄除けを祈願したときは、そのまま願掛けの石に挑戦するのがおすすめです。
厄を落とし、願いごとを唱えることで、厄年の間を無事安泰に過ごすことができるでしょう。

お宮参り

お宮参りは、赤ちゃんの元気な成長を祈って、生後一か月を目安に行う伝統行事です。
正式な日付は、男の赤ちゃんの場合生後31日目、女の赤ちゃんの場合32日目と言われています。

お宮参りには、地元の氏神様に赤ちゃんが初めてご挨拶をする目的もあります。
王子稲荷神社は境内に幼稚園を併設していますので、園児たちの可愛らしい声を聞きながらお参りができます。

赤ちゃんの数年先の成長に思いを馳せながらお宮参りができるので、ぜひおすすめです。

七五三詣

七五三は、わが子の健やかな成長を神様に感謝して、今後のさらなる成長を祈願する伝統行事です。
お宮参りと同じように、地元の氏神様にお参りをします。

七五三は、数え年で男の子3歳・5歳、女の子3歳・7歳の年の秋に行います。
正式な日付は11月15日とされますが、実際には11月15日前後の週末に行うかたも多いです。

王子稲荷神社は、境内にいなり幼稚園を併設しています。
毎年七五三の時期の境内では、七五三詣に訪れた子どもたちが、晴れ着の姿を幼稚園の先生に披露しているほほえましい様子を見ることができます。

その他の祈願

王子稲荷神社の宝物には、鬼女の図があります。
茨木童子を鬼女として描いたこの絵は、権利奪回の願掛けができるという伝えられています。
そこから派生したのが、王子稲荷神社は勝負ごとの前に祈願をするとご利益があるという説です。

また、王子稲荷神社のご利益として、火災予防があります。
火災予防・心願成就・商売繁盛などを祈願するかたが、一年を通じて王子稲荷神社に足を運んでいます。

行事・イベント・お祭り

王子稲荷神社で、ふだんはとても閑静な境内が一変するのが、行事の日です。
ここでは、最も有名な2つの行事をご紹介していきます。

王子狐の行列(大晦日)

境内の狐の穴跡からもわかるとおり、王子稲荷神社と狐には特別な結びつきがあります。

王子狐の行列は、古い昔の大晦日に各地から集まった狐たちが、装束を整えて王子稲荷神社にお参りをしたという言い伝えをもとにしたお祭りです。
江戸時代には歌川広重の浮世絵に大晦日の狐火として描かれました。

現在では、子どもたちを中心に地元のかたがたが大晦日に狐の扮装をして、王子稲荷神社に詣でます。

一年の無事息災を感謝して、新年の無事安泰を祈る気持ちが込められています。
王子狐の行列は平成5年に始められ、今ではすっかり王子の年末の風物詩となっています。

凧市(火防の凧)

王子稲荷神社で、狐の行列と並んでもう一つの有名な行事が、こちらの凧市です。
凧市は毎年2月の午(うま)の日に、初午祭と合わせて開かれます。

凧市は、火事と喧嘩は江戸の華と言われたほど火事が多かった江戸時代に、王子稲荷神社で授与された奴凧(やっこだこ)を屋内に飾って火事除けのお守りにしたことが由来です。
凧は強風のときでも空中を切るように上がることから、火事の炎を切ってくれるという願いをかけています。

その言い伝えから、王子稲荷神社で授与される奴凧は、火防の凧と呼ばれます。
現在は、火防の凧は初穂料1400円で授与されています。

凧市の日には、王子稲荷神社の境内と参道に多くの露天が立ち並びます。
昼間から夜まで王子稲荷神社が大勢の参拝客でにぎわい、王子の街を代表する冬のお祭りとなっています。

王子稲荷神社周辺のおすすめ神社

神社

王子稲荷神社の周辺には、いくつもの有名な神社があります。
ここでは、東京を代表する3つの神社をご紹介します。

明治神宮

明治神宮は、明治天皇と皇后様の昭憲皇太后を祀って大正9年に創建されました。
初詣では全国一の参拝客を誇ります。

明治神宮

所在地東京都渋谷区代々木神園町1-1

営業時間日の出から日の入まで

利用料金無料(明治神宮御苑および宝物館は各500円)

JR原宿駅・東京メトロ明治神宮前駅より徒歩1分

東京大神宮

東京大神宮は飯田橋にあり、縁結びの神様として有名です。
東京のお伊勢様とも呼ばれています。
王子稲荷神社から東京大神宮へは、東京メトロ南北線で向かうことができます。

東京大神宮

所在地東京都千代田区富士見2-4-1

営業時間社務所午前9時から午後5時まで

利用料金無料

JR・東京メトロ飯田橋駅西口から徒歩3分

大國魂神社

府中市にある大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)は、武蔵の国の守り神として、創建から1900年という長い歴史を誇ります。
武蔵野の国の一之宮から六之宮までを統合して祀っているため六所宮とも呼ばれます。

大國魂神社

所在地東京都府中市宮町3-1

営業時間日の出から日の入りまで

利用料金無料

JR府中本町駅・京王線府中駅から徒歩3分

大國魂神社については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

大國魂神社の見どころやご利益は?由緒・アクセス・お祭りを紹介!

東京都府中市にある大國魂神社をご存知ですか?大國魂神社の歴史や見どころやご利益なども気になりますね。この記事では、大國魂神社について、見どころ・由緒・アクセス・お祭りなどを含めて詳しくご紹介します。また、大國魂神社周辺の神社についてもご紹介します。

王子稲荷神社についてのまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、王子稲荷神社について解説してきました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 王子稲荷神社は1000年以上の歴史があると言われ、宇迦之御魂神・宇気母智之神・和久産巣日神をご祭神として祀っている。商売繁盛・産業隆盛・心願成就・火災予防のご利益あると言われている。
  • 王子稲荷神社の最寄り駅はJR・東京メトロの王子駅で、都電荒川線も通っている。
    駐車場は5台駐車可能。神社の前は一方通行である。
  • 王子稲荷神社の見どころは、拝殿・本宮・狐の穴跡・願掛けの石である。御朱印は拝殿横の社務所にて授与している。お守りは凧市限定の火事除けのお守り、奴凧が人気である。
    拝観の所要時間の目安は30分。神社の参拝は手水舎を使い、二拝二拍手一拝でお参りするのが正式な方法である。
  • 王子稲荷神社の参拝・祈願には、厄除け・お宮参り・七五三詣・権利奪回の願掛け・火災予防がある。有名な行事としては、大晦日の王子狐の行列・2月の午の日の凧市がある。
  • 王子稲荷神社周辺のおすすめ神社として、明治神宮・東京大神宮・大國魂神社がある。

王子稲荷神社は、東国三十三国稲荷総司と呼ばれ、関東地方の稲荷神社のご祭神が集まる神社です。
火災予防や権利奪回といったほかにはないご利益があり、関東一円から多くのかたが参拝に訪れています。

また、狐の行列と凧市は北区王子を代表する冬のお祭りです。
今回の記事をご参考にしていただき、皆様にぜひ王子稲荷神社に足を運んでいただければ幸いです。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社のおみくじの歴史やマナーについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社に行ったらおみくじを引こう!意味合いや引く際のマナーを紹介!

年始に神社やお寺にお参りに行くと引きたくなるおみくじ。おみくじの歴史はどういったものでしょうか?またおみくじの見方や引き方のマナーなど知っているようで知らないことも多いと思います。今回記事では神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと