葬儀場に贈るお花とは?お花の送り方や金額相場・お礼の方法も解説!

葬儀場にお花を贈ろうとお考えの方は多いのではないでしょうか?しかし、どんなお花を贈るのがいいのか、送り方や金額相場などをご存知の方は少ないかもしれません。今回は、葬儀場にお花を贈る際の方法や金額相場、お礼の方法についても解説いたします。

目次

  1. 葬儀場に贈るお花について
  2. 葬儀場に飾るお花・供花とは
  3. 葬儀場にお花を贈る方法
  4. 葬儀場のお花を飾る順番
  5. 葬儀場に贈られたお花のお礼
  6. 葬儀場に贈るお花のまとめ

葬儀場に贈るお花について

葬儀

葬儀の知らせを受け、お花を贈ろうと考える方は多いはずです。
しかし、葬儀場に贈るお花について詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか?

お花を贈るといっても、花の種類や費用・花の送り方など、知っておかなければならないことは多岐に渡ります。
また、遺族側からしてもお花をいただいた場合のお礼の方法など疑問は尽きないことでしょう。

今回終活ねっとでは、葬儀場に贈るお花とはどのようなものなのかをご説明したうえで、お花を送る方法やお花を飾る順番のほか、贈られたお花のお礼に関してもご紹介していきます。

  • 葬儀場に飾るお花・供花について
  • 葬儀場にお花を贈る方法とは
  • 葬儀場のお花を飾る順番について
  • 葬儀場に贈られたお花のお礼はどうする?

以上の項目について解説していきます。
葬儀場に贈るお花に関して疑問を抱いている方は、ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀場に飾るお花・供花とは

葬儀

葬儀場に飾るお花のことを「供花(きょうか)」と呼びます。
故人の親戚や親しかった方、また通夜・葬儀に参列できない方などが、お悔やみの気持ちを込めて贈るお花のことです。

故人の霊を慰める役割があるほか、通夜・葬儀会場を飾る意味がある大切なお花です。

供花には、かごに入ったフラワーアレンジメントやスタンドタイプなどの種類があり、白菊など白をベースにした生花を用いることが一般的です。
しかし最近では、ユリやカーネーションなどの洋花が使用されることもあるようです。

葬儀場にお花を贈る方法

葬儀

葬儀場にお花を贈るには、どのような方法があるのでしょうか?
お花を贈る単位やタイミング、名札の書き方についても解説していきます。

葬儀社に依頼する

葬儀場に飾る供花は、地域性や宗教によって違いがあります。
間違った供花を贈ってしまうと、ご遺族側に失礼に当たるだけでなく飾ってもらえないケースも考えられます。

そのような事態を避けるためにも、葬儀場にお花を贈る際には地域性や宗教による供花の違いに詳しい葬儀社に依頼するのがいいでしょう。

特に葬儀を担当している葬儀社なら、葬儀全体の雰囲気やデザインなどもわかっていますし、統一感のある供花を贈ることが可能です。

贈る単位は一基?一対?

葬儀場に贈る供花について、「一基」と「一対」は供花の数え方です。
供花を祭壇の両端に並べる場合など、左右に一基ずつ並べるため二基で一対という単位になります。

故人と親しかった友人や、会社関係の知人などがお花を贈る場合は一基、親しい親族は一対を贈るのが一般的のようですが、最近は特にこだわりなくどちらを贈っても問題ないようです。

ただ、葬儀会場の広さなどによって、飾れる供花の大きさなどに制限がある場合もあります。
心配な方は、葬儀社に相談してから贈るのが良いでしょう。

贈るタイミング

葬儀場にお花を贈る場合、どのタイミングで贈るのが正解なのでしょうか?
通夜に贈る場合と葬儀に贈る場合に分けて見ていきましょう。

通夜に贈る場合

通夜にお花を贈りたい場合は、通夜開始ギリギリの時間は避けるようにします。

通夜が始まる直前は、ご遺族の方々も忙しく会場も慌ただしい雰囲気です。
ご迷惑がかからないよう、できれば通夜当日の午前中には届いているのが望ましいでしょう。
どんなに遅くても、通夜開始の2時間前には届くように手配してください。

葬儀に贈る場合

葬儀にお花を贈りたい場合も、時間に余裕をもって手配することが大切です。
葬儀当日ですと、会場の設営にも影響が出てしまいます。
そのため、葬儀にお花を贈る場合は、葬儀の前日までには会場に届くように手配しましょう。

名札の書き方

誰から届いたお花なのかがわかるように、供花には名札をつけることが一般的です。
名札の書き方について、個人の場合と連名の場合に分けてご紹介します。

個人の場合

個人でお花を贈る場合の名札には、贈り主のフルネームを書きます。

会社名や肩書を入れる際は、名札の一番右側に会社名を書き、中央に肩書とフルネームを書きます。
会社名が長い場合には、(株)や(有)など省略してもOKです。
バランスを見て調整してもらうようにしましょう。

連名の場合

連名でお花を贈る場合の名札の書き方には、いくつかパターンがあります。

  • 会社の皆で贈る場合の書き方

    故人が生前勤めていた会社の同僚などから連名で贈る場合は「○○株式会社××部一同」のように、部署名の後に「一同」をつけるようにします。

    部署全体からではなく数人で贈る場合などは、会社名・部署名の隣に、それぞれ氏名を書いてもOKです。
    その際は、肩書が高い人が一番右側にくるように書くようにしましょう。

    ただ、あまり人数が多いと文字のバランスなど見栄えが悪くなってしまいます。
    人数が多い場合は見栄えなどを考えて「一同」と書き、送り状にそれぞれの氏名を書いた書面を添えるのが良いでしょう。

  • 肩書のある人が連名で贈る場合の書き方

    先にもご説明しましたが、肩書が高い人が名札の一番右側にくるように氏名を書きます。
    会社名などを入れる場合は、名前の右側に書くようにしてください。

  • 友人が連名で贈る場合の書き方

    友人同士連名で贈る場合は、それぞれのフルネームを書いて問題ありません。
    しかし、人数が多い場合には「友人一同」とし、送り状にそれぞれの氏名を書いた書面を添えるのが良いでしょう。

  • 親族が連名で贈る場合の書き方

    親族が連名でお花を贈る場合は「子供一同」「親族一同」などのように「一同」をつけ、まとめて書く方法があります。
    その他、兄弟や姉妹で贈るケースでは、それぞれの氏名を書いても問題ありません。
    その場合は、名札の一番右側に年長者がくるように氏名を書きます。

    ほかの名札とのバランスもありますので、心配な場合は葬儀を執り行う葬儀社に相談してみるのが良いでしょう。

葬儀場のお花を飾る順番

葬儀

葬儀場に届いた供花を飾る場合、その並べ方にも順番があるのをご存知でしょうか?

供花は故人から見て親交の深かった順で並べていくのが一般的です。
祭壇の左右(中央)から、喪主・家族・親族・友人や会社関係者の順に飾っていきます。

祭壇の右側の一番上の段が1番目、祭壇を挟んで左側の一番上の段が2番目という順番になります。
祭壇を中心に内側の上段から順番に並べていくのが基本で、右・左・右・左の順番で並べます。

祭壇の左右の一番上の段が埋まったら、二段目の祭壇に近い右内側に飾り、次に二段目の祭壇に近い左内側に飾り、その次は二段目の祭壇から2つ目の右側⇒二段目の祭壇から2つ目の左側……というように並べていきます。

お花を贈ってくださった方に失礼のないように、供花の飾り方は間違えないよう気をつけましょう。

葬儀場に贈られたお花のお礼

葬儀

親戚や故人が生前親しくしていた方のほか、葬儀に参列できなかった方からいただいた供花は、故人の霊を慰めるために贈られたお花です。

気持ちのこもったお花に対して、どのようなお礼をするのが良いのでしょうか?
おすすめのお礼品やお礼の金額相場のほか、お礼品に添えるお礼状の例文についてもご紹介しておきましょう。

おすすめのお礼品

葬儀場にお花をいただいた場合、お礼状のほかにお礼品をお返しするのがよいでしょう。

お花のお礼品としては、菓子折りなどが一般的です。
会社関係の方や友人など複数人の連名でお花をいただいた場合など、小分けになっているお菓子ならば分けてもらうことができます。

ただし、連名でお花をいただいた場合でも、それぞれが別の場所に住んでいたり、会社関係でも部署が違うケースなどの場合は、ひとりひとり個別にお返しをするのがマナーとなります。

最近では、相手の方が自由に選ぶことができるカタログギフトも人気のようです。

お礼の金額相場

お花をいただいた場合、お礼品の金額相場はどのぐらいなのでしょうか?

特別な決まりがあるわけではありませんが、一般的にはいただいたお花の金額に対して2分の1~3分の1程度の金額が相場と言われています。

お花を贈ってくださった相手が恐縮しない程度の金額でお返しするのが基本となります。
1,000円~3,000円程度のお礼品をお返しするのが良いでしょう。

ただし、立派(高価)なお花をいただいた場合など、お礼の金額に迷うケースもあると思います。
そのような場合は、お礼品の金額を少し高めにしたり、香典返しの金額を増やすなどで対応するようにしてください。

お礼状の例文

葬儀場にお花をいただいたら、必ずお礼状を送るようにしましょう。
相手の方が不安に思わないように、遅くても1週間以内には送るのがマナーです。
お花をいただいた感謝の気持ちと、お礼が直接言えないことへのお詫びをお伝えしましょう。

お礼状は以下のポイントを押さえて書くようにします。

  • 「拝啓」ではじめる。
  • お花に対するお礼の言葉
  • 葬儀が無事に終わったことを報告
  • 締めの挨拶
  • 日付・住所・氏名などを書く

お礼状の文中に、句読点や繰り返しの言葉を使用するのはNGです。
お礼状の例文は以下の様になりますので、参考になさってください。

拝啓
 このたびは 父○○の葬儀に際し お心のこもったご供花を賜り 誠にありがとうございました
お蔭様で葬儀も滞りなく相済ませることができました
生前のご厚情に感謝いたしますとともに 格別のご高配に御礼申し上げます
誠に失礼ながら書中を似てご挨拶申し上げます
                                           敬具
平成○○年○月○日
                           ○○県○○市○○町○丁目○番地○○号
                                        ○○ ○○

葬儀場に贈るお花のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、葬儀場に贈るお花とはどのようなものなのか、お花を送る方法やお花を飾る順番のほか、贈られたお花のお礼に関してもご紹介してきました。
葬儀場に贈るお花について、知識を深めることができたのではないでしょうか?

今回の記事をまとめると以下の様になります。

  • 葬儀場に飾るお花のことを「供花(きょうか)」と呼ぶ。
  • 供花には故人の霊を慰める役割があるほか、通夜・葬儀会場を飾る意味がある大切なお花である。
  • 供花は白をベースにした生花を使用するのが一般的だが、最近ではユリやカーネーションなどの洋花を使用することもある。
  • 葬儀場にお花を贈る場合、葬儀を担当している葬儀社に手配するのが良い。
  • お花を通夜に贈る場合は2時間前までに、葬儀に贈る場合は前日に届くように手配する。
  • お花に付ける名札の書き方にも決まりがあるため注意する。
  • 供花は故人から見て親交の深かった順で並べていくのが一般的である。
  • 葬儀場にお花をいただいた場合、お礼状のほかにお礼品をお返しするのがよい。
  • お礼品は、いただいたお花の金額に対して2分の1~3分の1程度の金額が相場と言われている。
  • 葬儀にお花をいただいたら、遅くても1週間以内にはお礼状を送るのがマナーである。

終活ねっとでは、葬儀に関して詳しく解説した記事を多数ご用意しております。
ぜひこちらもご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀場・花・贈る」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀場・花・贈る」についてさらに知りたい方へ

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説のサムネイル画像

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説しますのサムネイル画像

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説します

葬儀の花の手配方法について解説!花の種類や値段相場までご紹介のサムネイル画像

葬儀の花の手配方法について解説!花の種類や値段相場までご紹介

葬儀に贈る供花の相場はいくら?供花の贈り方や贈る際の注意点も解説のサムネイル画像

葬儀に贈る供花の相場はいくら?供花の贈り方や贈る際の注意点も解説

葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!のサムネイル画像

葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!

葬儀へ贈るお花の種類や選び方って?お花の贈り方や金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀へ贈るお花の種類や選び方って?お花の贈り方や金額相場も解説!

葬儀の供花へのお礼品の選び方や金額相場って?お礼状の例文もご紹介のサムネイル画像

葬儀の供花へのお礼品の選び方や金額相場って?お礼状の例文もご紹介

葬儀の花のマナーは?各花ごとの違いや贈る・もらう両者マナーを解説のサムネイル画像

葬儀の花のマナーは?各花ごとの違いや贈る・もらう両者マナーを解説

葬儀用の花の種類とそれぞれの相場金額は?送る際の注意点もご紹介のサムネイル画像

葬儀用の花の種類とそれぞれの相場金額は?送る際の注意点もご紹介

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀場・花・贈る」についてさらに知りたい方へ

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説のサムネイル画像

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説しますのサムネイル画像

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説します

葬儀の花の手配方法について解説!花の種類や値段相場までご紹介のサムネイル画像

葬儀の花の手配方法について解説!花の種類や値段相場までご紹介

葬儀に贈る供花の相場はいくら?供花の贈り方や贈る際の注意点も解説のサムネイル画像

葬儀に贈る供花の相場はいくら?供花の贈り方や贈る際の注意点も解説

葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!のサムネイル画像

葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと