葬儀でNGな言葉って?供花や服装、挨拶などのNGマナーもご紹介

葬儀は日本人が行う数少ない宗教的儀式の一つです。また葬儀では、普段の生活とは大きく違ったマナーがいくつか存在し、中には忌み言葉というNGワードのような言葉もあります。今回はそんな葬儀におけるNGな言葉や、その他全体のマナーも解説していきます。

目次

  1. 葬儀でのNGマナーについて
  2. 知っておきたい葬儀でのNGマナー
  3. 葬儀前後のNGな行動
  4. 葬儀にNGな服装とは?
  5. 葬儀にNGな挨拶
  6. 供花を贈る際にNGな花の種類
  7. 葬儀でのNGマナーに関するまとめ

葬儀でのNGマナーについて

葬儀

葬儀は日本人が行う数少ない宗教的儀式の一つです。
また葬儀には普段の生活とは大きく違ったマナーがいくつか存在し、中には忌み言葉というNGワードのような言葉もあります。

今回終活ねっとでは、そんな葬儀におけるNGな言葉や、その他全体のマナーも解説していきます。

  • 知っておきたい葬儀でのNGマナー
  • 葬儀前後のNGな行動
  • 葬儀にNGな服装
  • 葬儀にNGな挨拶
  • 供花を送る際にNGな花の種類

以上の項目を中心に解説していきます。
葬儀のNG言葉やマナーについて詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

知っておきたい葬儀でのNGマナー

葬儀

葬儀は日本に残る数少ない宗教的儀式の一つであり、マナーにおいても普段とは少し違う部分があります。
事前に知っておかないと、遺族の方々に失礼を犯してしまう恐れもあるので、きちんと頭に入れておきましょう。

開始時刻に遅刻する

葬儀でなくても遅刻することはNGですが、特に葬儀の流れは時間ごとに決まっており、一度僧侶による読経が始まってしまうと、葬儀全体の雰囲気を壊してしまう恐れがあります。

もしどうしても遅刻してしまう場合は、読経中の入室を避け、焼香中に入るなど時間を見計らって入室するようにしましょう。
また、遅刻が分かった時点で、遅刻する旨と、何時頃に到着するかを葬儀の関係者に伝えておきましょう。

故人の死因を聞く

親しい人などが亡くなると、どうしてもその死因が気になってしまうかもしれませんが、それを葬儀中に聞くのは大変失礼に値します。
葬儀は誰しも悲しい思いを抱いて参列していますし、遺族の方々もまだまだ心の整理がついていない可能性が高いです。

死因に限らず、遺族の方々を悲しませるような繊細な質問をなるべく避けて、故人の思い出話などをすると良いでしょう。

ご遺族との長話

家族を亡くしたばかりの遺族の心境はとても不安定なものです。
遺族と親しい間柄であれば、積もる話もあり長話をしたくなるかもしれませんが、遺族はそのような気持ちになれないかもしれません。
葬儀の際は極力遺族の心境に配慮して、手短にお悔やみの言葉を述べるのが良いでしょう。

話す声が大きい・談笑

葬儀はただ故人を偲ぶ場所ではなく、故人をあの世へ送り出す神聖な儀式でもあります。
久しぶりに会った旧友などと楽しくお話をしたくなる気持ちも分かりますが、あくまでも主役は故人とその遺族であることを忘れてはいけません。
話す時は極力声を抑えて、笑い話などは避けるようにしましょう。

香典に新札を入れる

葬儀に参列する時、香典を受付で渡しますが、その際に新札を入れることはマナー違反です。
香典に新札を入れると、まるで亡くなることを予期して新札を準備していたという印象を与えかねないからです。
訃報はいつも突然なので、用意するお札が新しいのは不自然だという昔からの習わしですね。

しかし、現代では銀行はもちろん、ATMも多くの場所で設置されているため、突然の訃報を受けても新札を準備するのがさほど難しくありません。
そのため、人によっては香典に新札を入れても問題ないという意見もありますが、無理して新札を用意するくらいなら、無難に古いお札を入れた方が良いでしょう。

葬儀前後のNGな行動

葬儀

葬儀に参列している時のマナーもそうですが、実は葬儀前後にも覚えておかなければならないマナーが存在します。
ここでは葬儀前後におけるNGなマナーを2つご紹介します。

お悔やみの言葉を電話で伝える

葬儀の連絡を電話で貰った際や、当日どうしても葬儀に行けない際に、電話でお悔やみの言葉を伝えて済ませる人がいますが、よほど親しい友人でもない限りは相手に失礼なので控えましょう。
基本的にはお悔やみの言葉は遺族の目の前で伝え、どうしても葬儀に参列できない場合は、弔電を打つなどして弔意を伝えるか、後日故人の自宅に弔問客として訪れると良いでしょう。

深夜に弔問に伺う

葬儀に参列できなかった場合、後日に弔問客として故人の家を訪問してお悔やみを述べることがありますが、当然相手の生活もありますので、深夜に弔問に伺うのは控えましょう。
これも当然ですが、事前にきちんと連絡を取ってから伺うようにしましょう。

葬儀にNGな服装とは?

葬儀

葬儀では黒い喪服を着るのがマナーというのは多くの方がご存知でしょうが、具体的にどのようなものを着れば良いのか、ネクタイピンなどアクセサリーは付けても良いのかなど、細かい部分もきちんと知っておく必要があります。
ここでは、男女別と季節別に分けて解説していきます。

NGな男性の服装

男性が葬儀に参列する際は基本ブラックスーツを着用します。
ブラックスーツと聞くと、普段着ているビジネススーツが黒の場合は、そのまま参列できると思うかもしれませんが、礼服のブラックスーツとビジネススーツは似て非なるものなので、黒のビジネススーツはNGです。

しかし、どうしても準備する時間がない場合はお通夜の場合のみ、黒のビジネススーツや、色の落ち着いた平服でも構いませんが、葬儀・告別式までにはきちんと礼服を用意しておくのがマナーです(学生の場合は制服でも構いません)。

スーツの他にも、ワイシャツは無地の白が基本で、模様が入ったものやカフスボタンは控えます。
また、ネクタイに関しても黒が基本で、模様や光沢が入ったもの、ネクタイピンなども当日は外していきましょう。

NGな女性の服装

女性も基本は黒の喪服ですが、男性と比べて洋服の種類は多いです。
特に避けた方が良い種類というのはありませんが、肌の露出が多いものや、体のラインが見えるもの、タイツなどはNGです。

また、喪服の種類の一つであるパンツスーツは、略喪服としてなら問題ありませんが、正式な服装では和服やワンピース、アンサンブルが望ましいです。

夏・冬の葬儀での服装

夏の場合は、会社ではクールビズなどで上着を着用しない文化が定着していますが、葬儀は神聖な儀式でもあるので、葬儀中に上着を脱ぐ行為はNGです。
しかしその分、上着を着てさえいれば、中のワイシャツが半袖であろうと問題ありません。
最近は通気性の良い夏場用の喪服も販売されているので、極端に暑いと感じることもないでしょう。

また、女性の場合はワンピースタイプの喪服であれば、半袖でも構いません。
ただし会場によっては冷房が強く効いている可能性もありますので、無難に長袖の喪服を選ぶのも良いでしょう。

冬の場合は、コートを来て式場まで向かうと思いますが、特に派手な色でなければコートは黒である必要はありません。
ただし、革や毛皮のコートは殺生を連想させますので避けましょう。

以下の記事では、葬儀で着る喪服のマナーについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説

葬儀では喪服を着ますが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性で違いがあるのか、子供にはどんな服を着せればよいのか、など喪服のマナーが分からず困ることも多いでしょう。 この記事では、葬儀で着る喪服のマナーについて、喪服がない場合や女性の喪服などに分けて解説します。

NGな靴

喪服は基本的に黒が基調となっているため、男女共々、茶色やシルバーのような色がついたものや、黒であっても光沢のあるような派手な靴はNGです。
また、靴下も同様に白やグレーでなく、黒の靴下を履くようにしましょう。

靴の種類は、男性の場合カジュアルなスニーカーやブーツでなく、フォーマルな革靴を用意するようにしましょう。
仕事用の靴でも代用できるかもしれませんが、光沢の無いものでなければならないので、色合いをきちんと確認しておきましょう。

女性の場合は靴にいくつか種類がございますが、ピンヒールのような高く細いようなデザインや、男性と同様カジュアルな靴は避けるようにしましょう。
最も理想的なのが、黒の革製(もしくは布製)のパンプスです。
また男性と同様、靴に光沢があるものはNGなので、選ぶ際は注意しましょう。

NGなアクセサリー

アクセサリーを付ける場合は、ゴールドやシルバーのような輝きのあるアクセサリーはNGです。
もし付けるのであれば、真珠のような輝きが薄いアクセサリーにしましょう。
昔から真珠は「月の涙」と呼ばれ、葬儀の際には定番のアクセサリーでした。

ただし、真珠であっても派手で鮮やかな色の真珠はNGです。
定番のホワイトゴールドなどの白系の色、もしくは銀色に近いグレー系の色を選ぶようにしましょう。

また真珠には2連3連と身に付けるデザインもありますが、複数の真珠は華やかなだけでなく「不幸が重なる」というイメージを連想させるので、葬儀においては1連の真珠を身に付けるようにしましょう。

避けるべきバッグ

葬儀の際は、基本的に黒以外の派手なバッグや、光沢のある黒、また殺生をイメージさせる革で出来たバッグはNGです。
種類においても、ショルダーバッグやトートバッグのようなバッグは、例え黒であっても葬儀には適さないので注意してください。

また、葬儀は基本的に手荷物が少ないので、極力内ポケットなどに荷物は入れて、手ぶらで参列するのも良いでしょう。
どうしてもバッグを持っていく場合は、男性はビジネスバッグのような手持ちバッグ、女性は布製のハンドバッグなどが無難です。

葬儀にNGな挨拶

葬儀

葬儀において使ってはいけないNGワードのことを正式には「忌み言葉」といいます。
日本では古来より「言霊」という、言葉そのものに力が宿ると信じられてきました。
今でも縁起の良い語呂合わせなどでゲンを担ぐ文化がありますが、同様に不吉な言葉を使えば、悪いことが起きてしまうと考えられているのです。

意識しないとつい口に出してしまう言葉もあるので、きちんと頭に入れておきましょう。

挨拶に使ってはいけない言葉

葬儀のの挨拶をする際、使ってはいけない忌み言葉の代表例としてまず「同じ言葉を繰り返す」というものがあります。
これは例えば、「重ね重ね」や「ますます」といったような言葉を指します。

このような重ね言葉は、同じ不幸が繰り返し続いていくという負のイメージを連想させるため葬儀の挨拶をする際に使ってはいけません。

また、重ね言葉の他にも「消える」や「落ちる」などの不吉な意味を持つ言葉や、「死亡」や「生きている頃」などの、生死について直接的な表現も、避けるべき忌み言葉とされています。
喪主の挨拶などで使わなければ不自然になってしまう場合は、「死亡」→「ご逝去」、「生きている頃」→「お元気な頃」など、柔らかい表現に言い換えるようにしましょう。

葬儀の場で挨拶をしてはいけない場面

葬儀の際、基本的に挨拶をするタイミングとしては、参列者は香典を渡す受付時、喪主は焼香が終わった後や出棺前に行いますが、挨拶をしてはいけない場面というのも存在します。

それが焼香を行うときです。
焼香を行うときは参列者が椅子から立ち上がり前に出て行うのですが、その際遺族の方々に一礼をしてから行うのがマナーです。

しかし、焼香は自分の後にも順番に参列者が行なっていくので、一礼する際は声を出さず黙礼をするようにしましょう。

こちらも読まれています

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀は誰にとっても非日常的な出来事です。喪主としての挨拶や、友人や職場代表としての弔辞などは、一生のうちにあるかないかの経験だと思います。不慣れで当然ですが、最低限、押さえておきたいマナーもあります。今回は、葬儀の挨拶について詳しく解説いたします。

供花を贈る際にNGな花の種類

葬儀

訃報を受けた場合、故人との間柄によっては香典の他にも、一つのお供え物として供花を贈ることもあります。
一般的には菊の花やユリの花、カーネーションなどが定番ですが、近年は、故人が好きだったお花を飾ったりと、絶対に送ってはいけないお花というのは特にありません。

だからと言って何でもかんでも送っていい訳ではありませんし、宗教の違いによって供花に適さないお花もありますのでいくつかご紹介します。

まず、日本で最も行われている仏式の葬儀においては、棘のついたバラのお花は供花に適しません。
また、毒性のある鈴蘭の花や、ツル生のアサガオなども避けた方が良いでしょう。
色に関しても、お祝い事と感じるような派手な色の花だけで構成された供花はNGです。
なるべく白やピンクを基調とした落ち着きのある色を選びましょう。

ちなみにキリスト教の葬儀において、バラの花は一般的な供花として扱われるので、参列する葬儀の宗教をきちんと確認してから贈るようにしましょう。

葬儀でのNGマナーに関するまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀でのNGマナーや、避けるべき服装・供花について詳しく解説していきました。
以下、今回の内容をまとめます。

  • 開始時刻に遅刻する場合は、読経中の入室を避け、焼香中に入るなど時間を見計らって入室する
  • 故人の死因を聞くことは遺族に対して大変失礼に値するので聞かないようにする
  • 遺族の気持ちを配慮して、お悔やみの言葉は手短に済ませ、声の大きさも控えめにする
  • 香典に新札を入れるのは失礼に値するので控える
  • お悔やみの言葉を電話で伝えたり、深夜に弔問に伺うのは遺族に対して失礼に値するので控える
  • 男性は黒のブラックスーツと無地の白ワイシャツ、黒のネクタイを着用するのが望ましい
  • 女性の服装は肌の露出を控え、体のラインが見えるもの、タイツなどはNGである
  • 葬儀は神聖な儀式でもあるので、葬儀中に上着を脱ぐ行為はNGだが、中に半袖のワイシャツを着る分には問題ない
  • 男性はフォーマルな革靴、女性は、黒の革製(もしくは布製)のパンプスを履くのが望ましい
  • アクセサリーを付ける場合は、ゴールドやシルバーのような輝きのあるアクセサリーはNGである
  • 基本的に黒以外の派手なバッグや、光沢のある黒、また殺生をイメージさせる革で出来たバッグはNGである
  • 葬儀の際は「重ね重ね」「ますます」などの重ね言葉や「消える」や「落ちる」などの不吉な意味を持つ言葉や、「死亡」や「生きている頃」などの生死について直接的な表現は避ける
  • 焼香の際は遺族に対して挨拶をせず、黙礼のみを行う
  • 一般的に仏式の葬儀では棘のあるバラの花や、毒性のある鈴蘭の花や、ツル生のアサガオなどは避ける

人生において葬式というのは、そう何度も経験するものではないですが、故人にとってはその葬式が最初で最後の葬式であるため、遺族側も参列者側も一回一回の葬式に対してきちんと用意をしたうえで、当日のマナーなども頭に入れて参列するようにしましょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しております。

以下の記事では、葬儀にかかる費用や、安くする方法なども解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・NG」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・NG」についてさらに知りたい方へ

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!のサムネイル画像

葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!

日蓮宗の葬儀の流れや特徴って?お布施の金額や焼香のマナーをご紹介のサムネイル画像

日蓮宗の葬儀の流れや特徴って?お布施の金額や焼香のマナーをご紹介

葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説のサムネイル画像

葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説のサムネイル画像

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

袱紗の色は葬儀の際決まっているの?袱紗の種類や包み方を紹介しますのサムネイル画像

袱紗の色は葬儀の際決まっているの?袱紗の種類や包み方を紹介します

真言宗の葬儀の流れは?葬儀の式次第やお経の意味についても解説!のサムネイル画像

真言宗の葬儀の流れは?葬儀の式次第やお経の意味についても解説!

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀に適した靴下とは?男性・女性の場合や子供の靴下についても解説のサムネイル画像

葬儀に適した靴下とは?男性・女性の場合や子供の靴下についても解説

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説しますのサムネイル画像

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・NG」についてさらに知りたい方へ

葬儀でのマフラーは何がいい?白はNG?冬場の服装マナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのマフラーは何がいい?白はNG?冬場の服装マナーもご紹介

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説のサムネイル画像

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説

葬儀の数珠のマナーとは?選び方や持ち方から宗派による違いも解説のサムネイル画像

葬儀の数珠のマナーとは?選び方や持ち方から宗派による違いも解説

動物の葬儀ってどうやるの?気になる費用や注意点・マナーをご紹介!のサムネイル画像

動物の葬儀ってどうやるの?気になる費用や注意点・マナーをご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと